ここでは、RoboHelp のプロジェクトにアクセスする方法、プロジェクトの保存方法、マージ方法について説明します。

プロジェクトを開く

ホーム画面から RoboHelp のプロジェクトにアクセスすることも、ファイルメニューからアクセスすることもできます。

ホーム画面

RoboHelp を起動すると、最初にホーム画面が表示されます。 ホーム画面の「最近の表示」セクションで、最近編集したプロジェクトにアクセスすることができます。 最近使用したプロジェクトが最大 2 つ表示されます。 表示されているいずれかのプロジェクトをクリックするだけでそのプロジェクトが開き、作業を行うことができるようになります。

また、「最近の表示」セクションで、プロジェクトのピン留め、ピン留めの解除、プロジェクトの削除を行うことができます。

  • プロジェクトをピン留めするには、目的のプロジェクト名にカーソルを置いて アイコンをクリックします。 ピン留めされたプロジェクトは、「最近の表示」リストの先頭に表示されます。
  • プロジェクトのピン留めを解除するには、 アイコンをクリックします。
  • 最近の表示」リストからプロジェクトを削除するには、目的のプロジェクト名にカーソルを置いて アイコンをクリックします。

ファイルメニュー

プロジェクトにアクセスするには、以下に示すいずれかの操作を実行します。

  • ファイル/最近のプロジェクト」に移動して目的のプロジェクトを選択し、「開く」をクリックします。
  • 最近編集したプロジェクトを開く場合は、「ファイル/最近のプロジェクト」に移動して、目的のプロジェクトを選択します。
  • RoboHelp Classic のプロジェクトを開く場合は、「ファイル/RoboHelp Classic プロジェクトのアップグレード」に移動し、 目的のプロジェクトを選択して「開く」をクリックします。

プロジェクトの保存

RoboHelp での作業内容を保存するには、以下の手順を実行します。

  1. ファイルメニューを選択します。

  2. ドロップダウンリストで、「すべてを保存」を選択します。 または、Ctrl+S キーを押してもかまいません。プロジェクト内の更新されたファイルがすべて保存されます。

    プロジェクトを更新する場合は、作業内容が失われないように、こまめにプロジェクトを保存することをお勧めします。

プロジェクトの終了

プロジェクトを編集して保存したら、以下の手順により、RoboHelp でプロジェクトを閉じます。

  1. ファイルメニューを選択します。

  2. プロジェクトを閉じる」を選択します。 または、Alt+Ctrl+C キーを押してプロジェクトを閉じることもできます。

    注意:

    プロジェクトを閉じると、そのプロジェクトに関連するすべてのファイルがクローズされます。 ただし、RoboHelp アプリケーションは稼働したままになるため、既存のプロジェクトを開いて作業を行ったり、新しいプロジェクトを作成して作業を行うことができます。

プロジェクトのマージ

RoboHelp を使用して、エンタープライズ内にプロジェクトを作成するか、異なるドキュメントプロジェクト(子プロジェクト)から共通プロジェクト(マスタープロジェクト)がコンテンツを読み込む分散セットアップ内にプロジェクトを作成することが可能です。複数のライターが個々の子プロジェクトで作業できるため、ソース管理ソフトウェアを使用せずに、共同オーサリングができます。 マスタープロジェクトの目次には子プロジェクトへの参照を挿入することができます(マスタープロジェクトに子プロジェクトが含まれるわけではありません)。

マスタープロジェクトの目次に、各子プロジェクトへの参照をプレースホルダーとして挿入します。 出力内で子プロジェクトの目次を表示させる場所にプレースホルダーを配置します。 プレースホルダーは、子プロジェクトの目次の元の階層形式を保持し、出力内で展開されます。プロジェクトの出力が生成された後、マージが実行されます。 マスタープロジェクトでスキンやテンプレートを使用すると、マージ済みのプロジェクトで外観を統一できます。

プロジェクトをマージするには、以下の手順を実行します。

  1. マスタープロジェクトの作成者ツールバーで、「目次」をクリックします。目次パネルが表示されます。

  2. 目次パネルで、適切な目次ファイルに対して「オプション)/編集」を選択します。

    タブとして目次エディターを開くと、標準ツールバーの中央に目次ツールバーが表示されます。

  3. 目次エディターで、子プロジェクトのプレースホルダーを挿入する場所をクリックします。

    注意:

    場所を選択しない場合、プレースホルダーは現在選択中のトピックの後に挿入されます。 挿入時にフォルダーが選択されている場合、プレースホルダーは選択したフォルダー内のトピックリストの末尾に挿入されます。

  4. 以下に示すいずれかの操作を実行します。

    • 目次ツールバーで、 をクリックします。
    • 目次エディターを右クリックして、「新規/マージ済みプロジェクト」を選択します。
  5. マージ済みプロジェクトを挿入ダイアログボックスで、 をクリックして、子プロジェクト(.rhpj ファイル)を選択します。 「挿入」をクリックします。

    子プロジェクトの目次のプレースホルダーが挿入されます。 

  6. 子プロジェクトプレースホルダーのプロパティを修正するには、「目次プロパティの操作」を参照してください。

  7. 出力プリセットの設定を行います。「全般」タブ/「出力パス」フィールドで、すべての子プロジェクト出力を生成する必要がある以下の場所を指定します。

    [master_project_output_folder]/mergedProjects/[child_project_name]

  8. 出力の生成を行います。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー