Web フォームについて

PDF フォームは、Web 上で情報を送信したり収集したりするのに便利です。Web 用のフォームを作成するには、HTML のスクリプトマクロと同じ機能を持ついくつかのボタンアクションを追加します。データをデータベースに収集および送信するには、Web サーバー上に CGI(Common Gateway Interface)アプリケーションが必要です。フォーム(HTML、FDF または XML 形式)からデータを収集する任意の CGI アプリケーションを使用できます。

Web 用のフォームを作成する場合は、フォームフィールドの名前が CGI アプリケーションの名前のセットと一致していることを確認してください。

注意:

CGI スクリプトは Acrobat DC の外部で作成する必要があります。Adobe Acrobat DC 製品では作成できません。

送信機能の追加

フォームを送信」アクションに送信先の URL を指定して、フォームデータを電子メールアドレスまたは Web サーバーに送信することができます。また、送信ボタンを使用して、他のファイルをサーバーまたはデータベースに返信することもできます。例えば、スキャン画像またはファイルをフォームに添付することができます。送信ボタンをクリックすると、添付されたファイルが残りのフォームデータと共に送信されます。

注意:

PDF フォームに電子メールベースの送信ボタンが含まれる場合、「配布」ワークフローを使用して、容易に他のユーザーにフォームを配布できます。

  1. ツールフォームを準備を選択し、ツールバーのボタン を選択して、ボタンを作成します。

  2. ボタンをダブルクリックし、ボタンのプロパティダイアログボックスを開きます。
  3. 「アクション」タブをクリックし、「トリガーを選択」オプションから「マウスボタンを放す」を選択します。

  4. 「アクションを選択」オプションから「フォームを送信」を選択し、「追加」をクリックします。

  5. フォーム送信の設定ダイアログボックスで、「URL を入力」にエントリを入力します。

    • フォームデータを Web サーバーに送信するには、送信先 URL を入力します。

    • フォームデータを電子メールアドレスに送信するには、「mailto:」と入力し、その後に電子メールアドレスを入力します。例えば、「mailto:nobody@adobe.com」と入力します。

  6. 利用可能なオプションに必要な変更を加え、「OK」をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

    利用可能なオプションについて詳しくは、次節を参照してください。

  7. 必要に応じて、ボタンのプロパティダイアログボックスの他のタブで設定を変更し、「閉じる」をクリックします。

フォーム送信の設定オプション

FDF

FDF ファイル形式で書き出します。利用可能なオプションから 1 つまたは複数を選択できます。オプションには、ユーザーが入力したデータ、注釈、および PDF ファイルの追加変更部分があります。「PDF の追加変更部分」オプションを使用すると、サーバーが読み込んで再構築しやすい方法で電子署名を書き出すことができます。

注意:

サーバーからユーザーに FDF または XFDF 形式のデータを戻す場合は、サーバーの URL は、http://myserver/cgi-bin/myscript#FDF のように最後に #FDF という文字が付いている必要があります。

HTML

HTML ファイル形式で書き出します。

XFDF

XML ファイル形式で書き出します。フォームフィールドデータと注釈のいずれか、または両方を書き出すように設定することができます。

文書全体(PDF)

フォームの PDF ファイル全体を書き出します。「FDF」オプションを選択したときよりもファイルのサイズが大きくなりますが、電子署名を保存できるので便利です。

注意:

PDF フォームに入力するユーザーが Adobe Reader を使用している場合は、「書き出し形式」オプションで「FDF」または「XFDF」のいずれかを選択する必要があります。

すべてのフィールド

値を含まないフォームフィールドも含めて、すべてのフォームフィールドを書き出します。

選択したフィールドのみ

指定したフォームフィールドだけを書き出します。フィールドを指定するには、「フィールドの選択」をクリックし、どのフォームフィールドを含めるか、および空のフィールドを含めるかどうかを指定します。

日付を標準形式に変換

フォームでの日付の入力形式に関係なく、フォーム内のすべての日付を単一の形式で書き出します。

フォームをリセットボタンの追加

フォームをリセットボタンは、ユーザーがフォームに入力済みのデータをすべてクリアします。これは、Acrobat DC フォームの作成時および編集時に利用可能な、ツールフォームを準備その他フォームをクリアの機能に似ています。ただし、リセットボタンは、特定のフィールドだけをクリアするように設定できます。

  1. ツールフォームを準備を選択し、ツールバーのボタン を選択して、ボタンを作成します。

  2. ボタンをダブルクリックし、ボタンのプロパティダイアログボックスを開きます。
  3. 「アクション」タブをクリックし、「トリガーを選択」オプションから「マウスボタンを放す」を選択します。

  4. 「アクションを選択」オプションから「フォームをリセット」を選択し、「追加」をクリックします。

  5. フォームをリセットダイアログボックスで、次のいずれかの操作を行い、「OK」をクリックします。

    • 個別のチェックボックスをクリックし、ボタンによってリセットするフィールドを選択または選択解除します。

    • すべてを選択します。

    「アクション」タブの一覧に、「フォームをリセット」が「ボタンを放す」アクションの下にネストされて表示されます。

  6. ボタンのプロパティダイアログボックスで、別のタブをクリックして他のプロパティの設定を続けるか、「閉じる」をクリックします。

データを取り込みボタンの追加

フォームデータを取り込む」動作を設定すると、名前や電子メールアドレスなど、多くのフォームで共通して使用するフィールドに、別のフォームからデータを取り込むことができます。また、データを取り込みボタンを使用して、共通のフォームフィールドに個人用プロファイルの情報を入力することもできるようになります。ただし、個人用プロファイルのフィールドと一致するフィールドだけに情報が入ります。一致しないフィールドは無視されます。「フォームデータを取り込む」動作を作成する前に、データを書き出す共通の情報フォームフィールドがあるフォームを用意する必要があります。

注意:

フォームデータを取り込む」動作を使用してフォームデータを取り込む際、Windows と Mac OS では、データファイルを検索する場所が異なります。Windows では、「フォームデータを取り込む」によって Acrobat DC または Acrobat Reader DC フォルダー、現在のフォルダー、システムフォルダー、Windows フォルダー、My Documents¥Adobe¥Acrobat、および PATH ステートメントに含まれているフォルダーが検索されます。Mac OS では、「フォームデータを取り込む」によって Acrobat DC または Acrobat Reader DC フォルダー、およびシステム環境設定フォルダーが検索されます。

  1. ツールフォームを準備を選択し、ツールバーのボタン を選択して、ボタンを作成します。

  2. ボタンをダブルクリックし、ボタンのプロパティダイアログボックスを開きます。
  3. 「アクション」タブをクリックし、「トリガーを選択」オプションから「マウスボタンを放す」を選択します。

  4. 「アクションを選択」オプションから「フォームデータを取り込む」を選択し、「追加」をクリックします。

  5. FDF ファイルを参照して選択し、「開く」をクリックします。

  6. ボタンのプロパティダイアログボックスで、別のタブをクリックして他のプロパティの設定を続けるか、「閉じる」をクリックします。

CGI 書き出し値

書き出し値とは、選択したフォームフィールドを認識するために CGI アプリケーションに送信される情報です。次の両方の条件が成立する場合にのみ、書き出し値を定義します。

  • 社内のイントラネットまたは Web 上で、データがデータベースに電子的に収集される。

  • データがフォームフィールドで指定された項目とは異なるか、フォームフィールドがラジオボタンである。

    書き出し値を定義するときは、次のガイドラインに注意してください。

  • チェックボックスまたはラジオボタンが選択されたことを示すには、デフォルトの書き出し値(「はい」)を使用します。

  • ドロップダウンリストに表示された項目とは異なる値を使いたい場合(データベース内のフォームフィールドの名前に合わせる場合など)にのみ、書き出し値を入力します。プロパティダイアログボックスで書き出し値が設定されていない場合、ドロップダウンリストで選択された項目が使用されます。

  • 同じグループのラジオボタンには、すべて同じフィールド名を付け、それぞれの書き出し値に異なる値を設定します。このように設定することで、ラジオボタンの選択を切り替えることができ、正しい値が確実にデータベースに渡されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー