コンテンツの書式設定

ここでは、コンテンツを書式設定し、読みやすくなるように見栄えを向上させる方法について説明します。

Adobe RoboHelp では、簡単にテキスト、画像、表、ビデオ、リンクなどを追加できます。 インラインテキスト、文字、段落、表を書式設定して、表示方法をカスタマイズすることもできます。書式設定オプションは、標準ツールバー「コンテンツのプロパティ」パネルで使用できます。詳細については、書式設定の適用をご覧ください。

変更をすばやくプレビューするには、標準ツールバーのプレビューアイコンをクリックします。

テキストおよびその他のエレメントの追加

「標準ツールバー」には、リスト、表、特殊文字、展開テキスト、ドロップダウンテキスト、画像などのテキストやその他のエレメントをトピックに追加するためのオプションがあります。 標準ツールバーを使用してトピックに追加できるさまざまなエレメントについては、以下の表を参照してください。 

標準ツールバーのオプション

アイコン  書式設定オプション 説明
箇条書きリストスタイル
コンテンツを順序なしリストとして書式設定します。 リストの操作を参照してください。
番号付きリストスタイル 手順、アクティビティおよびタスクを番号付きリストとして書式設定します。 リストの操作を参照してください。
マルチレベルリストスタイル コンテンツをマルチレベルの順序なしリストまたは順序付けられたリストとして書式設定します。 リストの操作を参照してください。
表を挿入 表を追加してデータを整理し、簡素化された形式でコンテンツを表示します。 テキストやマルチメディアを表で整理し、 カラー分けなどでハイライト表示できます。 表の操作を参照してください。
画像を挿入 PNG、JPEG、WEBP および SVG など、さまざまな形式の画像を追加します。 プロジェクト、ローカルファイルおよび web リンクから画像を追加できます。画像とマルチメディアの操作を参照してください。
マルチメディアを挿入 Adobe Captivate のビデオを含め、コンピューター、YouTube、Vimeo のビデオを追加します。 ビデオの追加を参照してください。
リンクを挿入 内部コンテンツ(プロジェクト内のトピック)および外部コンテンツ(ローカルファイル、電子メールや web ページ)への相互参照を内部コンテンツやハイパーリンクに追加します。 リンクの作成と管理を参照してください。
ブックマークを挿入 選択したコンテンツをブックマークとして挿入します。これらのブックマークを使用してトピック内リンクを作成できます。
変数 / スニペット / フィールドを挿入 トピック内の変数、スニペット、フィールドをシングルソースコンテンツに追加して、様々なタイプの出力をすばやく更新できます。 変数の作成と使用スニペットによるシングルソースを参照してください。

特殊文字の挿入 テキストに様々な文字を追加します。 様々な分数、形、アイコンから選択できます。特殊文字を操作するを参照してください。
insert placeholder.png
プレースホルダーを挿入

トピックやマスターページに、ドロップダウンリストから次の種類のプレースホルダーを追加します。

HTML エレメントを挿入 横線、インラインフレーム、テキストボックスなど、HTML エレメントを追加して、コンテンツの外観とレイアウトを制御します。
展開テキストを作成 コンテンツの特定部分の近くに、拡張可能な形式でテキストを追加します。 出力でハイライト表示されているコンテンツをクリックして、追加したテキストの表示と非表示を切り替えます。展開テキストの操作を参照してください。
ドロップダウンのテキストを作成 コンテンツの特定部分にドロップダウンテキストを追加します。 出力でハイライト表示されているコンテンツをクリックして、ドロップダウンテキストの表示と非表示を切り替えます。ドロップダウンテキストの操作を参照してください。

リストの操作

箇条書きまたは番号付きリストを作成し、インデントの調整、カラーの追加、リスト内の段落の追加といった機能強化を適用できます。 リストを作成するには、目的のテキストを選択し、以下に示すいずれかの操作を実行します。

  • 箇条書きリストを作成するには、標準ツールバーで箇条書きリストスタイルをクリックし、ドロップダウンリストからスタイルを選択します。
  • 番号付きリストを作成するには、標準ツールバーで番号付きリストスタイルをクリックし、ドロップダウンリストからスタイルを選択します。
  • 複数のレベルを含む番号付きまたは箇条書きリストを作成するには、標準ツールバーでマルチレベルリストスタイルをクリックし、ドロップダウンリストからスタイルを選択します。
    • サブレベルのリストを作成するには、テキストを選択し、Tab キーを押します。または、コンテンツのプロパティパネル/「フォント」タブ/「インデント」セクションで、インデントを増やすアイコンをクリックします。
    • リストの書式設定を削除するには、標準ツールバーでまたはをクリックし、なしのスタイルを選択します。

表の操作

表を挿入するには、次の操作を実行します。

  1. 開いているトピックで目的の場所にカーソルを置き、標準ツールバーの表を挿入アイコンをクリックします。
  2. カーソルで表のドロップダウングリッドをドラッグして、必要な行と列の数を選択します。
    選択した行と列が青でハイライト表示されます。
  3. 選択した行と列をクリックしてトピックに挿入します。

表を作成したら、次のアクションを実行して変更できます。

ヘッダーに変換

既存の行または列をヘッダーに変換するには、次の操作を実行します。

  1. ヘッダーの行または列として使用する行または列を選択します。
  2. 右クリックして「ヘッダーに変換」を選択します。

ヘッダーの削除

  1. 行または列のヘッダーセルを選択します。
  2. 右クリックして「ヘッダーの削除」を選択します。

行と列の追加または削除

表の行や列を追加または削除するには、目的の場所を選択して右クリックします。

  • 行を追加するには「挿入/上の行」または「下の行」をクリックし、列を追加するには、「左の列」または「右の列」をクリックします。
  • セルを追加するには挿入/左のセルまたは右のセルをクリックします。
  • 行、列、セルまたは表全体を削除するには、削除をクリックして、適切なオプションを選択します。

セルの結合

セルを結合するには、次の操作を実行します。

  • セルにカーソルを置き、Shift + 矢印キーを押しながら複数のセルを選択します。または
  • マウスを使用してセルを選択して、右クリックし、結合/セルを選択します。

セルの分割

テーブルのセルを分割するには:

  1. 分割するセルにカーソルを移動します。
  2. 右クリックしてからセルの分割方法に応じて、分割横方向のセルまたは縦方向のセルを選択します。

列幅の管理

表や列を自動的に調整してコンテンツのサイズに合わせることができます。 これを行うには、表の任意の場所を右クリックし、次の操作を実行します。

  • 「列幅/内容に合わせて自動サイズ調整」を選択して、セルのサイズをコンテンツに合わせて変更します。
  • 「列幅/ウィンドウに合わせて自動サイズ調整」を選択して、トピックに合わせてページ全体に表を拡大します。
  • 「列幅/固定幅」を選択して、列の幅を手動で設定します。
  • 「列幅/均等に揃える」を選択して、列の幅を均等に設定します。

表のセル、行、列の選択

  • 表の行を選択するには、行の任意の場所を右クリックして「選択/行」を選択します。
  • 表の列を選択するには、列の任意の場所を右クリックして選択/列を選択します。
  • 個別のセルを選択するには、セルを右クリックして選択/セルを選択します。
  • 表全体を選択するには、表の任意の場所を右クリックして選択/表を選択します。

注意:マウスやエディターのパンくずを使用して、トピックページの上にあるバーで行、列、セルまたは表を選択することもできます。

表の書式設定

他の表の書式設定を適用するには、表を右クリックして選択/表を選択します。 「コンテンツのプロパティ」パネルが開き、次の書式設定オプションが表示されます。

  • 表の幅:表全体の幅を変更するには、「表の幅」を指定します。
  • 列幅:サイズを変更する列番号を選択し、幅を指定します。
  • 行の高さ:サイズを変更する行番号を選択して、「行の高さ」ボックスをクリックし、高さを指定します。
  • テンプレート: 表スタイルギャラリーからスタイルを選択し、クリックして表に適用します。
  • 表のキャプション:表にキャプションを追加できます。 次のアイコンを使用して、キャプションの位置を選択します。
    • 表の上にキャプションが表示されます。
    • 表の下にキャプションが表示されます。
    • テーブルからキャプションを削除します。

整列オプション

「表のプロパティ」パネルの「レイアウト」セクションで、テキストを縦方向および横方向のどちらにも整列させることができます。 水平揃えおよび垂直揃えの管理を使用します。

注意:テキストの折り返しの左右を揃えるには、「レイアウト」セクションで「左または右にフロート」オプションを使用する必要があります。

特殊文字の操作

「特殊文字の挿入」オプションでは、カテゴリに分類された文字セットから特殊文字を検索して挿入できます。

  1. 開いているトピックで目的の場所にカーソルを置き、標準ツールバーで特殊文字を挿入アイコンをクリックします。 
    または、Ctrl + 4 キーを押して特殊文字を挿入します。

  2. ドロップダウンリストから次のいずれかのオプションを選択します。

    • 矢印
    • 通貨記号
    • 拡張 ASCII
    • その他
    • 番号形式
    • 区切り記号
    • 特殊文字
  3. 文字にマウスを合わせると、読み込まれた名前全体が表示されます。 そして、挿入する文字を選択してダブルクリックするか、挿入をクリックします。
    記号がカーソルの位置に追加されます。名前を検索ボックスに入力して特定の文字を検索することもできます。

  4. 閉じるをクリックします。

展開テキストの操作

コンテンツの量が多いトピックの場合は、展開テキストを使用して、任意のコンテンツの横にテキストを追加することができます。追加のテキストは、出力時に展開または折りたたまれた状態で表示できます。 展開テキストを挿入するには、次の操作を実行します。

  1. 開いているトピックで、展開したいテキストを選択し、標準ツールバーの展開テキストを作成をクリックします。

    選択したテキストが、展開テキストのタイトルになります。コンテンツのプレースホルダーが表示されます。

  2. 表示されたプレースホルダーで、展開テキストのコンテンツを指定します。

  3. 以下に示す方法で、展開テキストを管理します。

    • トピック内のすべての展開テキストプレースホルダーの領域について表示と非表示を切り替えるには、「表示/表示/展開/展開またはドロップダウンテキストの領域」を選択します。
    • 特定の展開テキストプレースホルダーの表示と非表示を切り替えるには、テキストヘッダーを右クリックし、「展開テキストを表示」または「展開テキストを非表示」を選択します。
    • 展開テキストを削除するには、テキストヘッダーを右クリックし、「展開テキストを削除」をクリックします。
    • 展開テキストの折りたたみ表示と展開表示を切り替えるには、テキストヘッダーをダブルクリックします。
    • トピック内のすべての展開テキストの折りたたみ表示と展開表示を切り替えるには、任意の展開テキストヘッダーを右クリックし、「すべてのテキストを折りたたむ」または「すべてのテキストを展開」をクリックします。
    • 折りたたまれた状態の展開テキストのタイトルとして、個別のテキストを設定します。これを行うには、展開テキストをクリックし、コンテンツのプロパティパネル/折りたたんだときのテキストフィールドで、新しいタイトルを入力します。展開テキストはデフォルトで折りたたみ表示されるため、ここで入力した新しいタイトルは、折りたたまれた状態で表示されます。テキストを展開すると、拡張テキストの作成時の元のテキストが表示されます。
    • 曲がった画像を追加します。曲がった画像の追加または編集を参照してください。
  4. 標準ツールバーですべてを保存アイコンをクリックします。

コンテンツの量が多いトピックの場合は、コンテンツの特定部分にドロップダウンテキストを追加することができます。 ドロップダウンテキストを追加するには、次の操作を実行します。

  1. 開いているトピックで、ドロップダウンするテキストを選択し、標準ツールバーのドロップダウンのテキストを作成アイコン()をクリックします。

    選択したテキストが、ドロップダウンテキストのタイトルになります。コンテンツのプレースホルダーが、選択したテキストの下に表示されます。

  2. 表示されたプレースホルダーで、ドロップダウンテキストのコンテンツを指定します。

  3. 以下に示す方法で、ドロップダウンテキストを管理します。

    • トピック内のすべてのドロップダウンテキストプレースホルダーの領域について表示と非表示を切り替えるには、「表示/表示/展開/展開またはドロップダウンテキストの領域」を選択します。
    • 特定のドロップダウンテキストプレースホルダーの表示と非表示を切り替えるには、テキストヘッダーを右クリックし、「ドロップダウンテキストを表示」または「ドロップダウンテキストを非表示」を選択します。
    • ドロップダウンテキストを削除するには、テキストヘッダーを右クリックし、「ドロップダウンテキストを削除」をクリックします。
    • ドロップダウンテキストの折りたたみ表示と展開表示を切り替えるには、テキストヘッダーをダブルクリックします。
    • トピック内の、すべてのドロップダウンテキストの折りたたみ表示と展開表示を切り替えるには、任意のドロップダウンテキストヘッダーを右クリックし、すべてのテキストを折りたたむまたはすべてのテキストを展開をクリックします。
    • 折りたたまれた状態のドロップダウンテキストのタイトルとして、個別のテキストを設定します。これを行うには、ドロップダウンテキストをクリックし、コンテンツのプロパティパネル/折りたたんだときのテキストフィールドで、新しいタイトルを入力します。ドロップダウンテキストはデフォルトで折りたたみ表示されるため、ここで入力した新しいタイトルは、折りたたまれた状態で表示されます。テキストを展開すると、ドロップダウンテキストの作成時の元のテキストが表示されます。
    • 曲がった画像を追加します。曲がった画像の追加または編集を参照してください。
  4. 標準ツールバーの左に表示されている、すべてを保存アイコンをクリックします。

曲がった画像の追加または編集

曲がった画像とは、展開された状態および折りたたまれた状態の拡張テキスト、ドロップダウンテキストまたはトピックの目次に追加できる画像です。 プレビューと出力では、展開された状態と折りたたまれた状態の各画像を表示できます。曲がった画像を追加するには、次の操作を実行します。

  1. スタイルパネルで、ドロップダウンリストから「ハイパーリンクのスタイル」を選択します。
  2. 適用するハイパーリンクスタイルのをクリックします。
  3. スタイルのプロパティパネルで、「曲がった画像」ドロップダウンボタンをクリックします。 曲がった画像パネルが開きます。このパネルで、展開された状態または折りたたまれた状態の画像を追加することができます。
  4. 展開時の画像ボックスのアイコンをクリックし、イメージを挿入ダイアログボックスを開きます。プロジェクトファイル、ローカルファイルまたは web リンクから画像を選択します。 次に、挿入をクリックします。 展開された状態の画像が挿入されます。
  5. 折りたたみ時の画像ボックスのアイコンをクリックし、上記の手順を繰り返して、折りたたまれた状態の画像を挿入します。
  6. テキストの先頭に画像を配置する場合は  アイコンをクリックし(デフォルトの動作)、テキストの最後に画像を配置する場合は  アイコンをクリックします。 
  7. 標準ツールバーですべてを保存アイコンをクリックします。
  8. 開いているトピックで、曲がった画像を適用する展開テキスト、ドロップダウンテキストまたはトピックの目次の「キャプション」を選択します。
  9. スタイルパネルでハイパーリンクスタイルのリストを開き、編集したハイパーリンクスタイルをクリックします。 曲がったスタイルはテキストに適用され、プレビューと出力で表示できます。 
注意:

特定のハイパーリンクスタイルに対して歪んだ画像を設定した後は、同じハイパーリンクスタイルを「スタイル」パネルで適用すると、同じ画像を別のアイテムに適用することができます。 

書式設定の適用

右のバーにあるコンテンツのプロパティおよびスタイルパネルを使用して、フォントの種類、スタイル、字間、インデント、カラーなどの標準書式設定を編集できます。コンテンツのプロパティパネルを表示するには、作成者ウインドウでコンテンツパネルを選択し、トピックをダブルクリックして開きます。 デフォルトの「コンテンツのプロパティ」パネルが表示されます。

コンテンツのプロパティの設定

「コンテンツのプロパティ」パネルでは、コンテンツに次の標準書式設定を適用できます。

テキスト要素の操作

トピックで要素をクリックまたは選択すると、「タイプ」フィールドにタイプが表示されます。例えば、トピックタイトルを選択すると h1(見出し 1)がタイプとして表示され、段落を選択すると p がタイプとして表示されます。

要素を選択して「タイプ」フィールドにタイプを表示すると、その要素に以下の操作を実行できます。

  • 書式設定を編集し、その書式設定をプロジェクト内の同じクラスの要素すべてに適用して、スタイルシートを更新します。これを行うには、「タイプ」フィールドの横に表示されているスタイルを更新アイコンをクリックします。 
    例えば、トピックタイトルのデフォルトフォント(スタイルシートに準拠)は 20 ポイントの Arial です。 24 ポイントの Adobe Clean に変更して、プロジェクト内のすべてのトピックタイトルに適用し、スタイルシートを更新するには、スタイルを更新をクリックします。
  • 現在の書式設定を消去するには、テキストを選択して「タイプ」フィールドの横に表示されているをクリックします。または、メニューバーから編集/書式設定を消去を選択します。
    例えば、フォントをデフォルト(20 ポイントのArial)から 24 ポイントの Adobe Clean に変更するとします。しかし、スタイルシートは更新しません。 20 ポイントの Arial のデフォルトフォントに戻すには、テキストを選択して、をクリックします。

属性の定義

属性パネルでは、コンテンツ ID、クラス、翻訳属性および条件タグを設定することができます。 「翻訳」属性を使用して、テキスト要素を翻訳するかどうかを決定できます。 タグを適用するには、テキストを選択し、タグを適用をクリックします。 「コンディションタグを適用」ダイアログボックスが表示されます。 ドロップダウンリストから、適用するタグを選択します。 選択したタグがボックスの右側のペインに表示されます。 次に、適用をクリックします。

テキストの書式設定

テキストを書式設定するには、「フォント」ドロップダウンセクションをクリックします。このパネルには以下のオプションがあります。

  • フォントファミリー:目的のフォントの種類を選択する場合は、このドロップダウンリストを使用します。フォントのリストはプロジェクト設定で変更できます。
  • テキストの装飾:選択したテキストに下線、上線または線を引く方法を選択できます。
  • フォントサイズ:目的のフォントサイズを入力します。または、インクリメントボタンとデクリメントボタンを使用して、現在のサイズを自動変更します。
  • フォントスタイル:イタリック、斜体など、フォントの種類を選択する場合は、このドロップダウンリストを使用します。
  • テキストスタイル:選択したテキストの書式を、太字、斜体、下付き、上付きまたは下付き文字に設定できます。
  • フォントカラー:フォントのカラーは、次の 2 つの方法のいずれかを使用して変更できます。
    • カラーダイアログボックス:定義済みのカラースウォッチのセットから、またはカスタムカラー値を生成することによって、特定のカラーを選択できます。 カラーダイアログボックスの使用を参照してください。
    • スポイト:画面からカラーを選んでコンテンツに適用することができます。 これを行うには、カラーを付ける場所にカーソルを置き、スポイトアイコンをクリックして、画面上で目的のピクセルの上にカーソルを置き、クリックします。 カラーを選択しない場合は、マウスを右クリックするか「Esc」キーを押します。 複数の画面からカラーを選択する場合、スポイトはマルチモニター設定でも作動します。
  • 行の高さ:行の高さを選択する場合は、このドロップダウンリストを使用します。
  • 文字間隔:設定する文字間隔を入力します。
  • テキスト整列:テキストを左揃え、中央揃え、右揃えまたは両端揃えにするオプションを選択できます。
  • インデント:余白とコンテンツ間の距離を増減する場合は、それぞれ対応するアイコンを使用します。

境界線の操作

コンテンツの境界線を追加または編集するには、「境界線」ドロップダウンセクションをクリックします。「境界線」パネルには以下のオプションがあります。

  • 境界線の位置: 境界線を適用する辺に対応するアイコンを選択します。
  • スタイル:目的の境界線のスタイルを選択する場合は、このドロップダウンリストを使用します。
  • 境界線のカラー:カラーを変更アイコンをクリックして、目的の境界線のカラーを選択するか、RGB コードを指定します。
  • 幅:任意の測定単位(px、pt、rem、em または %)で、境界線の幅の値を入力します。または、上向きおよび下向き矢印をクリックして幅を変更します。
  • 半径:境界線の角を丸めることができます。 境界線の四隅を均等に丸める値を入力します。 各隅に対して丸める値を指定するには、ロックアイコンをクリックし、各隅のアイコンに対して設定する値を入力します。

レイアウトの書式設定

コンテンツのレイアウトを書式設定するには、「レイアウト」ドロップダウンセクションをクリックします。「レイアウト」パネルには以下のオプションがあります。

  • 高さ:コンテンツの高さを指定するか、上向きおよび下向き矢印をクリックして高さを増減します。
  • 幅:コンテンツの幅を指定するか、上向きおよび下向き矢印をクリックして高さを増減します。
  • 余白: 4 辺すべてに均一な余白の値を指定します。 または、ロックアイコンをクリックして、それぞれの辺に異なる余白を設定します。
  • パディング: 境界線とその中のコンテンツの間隔であるパディングの値を 4 辺すべてに指定します。または、鍵のアイコンをクリックして、それぞれの辺に異なるパディングを指定します。
  • 垂直揃え:コンテンツを上部、中央または下部に揃えて配置できます。
  • フロート:web ページ上のコンテンツの配置とレイアウトに使用されます。 ドロップダウンリストからフロートの値を選択します。「なし」は要素がフロートしないことを示し、「左」と「右」はコンテナー内でコンテンツがフロートする方向を示します。
  • 消去: 消去された要素のほかにどの要素がフロートできるか、またどちら側でそれが可能かを示します。ドロップダウンリストから消去の値を選択します。
    • 両方:左右どちら側でもフロート要素が許容されないことを示します。
    • なし:左右両側でフロート要素が許容されていることを示します。
    • :左右両側でフロート要素が許容されていないことを示します。
  • 配置:オプションのリストから目的の表示位置を選択します。
  • 表示:オプションのリストから表示スタイルを選択します。
  • 列スパン:コンテンツがすべての列にまたがるのか、列にまたがらないか指定します。

注意:異なるパラメーターに値を設定する場合は、px(ピクセル)、pt(ポイント)、remem%のいずれかの測定単位を選択します。

背景の書式設定

コンテンツの背景を書式設定するには、「背景」ドロップダウンセクションをクリックします。「背景」パネルには以下のオプションがあります。

  • 網かけ:目的の背景カラーを選択する場合は、をクリックします。このフィールドにカラーコードを入力することもできます。 デフォルトの背景色は黒です。
  • 画像パス:コンピューター上を参照して背景画像を挿入します。
  • 画像サイズ:「高さ」や「幅」セクションに値を指定して、背景画像のサイズを設定します。 またはアイコンをクリックして「高さ」と「幅」に異なる値を設定します。
  • 背景の繰り返し:ドロップダウンメニューからオプションを選択して、目的の方法で背景の繰り返しを適用します。

その他の書式設定オプション

  • 選択したコンテンツの書式設定をコピーするには、編集/書式設定をコピーを選択します。次に、コピーした書式を適用するコンテンツを選択します。
  • 選択したコンテンツの書式設定を削除するには、編集/書式設定を消去を選択します。 選択したコンテンツがデフォルトの書式設定で表示されます。
  • 変更を保存するには、標準ツールバーで「すべてを保存」アイコンをクリックします。

スタイルの適用

トピックにコンテンツを追加したら、「スタイル」を使用して、定義済みのスタイルをコンテンツに追加したり、スタイルを編集したり、新しいスタイルを追加したり、スタイルをプレビューしたりできます。 例えば、トピックの見出しには「見出し 1」スタイルを使用し、目次のキャプションには「ミニ目次キャプション」スタイルを使用できます。

スタイルの表示と適用

スタイルを表示して適用するには、次の操作を実行します。

  1. 右側のツールバーからスタイルアイコンをクリックします。
    すべてのスタイルオプションを含む「スタイル」パネルが開きます。
  2. パネルの左上隅にあるドロップダウン矢印をクリックして、表示するスタイルクラスを選択するか、「すべてのスタイル」を選択してすべてのスタイルのリスト一覧を表示します。
  3. クラスを適用する場所にカーソルを置き、リストから目的のスタイルをクリックします。
    コンテンツには選択したスタイルが反映されます。

スタイルの編集

定義済みのスタイルを変更するには、次の操作を実行します。

  1. 変更するスタイルにカーソルを合わせ、そのスタイルの「編集」アイコンをクリックします。
    選択したスタイルが CSS エディターで開き、すべての変更を行って保存できます。
  2. CSS エディターでスタイルを変更した後、プレビューパネルで変更内容を確認できます。 
  3. 変更されたスタイルを確認したら「保存」アイコンをクリックします。

新しいスタイルの追加

新しいスタイルを追加するには、次の操作を実行します。

  1. スタイルパネルの右上隅にある「スタイルを追加」アイコンをクリックします。
    編集用のトピックに関連付けられたスタイルシートが開き、そこにスタイルを追加します。 あるトピックに複数のスタイルシートが関連付けられている場合は、最初のスタイルシートが開きます。
  2. スタイルシートエディターで、適切なオプションを選択してスタイルを定義します。
  3. 完了をクリックします。

プレビュースタイル

「スタイル」パネルの「スタイルプレビューを表示」アイコンを使用すると、「スタイルプレビューを表示」と「スタイル名を表示」を切り替えて、スタイルプレビューを表示または非表示にできます。 「プレビュースタイルを表示」を選択すると、対応するスタイルがスタイル名に反映されます。

カラーダイアログボックスの使用

カラーダイアログボックスでは、基本のカラーパレットのセットから、またはカスタムカラー値を生成することによって、特定のカラーを選択できます。 

  1. 16 進数、RGB または HSB の 3 つのカラーモードのいずれかを選択します。 
  2. 次の 2 つの方法のいずれかを使用してカラーを選択します。
    • 定義済みのカラースウォッチ(E)のグリッドからカラーを選択します。 カラースウォッチの上にマウスを置くと、選択したカラーモードでカラー名と関連付けられたカラー値を確認できます。 定義済みのスウォッチのリストに表示される最初のスウォッチは、「なし」または「塗りつぶしなし」を表します。選択したカラーを削除するには「なし」をクリックします。
      このカラースウォッチのグリッドは「プロジェクト設定」で変更できます。
    • カラー値またはグラデーションバーを使用して、独自のカラーを作成します。 16 進数カラーモードの場合、指定された空白に 16 進数(#0000FF など)を入力します。 RGB または HSB カラーモードの場合、3 つの構成要素の値を指定します。 
  3. 必要に応じて、アルファコンポーネント(D)を使用するか、塗りつぶしの透明度バー(B)をドラッグして、カラーの不透明度を設定します。 アルファパラメーターの数値は、0(完全に透明)から 100(完全に不透明)です。 
  4. 完了をクリックします。
カラーダイアログボックス
カラーダイアログボックス

テキスト属性の削除

テキスト属性とは、段落に挿入される変数、スニペット、スパンタグおよびハイパーリンクなどのインラインスタイルとタグ属性を指します。 項目をそれぞれ選択して削除するか、これらの手順に従ってコンテンツのセクション全体で一括削除することができます。

  1. 開いているトピックで、パンくずから属性を削除するテキストまたは段落を選択します。
  2. 選択したテキストを右クリックし、コンテキストメニューからテキスト属性を削除を選択します。
    または、トピックエディターのパンくずから段落またはエレメントタグを右クリックしテキスト属性を削除を選択することもできます。
  3. テキスト属性を削除ダイアログボックスで、すべての属性を選択したり、削除する属性のみを選択したりします。削除をクリックします。
    これにより、属性が削除され、コンテンツがプレーンテキストとして変換されます。
テキスト属性を削除する方法の図
テキスト属性を削除する方法の図

アドビのロゴ

アカウントにログイン