ここでは、PDF 出力を RoboHelp で生成する方法について説明します。 PDF は、出力の印刷と保存をローカルで行い、オンフラインで使用するために適した出力形式です。

PDF 出力とは

PDF 出力を生成すると、非常に多くのユーザーにプロジェクトの出力を配信することができます。 Adobe が提供する PDF(Portable Document Format)は、コンテンツの表示、共有、印刷を行うための共通ファイル形式です。 PDF には、様々なアプリケーションやプラットフォームで作成されたコンテンツのフォント、画像、レイアウトが保存されます。 PDF はサイズが小さく、リンクを使用して簡単にナビゲーションできるため、効率的に印刷ワークフローを実行することができます。

注意:

PDF ファイルを表示するには、Adobe Reader ソフトウェアが必要になります。

PDF 出力プリセットの設定

RoboHelp プロジェクトの出力を生成するには、最初に出力プリセットを作成してから、その出力プリセットの各種設定を構成する必要があります。 PDF 出力プリセットを構成するには、以下の設定を使用します。

全般

タイトル、出力パス、UI の文字列で使用する言語など、基本的な出力設定を指定するには、以下のオプションを使用します。

タイトル:生成された出力のタイトルを指定します。タイトルは、メタデータの一部になります。

タイトル内で変数を使用することができます。タイトル内で変数を使用するには、「{」を入力し、ドロップダウンリストで変数を選択して Enter キーを押します。「コンテンツ」タブ/「変数セット」フィールドで設定された変数を選択すると、出力の生成時に、その変数の値が変数セットから取得されます。

出力の「ブラウザ」タブに、タイトルが表示されます。タイトル内で変数が使用されている場合は、その変数も表示されます。

出力パス:出力の場所を指定します。場所を選択するには、 をクリックします。

出力パスがプロジェクトフォルダーのパスに含まれていないことを確認します。出力パスがプロジェクトフォルダーのパスに含まれている場合、出力は生成されません。 また、必要なコンテンツが保管されていないフォルダーを選択してください。 RoboHelp はフォルダー内のコンテンツを削除した後、出力を生成します。

PDF ファイル:生成する出力ファイルの名前と拡張子(.pdf)を指定します。例えば、Printed_Documentation.pdf などのように指定します。

言語:このドロップダウンリストを使用して、出力内の索引、用語集、目次のタイトルで使用する言語を指定します。プロジェクト設定で指定した言語を変更する場合に、この設定を指定します。

コンテンツ

目次、索引、用語集、条件式の設定など、コンテンツに関する出力設定を指定するには、以下のオプションを使用します。

目次:このドロップダウンリストを使用して、プロジェクト内で使用する目次を選択します。目次内で選択したトピックだけが、出力内に表示されます。 プロジェクト内のファイルの順序により、目次の階層が定義されます。

表紙ページ:出力を表示するときに最初に表示されるファイルを選択するには、 をクリックします。

索引を含む:出力に索引を含める場合は、この設定を選択します。

用語集:出力に含める用語集を選択する場合は、このドロップダウンリストを使用します。用語集を使用すると、プロジェクト内の関連用語とその定義に簡単にアクセスできます。

条件式:出力の条件式を指定する場合は、このドロップダウンリストを使用します。この設定を使用すると、目的の出力タイプや対象ユーザーに応じて、出力内に表示するコンテンツと出力から除外するコンテンツを簡単に指定することができます。 選択した条件式を編集するには、 をクリックします。条件式を指定しない場合は、ドロップダウンリストで「なし」を選択します。

変数セット:該当する出力で使用する変数セットを指定する場合は、このドロップダウンリストを使用します。プロジェクトのデフォルトの変数セットを使用する場合は、このドロップダウンリストで <デフォルトの変数セット> を選択します。変数セットにより、出力方法に応じて変数を使用することができます。 例えば、顧客と内部ユーザーとで異なる変数セットを使用して出力を生成できます。

レイアウト

出力の外観を詳細に指定するには、以下のオプションを使用します。

マスターページ:生成している出力のマスターページを選択する場合は、このドロップダウンリストを使用します。

複数のヘッダー/フッター:出力内の「目次、章のレイアウト(トピック)」ページ、「索引」ページ、「用語集」ページに対してヘッダー設定とフッター設定を割り当てるためのマスターページを指定するには、このオプションを選択します。これらの各ページでは、ヘッダー用とフッター用として、以下の設定が用意されています。

  • 最初のページ:出力内の最初のページのマスターページを指定します。
  • このヘッダーをすべてのセクションに使用する:段落や見出しなど、出力内のすべてのセクションで特定のヘッダーを使用する場合は、この設定を選択します。
  • 偶数ページ:出力内の偶数ページでのみ使用するマスターページを指定します。
  • 奇数ページ:出力内の奇数ページでのみ使用するマスターページを指定します。

ヘッダー/フッター:上記のいずれのオプションも選択しない場合は、マスターページを選択すると、出力内のすべてのページに対して、共通のヘッダー設定とフッター設定を適用することができます。

PDF

ページサイズ、目次の深さ、ページの余白を指定するには、以下のオプションを使用します。

ページサイズ:出力に適したページサイズを選択するには、このドロップダウンリストを使用します。A4、A3、レターサイズなどのオプションを選択することができます。 「カスタム」を選択すると、ページの幅と高さを任意の値(ミリ単位)で指定することができます。

目次の深さを制限:出力内の目次で表示するトピックのサブレベルの数を指定します。

ページ余白:ページの余白をミリ単位で指定します。以下のアイコンを使用して、上下左右のページ余白を指定することができます。

:ページ上部の余白を指定します。

:ページ下部の余白を指定します。

:ページ左側の余白を指定します。

:ページ右側の余白を指定します。

ページの上下左右の余白をすべて均等にする場合は、 をクリックします。

PDF 出力の生成

  1. プロジェクトのオーサリングウィンドウで、標準ツールバーの右上隅に表示されているクイック生成アイコン()をクリックします。

  2. クイック生成ダイアログボックスで、PDF 出力プリセットを選択します。

  3. 設定を構成するには、以下に示すいずれかの操作を実行します。

    • クイック生成ダイアログボックスで、設定を編集アイコン()をクリックします。
    • 標準ツールバーの左側に表示されている「出力」タブをクリックします。

    出力ビューが表示されます。

  4. 出力ツールバーで、「出力プリセット」をクリックします。 出力プリセットパネルで、以下に示すいずれかの操作を実行します。

    • 目的の PDF 出力プリセットをダブルクリックします。
    • 目的の出力プリセットの横に表示されている アイコンをクリックして「編集」を選択します。
  5. 出力設定の構成方法については、「PDF 出力プリセットの設定」を参照してください。

  6. 出力ビューの標準ツールバーの左上隅に表示されている保存アイコン()をクリックして、設定を保存します。

  7. 出力プリセットパネルのプリセットを生成アイコン()をクリックします。

    次に、出力プリセットパネルで、選択した出力プリセットの横に表示されているプログレスバーを確認します。出力の生成が完了すると、画面の右下隅に成功ダイアログボックスが表示されます。

    出力の生成が完了したら、出力プリセットパネルの をクリックして出力を表示します。

    注意:

    オーサリングウィンドウで出力を生成することもできます。 その場合は、ツールバーでクイック生成アイコン()をクリックし、目的の出力プリセットを選択して「生成」をクリックします。

    次に、クイック生成ダイアログボックスのプログレスバーを確認します。出力の生成が完了したら、出力プリセットの横に表示されている をクリックして出力を表示します。出力の生成が失敗した場合は、選択した出力プリセットの横に表示されている をクリックしてエラーログを確認します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー