インキトラップについて

商用印刷されるドキュメントでは、同一ページ上で複数色のインキを使用する場合、隣接するすべてのインキについて見当を合わせ(刷り位置を正確に一致させる)、インキの境界部分に隙間ができないようにします。しかし、印刷機の中を通過するすべての用紙の上で、すべてのオブジェクトについて厳密な刷り位置を保証することは不可能であり、インキのずれが生じる可能性は排除できません。ずれが生じると、インキとインキの間に意図しない隙間ができてしまいます。

インキのずれを補うには、オブジェクトをわずかに拡張し、異なるカラーのオブジェクトと重なるようにします。この処理をトラップと呼びます。通常、デフォルトでは、あるインキの上に別のインキを重ねた場合、カラーの無用な混合を避けるため下のインキに抜きが設定されたり、削除されたりします。しかしトラップでは、インキをオーバープリント(他のインキの上に印刷)して、少なくとも部分的にインキが重なるようにする必要があります。

トラップしない場合の版ズレ(左)とトラップした場合の版ズレ(右)
トラップしない場合の版ズレ(左)とトラップした場合の版ズレ(右)

多くの場合、トラップ処理には、明るいオブジェクトを暗いオブジェクトに向かって広げるスプレッディングという方法が採用されます。オブジェクトやテキストの視覚上のエッジは、隣接するカラーの暗い方によって決まるので、明るい方のカラーを暗い方に向かって少し広げても、視覚上はエッジを同じ位置に保つことができます。

Adobe In-RIP トラッピング

Acrobat では、Adobe In-RIP トラッピングエンジンによって、カラードキュメントを自動的にトラップできます。Adobe In-RIP トラッピングエンジンは、Adobe In-RIP トラッピングをサポートしている Adobe PostScript 出力デバイスで使用できます。

Adobe In-RIP トラッピングは、正確な計算を行い、ドキュメント全体の文字とグラフィックのエッジに合わせて必要な調整を適用します。オブジェクトがいくつかの背景色に重なっている場合でも、有効なトラップ技法をオブジェクトの各部分に適用することが可能です。トラップ調整は自動的に行われます。指定したページ範囲に対して、それぞれの状況に応じたトラップ処理を行うトラッププリセットを定義することもできます。トラップの結果は、トラッピングエンジンによって生成される色分解出力でのみ確認することができます。つまり、プログラムの画面上で結果を見ることはできません。

トラッピングエンジンでは、コントラストカラーのエッジを検出することによってトラップする場所が決定されます。次に、隣接するカラーの ND 値(明るさまたは暗さ)に基づいてトラップが作成されます。ほとんどの場合、明るいカラーが隣接する暗いカラーに広がります。トラッピングエンジンの結果は、トラッププリセットパレットで指定するトラップ設定によって変わります。

要件

Adobe In-RIP トラッピングには、次のソフトウェアおよびハードウェアが必要です。

  • Adobe In-RIP トラッピングをサポートするプリンター用の PPD(PostScript プリンター記述)ファイル。この PPD は、オペレーティングシステム上のドライバーを使用して選択します。

  • Adobe In-RIP トラッピングをサポートしている RIP を使用した Adobe PostScript レベル 2 以上の出力デバイス。使用している PostScript 出力デバイスが Adobe In-RIP トラッピングをサポートしているかどうかについては、出力デバイスの製造元に問い合わせてください。または、そのデバイスを扱っている印刷・出力会社に相談してください。

PDF のトラップ

トラッピングは、いろいろなカラー、インキ、印刷時の要因の相互作用に依存する複雑な処理です。適切な設定は実際の印刷条件によって異なります。印刷・出力会社に相談せずにデフォルトのトラッピング設定を変更しないでください。

  1. 必要に応じて、ツール/印刷工程トラッププリセットを選択し、文書のカスタム設定および印刷機の状態に合わせてトラッププリセットを作成します。
  2. トラッププリセットをページ範囲に割り当てます。
  3. ファイル/印刷、またはファイル/プリントを選択して、印刷またはプリントダイアログボックスを開き、「詳細設定」をクリックします。
  4. 左側の一覧で「カラー」を選択します。
  5. 「色」では、「色分解(In-RIP)」を選択します。
  6. 「トラッピング」では、「Adobe In-RIP」を選択します。

    注意:

    このオプションは、Adobe In-RIP トラッピングをサポートしている出力デバイスを対象とした場合のみ動作します。

  7. 「インキ」ボタンをクリックします。必要に応じて、インキを選択し、次のオプションを指定して(印刷・出力会社が設定の変更を勧める場合のみ)、「OK」をクリックします。

    入力

    選択したインキを示すインキの種類を選択します。

    ND 値

    デフォルトとは異なる値を入力します。

    トラッピングの順序

    インキが印刷される順序の値を入力します。

  8. 他の印刷オプションを指定し、「OK」をクリックして文書を印刷します。

トラッププリセットを使用した設定

トラッププリセットは、PDF のページに適用できるトラッピング設定のセットです。トラッププリセットダイアログボックスを使用してトラッピング設定を入力し、トラッププリセットとして保存します。トラップされるページ範囲にトラッププリセットを適用しない場合、そのページ範囲には [デフォルト] のトラッププリセットが適用されます。[デフォルト] のトラッププリセットは、新しい文書の全ページに適用される一般的なトラッピング設定です。

注意:

Acrobat では、トラッププリセットとその割り当ては文書が開いている間のみ適用されます。つまり、トラッププリセットは PDF には保存されません。この動作は InDesign とは異なります。InDesign では、トラッププリセットとその割り当ては InDesign 文書に保存されます。

トラッププリセットの作成または修正

  1. ツール印刷工程トラッププリセットを選択します。
  2. 既存のプリセットを選択し、「作成」をクリックします。
  3. 次のオプションを指定して、「OK」をクリックします。

    名前

    プリセットの名前を入力します。2 つの組み込みプリセット([トラッププリセットなし] および [デフォルト])の名前は変更できません。

    トラップの幅

    インキの重なり量を指定する値を入力します。

    トラップの外観

    トラップの結合スタイルと終了スタイルを制御するオプションを指定します。

    画像

    画像をトラップする方法を指定します。

    トラップのしきい値

    トラッピングの発生条件を指定する値を入力します。ここで入力する値は、様々な要因を考慮して決定する必要があります。詳しくは、印刷・出力会社に問い合わせてください。また、トラッピングに関する他のトピックを参照してください。

トラッププリセットの削除

  1. トラッププリセットダイアログボックスで、プリセットを選択し、「削除」をクリックします。

    注意:

    2 つの組み込みプリセット([トラッププリセットなし] および [デフォルト])は削除できません。

ページへのトラッププリセットの割り当て

トラッププリセットは、ドキュメントまたはページ範囲に割り当てることができます。隣接するカラーがないページは、それらのページへのトラッピングを無効にすれば、より速く印刷されます。トラッピングは、ドキュメントが印刷されるまで実行されません。

トラッププリセットを割り当てダイアログボックス
トラップの割り当て一覧にはプリセットを適用したページが表示され、「割り当て」ボタンをクリックすると情報が更新されます。

  1. トラッププリセットダイアログボックスで、「割り当て」をクリックします。
  2. トラッププリセットポップアップメニューから、適用するプリセットを選択します。
  3. トラッププリセットを適用するページを選択します。
  4. 「割り当て」をクリックします。

    注意:

    「割り当て」をクリックしないで「OK」をクリックすると、トラップの割り当てを変更せずにダイアログボックスが閉じてしまいます。それまでに「割り当て」ボタンで設定したトラップの割り当ては保存されます。

  5. トラッププリセットの割り当てが終わったら、「OK」をクリックします。

ページに適用されたトラップの無効化

  1. トラッププリセットダイアログボックスで、「割り当て」をクリックします。
  2. トラッピングを無効化するページを選択し、「トラッププリセット」で「トラッププリセットなし」を選択します。
  3. 「割り当て」をクリックします。
  4. ダイアログボックスの更新が終了したら、「OK」をクリックします。

トラッププリセットのオプション

トラッププリセットを作成したり、編集したりするときはいつでも、トラッププリセットオプションを変更できます。トラッププリセットオプションは Acrobat と InDesign で同じ設定を使用できます。Acrobat でトラッププリセットを表示するには、ツール/印刷工程トラッププリセットを選択します。InDesign では、ウィンドウ/出力/トラッププリセットを選択します。

トラップの幅

トラップの幅は、各トラップが重なり合う部分の量です。用紙の特性、スクリーン線数、印刷機の状態によって、必要なトラップ幅は異なります。それぞれのジョブに適切なトラップ幅を決定するには、印刷・出力会社と相談してください。

デフォルト

黒ベタを除くすべてのカラーをトラップするトラップ幅を指定します。デフォルト値は 0.25 ポイントです。

インキが黒ベタに広がっていく距離またはリッチブラックをトラップする黒のエッジとその下にあるインキの距離であるホールドバック量を示します。デフォルト値は 0.5 ポイントです。多くの場合、この値はデフォルトのトラップ幅の 1.5 ~ 2 倍の値に設定されます。

InDesign では、「トラップのしきい値」の「」で設定した値によって、黒ベタまたはリッチブラック(プロセスカラーのブラック(K)にカラーインキを混合してインキの濃度を上げたもの)の値が決まります。

注意:

(InDesign)組み込みトラップを選択した場合、デフォルトのトラップ幅または 4 ポイント以上の対ブラックを指定すると、トラップ幅は 4 ポイントに設定されます。ただし、指定した値は継続して表示されます。これは、Adobe In-RIP トラップに切り替えると、指定したとおり 4 ポイント以上のトラップが適用されるためです。

トラップの外観

結合とは、2 つのトラップのエッジが共通の端点において交差する場所のことです。2 つのトラップ線分が結合する外側の形状と、3 つのトラップが交差する部分を制御することができます。

結合スタイル

2 つのトラップ線分の外側にある結合の形状を制御します。「マイター」、「ラウンド」、「ベベル」から選択します。デフォルトは「マイター」で、Adobe In-RIP トラップエンジンの以前のバージョンとの互換性を維持しています。

トラップの結合例
トラップの結合例、左から右に:マイター結合、ラウンド結合、ベベル結合

終了スタイル

3 つのトラップの交差を制御します。「マイター」(デフォルト)は、交差しているオブジェクトにトラップの端を近付けないように変形します。「重なり」は、複数の暗いオブジェクトと交差する、最も明るい ND 値のオブジェクトによって生成されたトラップの形状に作用します。最も明るいトラップの端は、3 つのオブジェクトが交差するポイントに回り込みます。

トラップの端の拡大例
トラップの端の拡大例:マイター(左)および重なり(右)

トラップのしきい値

手順

カラー変化のしきい値を指定します。この値を超えると、トラップエンジンがトラップを作成します。印刷物によって、最も極端なカラー変化だけをトラップしたい場合もあれば、微妙なカラー変化もトラップしたい場合もあります。「色差」値は、隣接するカラーの成分(CMYK 値など)の変化の度数を示し、この値を超えるとトラップが生じます。

隣接するカラーがトラップされる前にそのコンポーネントインキが変化する量を変更するには、新規トラッププリセットダイアログボックスまたは「トラッププリセット」オプションを変更ダイアログボックスで値を増減します。デフォルトは 10 %です。最適な結果を得るには、8 ~ 20 %の値を使用します。値が低ければ低いほど、色差への感度が高くなり、結果としてより多くのトラップが行われます。

必要なブラックインキの最小量を示し、これを下回ると「トラップの幅」の「黒」テキストボックスの設定が適用されます。デフォルトは 100 %です。最適な結果を得るには、70 %以上の値を使用します。

黒の密度

インキがブラックであると認識する ND 値またはそれ以上の ND 値を示します。例えば、「トラップの幅」の「黒」の設定で暗い特色インキを使用する場合、ここに ND 値を入力します。この値は通常、デフォルトの 1.6 近くに設定します。

スライドトラップ

トラップエンジンがカラーの境界の中心線を越えてトラップを行う値を指定します。この値は、隣接する暗い方のカラーの ND 値に対する明るい方のカラーの ND 値の割合です。例えば、「スライドトラップ」値を 70 %に設定した場合、明るい方のカラーが暗い方のカラーの ND 値の 70 %を超えると(つまり、明るい方のカラーの ND 値を暗い方のカラーの ND 値で割った結果が 0.70 より大きいと)、トラップの位置は中心線を超えます。ND 値が同一のカラーであれば、「スライドトラップ」を 100 %に設定していない限り、トラップは必ず中心線上の位置になります。

トラップの減色

トラップカラーを減らすために、隣接するカラーから成分が使用される度数を示します。この設定は、ある特定の隣接するカラー(例えばパステルカラー)にどちらのカラーよりも暗いトラップが作成されることを防ぐのに便利です。「トラップの減色」の値を 100 %より小さく指定すると、トラップのカラーは明るくなります。値を 0 %にすると、トラップの ND 値は暗いカラーの ND 値と同じになります。

読み込まれたグラフィックのトラップ

トラッププリセットは、画像内のトラップを制御するだけでなく、ビットマップ画像(写真画像や写真画像が含まれているラスタ PDF ファイルなど)とベクトルオブジェクト(ドローアプリケーションで作成されたオブジェクトやベクトル PDF ファイルなど)間のトラップを制御することもできます。読み込まれたグラフィックの処理は、トラップエンジンによって異なります。トラップオプションを設定する場合は、これらの相違を理解しておくことが重要です。

トラップの配置

ベクトルオブジェクト(InDesign で作成したオブジェクトを含む)をビットマップ画像にトラップするときのトラップの位置を設定するオプションです。「減光」以外のすべてのオプションでは、オブジェクトに対して一定のエッジが作成されます。「中央」を選択すると、オブジェクトと画像間のエッジをまたぐトラップが作成されます。「チョーク」を選択すると、オブジェクトは隣接する画像に重なります。「減光」は、ドキュメントの別の箇所で使用されているトラップと同じトラップルールを適用します。「減光」が設定されている写真画像にオブジェクトをトラップすると、トラップが一方のエッジからもう一方のエッジに移動したときに、凹凸が非常に目立つエッジになることがあります。「スプレッド」を選択すると、ビットマップ画像が隣接するオブジェクトに重なります。

オブジェクトを画像にトラップ

トラップの配置」の設定を使用して、ベクトルオブジェクト(主線として使用するフレームなど)を画像にトラップします。ベクトルオブジェクトが、トラップされるページ範囲内の画像に重ならない場合は、このオプションをオフにすることによって、そのページ範囲のトラップの速度が向上します。

画像を画像にトラップ

ビットマップ画像が重なっているか、隣接している場合、ビットマップ画像の境界線に沿ったトラップを有効にします。この機能はデフォルトで設定されます。

画像を内部でトラップ

個々のビットマップ画像内で、カラー同士のトラップを有効にします(ベクトルオブジェクトやテキストに接触する部分に限りません)。このオプションは、スクリーンショットや漫画など、コントラストの強い画像を含むページ範囲にだけ使用します。不自然なトラップが作成されないよう、連続階調や複雑な画像ではこのオプションを選択しないでください。このオプションの選択が解除されていると、より速くトラップが実行されます。

1 ビット画像をトラップ

隣接するオブジェクトに 1 ビット画像をトラップします。1 ビット画像は 1 つのカラーしか使用しないので、このオプションは「トラップ配置」の設定を使用しません。通常、このオプションは選択しておきます。場合によっては、ピクセルの間隔が空いている 1 ビット画像などでは、このオプションを選択すると画像が暗くなり、トラップの速度が低下することがあります。

黒のトラップについて

プリセットを作成または編集する場合、「トラップのしきい値」の「」に入力した値によって、黒ベタおよびリッチブラックと見なされる値が決まります。リッチブラックとは、サポートスクリーン(黒を強調するために 1 色以上のプロセスインキを数パーセント追加した黒)を使用する黒のカラーのことを指します。

「トラップのしきい値」の「」の設定は、過度のドットゲイン(低品質な用紙を使用しているような場合)を補正するときに便利です。このような状況では、黒の値が 100 %未満でも、ベタとして印刷されます。黒またはリッチブラックをスクリーンバック(黒ベタの濃淡を使用)し、「トラップのしきい値」の「」の設定をデフォルトの 100 %よりも小さくすることによって、ドットゲインを補正することができます。これにより、トラップエンジンは適切なトラップ幅と黒いオブジェクトへの配置を適用します。

カラーが「トラップのしきい値」の「」の値に達すると、「トラップの幅」の「黒」の値が隣接するすべてのカラーに適用され、「トラップの幅」の「黒」の値を使用してキープアウェイトラップがリッチブラックの領域に適用されます。

サポートスクリーンが黒い部分のエッジに広がると、版ズレによってサポートスクリーンのエッジが見えるようになり、不必要なハローが発生したり、オブジェクトのエッジが歪んだりすることがあります。トラップエンジンは、リッチブラックに対してキープアウェイまたはホールドバックを使用し、サポートスクリーンを反転オブジェクトまたは前面の明るいオブジェクトのエッジから所定の距離に維持することで、明るいオブジェクトが鮮明度を保つようにします。サポートスクリーンと黒い部分のエッジとの間の距離は、「トラップの幅」の「黒」の値を設定することによって制御します。

注意:

トラップするオブジェクトがグラフィックを囲む黒の主線などの細いオブジェクトの場合、トラップエンジンは「トラップの幅」の「黒」の設定を上書きし、トラップ量を細いオブジェクトの幅の半分に制限します。

インキの ND 値の調整

選択したトラップエンジンが使用するインキの ND 値を調整することで、トラップの正確な配置を設定できます。プロセスインキのデフォルトの ND 値は、海外の工業規格に対応するプロセスインキスウォッチの ND 値に基づいています。準拠する規格は言語バージョンによって異なります。例えば、米国英語およびカナダ版の ND 値は、米国の GATF(Graphic Arts Technical Foundation of North America)発行の『Specifications for Web Offset Publications』(SWOP)のベタインキ濃度値に一致しています。プロセスインキの ND 値は他の海外の印刷工業規格に合うように調整できます。

トラップエンジンは、特色の ND 値を同等の CMYK カラーから取得します。ほとんどの特色では、同等の CMYK カラーの ND 値から正確なトラップを作成することができます。ただし、プロセスインキを使用しても容易に表現できない特色インキについては、トラップエンジンが正しくトラップできるように ND 値を調整する必要があります。新しい値を入力すると、著しく暗いインキまたは明るいインキがトラップエンジンでも同じように認識され、適切なトラップ配置が自動的に適用されます。

実際に印刷に使用する商用印刷機を調べれば、インキに適切な ND 値がわかります。インキの ND 値を求める最も正確な方法は、スウォッチのインキカラーを測定する商用濃度計を使用することです。「V」すなわちインキの視覚的濃度を読み取ります(プロセスフィルターは使用しないでください)。この値がデフォルト設定と異なる場合は、新しい値を「ND 値」テキストボックスに入力します。

注意:

特色の ND 値を変更しても、カラーのトラップの方法が変更されるだけで、ドキュメントでのそのカラーの外観は変更されません。

ND 値の調整では、次の点に注意してください。

メタリックインキとオペークインキ

メタリックインキは CMYK インキよりも暗いのが普通ですが、オペークインキは下地のインキに重ねた場合でも下地のインキが影響しません。一般に、メタリックとオペークの両方の特色については、ND 値をデフォルト値よりもかなり高く設定して、これらの特色が広がらないようにします。


注意:

インキダイアログボックスの「種類」で「オペーク」または「オペークを無視」に設定すると、別のオペークインキの ND 値をより高く設定していない限り、オペークインキが他のカラーへ広がっていくことはありません。

パステルインキ

通常、このインキはプロセスインキよりも明るめです。これらのインキの ND 値をデフォルト値よりも低く設定して、隣接する暗いカラーへ広がるようにすることもできます。

他の特色インキ

ターコイズやネオンオレンジなどの一部の特色には、CMYK カラーよりもかなり暗かったり、明るかったりするカラーがあります。実際に印刷された特色インキのカラーチップや CMYK インキのカラーチップと比較して、これに当てはまるかどうかを判断するとよいでしょう。必要に応じて、特色インキの ND 値を高くまたは低く調整できます。

特殊インキのトラップのカスタマイズ

特定のインキでは、トラップに特別な考慮が必要です。例えば、ドキュメントにワニスを使用する場合、ワニスがトラップに影響するのは望ましくありません。ただし、完全なオペークインキを使用して特定の部分をオーバープリントする場合は、その下地についてトラップを作成する必要はありません。このような状況ではインキオプションを使用することができます。この場合は、担当の印刷・出力会社が変更を勧めない限り、通常はデフォルト設定のままにしておいてください。

注意:

ドキュメントで使用される特殊インキとワニスは、2 つの特色を混合したり、1 つの特色と 1 つまたは複数のプロセスインキを混合したりして作成されている可能性があります。

  1. インキダイアログボックスを表示し、特殊な処理を必要とするインキを選択します。
  2. 「種類」で、次のオプションのいずれかを選択して、「OK」をクリックします。

    標準

    従来のプロセスインキや標準的な特色インキの場合に使用します。

    透明

    クリアインキで下地を確実にトラップするために使用します。このオプションは、ワニスやダイラインインキに使用します。

    不透明

    濃い不透明なインキで下地カラーをトラップせずにインキのエッジに沿ってトラップできるようにするために使用します。このオプションは、メタリックインキに使用します。

    不透明を無視

    濃い不透明なインキで下地カラーをトラップせず、またインキのエッジに沿ってトラップしないようにするために使用します。このオプションは、メタリックおよびワニスのような、他のインキとの相性が悪いインキの場合に使用します。

トラップの順序の調整

インキ順番(トラップ順序ともいいます)はインキが印刷所において印刷される順序と一致しますが、出力デバイスで色分解が作成される順序とは一致しません。

メタリックインキなどのオペーク色を複数使用して印刷するときは、インキ順番に十分注意する必要があります。順番番号の小さなオペークインキは順番番号の大きなオペークインキの下に広がります。これにより、最後に適用されるインキが広がることなく、良好なトラップが可能になります。

注意:

担当の印刷・出力会社に問い合わせる前に、デフォルトのインキ順番を変更しないようにしてください。

  1. インキを開きます。インキリストの「シーケンス」の列に、現在のインキ順番が表示されます。
  2. インキを選択し、「トラッピングの順序」テキストボックスに新しい値を入力してから、Tab キーを押します。選択したインキが、入力した値を使用していたインキと置き換わります。
  3. 必要なインキの数だけ、上記の手順を繰り返してから、「OK」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー