PDF の表示方法は、その文書の作成者が設定したプロパティによって異なります。例えば、特定のページが開くようにしたり、開いたときの表示倍率を指定することができます。

PDF を閲覧モードで表示する

文書を開いているときに、すべてのツールバーおよびタスクパネルウィンドウを非表示にして、画面上の表示エリアを最大化することができます。

ページナビゲーションやズームなどの基本的な読み取りコントロールがウィンドウの下部にある半透明なフローティングツールバーに表示されます。

  • 閲覧モードを開くには、表示/閲覧モードを選択するか、またはツールバーの右上隅にある閲覧モードボタン をクリックします。

  • 作業エリアを前のビューに戻すには、表示/閲覧モードをもう一度選択します。フローティングツールバーの「閉じる」ボタンをクリックすることもできます。

閲覧モードのフローティングツールバー
閲覧モードで表示される半透明のフローティングツールバー

PDF をフルスクリーンモードで表示する

フルスクリーンモードでは、文書のみが表示され、メニューバー、ツールバー、タスクパネルウィンドウ、ウィンドウコントロールは表示されません。PDF 文書の作成者は、PDF を開いたときにフルスクリーンモードになるように設定できます。文書を読むユーザー自身がフルスクリーンモードに設定することもできます。フルスクリーンモードはプレゼンテーションで使用する場合が多く、自動ページ切り替えやページ効果と併用することもあります。

フルスクリーンモードでもポインターは使用できるので、リンクをクリックしたりポップアップノートを開いたりすることができます。フルスクリーンモードで PDF 内を移動するには、2 つの方法があります。まず、ナビゲーションおよび表示倍率関連のコマンドのショートカットキーを使用できます。また、フルスクリーンの環境設定で、フルスクリーンナビゲーションボタンを表示するように設定し、これらのボタンをクリックしてページを変更したり、フルスクリーンモードを終了したりできます。

フルスクリーンナビゲーションバーの環境設定

  1. 環境設定ダイアログボックスの「分類」から「フルスクリーンモード」を選択します。
  2. 「ナビゲーションバーを表示」を選択し、「OK」をクリックします。
  3. 表示/フルスクリーンモードを選択します。

フルスクリーンモードのナビゲーションバーには、前のページ 、次のページ フルスクリーンモードを終了 の各ボタンが含まれています。これらのボタンは、作業エリアの左下隅に表示されます。

フルスクリーンモードで文書を読む

フルスクリーンナビゲーションバーが表示されていない場合は、PDF 内を移動するためのショートカットキーを使用できます。

注意:

マルチモニター環境で、フルスクリーンモードのページが一方のモニターにのみ表示されることがあります。その場合、文書のページを切り替えるには、フルスクリーンモードで表示されている方の画面でページをクリックします。

  1. 表示フルスクリーンモードを選択します。
  2. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • 次のページに移動するには、Enter キー、Page Down キー、または右向き矢印キーを押します。

    • 前のページに移動するには、Shift+Enter キー、Page Up キー、または左向き矢印キーを押します。

  3. フルスクリーンモードを終了するには、Ctrl キーを押しながら L キーを押すか、Esc キーを押します(Esc キーを使用するには、フルスクリーンモードの環境設定で、「Esc キーで取り消し」を選択している必要があります)。

注意:

一般的なツールバーで、フルスクリーンツール を表示するには、ツールバー領域を右クリックして、ページ表示フルスクリーンモードを選択します。フルスクリーンツールをクリックして、フルスクリーンモードに切り替えます。

Acrobat DC のツールパネルウィンドウを閉じる

PDF の表示に関する環境設定

環境設定ダイアログボックスを使用して、デフォルトのページレイアウトの設定や、アプリケーションに対する様々なカスタマイズができます。PDF の表示に関して、「文書」、「一般」、「ページ表示」、「3D とマルチメディア」の環境設定オプションを調べます。

環境設定はアプリケーションの動作をコントロールするもので、特定の PDF 文書に関する設定ではありません。環境設定ダイアログにアクセスするには、編集環境設定(Windows)または Acrobat/Adobe Acrobat Reader環境設定(Mac OS)を選択します。

注意:

サードパーティのプラグインをインストールした場合、このプラグインの環境設定をおこなうには、サードパーティの環境設定のメニュー項目を使用します。

Acrobat の環境設定ダイアログボックス

文書の環境設定

開き方の設定

  • 文書を再び開くときに前回のビュー設定を復元:1 回の作業セッションの間に同じ文書を再び開くと、自動的に前回表示していたページから再開します。
  • 他のファイルへのリンクを同じウィンドウで開く:現在の文書を閉じて、リンク先の文書を同じウィンドウで開き、開いているウィンドウの数を最小限にします。ただし、リンク先の文書が別のウィンドウで既に開いている場合は、リンクをクリックしても現在の文書は閉じません。このオプションを選択解除すると、別の文書へのリンクをクリックするたびに新しいウィンドウが開きます。
  • 文書内のレイヤーの初期状態を使用:レイヤーがある PDF 文書を開くとき、レイヤーの表示および非表示の状態を、文書の作成者が指定したとおりに設定します。
  • メニューバー、ツールバーおよびウィンドウコントロールの非表示を許可:PDF 文書を開くとき、メニューバー、ツールバーおよびウィンドウコントロールを非表示にするかどうかを設定します。
  • 最近使用した文書にリストする数:ファイルメニューに一覧表示する文書の最大数を設定します。

保存の設定

  • 文書の変更を一時ファイルに自動保存する間隔:開いている文書への変更を自動的に保存する間隔を指定します。
  • Web 表示用に最適化して保存:PDF 文書を再構築し、Web サーバーから 1 ページ単位でダウンロードできるようにします。

PDF/A 表示モード

  • PDF/A モードで文書を表示:PDF/A 表示モードの適用条件として、「適用しない」または「PDF/A 文書のみ」を選択します。

メタデータ、添付ファイル、注釈、非表示のテキストとレイヤーなど、見た目ではわからない項目について PDF を検索します。検索結果はダイアログボックスに表示され、任意の種類の項目を削除できます。

  • 文書を閉じるときに非表示情報を検索して削除(デフォルトでは選択されていません)。
  • 文書を電子メールで送信するときに非表示情報を検索して削除(デフォルトでは選択されていません)。

非表示情報

墨消し

  • 適用された墨消しマークを保存するときにファイル名を調整:墨消しを適用したファイルを保存するときに使用する接頭辞または接尾辞を指定します。
  • 「検索して墨消しパターン」のロケールを選択:パターンに使用するインストール済みの Acrobat 言語バージョンを指定します。例えば英語とドイツ語のバージョンをインストールしている場合、パターンにいずれかの言語を選択できます。 検索と墨消しダイアログボックスに「パターン」オプションが表示されます。

フルスクリーンモードの環境設定

フルスクリーンモードの設定

  • 現在の文書のみ:表示中の PDF にのみフルスクリーンモードを適用します。
  • 1 ページ全体をフルスクリーン表示:単一ページ単位で、ページを全体表示にします。
  • 文書がフルスクリーンモードを要求時に警告:フルスクリーンモードに入る前にメッセージを表示します。このオプションを選択すると、このメッセージでの「次回から表示しない」に対する以前の選択は無視されます。
  • 使用するモニター:フルスクリーンモードで表示するモニターを指定します(マルチモニター環境で作業するユーザー向けのオプションです)。

フルスクリーンモードの切り替え方法

  • Esc キーで取り消し:Esc キーを押すとフルスクリーンモードが終了するようにします。このオプションを選択していない場合は、Ctrl キーを押しながら L キーを押して終了できます。
  • ナビゲーションバーを表示:文書の設定に関係なしに最小限のナビゲーションツールバーを表示します。
  • 左クリックで次のページ、右クリックで前のページを表示:マウスで Adobe PDF 文書をクリックすると表示ページが切り替わるようにします。このオプションを解除している場合は、Return キー、Shift + Return キー(前のページに戻る)、または矢印キーを押して表示ページを切り替えます。
  • 最初のページへ戻る:PDF 文書を最後のページまで表示した後にページを切り替えると、最初のページに戻るようにします。このオプションは、広告の表示によく使用されます。
  • 表示ページを切り替える間隔:表示するページを自動的に切り替える間隔を秒単位で指定します。自動切り替えを選択している場合でも、マウスやキーボードによる手動のページ切り替えは可能です。

フルスクリーンモードの表示

  • 背景色:フルスクリーンモードのときウィンドウの背景に使用する色を指定します。カラーパレットからカラーを選択して背景色をカスタマイズできます。
  • マウスカーソル:フルスクリーンモードの動作中にポインターを表示するかどうかを指定します。

フルスクリーンモードの効果

  • すべての効果を無視:フルスクリーンモードのプレゼンテーションで、ページ切り替え時の表示効果を使用しないようにします。
  • デフォルトの効果:ページ切り替え時の表示効果が指定されていない文書をフルスクリーンモードで表示する場合に、ページ切り替え時に使用する表示効果を指定します。
  • 方向:「下へ」、「左へ」、「横」など、選択されたデフォルトの表示効果の流れを決定します。使用できるオプションは効果によって異なります。方向オプションが選択されたデフォルトの効果に効果がない場合、そのオプションは使用できません。
  • ナビゲーションコントロールの方向:プレゼンテーションにおける画面切り替え効果を模倣します。例えば、次のページに進むときに上からページが下りてきて、前のページに戻るときには下からページが上がってくるような効果を出します。方向オプション付きの効果の場合にのみ使用できます。

 

一般環境設定

基本ツール

  • 単一のショートカットキーでツールを使用可能にする:単一のキーストロークでツールを選択できるようにします。このオプションはデフォルトでは選択されていません。
  • URL からリンクを作成:Acrobat を使用して作成されていないリンクを PDF 文書内で自動的に識別し、クリック可能なリンクにするかどうかを指定します。
  • 手のひらツールでテキストと画像を選択可能にする:手のひらツールが Adobe PDF 内のテキスト部分の上ではテキスト選択ツールとして機能するように設定します。
  • アーティクルの上でカーソルを変える:アーティクルスレッドの上に置いたときに手のひらツールのポインターの外観を変更します。最初のクリックで、アーティクルが文書パネルウィンドウの横方向に合わせてズームされ、その後のクリックではアーティクルスレッドがたどられます。
  • マウスホイールでズームを可能にする:マウスホイールの動作をスクロールからズームに変更します。
  • 選択ツールでテキストの前に画像を選択:選択ツールでの選択順序を変更します。
  • ファイルを開くときにオンラインストレージを表示:ファイルを開くダイアログボックスにクラウドストレージを表示します。
  • ファイルを保存するときにオンラインストレージを表示:ファイルの保存中にクラウドストレージを表示します。
  • 同じウィンドウの新しいタブとして文書を開く (再起動が必要):開く際に、複数の文書をタブでグループ化します。タブを個別のウィンドウとしてスナップする(引き出す)こともできます。それには、タブを選択してドラッグします。ツールバーから離れるとサムネールが表示されるので、タブを放します。
  • 複数のタブを閉じる前に確認する:Acrobat を閉じる前にユーザーに確認します。
  • スナップショットツール画像に固定解像度を使用:スナップショットツールで取り込んだ画像をコピーするときの解像度を設定します。
  • タッチモード:タッチ機能が有効なデバイスに対して、Acrobat でタッチモードを有効にする方法を設定します。タッチモードでは、ツールバーボタン、パネルおよびメニューは、指で選択できるように、少し離して配置されます。タッチ閲覧モードでは表示が最適化され、一般的なジェスチャがサポートされます。

 

警告

  • 編集の警告を表示しない:リンク、ページ、サムネール画像、しおりなどを削除するときに表示される警告を無効にします。
  • すべての警告をリセット:デフォルトの警告設定に戻します。

 

アドビからのメッセージ

  • Adobe Acrobat の起動時にメッセージを表示:文書を開かずにアプリケーションを起動する場合に、アドビからのプロダクトマーケティングメッセージがスタートアップスクリーンに表示されるようにします。メッセージをクリックすると、機能、更新、オンラインサービスに関する情報を取得したり、タスクパネルウィンドウなどのアプリケーションの要素を開くことができます。オプションの選択を解除すると、製品内マーケティングメッセージが表示されなくなります。

注意:

アドビオンラインサービスを容易にするトランザクションメッセージはオフにできません。

アプリケーションの起動

  • 承認されたプラグインのみを使用:アドビ承認のサードパーティのプラグインだけを読み込みます。「承認済みモード」には、その状態により「はい」または「いいえ」のいずれかが表示されます。
  • 2D グラフィックアクセラレーターを確認(Windows のみ):使用しているコンピューターのハードウェアが 2D グラフィックスアクセラレーションをサポートしている場合にのみ表示されます。選択すると、最初の文書が開く際にハードウェアアクセラレーションの使用が許可されます。選択解除すると、最初の文書が開いた後でハードウェアアクセラレーションの使用が開始されます。このオプションを使用すると、起動時間が遅くなるので、デフォルトでは選択解除されています。

注意:

このオプションは、ページ表示の環境設定で「2D グラフィックスアクセラレーションを使用」オプションを選択した場合にのみ使用できます。

  • デフォルトの PDF ハンドラーを選択(Windows のみ):Reader または Acrobat のどちらのアプリケーションを使用して PDF を開くかを指定します。この設定は、コンピューターに Acrobat と Reader の両方がインストールされている場合に適用されます。Windows 7 以前では、PDF ファイルの表示にアドビのプラグインまたはアドオンが使用されている場合のみ、ブラウザーがこの設定を使用します。Windows 8 では、この設定によりシステム(ブラウザーを含む)でどちらのアプリケーションをデフォルトの PDF アプリケーションとするかが制御されます。Windows 8 では、システムに適用する前にこの変更を許可するかどうかを確認するメッセージが表示されます。設定されると、Windows 8 ではプレビュー、サムネールの表示、ファイル情報の表示など PDF ファイルに関連するタスクにおいても、選択された PDF アプリケーションが使用されます。

ページ表示の環境設定

デフォルトレイアウトとズーム

  • ページレイアウト:文書を最初に開いたときの、スクロール用のページレイアウトを設定します。デフォルト値は「自動」です。ファイル/プロパティ/開き方のページレイアウト設定は、この値より優先されます。
  • ズーム:PDF 文書を開いたときに使用する表示倍率を指定します。デフォルト値は「自動」です。ファイル/プロパティ/開き方で設定した倍率は、この値より優先されます。

注意:

次の 2 つの場合に、ページのレイアウトおよびズームが変更されることがあります。1)ファイル/プロパティで、別の開き方として個別の PDF が既に設定されている。2)編集/環境設定/文書で、「文書を再び開くときに前回のビュー設定を復元」オプションを設定している。

解像度

  • システムの設定を使用:モニターの解像度にシステムの設定を使用します。
  • カスタム解像度:モニターの解像度を設定します。

レンダリング

  • テキストのスムージング:適用するテキストのスムージングの種類を指定します。
  • ラインアートのスムージング:スムージングを適用して、線がギザギザにならないように補正します。
  • 画像のスムージング:スムージングを適用して、画像内の段差が目立たないように補正します。
  • ローカルフォントを使用:使用しているシステムにインストールされたローカルフォントを、アプリケーションで使用するか無視するかを指定します。選択していない場合、PDF に埋め込まれていないフォントには代替フォントが使用されます。フォントの置き換えができない場合は、そのフォントのテキストが黒丸で表示され、エラーメッセージが表示されます。
  • 細い線を拡張:選択すると、細い線が強調表示されて見やすくなります。
  • ページキャッシュを使用:現在のページを表示するより前に、次のページをバッファ内に用意しておき、ページの切り替えに要する時間を短縮します。
  • 2D グラフィックスアクセラレーションを使用(Windows のみ):使用しているコンピューターのハードウェアが 2D グラフィックスアクセラレーションをサポートしている場合にのみ表示されます。ページコンテンツのズーム、スクロールおよび再描画の処理速度を高速化します。また、2D の PDF コンテンツの描画や操作も速くなります。このオプションはデフォルトで選択されています。

注意:

ページ表示の環境設定でこのオプションが表示されない場合、このハードウェア機能を有効にするには、GPU カードドライバーを更新する必要がある可能性があります。更新されたドライバーについては、カードのベンダーかコンピューターのメーカーにお問い合わせください。

ページコンテンツと情報

  • データ量の多い画像を表示:データ量の多い画像も省略せずに表示します。システムの処理速度が遅くて画像の多いページをすばやく表示できない場合は、このオプションの選択を解除します。
  • スムーズズーミングを使用(Windows のみ):選択解除すると、アニメーション効果がオフになり、パフォーマンスが向上します。
  • アートサイズ、仕上がりサイズ、裁ち落としサイズを表示:文書内に定義されたアートサイズ、仕上がりサイズおよび裁ち落としサイズをすべて表示します。
  • 透明グリッドを表示:透明オブジェクトの背景にグリッドを表示します。
  • 論理ページ番号を使用:PDF 内のページ通し番号をページに印刷される番号と一致させるために、「ページ番号」コマンドを有効にします。ページナビゲーションツールバー、ページ指定ダイアログボックスおよび印刷ダイアログボックスで、ページ番号の後に括弧で囲まれたページ通し番号を表示します。例えば、最初のページに印刷される番号が i の場合は i (1/1)と表示します。このオプションが選択されていない場合、ページには 1 から始まるアラビア数字で番号が付けられます。このオプションを選択すると、Web ブラウザーで「戻る」をクリックしたときの予期しない動作を防ぐことができます。
  • 常に文書ページサイズを表示:水平スクロールバーの近くにページの寸法を表示します。
  • オーバープリントプレビューを使用:オーバープリントプレビューモードを、PDF/X ファイルに対してのみオンにするか、まったくオンにしないか、常にオンにするか、自動的に設定するかを指定します。「自動」に設定すると、文書にオーバープリントが含まれる場合に、オーバープリントプレビューモードがアクティブになります。オーバープリントプレビューモードを使用すると、印刷出力のインキのエイリアス効果を画面で確認できます。例えば、文書内に 2 つの類似した特色があって一方のみが使用される場合に、プリンターまたはサービスプロバイダーはインキのエイリアスを作成することがあります。
  • デフォルトの透明の変換用カラースペース:透明の変換用に、デフォルトのカラースペース(「作業用 RGB」または「作業用 CMYK」)を設定します。

参照 XObject 表示モード

  • 参照 XObject ターゲットを表示:参照 XObject を表示できる文書の種類を指定します。
  • 参照されるファイルの場所(オプション):参照された文書の場所を指定します。

タブレットおよびモバイルデバイス用のタッチモード

タッチモードは、Acrobat DC や Acrobat Reader DC をタッチデバイスで使いやすくします。ツールバーボタン、パネルおよびメニューは、指で選択できるように、少し離して配置されます。タッチ閲覧モードによって表示が最適化され、一般的なジェスチャがサポートされます。タッチ操作対応デバイスでは、Acrobat DC および Acrobat Reader DC は自動的にタッチモードに切り替わります。タッチモード用のデフォルトの環境設定を変更できます。

タッチモード環境設定の変更

  1. 編集環境設定(Windows)または Acrobat DC(Adobe Acrobat Reader DC)/環境設定Mac OS)を選択します。

  2. 分類」から「一般」を選択します。

  3. 基本ツール」で、タッチモードメニューから適切なデフォルト設定を選択します。

PDF/A 表示モードの変更

PDF/A は電子文書を長期にわたって保存するための ISO 規格です。スキャンして PDF に変換した文書は PDF/A 準拠です。この表示モードで文書を表示するかどうかを指定できます。

PDF/A 表示モードで PDF/A 準拠文書を開くと、文書が変更されないように読み取りモードで開かれます。メッセージが文書メッセージバーに表示されます。文書への変更および注釈の追加を行うことはできません。PDF/A モードをオフにすると、文書を編集できます。

  1. 環境設定ダイアログボックスの「分類」から「文書」を選択します。
  2. 「PDF/A モードで文書を表示」のオプションとして、「適用しない」または「PDF/A 文書のみ」を選択します。

    この環境設定を変更すると、PDF/A 表示モードと他のモードを切り替えることができます。

PDF/A ファイルの作業に関するビデオ(英語)については、www.adobe.com/go/learn_acr_pdfa_jp を参照してください。

図面用に表示ビューでの PDF の表示

図面用に表示ビューでは、PDF 内で定義された線幅で線が表示されます。図面用に表示をオフにすると、表示倍率に関係なく一定の線幅(1 ピクセル)を線に適用します。文書を印刷すると、線幅は実際の幅で印刷されます。

  1. 表示/表示切り替え/定規とグリッド/図面用に表示を選択します。図面用に表示を終了するには、表示/表示切り替え/定規とグリッド/図面用に表示をもう一度選択します。

注意:

PDF を Web ブラウザー内で表示している場合、「図面用に表示」をオフにすることはできません。

修正後の PDF と前のバージョンとの比較(Acrobat Pro)

文書を比較機能を使用して PDF の 2 つのバージョン間の相違点を表示します。比較結果を表示するオプションの多くをカスタマイズできます。

  1. 表示/文書を比較を選択します。
  2. 比較する 2 つの文書を指定します。一方または両方の文書が PDF ポートフォリオ内にある場合、その PDF ポートフォリオを選択します。「パッケージ項目」からコンポーネント PDF を選択します。
  3. 必要に応じて、比較する文書のページ範囲を「最初のページ」ボックスと「最後のページ」ボックスで指定します。
  4. 比較する文書の説明として最も適切なものを「文書の説明」から選択し、「OK」をクリックします。

    2 つの文書を分析した後で、結果の文書が比較ウィンドウに表示されます。新しい文書は変更を示す注釈付きで表示されます。最初のページは、比較結果の概要を示します。

  5. 比較パネルから、次の操作を行います。
    • 変更を表示する注釈を非表示にするには、「結果を隠す」をクリックします。

    • 比較結果の表示オプションを指定するには、「オプションを表示」をクリックします。表示する変更の種類、注釈のカラースキームと不透明度を指定できます。ページのサムネール表示に戻るには、「オプションを非表示」をクリックします。

    • 各文書を別個のウィンドウに表示するには、オプションメニュー から「文書を並べて表示」または「文書を横に並べて表示」を選択します。2 つの文書のウィンドウ間で、両方のページを対応させて表示するには、オプションメニューから「ページを同期」を選択します。

    • ページのサムネールをクリックすると、そのページに直接移動します。ページのサムネールのサイズを変更するには、オプションメニューで、サムネールのサイズ/[option] を選択します。

    • 比較パネルの下部の境界線を上にドラッグすると、古い文書のサムネールが表示されます。古い文書のサムネールをクリックすると、その文書が新しいウィンドウに表示されます。

文書の説明オプション

レポート、スプレッドシート、雑誌レイアウト

端から端まで、コンテンツを 1 つの連続的な本文のテキストとして比較します。

プレゼンテーションスライド、図面またはイラストレーション

各スライドまたはページをミニ文書として参照し、類似するものを一致させます。次に、それぞれ一致した文書のコンテンツを比較します。プレゼンテーションのスライドなど、移動した文書を特定します。

スキャンした文書

スキャンしたページごとの画像キャプチャを作成し、ピクセルを比較します。スキャンした各ページを参照し、類似するものを一致させます。順序が異なるページも特定します。このオプションは、画像または建築図面の比較に役立ちます。

テキストのみを比較

あらゆる文書タイプにこのオプションを使用します。このオプションは、大きな文書(250 ページ以上)のテキストを比較するためにデザインされています。また、このオプションは、各ページに背景アートワークがある文書間のテキストも比較するため、処理が低速になります。

  • レポートまたはプレゼンテーションオプションのいずれかが選択されている場合、「テキストのみを比較」オプションは、2 つの文書間のテキストの相違点のみを特定します。

  • スキャンした文書」が選択されている場合、テキストはグラフィックとは別に比較され、結果が結合されます。背景画像アートの上にテキストがある雑誌広告を含む文書では、折り返しのパッセージがテキストのみモードで比較されます。アートワークは別にバックグラウンドで比較されます。相違点(テキストとラインアート/画像の両方)が 1 つの結果文書に結合されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー