ここでは、Microsoft Word ドキュメントを RoboHelp に読み込む方法と、読み込んだコンテンツをニーズに応じてカスタマイズする方法について説明します。

Microsoft Word ドキュメントを 1 つ以上のトピックとして RoboHelp に素早く読み込んで使用することができます。 ドキュメントを読み込む際に、RoboHelp のいくつかの設定を構成して、ニーズに応じてトピックの読み込みとカスタマイズを行うこともできます。

Word ドキュメントの読み込み

開いているプロジェクトに Word ドキュメントの HTML バージョンを読み込むには、以下の手順を実行します。

  1. コンテンツパネルで、以下に示すいずれかの操作を実行します。

    • Word ドキュメントの読み込み先となるフォルダーを選択します。次に、「ファイル/読み込み/Word ドキュメント」を選択します。
    • 目的のフォルダーを右クリックするか、目的のフォルダーの「」をクリックして、「読み込み/Word ドキュメント」を選択します。
  2. Word の読み込み設定ダイアログボックスで目的の Word ドキュメントを選択し、設定を編集します。詳しくは、「Word の読み込み設定」を参照してください。

  3. 必要な設定を行ったら、「設定を保存」をクリックします。 RoboHelp により、これらの設定が保存されます。次に Word ドキュメントを読み込むと、これらの設定が自動的に適用されます。

  4. 読み込み」をクリックします。指定した設定を使用して、選択した Word ドキュメントの HTML バージョンが作成され、選択したフォルダー内にトピックとして保存されます。各トピックは、トピックのファイル名を基に、アルファベット順にフォルダー内に保管されます。 Word ドキュメントを読み込む際にフォルダーを選択しなかった場合は、コンテンツパネルのルートレベルのトピックとして Word ドキュメントが読み込まれます。

Word の読み込み設定

ファイル/読み込み/Word ドキュメント」を選択する際に、Word の読み込み設定ダイアログボックスを表示することができます。このダイアログボックスで以下のタブを使用して、様々な設定を構成することができます。

注意:

文字」タブ、「段落」タブ、「」タブ、「リスト」タブは、選択した Word ドキュメントでこれらのタブのスタイルが適用されている場合にのみ使用することができます。


「全般」タブ

全般」タブは、Word の読み込み設定ダイアログボックスでデフォルトで選択されます。このタブでは、以下の項目を設定することができます。

  • Word ドキュメント:読み込む Word ドキュメントを指定します。これを行うには、 アイコンをクリックし、目的の Word ドキュメントを選択して「開く」をクリックします。
  • ロード設定:読み込むコンテンツに対する定義済み設定を選択します。これを行うには、  アイコンをクリックします。
  • スタイルマッピング用 CSS ファイル:Word ドキュメント内のスタイルを RoboHelp のスタイルにマップするためのスタイルシートを選択します。これを行うには、  アイコンをクリックします。デフォルトでは、プロジェクト設定で指定したスタイルシートが使用されます。
  • 新しいトピックをスタイルから開始:Word ドキュメントから読み込んだコンテンツを使用して複数のトピックを作成する場合は、以下の設定を使用します。
    • Word スタイル:新しいトピックを作成するための Word ドキュメント内のスタイルを指定するには、このドロップダウンリストを使用します。例えば、第 1 レベルのすべての見出しに対してトピックを作成するには、「見出し 1」を選択します。
    • トピック名パターン:新しいトピックの命名パターンを指定します。次のオプションから選択できます。
      • <$filename_no_ext><n>:拡張子(.docx)のないファイル名が作成され、1 から順に番号が振られます。例えば、ABC.docx というファイルの場合、新しいトピックのファイル名は、ABC1 や ABC2 などになります。
      • <$filename_no_ext>-<$paratext>:拡張子(.docx)のないファイル名が作成され、最初の段落の最初のテキストがファイル名の最後に付加されます。
      • <$paratext>:最初の段落の最初のテキストを使用してファイル名が作成されます。
    • 生成されたファイル名には ASCII 文字のみを使用:ファイル名で ASCII 文字を使用する場合は、このフィールドを選択します。

「詳細」タブ

Word の読み込み設定ダイアログボックスで、「詳細」タブを選択します。このタブでは、以下の項目を設定することができます。

  • Word リストを HTML リストに変換:Word ドキュメントの番号付きリストまたは箇条書きリストを HTML リストとしてトピック内に読み込む場合は、このフィールドを選択します。このフィールドを選択しなかった場合、読み込んだコンテンツ内で Word リストの外観が維持されますが、リストとして処理されることはありません。
  • インラインスタイルを読み込み:Word ドキュメント内のコンテンツに適用されるインラインスタイルを読み込む場合は、このフィールドを選択します。
  • ユーザー定義の HTML タグ:読み込んだコンテンツに対して段落スタイルと HTML タグを指定する場合は、以下の設定を使用します。
    • 段落スタイル:このドロップダウンリストを使用して、目的の段落スタイルを選択します。
    • HTML タグ:目的の HTML タグを入力するか、このドロップダウンリストを使用して目的の HTML タグを指定します。例えば、<pre> タグを指定することができます。

「文字」タブ

読み込んだコンテンツに対して文字スタイルを指定する場合は、「文字」タブを選択します。このタブには、以下の列が表示されます。

  • Word スタイル:選択した Word ドキュメントのスタイル。
  • マップされたスタイル:読み込んだコンテンツのスタイル。このスタイルは、対応する Word スタイルに一致するように、自動的にマップされます。 このマッピングは、指定した CSS ファイルに基づいて実行されます。

マップされた各スタイルの横に表示されている をクリックして、目的のスタイルを選択することができます。対応する Word スタイルに一致するスタイルがない場合は、2 つのデフォルトのスタイルオプション(「Word スタイルの読み込み」と「スタイルの破棄」)を使用することができます。「Word スタイルの読み込み」を選択すると、スタイルが適用されたコンテンツが読み込まれます。「スタイルの破棄」を選択すると、スタイルが適用されていないコンテンツが読み込まれます。この場合、RoboHelp のデフォルトスタイルが適用されます。

選択した Word スタイルのプレビューと、マップされたスタイルのプレビューは、それぞれ「Word プレビュー」と「マップされたスタイルのプレビュー」で確認することができます。

段落

読み込んだコンテンツの段落スタイルを指定する場合は、「段落」タブを選択します。このタブには、以下の列が表示されます。

  • Word スタイル:選択した Word ドキュメントのスタイル。
  • マップされたスタイル:読み込んだコンテンツのスタイル。このスタイルは、対応する Word スタイルに一致するように、自動的にマップされます。 このマッピングは、指定した CSS ファイルに基づいて実行されます。

マップされた各スタイルの横に表示されている をクリックして、目的のスタイルを選択することができます。対応する Word スタイルに一致するスタイルがない場合は、2 つのデフォルトのスタイルオプション(「Word スタイルの読み込み」と「スタイルの破棄」)を使用することができます。「Word スタイルの読み込み」を選択すると、スタイルが適用されたコンテンツが読み込まれます。「スタイルの破棄」を選択すると、スタイルが適用されていないコンテンツが読み込まれます。この場合、RoboHelp のデフォルトスタイルが適用されます。

選択した Word スタイルのプレビューと、マップされたスタイルのプレビューは、それぞれ「Word プレビュー」と「マップされたスタイルのプレビュー」で確認することができます。

「表」タブ

読み込んだコンテンツの表スタイルを指定する場合は、「」タブを選択します。このタブには、以下の列が表示されます。

  • Word スタイル:選択した Word ドキュメントのスタイル。
  • マップされたスタイル:読み込んだコンテンツのスタイル。このスタイルは、対応する Word スタイルに一致するように、自動的にマップされます。 このマッピングは、指定した CSS ファイルに基づいて実行されます。

マップされた各スタイルの横に表示されている をクリックして、目的のスタイルを選択することができます。対応する Word スタイルに一致するスタイルがない場合は、2 つのデフォルトのスタイルオプション(「Word スタイルの読み込み」と「スタイルの破棄」)を使用することができます。「Word スタイルの読み込み」を選択すると、スタイルが適用されたコンテンツが読み込まれます。「スタイルの破棄」を選択すると、スタイルが適用されていないコンテンツが読み込まれます。この場合、RoboHelp のデフォルトスタイルが適用されます。

マップされたスタイルのプレビューは、「マップされたスタイルのプレビュー」で確認することができます。

「リスト」タブ

読み込んだコンテンツのリストスタイルを指定する場合は、「リスト」タブを選択します。このタブには、以下の列が表示されます。

  • Word スタイル:選択した Word ドキュメントのスタイル。
  • マップされたスタイル:読み込んだコンテンツのスタイル。このスタイルは、対応する Word スタイルに一致するように、自動的にマップされます。 このマッピングは、指定した CSS ファイルに基づいて実行されます。

マップされた各スタイルの横に表示されている をクリックして、目的のスタイルを選択することができます。対応する Word スタイルに一致するスタイルがない場合は、2 つのデフォルトのスタイルオプション(「Word スタイルの読み込み」と「スタイルの破棄」)を使用することができます。「Word スタイルの読み込み」を選択すると、スタイルが適用されたコンテンツが読み込まれます。「スタイルの破棄」を選択すると、スタイルが適用されていないコンテンツが読み込まれます。この場合、RoboHelp のデフォルトスタイルが適用されます。

選択した Word スタイルのプレビューと、マップされたスタイルのプレビューは、それぞれ「Word プレビュー」と「マップされたスタイルのプレビュー」で確認することができます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー