ここでは、状況依存ヘルプの概念とその使用方法について説明します。

状況依存ヘルプとは

状況依存ヘルプのトピックでは、ユーザーが実行するタスクに関連するアプリケーションのユーザーインターフェースの情報が表示されます。例えば、状況依存ヘルプのトピックには、ダイアログボックスのフィールドやコントロール、ウィンドウオブジェクトまたはスクリーンオブジェクトの説明、メッセージの説明に関する詳細情報が表示されます。状況依存ヘルプのトピックにアクセスするには、F1 キーを押すか、ヘルプボタンをクリックするか、メニューを使用して選択するか、疑問符アイコンをクリックします。

マップファイルとは

RoboHelp では、出力ビュー内のマップファイルを使用して、状況依存ヘルプトピックを表示します。マップファイルの作成、割り当て、割り当て解除、編集、読み込み、書き出しを行うことができます。各トピックのマップ ID とマップ番号のペアは、マップファイル内に保存されます。 

map_file
マップファイルに保存されるマップ ID とマップ番号のペア

マップ ID:各トピックに一意のマップ ID を割り当てます。このマップ ID は、CSH(状況依存ヘルプ)内に表示されます。例えば、「ID_SetupScreen」などの ID を割り当てます。

マップ番号:トピックに関連付ける数値を指定します。マップ番号は、状況依存ヘルプを呼び出すトピックを指定するためにアプリケーションで使用されます。例えば、「101」などの値を指定します。

アプリケーション開発者が、マップ番号とマップ ID のいずれか、または両方を使用するかどうかは、使用するプログラミング言語によって異なります。 

トピック:マップ ID とマップ番号に対して、トピックの割り当てと割り当て解除を行うことができます。例えば、トピック名として「SetupScreen」などを指定します。

作成者と開発者のタスク

作成者と開発者はマップファイルを使用して、アプリケーション用の状況依存ヘルプを作成します。 

  • 作成者は、アプリケーションを構成するコンポーネント(ウィンドウ、ダイアログボックス、フィールド、コントロールなど)の使用方法を説明するためのヘルプトピックを作成します。
  • 開発者は、アプリケーションを構成するコンポーネント(ウィンドウ、ダイアログボックス、フィールド、コントロールなど)の開発を行います。

作成者は、マップ ID を保管するマップファイルを作成し、そのファイルを開発者に渡すことができます。また、開発者からマップファイルを受け取ることもできます。

マップファイルを共有するには、.h ファイルを以下の形式でマップファイルとして書き出します。

#define ID_SetupScreen 101

マップファイルの作成

マップファイルを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. 出力ツールバーで、「マップファイル」をクリックします。

  2. マップファイルパネルの右上隅に表示されている アイコンをクリックし、次に「新規マップファイル」をクリックします。 

  3. 新規マップファイルダイアログボックスで、マップファイルの名前を入力します。

    注意:

    ファイル名を入力する場合は、スペースの代わりにアンダースコアを使用してください。また、以下の文字は使用しないでください。
    \ / : * ? < > | # " $ & [ ]

  4. 終了」をクリックします。

    マップファイルパネルに、ファイル名のアルファベット順にマップファイルが表示され、マップファイルエディターが起動します。

マップファイルの編集

マップファイルを編集するには、以下の手順を実行します。

  1. 出力ツールバーで、「マップファイル」をクリックします。

  2. マップファイルパネルで、編集するマップファイルをダブルクリックします。または、編集するマップファイルの「オプション編集」を選択します。

    マップファイルエディターが起動します。エディターの左側にはコンテンツパネルが表示され、エディターの右側には、「マップ ID」フィールド、「マップ番号」フィールド、「トピック」フィールドが表示されます。

  3. 以下に示すいずれかの方法で、トピックをマップすることができます。

    方法 1:マップ ID とマップ番号を自動的に割り当てる場合は、コンテンツパネルからトピックをドラッグし、マップファイルエディター内のフィールド名の下にドロップします。

    この操作により、トピック名がマップ ID として自動的にマップされます。最初のトピックには、デフォルトのマップ番号として「1」が割り当てられます。マップ ID とマップ番号は編集することができます。

    注意:

    マップファイルの設定が指定されている場合は、ドラッグアンドドロップ操作で使用するすべてのトピックにその設定が適用されます。

    方法 2:カスタムのマップ ID またはマップ番号を指定し、その ID や番号に対してトピックを個別に割り当てる場合は、以下の手順を実行します。

    1. マップ ID」フィールドにマップ ID を入力して Enter キーを押します。 

    2. マップ番号」フィールドにマップ番号を入力して Enter キーを押します。

    3. 行の右側に表示されている アイコンをクリックしてトピックを割り当てます。 

    4. トピックの挿入ダイアログボックスでトピックを検索するか、「コンテンツ」ドロップダウンセクションまたは「最近の使用」ドロップダウンセクションでトピックを選択します。 

    5. 挿入」をクリックします。

      選択したトピックがマップ ID とマップ番号に割り当てられ、「トピック」フィールドの下にトピックファイルの名前が表示されます。

      トピックの割り当てを解除するには、目的のトピック名の横に表示されている アイコンをクリックします。

      マップ ID、マップ番号、トピックの行全体を削除するには、その行に表示されている アイコンをクリックします。

      注意:

      マップファイルの設定が指定されている場合は、個別に割り当てられたトピックや、その設定を指定する前に定義されたマッピングには適用されません。

  4. 「マップ ID」フィールドと「マップ番号」フィールドの値は、変更することができます。

マップファイルの設定を指定する

マップファイルエディターでトピックをドラッグアンドドロップ操作すると、そのトピックにマップファイルの設定が適用されます。マップファイルの設定を指定するには、以下の手順を実行します。

  1. 出力ツールバーで、「マップファイル」をクリックします。

  2. マップファイルパネルで、目的のマップファイルを右クリックして「オプション」をクリックします。または、目的のマップファイルの「 アイコン/オプション」を選択します。

  3. マッピングオプションダイアログボックスで、以下の操作を実行します。

    • マップ ID のプレフィックス:すべての新しいマップ ID にプレフィックスを自動的に追加する場合は、このフィールドでそのプレフィックスを指定します。 
    • 開始マップ番号:特定の数値を基準としてマップ番号の割り当てを自動的に行う場合は、このフィールドでその数値を指定します。
    • 大文字でマップ ID を作成:マップ ID を大文字で自動的に作成する場合は、このフィールドを選択します。 
  4. 終了」をクリックします。

マップファイル名の変更

マップファイル名を変更するには、以下の手順を実行します。

  1. 出力ツールバーで、「マップファイル」をクリックします。

  2. マップファイルパネルで、目的のマップファイルを右クリックして「名前の変更」をクリックします。または、目的のマップファイルの「 アイコン/名前の変更」を選択します。

  3. 名前の変更ダイアログボックスで、マップファイルの新しい名前を入力します。 

  4. 終了」をクリックします。

    変更されたマップファイル名がマップファイルパネルに表示されます。

マップファイルの読み込み

作成者または開発者から受け取ったマップファイルを読み込むことができます。マップファイルを読み込むには、以下の手順を実行します。

  1. 出力ツールバーで、「マップファイル」をクリックします。

  2. マップファイルパネルの右上隅に表示されている アイコンをクリックし、次に「読み込み」をクリックします。 

  3. 読み込みダイアログボックスで、目的のマップファイルを選択します。

  4. 開く」をクリックします。

    読み込まれたマップファイルが、ファイル名のアルファベット順にマップファイルパネルに表示されます。

マップファイルの書き出し

マップファイルを書き出して、作成者または開発者と共有することができます。マップファイルを書き出すには、以下の手順を実行します。

  1. 出力ツールバーで、「マップファイル」をクリックします。

  2. マップファイルパネルで、目的のマップファイルを右クリックして「書き出し」をクリックします。または、目的のマップファイルの「 アイコン/書き出し」を選択します。

  3. 書き出しダイアログボックスで、マップファイルの保存場所を選択します。

  4. 保存」をクリックします。

    選択した場所にマップファイルが書き出されます。

マップファイルの削除

マップファイルを削除するには、目的のマップファイルを選択して Delete キーを押します。または、以下の手順を実行します。

  1. 出力ツールバーで、「マップファイル」をクリックします。

  2. マップファイルパネルで、目的のマップファイルを右クリックして「削除」をクリックします。または、目的のマップファイルの「 アイコン/削除」を選択します。

  3. 確認ダイアログボックスで「はい」をクリックして、削除操作を確定します。

    マップファイルが削除されます。

コンピューター上のマップファイルの場所を確認する

コンピューター上でマップファイルの場所を確認するには、以下の手順を実行します。

  1. 出力ツールバーで、「マップファイル」をクリックします。

  2. マップファイルパネルで、目的のマップファイルを右クリックして「エクスプローラーで表示」をクリックします。または、目的のマップファイルの「 アイコン/エクスプローラーで表示」を選択します。

    Windows エクスプローラーが起動し、マップファイルとその場所が表示されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー