PDF から PDF/X、PDF/A または PDF/E への変換

PDF/X、PDF/A、PDF/VT または PDF/E の条件に従って PDF の内容を検証できます。特定の要件を満たしていれば、PDF のコピーを PDF/X、PDF/A または PDF/E として保存することもできます。例えば、特定の状況では、PDF/X-1a、PDF/X-3、PDF/X-4 に準拠するには、使用デバイスを記述する ICC プロファイルが必須です。文書に ICC 出力プロファイルが埋め込まれていない場合は、保存する前に埋め込むことができます。

規格ウィザードを使用して、PDF を規格に準拠する PDF に変換することができます。このウィザードでは、変換する形式別の説明を参照しながら変換を行うことができます。規格に詳しい場合は、組み込みのプロファイルまたはウィザードを通じて作成されたプロファイルを使用して PDF を変換できます。

注意:

また、Acrobat Distiller を使用して PDF/X、PDF/A 準拠ファイルを作成することもできます。

プロファイルによる PDF/X、PDF/A または PDF/E への変換

  1. ツール印刷工程を選択します。

    右側のパネルに印刷工程ツールセットが表示されます。

  2. プリフライト」をクリックします。

    プリフライトダイアログボックスが表示されます。

  3. プリフライトダイアログボックスで、ライブラリドロップダウンリストから「PDF 規格」を選択します。

  4. プロファイル」タブをクリックします。

  5. 準拠プロファイルを展開し、必要なプロファイルを選択します。例えば、「PDF/A 準拠」を展開して「PDF/A-1b に変換」を選択します。

  6. 解析してフィックスアップ」をクリックします。

  7. 選択したプロファイルに基づいてファイルを変換するには、「保存」をクリックします。

ウィザードによる PDF/X、PDF/A または PDF/E への変換

  1. ツール印刷工程を選択します。

    右側のパネルに印刷工程ツールセットが表示されます。

  2. プリフライト」をクリックします。

    プリフライトダイアログボックスが表示されます。

  3. プリフライトダイアログボックスで、「規格」をクリックします。

  4. 「PDF/X として保存」、「PDF/A として保存」または「PDF/E として保存」を選択して、「続行」をクリックします。

  5. バージョンを選択して、「続行」をクリックします。

  6. 変換プロファイルと、使用可能な出力条件のいずれかを選択します。

  7. 次のいずれかの操作を行います。
    • 変換中に修正を適用するには、「フィックスアップを実行」チェックボックスを選択します。
    • 疑問符アイコンをクリックし、適用されるフィックスアップを一覧表示します。
    • プロファイルを保存するには、「プロファイルとして保存」をクリックします。

    • 選択したプロファイルと設定に基づいて PDF を変換するには、「名前を付けて保存」をクリックします。

変換が成功すると、プリフライトダイアログボックスに緑のチェックマークが表示されます。変換が失敗すると、プリフライトダイアログボックスに赤い X マークが表示されます。

PDF/X、PDF/A、PDF/VT または PDF/E 条件での PDF の検証

PDF/X、PDF/A、PDF/VT および PDF/E ファイルは、様々な方法で作成できます。例えば、Acrobat Distiller やファイル/その他の形式で保存コマンドを使用する方法があります。これらの規格のいずれかに準拠する PDF を開くと、ナビゲーションパネルで規格情報を表示できます(表示表示切り替えナビゲーションパネルを選択して、規格 をクリックします)。規格メニューとパネルを使用できるのは、PDF が規格に準拠している場合のみです。規格パネルはすべてのバージョン(Acrobat Professional、Standard、Reader)に存在します。ただし、準拠を確認機能は Acrobat にのみ備わっています。

準拠情報として、ファイルを作成するために使用された規格、その ISO 名、ファイルが PDF/X、PDF/A、PDF/VT、PDF/UA または PDF/E 準拠として検証されたかどうかが表示されます。また、出力インテント情報として、ファイルに関連付けられたカラー設定が表示されます。ファイルが規格に準拠していることを検証するには、「準拠を確認」をクリックします。

PDF/X、PDF/A または PDF/E 情報の削除

出力条件や GTS_PDFX バージョンキーなど、PDF/X、PDF/A または PDF/E に固有の情報をすべて削除できます。これは、ファイルを修正した場合、最初からやり直したい場合、ICC プロファイルによりファイルサイズが大きくなり過ぎた場合などに便利です。

  1. ツール印刷工程を選択します。

    右側のパネルに印刷工程ツールセットが表示されます。

  2. プリフライト」をクリックします。

    プリフライトダイアログボックスが表示されます。

  3. プリフライトダイアログボックスで、ライブラリドロップダウンリストから「PDF 規格」を選択します。

  4. フィックスアップ」タブをクリックします。

  5. 文書情報とメタデータ」グループを展開し、「<規格名> 情報を削除」オプションを選択します。例えば、「PDF/A 情報を削除」を選択します。

  6. フィックスアップ」をクリックします。

  7. ファイルの保存先を選択し、「保存」をクリックします。

操作が成功すると、プリフライトダイアログボックスの「結果」タブに緑のチェックマークが表示されます。操作が失敗すると、プリフライトダイアログボックスの「結果」タブに赤い X マークが表示されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー