ここでは、RoboHelp で、各種レポートの生成、カスタマイズ、ダウンロードを行い、プロジェクトを効率的に管理する方法について説明します。

Adobe RoboHelp で様々なレポートを生成し、それらのレポートを使用して、プロジェクトの内容のモニター、比較、最適化を行うことができます。 レポートをカスタマイズし、必要な列だけを表示したり、情報の表示順序を変更したり、プロジェクトコンポーネントをフィルタリングしたりすることができます。次に、レポートを .csv ファイルとして素早くダウンロードすることができます。

RoboHelp のレポート

RoboHelp では、以下に示すタイプのレポートを生成することができます。

トピックリスト

ヒント:「表示/トピックリスト」を選択して、トピックリストを起動することもできます。

トピックリストレポートには、プロジェクトのトピックのリストが表示されます。それぞれのトピックについて、そのトピックが属しているファイル名、タイトル、ステータス、作成者、目次を確認することができます。トピックを含むフォルダー、トピックとそのコンテンツに適用されている条件タグ、トピックで使用されているスタイルシートとマスターページ、関連項目コンポーネント(トピックに追加されている場合)、および最終変更日時を表示することができます。また、トピックに索引キーワードが関連付けられているかどうか、トピックが検索対象になっているかどうかを確認することもできます。

右側にあるフィルターパネルを使用して、ステータス別、作成者別、フォルダー別にトピックリストをフィルタリングして、検索することができます。

個々のトピックまたは複数選択されたトピックの場合は、コンテキストメニューを使用して編集(「編集」をクリックします)、トピックを削除(「削除」をクリックします)、トピックのプロパティを構成(「プロパティ」をクリックします)することができます。プロパティパネルには、トピックリストに存在するトピック数が表示されます。この情報は、特定のトピックをフィルタリングする際に使用します。個々のトピックの複製を作成して(「複製」をクリックします)、特定の目次で(「目次を検索」をクリックします)検索することもできます。

トピックをトピックリストから目次と索引に、ドラッグアンドドロップすることもできます。トピックリストレポートの列のサイズを変更できます。トピックを変更したり、トピックを追加または削除すると、トピックリストレポートは自動的に更新され、その変更が反映されます。

プロジェクトステータス

プロジェクトステータスレポートでは、プロジェクト内の各トピックのステータスを確認することができます。このレポートにより、完了したトピック、進行中のトピック、レビュー可能なトピックの合計数を確認することができます。

トピックのプロパティ

トピックのプロパティレポートでは、プロジェクト内の各トピックに関連する各種のプロパティを確認することができます。具体的には、トピックのステータス、作成者、コンディションタグ、スタイルシート、目次、索引キーワード、検索キーワードを確認することができます。

トピック参照

トピック参照レポートでは、各トピックの着信リンクを確認することができます。このレポートにより、特定のトピックに対する参照情報を確認することができます。

外部参照

外部参照レポートでは、プロジェクトの外部に存在するリソースで参照されているリンクを確認することができます。このレポートにより、外部コンテンツに関連するトピックのリンクをテストすることができます。

検索キーワード

検索キーワードレポートでは、各トピックに適用されているキーワードタグを確認することができます。

fix_broken_links_icon

壊れたリンク

壊れたリンクレポートでは、壊れたリンク、つまり、移動、名前を変更、または削除されたオブジェクト(トピック/画像)へのリンクを含むトピックを確認することができます。トピック、トピックが存在するフォルダー、壊れたリンクのパス、およびプロジェクトの壊れたリンクのオブジェクトのタイプを表示することができます。壊れたリンクを修正することも可能です。

注意:

複数の作成者が存在するバージョンコントロール環境の場合、移動されたトピック、名前が変更されたトピック、削除されたトピックにリンクしないようにしてください。これらのトピックでは、リンクが破損しています。

未使用ファイル

未使用ファイルレポートでは、プロジェクト内で使用されていないファイルを確認することができます。それぞれの未使用ファイルについて、ファイル名と保存先のフォルダー名を確認することができます。

未参照トピック

未参照トピックレポートでは、目次、索引、閲覧シーケンス、他のトピックにリンクされていない、プロジェクト内のトピックを確認することができます。このレポートにより、以下のトピックを確認することができます。

  • 他のトピックからリンクされていないアクセス不可のトピック
  • 目次から除外されているトピック
  • 索引のないトピック

注意:

ほとんどのトピックで、状況依存ヘルプトピックなどの参照情報が使用されます。 例えば、ウィンドウレベルの状況依存ヘルプトピックを作成した場合、F1 キーを押すか「ヘルプ」をクリックしない限り、このトピックにはアクセスできません。この場合、参照情報は不要です。

目次

目次レポートでは、プロジェクト内で選択した目次の詳細を確認することができます。具体的には、トピック内のリンク、タイトル、ファイルタイプ(ブックやページなど)を確認することができます。また、これらの情報が目次内に出力されるかどうかを確認することもできます。

索引

索引レポートでは、プロジェクト内のトピック全体に適用されるすべての索引キーワードタグを確認することができます。また、キーワードと、そのキーワードが含まれているトピックを確認することもできます。

用語集

用語集レポートでは、選択した用語集に含まれている用語とその定義を確認することができます。また、特定の用語が含まれているトピックと、ファイルタイプを確認することもできます。

コンディションタグ

コンディションタグレポートでは、プロジェクト内のコンディションタグと、そのタグの名前と色を確認することができます。それぞれのコンディションタグについて、そのタグが属しているグループ、そのタグが適用されているトピックとファイルタイプを確認することができます。

変数

変数レポートでは、プロジェクト内の変数とその値を確認することができます。各変数について、その変数が使用されているトピックとファイルタイプを確認することができます。 このレポートにより、特定のトピックで使用されている変数と、どのトピックでも使用されていない変数を確認することができます。 変数を削除する前に、その変数が使用されているトピックを検索し、その変数に対する参照情報を削除することができます。

スニペット

スニペットレポートでは、プロジェクト内で定義されているスニペットを確認することができます。各スニペットについて、そのスニペットが使用されているトピックとファイルタイプを確認することができます。

画像

画像レポートでは、プロジェクト内で使用されている画像ファイルの名前を確認することができます。それぞれの画像ファイルについて、そのファイルが含まれているトピックとファイルタイプを確認することができます。

マルチメディア

マルチメディアレポートでは、プロジェクト内で使用されているマルチメディアファイルの名前を確認することができます。それぞれのマルチメディアファイルについて、そのファイルが含まれているトピックとファイルタイプを確認することができます。

スタイルシート

スタイルシートレポートでは、プロジェクト内で使用されているスタイルシートを確認することができます。各スタイルシートについて、そのスタイルシートが含まれているトピックとファイルタイプを確認することができます。

関連項目

関連項目レポートでは、プロジェクトの関連項目キーワード(用語)のリスト、各用語を使用する主要トピック、主要トピックのタイトル、および主要トピックが存在するフォルダーなどの情報を確認することができます。フォルダーに応じてレポートをフィルターすることもできます。

関連項目キーワードについて詳しくは、「関連項目および関連トピックの操作」を参照してください。

マップ ID

マップ ID レポートでは、プロジェクト内で使用されているマップ ID に関連する情報を確認することができます。マップファイル、トピックファイル、トピックが存在するフォルダーの、マップ番号、マップ ID、マップのファイル名、トピックを確認することができます。

レポートを開く

RoboHelp でレポートを開く(またはレポートを生成する)には、以下の手順を実行します。

  1. 開いているプロジェクトの作成者ツールバーで、レポートアイコン()をクリックします。

  2. レポートパネルで、生成するレポートをダブルクリックします。または、生成するレポートタイプの横に表示されているオプションアイコン をクリックして「開く」を選択します。RoboHelp の各種レポートについて詳しくは、「レポートの種類」を参照してください。

    注意:

    プロジェクトの編集後に最新のレポートを表示するには、ツールバーの更新アイコン()をクリックします。

レポートのカスタマイズ

画面右側のフィルターパネルを使用して、レポートをカスタマイズすることができます。このパネルでは、レポートの種類を確認したり、情報の表示順を定義するための基準を選択したり、表示する情報をフィルタリングしたり、レポートに表示する列を選択したりすることができます。 レポートをカスタマイズするには、フィルターパネルで以下のオプションを使用します。

種類

種類」オプションで、開いているレポートのタイプを確認することができます。RoboHelp のレポートタイプについて詳しくは、「レポートの種類」を参照してください。

並べ替え順

並べ替え順」の各オプションを使用して、レポートに表示する情報の順序を定義するための基準を選択することができます。 レポートタイプに基づいて、「ステータス」、「キーワード」、「トピック」などのオプションが表示されます。

表示

デフォルトでは、レポートはテーブルとして表示されます。 トピック参照レポートやプロジェクトステータスレポートなどは、グラフや円グラフとして表示することもできます。「表示」の各オプションを使用して、レポートの外観を変更することができます。

フィルター

フィルター」の下に表示されている各種プロジェクトコンポーネントのドロップダウンリストを使用して、レポートに表示する情報を指定することができます。各ドロップダウンリストで、複数のオプションを選択することもできます。

タイプが、索引、用語集、コンディションタグ、スニペット、画像、マルチメディア、スタイルシートのレポートの場合、「<プロジェクトコンポーネント> で使用」を選択して、特定のプロジェクトコンポーネントが適用されているファイルを表示することもできます。

RoboHelp では、すべてのセッションでのレポートで、すべてのフィルタリングと列の選択がすべて記憶されています。

」の各オプションを使用して、レポートの列の追加や削除を行うことができます。 これらの列は、選択したレポートのタイプに基づいて処理されます。 列を選択すると、その列がレポートに表示され、選択を解除すると、レポートに表示されなくなります。すべてのレポートの列それぞれのデータを並べ替えるには、列の見出しをクリックします。 

レポートのダウンロード

RoboHelp の設定が適用されたレポートをダウンロードするには、以下の手順を実行します。

  1. 作成者ツールバーで、レポートアイコン()をクリックします。

  2. レポートパネルで、生成するレポートタイプをダブルクリックして開きます。または、生成するレポートタイプの横に表示されているオプションアイコン()をクリックして「開く」を選択します。

  3. レポートをカスタマイズするには、画面右側のフィルターパネルを使用します。詳しくは、「レポートのカスタマイズ」を参照してください。

  4. レポートをダウンロードするには、ツールバーのダウンロード をクリックします。

    レポートが .csv ファイルとして保存されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー