作成した変数を使用して簡単に更新を行う

ここでは、変数の作成、編集、管理を行う方法と、RoboHelp のトピックまたはマスターページに変数を挿入する方法について説明します。

変数とは、再利用可能な情報として機能するテキストのフレーズまたは単語のことです。プロジェクト内の複数のトピック全体で、1 つの変数を同時に使用することができます。 変数を使用すると、コンテンツを簡単に更新することができます。 変数または変数の値を修正すると、その変数または値の出現箇所すべてが、プロジェクト全体にわたって更新されます。

変数の作成

変数は、任意の値に割り当てることができるテキストフレーズです。 開いているプロジェクト内で変数を作成するには、以下の手順を実行します。

  1. 作成者ツールバーで、「変数」をクリックします。変数パネルが表示されます。

  2. 変数パネルで をクリックします。変数の定義ダイアログボックスが表示されます。

  3. 変数の定義ダイアログボックスの「名前」フィールドに変数名を入力し、対応するテキスト値を「」フィールドに入力します。

  4. 終了」をクリックします。

注意:

作成した変数を取り消し(Ctrl + Z)で削除することはできません。

変数の編集

RoboHelp で変数を編集するには、以下の手順を実行します。

  1. 作成者ツールバーで、「変数」をクリックします。変数パネルが表示されます。

  2. 変数パネルで、目的の変数の横に表示されているオプションアイコン()をクリックします。

  3. オプションリストが表示されたら、「編集」を選択します。

  4. 変数の編集ダイアログボックスの「名前」フィールドと「」フィールドで、選択した変数の名前と値を編集します。

  5. 終了」をクリックします。

注意:

変数の名前を変更すると、該当箇所ではすべての参照が RoboHelp によって同時に更新されます。トピックタイトル、トピックコンテンツ、目次、出力プリセットタイトル、変数セットなどがこれに含まれます。

変数の挿入

開いているトピックまたはマスターページで変数を挿入(または使用)するには、以下の手順を実行します。

  1. トピックを開くには、以下の操作を実行します。

    作成者ツールバーで「コンテンツ」を選択し、コンテンツパネルで目的のトピックを開きます。

    マスターページを開くには、以下の操作を実行します。

    作成者ツールバーで「マスターページ」を選択し、マスターページパネルで目的のマスターページを開きます。

  2. 作成者ツールバーで、「変数」を選択します。変数パネルが表示されます。

  3. 変数パネルで変数を選択します。次に、選択した変数をドラッグし、開いているトピックまたはマスターページ内の目的のテキスト位置にドロップします。

    または、Ctrl+1 を押します。変数ダイアログボックスで、最初の数文字を入力すると変数をフィルタリングできます。 上下の矢印キーを押して、変数のリスト内を移動します。 変数を挿入するには、Enter キーを押します。

  4. 標準ツールバーの左側に表示されているすべてを保存アイコン()をクリックします。

テキストから変数への変換

変数を追加する別の方法として、テキストの一部を選択してから、その選択範囲を値として追加することもできます。 例えば、長い製品名を複数の場所で再利用したい場合、製品名をハイライト表示してから、その名前を値として追加することができます。

この方法を使用すると、変数を簡単に作成できます。

選択範囲を変数に追加するには、以下のようにします。

  1. トピック内で、変数として追加するテキストを選択します。
  2. 選択範囲を右クリックします。
  3. コンテキストメニューで、「変数に追加」をクリックします。
  4. 変数の定義ダイアログで、選択範囲にマップする変数を指定します。

以下の図に、このワークフローを示します。

変数の削除

  1. 作成者ツールバーで、「変数」をクリックします。変数パネルが表示されます。

  2. 変数パネルで、目的の変数の横に表示されているオプションアイコン()をクリックします。

  3. オプションリストで「削除」を選択します。

  4. 確認ダイアログボックスで「はい」をクリックし、選択した変数を削除します。

  5. プロジェクト内でその変数が参照されている場合、次の 3 つの選択肢の中から選択するよう指示されます。

    • 変数とその参照を削除 - 変数とそのすべての出現箇所をプロジェクトから削除します。
    • 変数のみを削除 - 変数のみを削除します。プロジェクト内にある変数の参照はそのまま保持されます。
    • 変数を削除し、参照を実際のコンテンツに置換 - 変数を削除し、すべての出現箇所を変数の値に置き換えます。
  6. 該当するオプションを選択し、「完了」をクリックします。

変数レポートの生成

変数レポートを生成し、プロジェクト内の変数を表示して管理することができます。 このレポートにより、特定のトピックで使用されている変数と、どのトピックでも使用されていない変数を確認することができます。 変数を削除する前に、その変数が使用されているトピックを検索し、その変数に対する参照情報を削除することができます。

その後、変数レポートのダウンロードや印刷を行うことができます。

  1. 作成者ツールバーで、「レポート」を選択します。レポートパネルが表示されます。

  2. レポートパネルで、「変数」を選択します。

  3. 画面右側のフィルターパネルを使用して、レポートをカスタマイズします。詳しくは、「レポートのカスタマイズ」を参照してください。

  4. カスタマイズの内容を確認します。
  5. ニーズに応じて変数レポートをカスタマイズしたら、標準ツールバーのダウンロードアイコン()をクリックします。レポートが即時にダウンロードされます。レポートは、.csv ファイルとして保存されます。

  6. レポートを印刷する場合は、標準ツールバーの印刷アイコン()をクリックします。

変数の検索とプレビュー

変数パネルでは、変数の値を検索してプレビューすることができます。 検索を実行すると、変数名と値の両方が検索されます。 プレビューを表示するには、検索結果で変数を右クリックして「プレビュー」をクリックします。

値のプレビューが表示されます。

変数の検索とプレビュー
変数の検索とプレビュー

以下の図に、検索とプレビューのワークフローを示します。

アドビのロゴ

アカウントにログイン