マニュアル キャンセル

PDF の表示の調整

  1. Acrobat ユーザーガイド
  2. Acrobat の概要
    1. デスクトップ、モバイル、web から Acrobat にアクセス
    2. Acrobat の新機能
    3. ショートカットキー
    4. システム要件
  3. ワークスペース
    1. ワークスペースの基本
    2. PDF を開いて表示
      1. PDF を開く
      2. PDF ページのナビゲーション
      3. PDF の環境設定の表示
      4. PDF の表示の調整
      5. PDF のサムネールプレビューを有効にする
      6. PDF をブラウザーで表示
    3. オンラインアカウントで操作
      1. Box からファイルにアクセス
      2. Dropbox からファイルにアクセス
      3. OneDrive からファイルにアクセス
      4. SharePoint からファイルにアクセス
      5. Google ドライブからファイルにアクセス
    4. Acrobat および macOS
    5. Acrobat 通知
    6. PDF のグリッド、ガイド、ものさし
    7. PDF での日中韓言語、キリル文字および右から左に表記されるテキスト
  4. PDF の作成
    1. PDF 作成の概要
    2. Acrobat での PDF の作成
    3. PDFMaker による PDF の作成
    4. Adobe PDF プリンターの使用
    5. Web ページを PDF に変換
    6. Acrobat Distiller による PDF の作成
    7. Adobe PDF 変換設定
    8. PDF のフォント
  5. PDF の編集
    1. PDF のテキストの編集
    2. PDF の画像またはオブジェクトの編集
    3. PDF ページの回転、移動、削除およびページ番号の付け直し
    4. スキャンされた PDF の編集
    5. モバイルデバイスのカメラで撮影した文書内の写真の補正
    6. PDF の最適化
    7. PDF のプロパティとメタデータ
    8. PDF 内のリンクと添付ファイル
    9. PDF レイヤー
    10. PDF のサムネール画像としおり
    11. アクションウィザード(Acrobat Pro)
    12. Web ページから変換された PDF
    13. プレゼンテーション用の PDF の設定
    14. PDF のアーティクル
    15. 地図情報 PDF
    16. PDF へのアクションおよびスクリプトの適用
    17. テキスト追加時にデフォルトのフォントを変更
    18. PDF からページを削除
  6. スキャンと OCR
    1. 文書をスキャンして PDF に変換
    2. 文書の写真を補正
    3. Acrobat を使用してスキャンする際のスキャナーの問題のトラブルシューティング
  7. フォーム
    1. PDF フォームの基本
    2. Acrobat で新規フォームを作成
    3. PDF フォームの作成と配布
    4. PDF フォームに入力
    5. PDF フォームフィールドのプロパティ
    6. PDF フォームの入力と署名
    7. PDF フォームでの操作ボタンの設定
    8. インタラクティブな PDF Web フォームの公開
    9. PDF フォームフィールドの基本
    10. PDF バーコードフォームフィールド
    11. PDF フォームデータの収集と管理
    12. フォームトラッカーについて
    13. PDF フォームヘルプ
    14. 電子メールまたは内部サーバーを使用して PDF フォームを受信者に送信する
  8. ファイルの結合
    1. 単一 PDF へのファイルの結合
    2. PDF ページの回転、移動、削除およびページ番号の付け直し
    3. PDF へのヘッダー、フッターおよび通し番号の追加
    4. PDF ページのトリミング
    5. PDF への透かしの追加
    6. PDF への背景の追加
    7. PDF ポートフォリオ内のコンポーネントファイルでの作業
    8. PDF ポートフォリオの公開と共有
    9. PDF ポートフォリオの概要
    10. PDF ポートフォリオの作成およびカスタマイズ
  9. 共有、レビュー、およびコメント
    1. オンラインでの PDF の共有とトラック
    2. 校正箇所の指示
    3. PDF レビューの準備
    4. PDF レビューの開始
    5. SharePoint または Office 365 サイトでの共有レビューのホスト
    6. PDF レビューへの参加
    7. PDF への注釈の追加
    8. PDF へのスタンプの追加
    9. 承認プロセス
    10. 注釈の管理 | 表示、返信、印刷
    11. 注釈の取り込みと書き出し
    12. PDF レビューのトラックと管理
  10. PDF の保存と書き出し
    1. PDF の保存
    2. PDF を Word に変換
    3. PDF を JPG に変換
    4. 他のファイル形式への PDF の変換または書き出し
    5. PDF 書き出し時のファイル形式オプション
    6. PDF コンテンツの再使用
  11. セキュリティ
    1. PDF の拡張セキュリティ設定
    2. パスワードによる PDF の保護
    3. デジタル ID の管理
    4. 証明書による PDF の保護
    5. 保護された PDF を開く
    6. PDF 内の機密情報の削除
    7. PDF のセキュリティポリシーの設定
    8. PDF のセキュリティ方法の選択
    9. PDF を開くときのセキュリティ警告
    10. Adobe Experience Manager による PDF の保護
    11. PDF の保護ビュー機能
    12. Acrobat と PDF のセキュリティの概要
    13. セキュリティリスクとしての PDF の JavaScript
    14. セキュリティリスクとしての添付ファイル
    15. PDF のリンクの許可またはブロック
  12. 電子サイン
    1. PDF 文書への署名
    2. モバイルデバイスでキャプチャした署名をあらゆるデバイスで使用
    3. 電子サイン用に文書を送信
    4. 証明書の署名について
    5. 証明書ベースの署名
    6. デジタル署名の検証
    7. Adobe Approved Trust List
    8. 信頼済み証明書の管理
  13. 印刷
    1. 基本の PDF 印刷処理
    2. 小冊子と PDF ポートフォリオの印刷
    3. PDF 印刷の詳細設定
    4. PDF に印刷
    5. PDF のカラー印刷(Acrobat Pro)
    6. カスタムサイズでの PDF の印刷
  14. アクセシビリティ、タグ、および折り返し
    1. アクセシビリティ対応の PDF の作成および検証
    2. PDF のアクセシビリティ機能
    3. PDF の読み上げ順序ツール
    4. 折り返しおよびアクセシビリティ機能を使用した PDF の読み上げ
    5. コンテンツパネルとタグパネルでの文書構造の編集
    6. アクセシブルな PDF の作成
  15. 検索とインデックスの作成
    1. PDF のインデックスの作成
    2. PDF ファイルの検索
  16. マルチメディアと 3D モデル
    1. PDF にオーディオ、ビデオおよびインタラクティブオブジェクトを追加
    2. PDF への 3D モデルの追加(Acrobat Pro)
    3. PDF での 3D モデルの表示
    4. 3D モデルのインタラクティブな操作方法
    5. PDF での 3D オブジェクトの測定
    6. PDF での 3D ビューの設定
    7. PDF 内の 3D コンテンツの有効化
    8. PDF へのマルチメディアの追加
    9. PDF での 3D デザインへの注釈の追加
    10. PDF でのビデオ、オーディオ、マルチメディアの再生
    11. ビデオへの注釈の追加
  17. 印刷工程ツール(Acrobat Pro)
    1. 印刷工程ツールの概要
    2. トンボとヘアライン
    3. 出力のプレビュー
    4. 透明の分割・統合
    5. カラー変換とインキの管理
    6. トラップ
  18. プリフライト(Acrobat Pro)
    1. PDF/X、PDF/A、PDF/E 準拠ファイル
    2. プリフライトプロファイル
    3. プリフライトの詳細な検査
    4. プリフライトレポート
    5. プリフライト結果、オブジェクトおよびリソースの表示
    6. PDF の出力インテント
    7. プリフライトツールでの問題のある領域の修正
    8. ドロップレットまたはプリフライトアクションによる文書の分析の自動化
    9. プリフライトツールを使用した文書の分析
    10. プリフライトツールでの追加のチェック
    11. プリフライトライブラリ
    12. プリフライト変数
  19. カラーマネジメント
    1. 一貫した色の保持
    2. カラー設定
    3. 文書のカラーマネジメント
    4. カラープロファイルでの作業
    5. カラーマネジメントの解説

はじめる前に

アドビは、より直感的で新しい製品エクスペリエンスの提供を開始します。表示された画面が製品インターフェイスと一致していない場合は、現在の機能のヘルプを選択してください。

新しい機能では、ツールが画面の左側に表示されます。

ページの表示倍率の調整

パン&ズームツールの使用方法

  1. 表示ズームパン&ズームを選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • パン&ズームウィンドウでボックスのハンドルをドラッグすると、文書の表示倍率が変わります。
    • ボックスの真ん中をドラッグして、文書の任意の場所にパンします。
    • ナビゲーションボタンをクリックすると、他のページに移動します。
  3. 設定済みのレベルごとに表示倍率を調整するには、「ズーム」テキストボックスに値を入力するか、「+」または「–」ボタンを選択します。

このような簡単な手順で、任意の環境設定に対して、文書の表示比率の変更、異なる領域へのパン、他のページへの移動、ズームレベルの調整が簡単にできます。

ルーペツールの使用方法

  1. 表示ズームルーペツールを選択します。

  2. 詳細に調べる文書領域をクリックします。文書に長方形が表示されます。この長方形の範囲内がルーペツールウィンドウに表示されます。長方形をドラッグしたりサイズを変更すると、ルーペツールの表示を調整できます。

  3. ルーペツールの表示倍率は次のような方法で変更できます。

    • スライダーをドラッグして表示倍率を調整する。
    • 「+」または「-」ボタンをクリックして表示倍率を調整する。
    • 「ズーム」テキストボックスに値を入力して表示倍率を設定する。
    文書の一部を拡大するルーペツール
    文書の一部を拡大するにはルーペツールを使用します。

  4. ルーペツールの長方形の線の色を変更するには、ルーペツールウィンドウの右下隅にある線の色ポップアップメニューをクリックして別の色を選択します。

このようにして Acrobat Reader で、ルーペツールを使用して簡単に文書の特定の領域をより詳細に表示できます。長方形をドラッグしたりサイズを変更すれば柔軟に表示を調整でき、スライダー、「+」または「-」ボタン、「ズーム」テキストボックスに入力した値で表示倍率を変更できます。

ページサムネールの使用方法

  1. 右側のパネルで、ページサムネールボタン  を選択します。

  2. 対象ページのサムネールを選択します。ポインターをページ表示ボックスの枠の右下隅に合わせると、両端に矢印の付いたポインターに変わります。

  3. ボックスの隅をドラッグしてページの表示を拡大縮小し、必要なサイズに調整します。

  4. 必要に応じて、サムネール内のズームボックスの枠にポインターを合わせると、手のひらツールに変わります。そこでフレームをドラッグすると、文書内のページの別の領域に進めます。

    サムネール内に表示されている枠
    ページのサムネールのページ表示ボックスは、文書パネルウィンドウに現在表示されている範囲を示します。

このようにして Acrobat Reader で、ページのサムネールに簡単にアクセスして操作できます。ページ表示ボックスのサイズを変更してページの表示を調整したり、ズームボックスの枠をドラッグしてページの別の領域を表示したりできます。

デフォルトの表示倍率の変更

  1. 環境設定を選択し、「分類」で「ページ表示」を選択します。

  2. ズームドロップダウンリストを選択して、表示倍率を選択します。

画面に表示されていないページ領域の表示

ページを高い表示倍率で表示すると、ページの一部しか表示されません。しかし、ビューを調整すれば表示倍率を変更しなくても他の領域を表示できます。

これには、次の2つの方法があります。

  • 右側のナビゲーションの下にある上下の矢印を使用すれば、ページを上下に移動できます。水平スクロールバーを使用すれば、ページを水平に移動できます。スクロールバーを使用すると、表示倍率を変えずに表示をずらしてページの別の領域を表示できます。

  • 一般的なツールバーで手のひらツールを選択する方法もあります。手のひらツールをアクティブにすると、テーブル上で紙を動かしているようにページをドラッグすることができます。そのため、表示領域内でページを移動して、ページの様々な領域を自由に調べることができます。

ページのレイアウトと向きの設定

ページレイアウトの変更は、ズームアウトして大まかな文書レイアウトを把握したい場合に特に便利です。表示/ページ表示を選択し、ページレイアウトを選択します。
表示の切り替えは、ツールバーの各ボタンで切り替えることも可能です。表示方法には、以下の種類があります。

右側のパネルのクイックツールを使用した表示倍率の調整

右側のパネルの下の方にあるツールを使用すると、PDF 文書の表示倍率を変更することができます。

  • ページを拡大したり、ズームインするには、以下を選択します。
  • ページをズームアウトするには、以下を選択します。
  • 上下の矢印でページ間を移動します。
  • あるページにジャンプするには、ボックスにそのページ番号を入力します。
  • ページを回転するには、回転アイコンを選択します。
  • ページの表示設定を変更するには、 を選択し、表示されるメニューで目的のツールを選択します。

ズームツールを使用した表示倍率の調整

注意:

3ページ以上ある文書の最初のページを文書ウィンドウの右側に表示するには、「見開きページ」か「2 ページスクロール」を選択します。
表示ページ表示表紙を 2 ページ表示で表示を選択してもかまいません。

ページのレイアウトと向きを確認するページ表示
単一ページ表示、スクロールを有効にする、見開きページ表示、見開きページでスクロールのレイアウト

ページの回転表示

ページの向きは 90 度ずつ回転できます。この操作で変更されるのはページの表示方法だけで、実際のページの向きは変更されません。

  • ページ表示を一時的に回転するには、表示表示を回転表示を右に回転または表示を左に回転を選択します。
    この変更は保存できません。

  • 文書の回転を保存するには、すべてのツール メニューで「ページを整理」を選択して、左側のパネルで または  を選択します。

デフォルトのページレイアウトの変更(開き方)

環境設定ダイアログボックスで、デフォルトの初期表示設定を指定します環境設定を参照してください。

  1. 環境設定に進み、「分類」で「ページ表示」を選択します。

  2. ページレイアウト ドロップダウンリストを開いて、「自動」、「単一ページ」、「単一ページ連続」、「ツーアップ」、「ツーアップ連続」のいずれかのオプションを選択します。

注意:

デフォルトでは、PDFは環境設定で指定されたページレイアウトで開きます。ただし、文書のプロパティで別のページレイアウトが背設定されている場合(  プロパティ初期表示)は、環境設定よりもそちらが優先されます。文書のプロパティを使用する場合は、文書を保存して閉じないと設定が有効になりません。変更を禁止するセキュリティ設定が設定されていない限り、Acrobat では初期ビューを変更することができます。ただし、Acrobat Reader では、初期ビューを変更することはできません。

分割ウィンドウ表示の使用

分割表示を利用すれば、文書パネルを 2 つまたは 4 つのウィンドウに分割してナビゲーションすることができます。

分割表示にすると、一方のアクティブな領域でスクロール、表示倍率の変更、別のページへの移動を行っても、もう一方の領域の表示には影響しません。

スプレッドシートの分割表示は、スクロール中も列の見出しや行ラベルを表示されたままにできるので、大きなスプレッドシートやテーブルに便利です。あるウィンドウで表示倍率を変更すると、すべてのウィンドウに適用されてスクロールは各ウィンドウ間で調整されます。

  1. 分割表示の作成は次のようにして行います。

    • 表示を 2 つのウィンドウに分割するには、ウィンドウ分割を選択するか、垂直スクロールバー上端のグレーの短いバーをドラッグします。

    • スクロールとズームのレベルを同期した状態で 4 つのウィンドウに分割するには、ウィンドウスプレッドシート分割を選択します。

    • 必要に応じて、分割バーを上下左右にドラッグしてウィンドウのサイズを調整します。

  2. ズームレベルの調整は次のようにして行います。

    • 分割表示では、ウィンドウをクリックしてアクティブにすると、そのウィンドウのズームレベルだけが変更されます。

    • スプレッドシート分割ビューでは、ズームレベルを調整すると 4 つのウィンドウすべての表示が同時に変更されます。

  3. スクロールの場合は次のようにします。

    • 分割表示では、ウィンドウをクリックしてアクティブにし、スクロールするとそのウィンドウの表示だけが変わります。

    • スプレッドシート分割ビューでは、あるウィンドウをクリックして垂直方向にスクロールすると、アクティブなウィンドウとその横のウィンドウの表示が変わります。水平方向にスクロールすると、アクティブなウィンドウとその上下のウィンドウの表示が変わります。

  4. 単一ウィンドウ表示に戻すには、ウィンドウ/分割を解除を選択します。

文書を複数のウィンドウに表示

Acrobat Reader で同じ文書に複数のウィンドウを作成するには、次の手順に従います。

  1. 「新規ウィンドウ」コマンドで、さらに多くのウィンドウを開きます。新しいウィンドウそれぞれのサイズ、倍率、レイアウトは、元のウィンドウと同じです。新しいウィンドウは、元のウィンドウの上に同じページで開きます。

  2. 新しいウィンドウが開くと、元のファイル名の後ろに接尾辞「1」が追加されます。以降、新しいウィンドウが開くたびに、接尾辞が順番に割り当てられていきます。2 番目のウィンドウには「2」、3 番目のウィンドウには「3」が割り当てられます。そのため、同じ文書のウィンドウが複数あっても簡単に識別して区別できます。

  3. 1 つのウィンドウを閉じると、残りのウィンドウの番号が付け直されます。たとえば、5 つのウィンドウを開いている状態で 3 番目のウィンドウを閉じると、残りのウィンドウの番号が「1」から「4」に変更されます。番号が付け直されるため、ウィンドウ管理の一貫性が確保されます。

  4. 新しいウィンドウを開くには、ウィンドウ新規ウィンドウを選択します。

「新規ウィンドウ」コマンドを使用すると、Acrobat Reader で同じ文書に対して複数のウィンドウを簡単に作成して管理できます。新しいウィンドウはそれぞれ元のウィンドウの設定を引継ぎます。残りのウィンドウは連番が維持されるので、個々のウィンドウを簡単に追跡して閉じることができます。

注意:

この機能は、PDF をブラウザーで開いているときには使用できません。

ウィンドウを閉じる

  1. ウィンドウを閉じるには、「X」を選択します。

    変更の保存を求めるメッセージが表示されます。複数のウィンドウを開いている場合は、1 つのウィンドウを閉じても文書は閉じません。

  2. 文書のすべてのウィンドウを閉じるには、ファイル閉じるを選択します。各ウィンドウを閉じる前に、変更を保存することを促すメッセージが表示されます。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン