ここでは、Adobe RoboHelp (2019 release) の主要なワークスペース要素について説明します。

各種の強力な機能が組み込まれた Adobe RoboHelp には、詳細に設計された使用しやすいワークスペースが用意されています。 必要な要素をすべて使用してコンテンツを素早く作成し、シングルソースと再利用可能なコンテンツを活用して作業の効率性を高め、目的の出力タイプでプロジェクトを公開することができます。 また、プロジェクト内で複数の作成者と協力して作業を進めることができます。

RoboHelp のワークスペース
RoboHelp のワークスペース

A. メニューバー B. 作成者ビューと出力ビュー C. 左ツールバー D. コンテンツパネル E. 開いているトピック F. プロパティパネル G. 標準ツールバー 

メニューバーから、各種のメニュー(ファイル、編集、表示、共同作業、ヘルプメニュー)にアクセスすることができます。

ファイルメニュー:プロジェクトの作成、オープン、保存、クローズを行うことができます。 また、Word 文書と Captivate ビデオの読み込み、RoboHelp Classic プロジェクトのアップグレード、プロジェクト設定の構成、プロジェクトの終了を行うためのオプションも用意されています。

編集メニュー:コンテンツのカット、コピー、ペースト、編集操作の取り消し、やり直しを行うことができます。 また、全選択、書式設定のコピーとクリア、アプリケーション設定の編集を行うためのオプションも用意されています。

表示メニュー:プロパティパネル、開始画面、コンディションタグ、変数を表示するためのオプションが用意されています。トピックをタイトル別に表示するためのオプションもあります。 また、全画面表示を切り替えるためのオプションと、アプリケーションのテーマを変更するためのオプションも用意されています。

共同作業メニュー:複数の作成者が存在するシステムで、接続を作成してそれを開き、作成者間でプロジェクトを共有して共同作業を行うためのオプションが用意されています。

ヘルプメニュー:ヘルプリソースへのアクセス、アカウントの管理、RoboHelp からのログオフ、アプリケーションの更新、RoboHelp のバージョン情報ダイアログボックスの表示を行うためのオプションが用意されています。

作成者ビューと出力ビューは、2 つの異なるワークスペースであり、標準ツールバーの各タブから利用できます。作成者ビューは、ユーザーが出力に表示するトピックのコンテンツの書き込み、変更、書式設定をするために使用されます。コンテンツの作成に加えて、トピックとマスターページで索引、用語集、目次などを操作することもできます。

作成者ビュー
作成者ビュー

出力ビューには、スキン、マップファイル、変数セット、動的コンテンツフィルターなど出力形式を設定するためのさまざまなコンポーネントがあります。Web ベースおよび印刷ベースのさまざまな出力プリセットを作成して使用することで、これらのコンポーネントの構成や使用ができます。出力プリセットは構成が簡単です。複数の出力形式を生成および公開するために、多くの設定を使用できます。

公開ビュー
公開ビュー

左ツールバーから、プロジェクトの各種コンポーネント(コンテンツ、目次、コンディションタグ、変数、スニペット、レポートなど)を使用して、プロジェクトを簡単に管理することができます。

左ツールバーで目的のプロジェクトコンポーネントをクリックすると、そのコンポーネントに対応するパネルが表示されます。
左ツールバーで目的のプロジェクトコンポーネントをクリックすると、そのコンポーネントに対応するパネルが表示されます。

作成者ツールバーで任意のプロジェクトコンポーネントをクリックすると、プロジェクトコンポーネントパネルが表示されます。このパネルで、コンポーネントを管理することができます。 作成者ツールバーには、以下のプロジェクトコンポーネントが表示されます。

  • コンテンツパネル:このパネルには、プロジェクト内のトピックのリストと、トピックプロパティの追加、編集、名前の変更を行うためのオプションが表示されます。 また、トピックを整理するためのフォルダーやサブフォルダーを作成することができます。 トピックの詳しい操作方法については、「トピックとフォルダーの操作」を参照してください。
  • 目次パネル:このパネルには、プロジェクト内のフォルダー、サブフォルダー、トピックが階層形式で表示されます。 フォルダーの順序を変更してコンテンツを体系的に整理することにより、出力を簡単に操作できるようになります。 目次の編集、削除、目次名の変更を行うことができます。 詳しくは、「目次の作成、編集、書式設定」を参照してください。
  • 索引パネル:このパネルには、プロジェクト内の索引が一覧表示されます。 索引の追加、編集、削除、索引名の変更を行うことができます。 詳しくは、「索引の作成と管理」を参照してください。
  • 用語集パネル:このパネルには、プロジェクト内の用語集に登録されている用語が一覧表示されます。 用語の追加、編集、削除、名前の変更を行うことができます。 詳しくは、「用語集の作成と管理」を参照してください。
  • コンディションタグパネル:このパネルには、プロジェクト内に割り当てられているコンディションタグが一覧表示されます。 コンディションタグの追加、編集、削除を行うことができます。 詳しくは、「コンディションタグの作成と適用」を参照してください。
  • 変数パネル:このパネルには、プロジェクト内で値が割り当てられているすべての変数が一覧表示されます。 変数の追加、編集、削除を行うことができます。 詳しくは、「作成した変数を使用して簡単に更新を行う」を参照してください。
  • スニペットパネル:このパネルには、プロジェクト内のスニペットが表示されます。 スニペットの作成、編集、削除を行うことができます。 詳しくは、「スニペットの操作」を参照してください。
  • マスターページパネル:このパネルには、プロジェクト内のマスターページが表示されます。 マスターページの作成、編集、複製、削除、読み込み、書き出しを行うことができます。詳しくは、「マスターページの操作」を参照してください。
  • 閲覧シーケンスパネル:このパネルには、プロジェクト内の閲覧シーケンスが表示されます。 閲覧シーケンスの作成、編集、削除、名前の変更を行うことができます。詳しくは、「閲覧シーケンスの作成と管理」を参照してください。
  • レポートパネル:このパネルには、各種レポート(トピックリスト、プロジェクトステータス、変数、コンディションタグ、破損リンクなどのレポート)を生成するためのオプションが表示されます。 レポートの編集、ダウンロード、印刷を行うことができます。 レポートの詳細については、「レポートの生成」を参照してください。

コンテンツパネルでトピックをダブルクリックすると、そのトピックが開きます。開いているトピックで、コンテンツの編集や書式設定を行うことができます。 詳しくは、「トピックとフォルダーの操作」を参照してください。

プロジェクト内でトピックを作成する場合、画面の右側にプロパティパネルが表示されます。 このパネルには、以下のタブがあります。

  • 全般」タブには、フォント、整列、枠線、レイアウト、背景を編集するためのオプションが表示されます。 詳しくは、「コンテンツの書式設定」を参照してください。
  • スタイル」タブには、段落のスタイル、文字のスタイル、ハイパーリンクのスタイルなど、各種のスタイルを編集するためのオプションが表示されます。
  • トピック」タブには、トピックのプロパティを編集するためのオプションが表示されます。 詳しくは、「トピックのプロパティ」を参照してください。

以下の図のように、選択したオブジェクトのプロパティを編集すると、コンテンツがリアルタイムに変化します。 プロパティパネルの表示と非表示を切り替えるには、「表示/プロパティパネル」を選択するか、標準ツールバーで「右ペインを切り替え」をクリックします。

プロパティパネルの 3 つのタブを使用して、コンテンツのプロパティを編集します。
プロパティパネルの 3 つのタブを使用して、コンテンツのプロパティを編集します。

標準ツールバーは、メニューバーの下に表示されます。標準ツールバーには、以下に示す 3 つのツールセットが用意されています。

  • 最初のツールセットは、標準ツールバーの左側に表示される一連のタブとアイコンです。 これには、「作成者」タブと「出力」タブ、すべて保存、取り消し、やり直し、ファイルの検索検索と置換の各アイコンが含まれます。
  • 2 つ目のツールセットは、標準ツールバーの中央に表示される一連のアイコンです。このツールセットには、コンテンツの書式を素早く設定するための各種オプション(箇条書き、番号付きリスト、画像、マルチメディア等を挿入するためのオプションなど)が用意されています。詳しくは、「コンテンツの書式設定」を参照してください。
  • 最後のツールセットは、標準ツールバーの右側に表示される一連のアイコンです。 このツールセットには、作成者、ソース、プレビューなど、各種の表示オプションが用意されています。 また、「クイック生成」オプションと「右ペインを切り替え」オプションも用意されています。 クイック生成ダイアログボックスでは、任意の出力プリセットを選択して構成し、出力を生成することができます。 出力の生成方法については、「出力の生成」を参照してください。
標準ツールバーの 3 つのツールセット
標準ツールバーの 3 つのツールセット

RoboHelp を使用している間、多くのダイアログボックスが表示されます。頻繁に使用されるダイアログは次のとおりです。

  • 特殊文字ダイアログ 特殊文字ダイアログによって、数百種類の特殊文字をコンテンツに挿入できます。詳しくは、「特殊文字を操作する」を参照してください。
  • ハイパーリンクダイアログ ハイパーリンクダイアログは、ナビゲーションリンクを作成するのに役立ちます。エンドユーザーが出力内のハイパーリンクをクリックすると、ハイパーリンクで指定された場所が開きます。詳しくは、「ハイパーリンクを開く、編集、削除」を参照してください。
  • 画像ダイアログ RoboHelp では、GIF、JPEG、BMP、MRB、WMF、PNG といった標準的な画像形式がサポートされています。詳しくは、「画像とマルチメディアの操作」を参照してください。

注意:

ダイアログボックスのサイズを変更するには、ボックスの端をクリックして、目的のサイズまでマウスをドラッグします。 

注意:

トピック内でダイアログボックスをドラッグ&ドロップすることもできます。そのダイアログボックスを次に開いたときには、閉じる前の最終的な位置が保持されています。