マニュアル キャンセル

リンクの作成と管理

  1. RoboHelp ユーザーガイド
  2. 概要
    1. Adobe RoboHelp の新機能
    2. RoboHelp(2020 release)アップデート 7 の新機能
    3. RoboHelp(2020 release)アップデート 6 の新機能
    4. RoboHelp(2020 release)アップデート 5 の新機能
    5. RoboHelp(2020 release)アップデート 4 の新機能
    6. RoboHelp 必要システム構成
    7. RoboHelp FAQ
    8. Adobe アプリをダウンロードしてインストールする
    9. MacOS で RoboHelp をダウンロードしてインストールする
    10. RoboHelp ワークスペースの概要
    11. RoboHelp で解決済みの問題
  3. プロジェクト
    1. RoboHelp プロジェクトの計画
    2. プロジェクトの作成
    3. トピックとフォルダーの操作
    4. レポートの生成
    5. 状況依存ヘルプの使用
    6. 参照の管理
    7. RoboHelp での環境設定
  4. 作成者との共同作業
    1. Git を使用した共同作業
    2. SharePoint Online を使用した共同作業
    3. Azure DevOps(Team Foundation Server)を使用した共同作業
  5. 編集と書式
    1. コンテンツの書式設定
    2. 相互参照の作成と管理
    3. リンクの作成と管理
    4. スニペットによるシングルソース
    5. 画像とマルチメディアの操作
    6. 作成した変数を使用して簡単に更新を行う
    7. 変数セットの操作
    8. 検索と置換の使用
    9. コンテンツの自動保存
    10. スプリットビューで並べて編集
    11. スペルチェック機能の使用
    12. ブックマークの作成と編集
    13. フィールドの挿入と更新
    14. 複数ビュー間の切り替え
    15. CSS の自動番号付け
  6. 読み込みとリンク
    1. プロジェクトへの Markdown ファイルの読み込み
    2. Word ドキュメントのプロジェクトへの読み込み
    3. FrameMaker ドキュメントのプロジェクトへの読み込み
  7. 目次、索引および用語集
    1. 目次の作成と管理
    2. 索引の作成と管理
    3. 用語集の作成と管理
    4. 閲覧シーケンスの作成と管理
    5. 関連項目および関連トピックの操作
  8. 条件付きコンテンツ
    1. 条件付きコンテンツとは
    2. コンディションタグの作成と適用
    3. 条件付きコンテンツの出力プリセットの設定
    4. 条件付きコンテンツの最適化と管理
  9. マイクロコンテンツ
    1. マイクロコンテンツ
  10. レビューと共同作業
    1. レビューと共同作業
  11. 翻訳
    1. コンテンツの複数言語への翻訳
    2. サービスプロバイダー向け翻訳フレームワークの設定
  12. スキンとマスターページ
    1. スキンの操作
    2. マスターページの操作
    3. ラベルの操作
    4. PDF のカスタマイズ
    5. フレームレススキンエディターの概要
  13. 出力を生成中
    1. 出力の生成
    2. フレームレス出力の生成
    3. ナレッジベース出力の生成
    4. PDF 出力の生成
    5. レスポンシブ HTML5 出力の生成
    6. Word ドキュメント出力の生成
    7. コンテンツのみの出力の生成
    8. 電子ブック出力の生成
    9. Microsoft HTML Help 出力の生成
    10. モバイルアプリ出力の生成
  14. 出力の公開
    1. RoboHelp Server への公開
    2. FTP サーバー、セキュア FTP サーバーまたはファイルシステムへの公開
    3. SharePoint Online への公開
    4. Zendesk ヘルプセンターへの公開
    5. Salesforce ナレッジベースに公開
    6. ServiceNow ナレッジベースへの公開
    7. Zoho ナレッジベースへの公開
    8. Adobe Experience Manager への公開
  15. 付録
    1. Adobe RoboHelp スクリプトリファレンス
    2. RoboHelp のキーボードショートカット

ここでは、プロジェクト内でリンクを作成する基本的な方法と、ヘルプシステム内でナビゲーション機能を開発する基本的な方法について説明します。

リンクを使用すると、クリック操作を実行するだけで、特定のコンテンツ要素から別のコンテンツ要素に素早く移動することができます。RoboHelp でオーサリングを行う際に、テキストや画像にリンクを追加し、そのリンクの参照先を、プロジェクトファイル、コンピューター上のファイル、Web ページ、電子メールに設定することができます。

リンクの種類

以下に示すリンクを RoboHelp で使用して、出力内を移動することができます。

  • ハイパーテキストリンク:テキスト内でリンクがハイライト表示され、リンクをクリックすると、リンク先に移動します。
  • 画像マップリンク:画像のセクションにあるリンク。リンクが埋め込まれた画像をクリックすると、リンク先に移動します(または、ポップアップ画面が表示されます)。
  • ブックマーク:トピック内の特定の場所に移動するためのリンク。詳しくは、「ブックマークの作成および編集」を参照してください。
  • 参照シーケンス:出力内に表示される一連のトピック。詳しくは、「参照シーケンスの作成および管理」を参照してください。
  • 検索:検索キーワードが含まれているトピックは、検索結果内でリンクとして表示されます。

リンクを挿入する

リンクを挿入するには、次の手順を実行します。

  1. 適切な箇所にカーソルを置くか、必要なテキストを選択します。

  2. 標準ツールバーで「リンクを挿入」のアイコンをクリックするか、CTRL+K を押します。リンク先ダイアログボックスが表示されます。

  3. リンクを挿入する際にテキストを選択すると、表示テキストフィールドに選択したテキストが表示されます。

    画像または画像マップにリンクを挿入すると、リンク先ダイアログボックスに、表示テキストフィールドではなく代替テキストフィールドが表示されます。代替テキストでは、画像が表示されない場合、または何らかの理由でユーザーが確認できない場合に、画像の代替情報が提供されます(SRC 属性のエラーのため)。

    以下のオプションを使用して、挿入するリンクのタイプを選択できます。

    • プロジェクトファイル(デフォルト設定):プロジェクト内のトピックにリンクしています。「検索」フィールドを使用するか、「コンテンツ」または「最近の使用」ドロップダウンセクションを参照して、目的のトピックを選択します。プレビューペインでトピックの選択を確認できます。ブックマークを検索して、簡単にブックマークを操作できます。
    • ローカルファイル:コンピューター上のファイルにリンクする場合は、このオプションを選択します。 をクリックして、ローカルファイルシステムからファイルを参照して選択すると、そのファイルがプロジェクト内の特定のフォルダーにコピーされます。
    • Web ページ:Web ページにリンクする場合は、このオプションを選択します。「URL を入力または貼り付け」フィールドで、リンク先となる Web ページの URL を指定します。
    • 電子メール:送信可能な電子メールにリンクする場合は、このオプションを選択します。「To」および「Cc」のアドレスフィールドでメールアドレスを指定できます。このフィールドは、メッセージの宛先を示します。必要に応じて、「件名」フィールドと「本文」フィールドに、メールの件名と本文を入力できます。出力内のリンクをクリックすると、デフォルトのメールクライアントを使用して、下書き用の電子メールが表示されます。 このメールを送信する前に、メールの内容を編集することができます。
  4. 次で表示」セクションで、適切なリンク表示オプションを選択します。詳しくは、「リンクの表示設定」を参照してください。

  5. リンク」をクリックします。

    標準ツールバーのプレビューアイコン()をクリックすると、挿入したリンクのプレビューが表示されます。

ハイパーリンクをドラッグアンドドロップで作成

トピックを画像やテキストにドラッグアンドドロップすると、リンクが自動で作成されます。 リンクを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. リンクの挿入先となる開いているトピックで、画像やテキストを選択します。
  2. 次に、オーサリングウィンドウのコンテンツパネルから任意のトピックをドラッグし、選択したテキストにドロップします。
    この操作により、リンク挿入先のトピックがリンクとして追加されます。 プレビューモード(または出力ファイル)でリンクを確認できます。

スクリーンヒントの追加

スクリーンヒントを追加するには、関連性のあるテキストを選択し、CTRL+K を押します。または、エディターの上部にある「リンク先アイコンをクリックします。表示されたダイアログボックスで、「スクリーンヒント」編集ボックスにテキストを入力します。「リンク」をクリックします。

マウスカーソルをリンクの上に置くと、小さな長方形のボックスに書かれたスクリーンヒントが、ブラウザに表示されます。これはツールヒントとも呼ばれます。

注意:

スクリーンヒントは、ハイパーリンクでのみ作成できます。

プロジェクトまたはローカルファイルを選択する際に、「表示」セクションを使用して、フレームまたはポップアップウィンドウ内にリンクされたトピックの表示内容とそのサイズをカスタマイズします。このセクションには以下のオプションがあります。

  • フレーム (デフォルト):リンクされたトピックをフレーム内に表示します。「フレーム」フィールドの下にあるドロップダウンリストからフレームの種類を選択します。
    • ページデフォルト (なし):(デフォルト) ヘルプファイルのウィンドウと同じフレームでトピックを開きます。
    • 新しいウィンドウ:別のブラウザーのウィンドウでトピックを開きます。
    • 同じフレーム:現在のトピックと同じフレームでトピックを開きます。
    • 親フレーム:リンクの親フレームでトピックを開き、現在のトピックを非表示にします。
    • ページ全体:ヘルプファイルのウィンドウでトピックを開き、元のトピックまたはフレームセットを置き換えます。
  • 自動的にサイズ変更されるポップアップ:このオプションを選択すると、ビューアーやブラウザーではなく、ポップアップウィンドウにリンクされたトピックが表示されます。 ウィンドウサイズはコンテンツに応じて調整されます。長いトピックがある場合は、カスタムサイズのポップアップを使用してください。
  • カスタムサイズのポップアップ:このオプションを選択すると、リンクされたトピックがポップアップウィンドウに表示され、ウィンドウの幅と高さを指定できます。デフォルトの幅は 400 ピクセル (px) で、高さは 300 pxです。テキストがポップアップの高さまたは幅におさまらない場合は、ポップアップウィンドウにスクロールバーが表示されます。このオプションは、トピックへのリンクにのみ使用できます。

ハイパーリンクを開く、編集、削除

ハイパーリンクを挿入したら、右クリックして開く、編集または削除することができます。CTRL キーを押しながらクリックすることで、ハイパーリンクを開くこともできます。 

ハイパーリンクのオプション

壊れたリンクの修復

壊れたリンクを修復するには、そのリンクを置き換えて、プロジェクトの別のファイルを指すようにします。壊れたリンクがトピックファイルを指している場合は、そのトピックファイルを置き換えるか、新しいトピックを作成することができます。新しいトピックを作成すると、壊れたリンクは自動的に新しいトピックを指します。壊れたリンクは、壊れたリンクを修正ダイアログボックス、または壊れたリンクのレポートの 2 つの場所から修正することができます。

壊れたリンクを修正する方法:

  1. 壊れたリンクを修正ダイアログボックスを起動するには、以下のいずれかの操作を実行します。

    壊れたリンクを修正ダイアログボックスが表示されます。

  2. 壊れたリンク」セクションで、修正対象の壊れたリンクをクリックします。

    使用箇所」セクションに、壊れたリンクが存在するトピックが表示されます。 

    以下に示すいずれかの操作を実行できます。

    • 壊れたリンクが、プロジェクト内の既存のファイルを指すようにします(手順 3 を参照)。
    • 壊れたリンクがトピックを指している場合は、新しいトピックを作成し、リンクが新しいトピックを指すようにします(手順 4 を参照)。
  3. プロジェクト内の別のファイルにリンクを指定する方法:

    1. 置換」をクリックします。

      注意:

      壊れたリンクのレポートで、リンクを置換ダイアログボックスで特定の壊れたリンクを直接置き換えることができます。ダイアログボックスを起動するには:

      1. フィルターパネル/「並べ替え順」セクションで、「壊れたリンク」を選択します。壊れたリンク別にレポート上で情報が並べ替えられます。
      2. 壊れたリンク」列で、リンクを右クリックして、「リンクを置換」をクリックします。 

      リンクを置換ダイアログボックスが表示されます。 

      リンクを置換ダイアログボックスで、壊れたリンクが指す参照先項目のタイプに応じて、適切なフォルダーが自動的に表示されます。例えば、壊れたリンクが画像を指している場合は、アセット/画像フォルダーが自動的に表示されます。 

    2. リンク先の代替トピック/画像を検索します。これを行うには、「検索」フィールドを使用するか、「コンテンツ」または「最近の使用」ドロップダウンセクションを参照します。 

    3. トピック/画像を選択して、「リンク」をクリックします。壊れたリンクが修正され、修正されたリンクは、壊れたリンクを修正ダイアログボックスと壊れたリンクのレポートから削除されます。

  4. 新しいトピックを作成して、トピックを指している壊れたリンクを修正する方法:

    1. 新規作成」をクリックします。

      注意:

      新規作成」ボタンは、トピックを指している壊れたリンクに対してのみ有効です。

      新規トピックダイアログボックスが表示されます。

    2. 新規トピックダイアログボックスで、異なるセクションのトピックのプロパティを必要に応じて指定します。

      「ファイル情報」セクションを除き、新規トピックダイアログボックスとトピックのプロパティダイアログボックスのセクションは同じです。「ファイル情報」セクションはトピックのプロパティ固有のセクションです。詳しくは、「トピックのプロパティ」を参照してください。

    3. 作成」をクリックします。

      コンテンツパネルで選択したフォルダーまたはサブフォルダー内に、トピックが作成されます。壊れたリンクは、自動的に新しいトピックを指します。

  5. をクリックして変更を保存します。

アドビのロゴ

アカウントにログイン