オンライン表示用ドキュメントのカラーマネジメント

オンライン表示用のカラーマネジメントは、印刷物のカラーマネジメントとは大きく異なります。印刷物のカラーマネジメントの場合、最終的に出力するドキュメントの色の再現性に対してはるかに多くの制御ができます。これに対して、オンライン表示用のカラーマネジメントの場合は、様々なモニター(キャリブレーションが行われていない可能性を含む)やビデオ表示システムにドキュメントが表示されることが考慮されているため、色の一貫性に対する制御が大幅に制限されます。

Web 上でだけ表示されるドキュメントのカラーマネジメントを行うときは、sRGB カラースペースを使用することをお勧めします。sRGB は、大部分の Adobe カラー設定ではデフォルトの作業用スペースとなっていますが、sRGB が選択されていることを カラーマネジメントの環境設定で確認できます。作業用スペースが sRGB に設定されている場合、作成する RGB グラフィックにはカラースペースとして sRGB が常に使用されます。

PDF ファイルを書き出す場合、プロファイルを埋め込むよう選択できます。適切に設定されたカラーマネジメントシステムでは、プロファイルが埋め込まれている PDF ファイルは常にカラーが同じ色で再現されます。カラープロファイルを埋め込むと PDF ファイルのサイズが大きくなることに注意してください。RGB プロファイルのサイズは通常は小さく 3 KB 程度です。ただし、CMYK プロファイルのサイズは 500 KB ~ 2 MB になる場合があります。

色の校正

従来の出版ワークフローでは、ドキュメントの校正刷りを印刷して(ハードプルーフ)、特定の出力デバイスで再現された場合の色の外観を確認します。カラーマネジメントワークフローでは、カラープロファイルの精度を使用して、モニター上で直接ドキュメントを校正することができます(ソフトプルーフ)。特定の出力デバイスで再現した場合のドキュメントの色の表示を、画面上でプレビューすることができます。

ソフトプルーフの信頼性は、モニターの品質、モニターと出力デバイスのプロファイル、および作業環境における周囲の照明の状態によって大きく左右されます。

注意:

ソフトプルーフだけでは、オフセット印刷機でのオーバープリントの再現の様子をプレビューすることはできません。オーバープリントを含む文書で作業する場合、ソフトプルーフでオーバープリントを正確にプレビューするには、「オーバープリントプレビュー」をオンにします。

ソフトプルーフを使用する文書の最終出力のプレビュー
ソフトプルーフを使用して、ドキュメントの最終出力をモニター上でプレビューします

A. ドキュメントは作業用のカラースペースで作成されます。 B. ドキュメントのカラー値は、選択されたプルーフプロファイル(通常は出力デバイスプロファイル)のカラースペースに変換されます。 C. モニターには、プルーフプロファイルを使用してドキュメントのカラー値を解釈した結果が表示されます。 

色のソフトプルーフ表示(Acrobat Pro DC)

  1. ツール印刷工程を選択します。右側のパネルに印刷工程ツールが表示されます。

  2. 右側のパネルで、「出力プレビュー」をクリックします。

  3. シミュレーションプロファイルメニューから特定の出力デバイスのカラープロファイルを選択します。

  4. 追加のソフトプルーフのオプションを選択します。

    黒インキのシミュレート

    多くのプリンターの印刷結果は、完全な黒でなく実際にはダークグレーになります。このグレーをシミュレートするオプションです。一部のプロファイルはこのオプションをサポートしていません。

    紙色のシミュレート

    プルーフプロファイルに従って、実際の用紙のくすんだホワイトをシミュレートします。一部のプロファイルはこのオプションをサポートしていません。

印刷用 PDF のカラーマネジメント(Acrobat Pro DC)

商業印刷用の Adobe PDF ファイルを作成するときは、色情報をどのように処理するかを指定することができます。これを行う最も簡単な方法は PDF/X 規格を採用することです。PDF/X についておよび PDF ファイルの作成方法について詳しくは、ヘルプを参照してください。

一般に、PDF ファイルを作成するとき、色の処理には次のような方法があります。

  • (PDF/X-3)色を変換しません。この方法を使用するのは、多種類または不確定なデバイスで印刷または表示されるドキュメントを作成するときです。PDF/X-3 規格を選択すると、カラープロファイルが PDF ファイルに自動的に埋め込まれます。

  • (PDF/X-1a)すべての色を変換先の CMYK カラースペースに変換する。この方法を使用するのは、以降の工程でカラー変換を必要としない印刷用 PDF ファイルを作成する場合です。PDF/X-1a 規格を選択すると、どのプロファイルも PDF ファイルには埋め込まれません。

注意:

すべての特色情報はカラー変換を行っても保持されます。プロセスカラーだけが指定されたカラースペースに変換されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー