ここでは、トピックを操作して RoboHelp でコンテンツを作成する方法について説明します。

トピックは、テキスト、画像、マルチメディア、リンクなどの各種コンテンツをプロジェクト内に挿入するための基礎的な要素です。 トピック内のコンテンツについて、追加、編集、書式設定、削除を行うことができます。 1 つのフォルダー内に複数のトピックを保管し、1 つのプロジェクト内に複数のフォルダーを含めることができます。 この方法により、プロジェクト内でコンテンツを簡単に構造化することができます。

フォルダーの作成

フォルダーには、トピックが保管されます。 1 つのプロジェクトに複数のフォルダーを含めることができます。 

コンテンツパネル、または特定のフォルダー内のサブフォルダーで、ルートレベルのフォルダーを作成することができます。

開いているプロジェクトでルートレベルのフォルダーを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. 作成者ツールバーで、「コンテンツ」をクリックします。コンテンツパネルが表示されます。

  2. コンテンツパネルの右上隅に表示されている「」をクリックし、次に「新規フォルダー」をクリックします。

  3. フォルダーの詳細ダイアログボックスの「名前」フィールドに、フォルダー名を入力します。

  4. 作成」をクリックします。

    コンテンツパネルのルートレベルにフォルダーが作成されます。

    注意:

    フォルダー内にサブフォルダーを作成するには、目的のフォルダーを選択し、コンテンツパネルの右上隅に表示されている「」をクリックして、「新規フォルダー」をクリックします。または、目的のフォルダーを右クリックするか、目的のフォルダーの「」をクリックして、「新規/新規フォルダー」を選択します。

トピックの作成

フォルダー内にトピックを作成することも、コンテンツパネルのルートレベルにトピックを作成することもできます。

フォルダー内にトピックを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. 作成者ツールバーで、「コンテンツ」を選択します。コンテンツパネルが表示されます。

  2. コンテンツパネルで、以下に示すいずれかの操作を実行します。

    • 目的のフォルダーを選択し、パネルの右上隅に表示されている「」をクリックして、「新規トピック」をクリックします。
    • 目的のフォルダーを右クリックするか、目的のフォルダーの「」をクリックして、「新規/新規フォルダー」を選択します。

    注意:

    フォルダーを選択しなかった場合、コンテンツパネルのルートレベルにトピックが作成されます。

  3. 新規トピックダイアログボックスで、異なるセクションのトピックのプロパティを必要に応じて指定します。

    「ファイル情報」セクションを除き、新規トピックダイアログボックスのセクションとトピックのプロパティダイアログボックスのセクションは同じです。「ファイル情報」セクションは、トピックのプロパティ固有のセクションです。 詳しくは、「トピックのプロパティ」を参照してください。

  4. 作成」をクリックします。

    コンテンツパネルで選択したフォルダー内に、トピックが作成されます。1 つのフォルダーまたはサブフォルダー内に複数のトピックを作成することができます。

トピックにコンテンツを追加する、またはトピックを編集する

トピックを作成したら、以下の手順により、コンテンツの追加や編集を行います。

  1. 作成者ツールバーで、「コンテンツ」を選択します。コンテンツパネルが表示されます。

  2. コンテンツパネルで、作成したトピックが含まれているフォルダーを展開し、そのトピックをダブルクリックして開きます。

    注意:

    編集するトピックを素早く検索するには、画面左上のツールバーに表示されている「」をクリックするか、Ctrl+F キーを押します。次に、検索ダイアログボックスで、トピックのタイトルとファイル名を入力します。 目的のトピックを検索結果でダブルクリックすると、そのトピックが開きます。

    複数のトピックを同時に開いて操作することができます。 各トピックは、オーサリングワークスペース内でタブとして表示されます。

  3. 開いているトピックで、テキストコンテンツ、画像コンテンツ、マルチメディアコンテンツの追加や編集を行うことができます。 また、展開テキスト、ドロップダウンテキスト、リンクをトピック内に作成したり、外部コンテンツにリンクを追加したりすることもできます。さらに、ミニ目次、変数、スニペット、フィールドを挿入してカスタマイズすることもできます。

    詳しくは、以下のリソースを参照してください。

    注意:

    トピックの段落マーカーの表示を切り替えるには、「表示/表示/段落マーカー」を選択します。

  4. 開いているトピックでスペルチェックを素早く実行するには、以下の手順を実行します。

    1. 編集/環境設定」を選択するか、Ctrl+Shift+T キーを押します。
    2. アプリケーション設定ダイアログボックスで、「スペルチェックを有効にする」を選択します。
    3. 終了」をクリックします。

    スペルが正しくない単語が、トピック内でハイライト表示されます。 スペルが正しくない単語を右クリックして、以下の操作を行います。

    • 正しいスペルの候補を表示します。 スペルが正しくない単語を修正するには、正しいスペルの候補をクリックします。
    • スペルが正しくない単語を無視する場合(現在表示されている単語だけを無視する場合)は、「無視」をクリックします。
    • スペルが正しくない単語をトピック内ですべて無視する場合は、「すべてを無視」をクリックします。
    • スペルが正しくない単語を辞書に追加する場合は、「辞書に追加」をクリックします。
    • スペルが正しくない単語にコンディションタグを適用する場合は、「コンディションタグを適用」をクリックします。次に、
      コンディションタグを適用ダイアログボックスの左側のペインで、適用するコンディションタグを選択します。選択したタグが左側のペインから削除され、右側のペインに表示されます。 タグの「」をクリックすると、そのタグが右側のペインから削除されます。最後に「適用」をクリックします。
    • スニペットを作成する場合は、「スニペットを作成」をクリックします。 詳しくは、「スニペットの作成」を参照してください。
    • コンテンツパネル内のトピックファイルを検索する場合は、「コンテンツパネルで検索」をクリックします。
    • プロパティパネルで「トピック」タブを開く場合は、「トピックのプロパティ」をクリックします。
  5. 」をクリックして、トピックタブを終了します。

    注意:

    トピックタブを終了する前に、作業内容を保存してください。 「」をクリックしてタブを終了すると、変更を保存ダイアログボックスが表示されます。

    変更を保存ダイアログボックスで、以下の操作を実行します。

    • プロジェクトがバージョンコントロールシステムに接続されている場合は、「ファイルをチェックイン」をクリックして、バージョンラベルを指定します。次に、「保存してチェックイン」をクリックします。
    • プロジェクトがローカルに保存されている場合は、「保存」をクリックして作業内容を保存してから、タブを終了します。

ファイルとフォルダーの読み込み

ファイルと Word ドキュメントを、トピックとしてプロジェクトフォルダーに読み込むことができます。 また、フォルダーと Adobe Captivate のビデオを読み込むこともできます。

ファイルやフォルダーを読み込むには、以下の手順を実行します。

  1. 作成者ツールバーで、「コンテンツ」を選択します。コンテンツパネルが表示されます。

  2. ファイルを読み込むには、以下の手順を実行します。

    1. 目的のフォルダーを右クリックするか、目的のフォルダーの「」をクリックして、「読み込み/ファイル」を選択します。
    2. 開くダイアログボックスで、読み込むファイルを選択して「開く」をクリックします。

    注意:

    開くダイアログボックスのファイルタイプドロップダウンリストには、「すべてのファイル」、「トピック」、「スタイルシート」など、サポートされるファイルタイプが表示されます。ファイルを選択する際にこのドロップダウンリストを使用すると、ファイルタイプに応じてファイルをフィルタリングすることができます。

    選択したファイルは、トピックとしてプロジェクトフォルダー内にコピーされます。

  3. フォルダーを読み込むには、以下の手順を実行します。

    1. 目的のフォルダーを右クリックするか、目的のフォルダーの「」をクリックして、「読み込み/フォルダー」を選択します。
    2. 開くダイアログボックスで、読み込むフォルダーを選択して「フォルダーを選択」をクリックします。

    選択したフォルダーとそのフォルダー内のファイルが、プロジェクトフォルダー内にコピーされます。

  4. Word ドキュメントの HTML バージョンを読み込む方法については、「Word ドキュメントをプロジェクトに読み込む」を参照してください。

  5. Adobe Captivate のビデオを読み込む方法については、「Adobe Captivate ビデオの読み込みと挿入」を参照してください。

ファイルとフォルダーをリンクする

システム上のファイルとフォルダーをプロジェクトフォルダーにリンクすることができます。

ファイルやフォルダーをリンクするには、以下の手順を実行します。

  1. 作成者ツールバーで、「コンテンツ」を選択します。コンテンツパネルが表示されます。

  2. ファイルをリンクするには、以下の手順を実行します。

    1. 目的のフォルダーを右クリックするか、目的のフォルダーの「」をクリックして、「リンク/リンクファイル」を選択します。
    2. 開くダイアログボックスで、リンクするファイルを選択して「開く」をクリックします。

    ファイルが、選択したフォルダー内にコピーされます。コピーされたファイルが元のファイルにリンクされたことが RoboHelp によって通知されます。 コンテンツパネルで、コピーされたファイルの先頭に緑色の矢印が表示されます。この矢印は、ファイルが同期された状態になっていることを示しています。

    注意:

    コピーされたファイルまたは元のファイルが変更されると、矢印の色が緑から赤に変わります。これは、ファイルが同期されていない状態になっていることを示しています。 リンクされたファイルを同期するには、目的のトピックを右クリックするか、目的のトピックの「」をクリックして、「同期」をクリックします。同期の成功または失敗を通知するメッセージが表示されます。

    コピーされたファイルと元のファイルとの間のリンクを削除するには、目的のトピックを右クリックするか、目的のトピックの「」をクリックして、「リンクを削除」をクリックします。この操作により、コンテンツパネルの、コピーされたファイルの先頭に表示されている矢印も削除されます。

  3. フォルダーをリンクするには、以下の手順を実行します。

    1. 目的のフォルダーを右クリックするか、目的のフォルダーの「」をクリックして、「リンク/リンクフォルダー」を選択します。
    2. 開くダイアログボックスで、読み込むフォルダーを選択して「フォルダーを選択」をクリックします。

    選択したフォルダーとそのフォルダー内のファイルが、プロジェクトフォルダー内にコピーされます。

  4. Word ドキュメントの HTML バージョンを読み込む方法については、「Word ドキュメントをプロジェクトに読み込む」を参照してください。

  5. Adobe Captivate のビデオを読み込む方法については、「Adobe Captivate ビデオの読み込みと挿入」を参照してください。

トピック名またはフォルダー名の変更

プロジェクト内のトピック名やフォルダー名を変更することができます。名前を変更するトピックやフォルダーを開く必要はありません。

トピック名やフォルダー名を変更するには、以下の手順を実行します。

  1. 作成者ツールバーで、「コンテンツ」を選択します。コンテンツパネルが表示されます。

  2. フォルダー名を変更するには、目的のフォルダーを右クリックするか、目的のフォルダーの「」をクリックして、「名前を変更」をクリックします。

    トピックのファイル名を変更するには、名前を変更するトピックが保管されているフォルダーを展開します。 次に、目的のトピックを右クリックするか、目的のトピックの「」をクリックして、「名前を変更」をクリックします。

  3. 名前を変更ダイアログボックスに新しい名前を入力して「終了」をクリックします。

    注意:

    名前を変更したトピックの新しいファイル名を表示するには、「表示/表示」を選択し、「タイトル別トピック」の選択を解除します。デフォルトのタイトルビューがファイル名のビューに切り替わり、ファイル名別にすべてのトピックが表示されます。

重複トピックの作成

同じフォルダー内に重複トピックを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. 作成者ツールバーで、「コンテンツ」を選択します。コンテンツパネルが表示されます。

  2. 重複トピックを作成するには、複製するトピックが保管されているフォルダーを展開します。 次に、目的のトピックを右クリックするか、目的のトピックの「」をクリックして、「複製」をクリックします。

  3. 複製ダイアログボックスで重複トピックのタイトルとファイル名を入力して「終了」をクリックします。元のトピックと同じフォルダー内に重複トピックが作成されます。

トピックまたはフォルダーの削除

開いているプロジェクト内のトピックやフォルダーを削除するには、以下の手順を実行します。

  1. 作成者ツールバーで、「コンテンツ」を選択します。コンテンツパネルが表示されます。

  2. フォルダーを削除するには、目的のフォルダーを右クリックするか、目的のフォルダーの「」をクリックして、「削除」をクリックします。

    トピックを削除するには、目的のトピックが保管されているフォルダーを展開します。 次に、目的のトピックを右クリックするか、目的のトピックの「」をクリックして、「削除」をクリックします。

  3. 確認ダイアログボックスで、「はい」をクリックします。トピックまたはフォルダーが削除されます。

プロジェクト内のすべてのフォルダーを折りたたむ

プロジェクト内で展開されているフォルダーをすべて折りたたむには、以下の手順を実行します。

  1. 作成者ツールバーで、「コンテンツ」を選択します。コンテンツパネルが表示されます。

  2. 展開されているフォルダーまたはそのフォルダー内の任意のトピックを右クリックするか、展開されているフォルダーまたはそのフォルダー内の任意のトピックの「」をクリックして、「すべて折りたたむ」をクリックします。

    プロジェクト内で展開されているすべてのフォルダーが折りたたまれます。

目次のトピックの検索

目次のトピックを検索するには、以下の手順を実行します。

  1. 作成者ツールバーで、「コンテンツ」を選択します。コンテンツパネルが表示されます。

  2. 目的のトピックを右クリックするか、目的のトピックの をクリックして、「目次を検索」にカーソルを置きます。

    トピックが属する目次が表示されます。 検索するトピックの「目次」をクリックします。

    目次パネルには、トピックが強調表示された目次が展開されて表示されます。

    注意:

    トピックがいずれの目次にも含まれていない場合は、「目次を検索」オプションは表示されません。

Windows エクスプローラーでトピックやフォルダーを表示する

特定のトピックやフォルダーの場所を Windows エクスプローラーで表示するには、以下の手順を実行します。

  1. 作成者ツールバーで、「コンテンツ」を選択します。コンテンツパネルが表示されます。

  2. 目的のフォルダーまたは展開されているフォルダー内の目的のトピックを右クリックするか、目的のフォルダーまたは展開されているフォルダー内の目的のトピックの「」をクリックして、「エクスプローラーで表示」をクリックします。

    Windows エクスプローラーに、フォルダーまたはトピックの場所が表示されます。

トピックのプロパティの設定

トピックのプロパティを設定する方法については、「トピックのプロパティの設定」を参照してください。

「トピック」タブのコンテキストメニューオプション

複数のトピックを同時に開いて操作することができます。 各トピックは、オーサリングワークスペース内でタブとして表示されます。「トピック」タブを右クリックすると、次のオプションを使用することができます。

閉じる 現在のファイルを閉じます。

その他を閉じる 現在のファイルを除いて、開いているすべてのファイルを閉じます。

すべてを閉じる 開いているすべてのファイルを閉じます。

複数の開いているファイルを閉じるとき、変更を保存するように求められます。 変更を保存ダイアログボックスで、特定のファイルまたはすべてのファイルを保存することができます。 デフォルトでは、開いているすべてのファイルが保存対象として選択されます。 ファイルを保存しない場合は、対象のファイルをクリックして、選択を解除します。 「保存」をクリックします。

コンテンツパネルを検索 コンテンツパネルがまだ開いていない場合は、コンテンツパネルを開き、トピックを強調表示します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー