プリフライトプロファイルについて

プリフライト検査が正常に行われるかどうかは、検査条件の定義の仕方に左右されます。検査条件は、プリフライトプロファイルと呼ばれるファイルにまとめられます。プリフライトプロファイルには、1 つ以上のチェック、フィックスアップ、またはその両方が含まれます。各チェックには PDF の内容を検証する 1 つまたは複数のプロパティステートメントが含まれます。プリフライトでは、あるチェック内のすべてのプロパティステートメントにエラーがある場合にのみエラーが表示されます。プリフライトプロファイルを編集ダイアログボックスで、使用する値と問題点の処理方法を指定できます。例えば、問題点を単純にレポートするプロファイルを選択することも、指定したパラメーターに従って問題点を自動的に修正するプロファイルを選択することもできます。フィックスアップがあるプロファイルには、横にグレーに塗りつぶされたレンチアイコンが付きます。

Adobe Acrobat には定義済みのプリフライトプロファイルがいくつか用意されており、「デジタルプリンティング」、「PDF 解析」、「プリプレス」、「PDF/A、PDF/E または PDF/X 準拠」などのグループに分けられています。定義済みのプロファイルをそのままの形で使用することも、変更してカスタムプロファイルを作成することもできます。プロファイルを構成するチェック(以前のバージョンの Acrobat では規則)は、「文書」、「ページ」、「画像」などのカテゴリごとにまとめられています。1 つのカテゴリに属する各チェックは、文書の特定のプロパティを制御します。

文書のどのようなプロパティをプリフライトプロファイルで分析するかを決定する際には、プリフライトプロファイルを編集ダイアログボックスで、選択した個々のチェックについて情報を確認することをお勧めします。この情報は、文書のプロパティを分析し、必要に応じて修正する際にチェックが使用する条件を記述しています。

プロファイルの表示

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。

     

    • プリフライトダイアログボックスが開いていない場合は、ツール印刷工程プリフライトを選択します。
    • 上部の「ライブラリ」ドロップダウンを使用して、目的のライブラリに切り替えます。
    • プリフライトダイアログボックスに別のパネルが表示されている場合は、「プロファイル」タブをクリックします。

     

  2. 必要に応じてプロファイルグループを展開します。

    この一覧には、定義済みのすべてのプロファイルおよび作成したカスタムプロファイルが含まれます。

お気に入りのプロファイルの設定

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • プリフライトダイアログボックスが開いていない場合は、ツール印刷工程プリフライトを選択します。

    • プリフライトダイアログボックスに別のパネルが表示されている場合は、「プロファイル」タブをクリックします。

  2. 必要に応じてグループを展開します。
  3. プロファイルを選択し、名前の横のフラグをクリックし、「お気に入りに設定」を選択します。

プリフライトプロファイルを編集ダイアログボックスについて

プリフライトプロファイルを編集ダイアログボックスには、使用可能な全プロファイルと共に、分析している文書プロパティが表示されます。このダイアログボックスでは、プロファイルのロックまたはロック解除、プロファイルをまとめる新規グループの作成、検査条件の指定などをおこなうことができます。プロファイルを展開すると、追加のオプションおよび情報にアクセスできます。

プリフライトプロファイルを編集ダイアログボックスを開くには、プリフライトダイアログボックスのプロファイルグループを展開し、プロファイルを選択して、「編集」をクリックします(またはオプションメニューから「プロファイルを編集」を選択します)。

プリフライトプロファイルを編集ダイアログボックス
プリフライトプロファイルを編集ダイアログボックス

A. プロファイル B. 定義済みのチェックのセット C. 詳細オプション D. プロファイルグループ 

プロファイルの追加と削除

カスタムのプリフライトプロファイルを独自に作成することができます。新しいプロファイルを最初から作成する前に、同じような目的を持つ既存のプロファイルがないか内容を確認します。可能であれば、既存のプロファイルを複製して必要な部分だけを変更します。

プリフライトプロファイルには、PDF の内容を検証する少なくとも 1 つのチェックまたはフィックスと 1 つのプロパティが含まれている必要があります。チェックを最初から作成する場合は、既存のプロパティを使用するか、新しいプロパティを作成します。プロファイルの作成や修正を行うときは、PDF の内容の検証に必要なチェックだけを追加し、チェックやプロパティをできるだけ単純なものにしておくことをお勧めします。例えば、PDF/X 特有の条件のチェックには PDF/X プロファイルを使用し、その後、画像解像度など PDF/X 以外の条件のチェックを追加します。

プロファイルの作成

  1. プリフライトダイアログボックスのプロファイルパネルで、「プロファイルを表示」ボタン をクリックします。

  2. オプションプロファイルを作成をクリックします。

  3. 新しいプロファイルの名前と用途を入力して、必要に応じてその他のオプションを指定します。

    別のグループに割り当てない限り、デフォルトでは、新しく作成したプロファイルは、カスタムプロファイルグループの下に表示されます。

  4. 左側の列でプロファイルを展開します。
  5. 必要に応じてチェックを変更します。
  6. 新たなチェックおよびフィックスアップを追加します。

プロファイルの複製

  1. プリフライトダイアログボックスのプロファイルパネルで、「プロファイルを表示」ボタン をクリックします。

  2. 既存のプロファイルを選択し、オプションプロファイルを複製を選択します。

    複製プロファイルは、元のプロファイルと同じグループ内に追加されます。

プロファイルグループの作成

  1. プリフライトプロファイルを編集ダイアログボックスで、プロファイルを選択します。

  2. グループドロップダウンリストから「新規グループ」を選択します。

  3. グループの名前を入力して「OK」をクリックします。

    注意:

    複数のプロファイルを選択した場合、すべてのプロファイルが新規グループに移動します。

プロファイルの削除

  1. プリフライトプロファイルを編集ダイアログボックスでプロファイルを選択し、削除 をクリックします。

プリフライトプロファイルの取り込みと書き出し

プリフライトプロファイルは他のユーザーと共有することができます。例えば、印刷・出力会社からプリフライトプロファイルを顧客に提供することで、そのプロファイルで定義された検査を事前に行うことができ、問題が発生するのを防ぐことができます。ワークグループの場合、グループ独自のプロファイルを作成しておくと、Web 上へのアップロードまたは特殊プリンターでの印刷の前に文書を検査したり、作業工程を確認するのに役立ちます。

プロファイルを交換するには、取り込みおよび書き出し用にパッケージを作成します。パッケージには、選択したプロファイルに関連するすべてのチェックとプロパティが含まれます。

プリフライトプロファイルの取り込み

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • プリフライトダイアログボックスで、オプションメニューから「プロファイルを取り込み」を選択します。

    • プリフライトプロファイルを編集ダイアログボックスで、取り込みアイコン  をクリックします。

  2. プリフライトのパッケージファイル(拡張子は .kfp)を指定して、「開く」をクリックします。「取り込まれたプロファイル」グループのプロファイルの一覧に、プロファイルが表示されます。
  3. (オプション)プロファイルがロックされている場合、プリフライトプロファイルを編集ダイアログボックスのポップアップメニューから「ロック解除」を選択します。ロック解除したプロファイルは編集可能です。
  4. (オプション)パスワードの入力を求められた場合は、パスワードを入力します。

注意:

Acrobat ウィンドウまたは Acrobat アプリケーションアイコンにファイルをドラッグして、プリフライトプロファイルを取り込むこともできます。

プリフライトプロファイルの書き出し

  1. 必要に応じて、書き出しプロセスを開始する前に、プロファイルを編集ダイアログボックスでプロファイルの名前を変更します。
  2. プロファイルを書き出す前にロックするには、プリフライトプロファイルを編集ダイアログボックスのポップアップメニューから「ロック」を選択します。「パスワード保護」を選択してパスワードを入力することもできます。
  3. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • プリフライトダイアログボックスで、オプションメニューから「プロファイルを書き出し」を選択します。

    • プリフライトプロファイルを編集ダイアログボックスで、書き出しアイコン  をクリックします。

  4. パッケージの保存先を指定し、「保存」をクリックします。ファイル名は変更しません。

プロファイルのロック、ロック解除およびパスワード保護

プロファイルをロックし、パスワードを適用することで、プリフライトプロファイルが許可なく変更されるのを防止できます。このセキュリティは、プリフライトプロファイルを複数のユーザーで共有する場合にも役立ちます。プリフライトプロファイルのロックまたはパスワード保護は、プロファイルを最初に作成する際にも、任意の保存時にも適用できます。デフォルトでは、定義済みのすべてのプロファイルがロックされています。

ロックされたプリフライトプロファイルのロックの解除
ロックされたプリフライトプロファイルのロックの解除

プロファイルのロック

  1. プリフライトプロファイルを編集ダイアログボックスで、プロファイルを選択します。
  2. ダイアログボックス左上部のポップアップメニューから「ロック」を選択します。

    各オプションは無効になります。

プロファイルのパスワード保護

  1. プリフライトプロファイルを編集ダイアログボックスで、プロファイルを選択します。
  2. ダイアログボックス左上部のポップアップメニューから「パスワード保護」を選択します。

  3. パスワードを 2 回入力し、「OK」をクリックします。アルファベットの大文字と小文字、数字、句読点を使用できます。

    各オプションは無効になります。

プロファイルのロック解除または保護解除

  1. プリフライトプロファイルを編集ダイアログボックスで、プロファイルを選択します。
  2. ダイアログボックス左上部のポップアップメニューから「ロック解除」を選択します。

  3. メッセージが表示されたら、正しいパスワードを入力して「OK」をクリックします。

プロファイル設定の変更

単一のプロファイルの設定を変更できます。

プロファイルの一般設定の変更

  1. プリフライトプロファイルを編集ダイアログボックスを開きます。
  2. プロファイルグループを展開してプロファイルを選択します。
  3. プロファイルがロックされている場合、ポップアップメニューから「ロック解除」を選択します。
  4. 必要に応じて以下の設定を修正します。
    • プロファイルの新しい名前を入力し、「用途」ボックスに説明を入力します。

    • パスワード保護をプロファイルに適用するには、ポップアップメニューから「パスワード保護」を選択します。メッセージが表示されたら、パスワードを 2 回入力し、「OK」をクリックします。保護しない場合は「ロック解除」を選択します。

    • 名前と電子メールアドレスを入力します。

    • プロファイルをグループに割り当てます。メニューから既存のグループを選択するか、「新規グループ」を選択して名前を入力し、「OK」をクリックします。グループは名前順に並べ替えられます。

  5. パスワードで保護されたプロファイルの編集が完了したら、ポップアップメニューから「ロック」を選択します。もう一度プロファイルをパスワードで保護することもできます。
  6. 「OK」をクリックするか、ダイアログボックスを閉じずに変更を保存する場合は「保存」をクリックします。

既存のチェックと警告設定の変更

  1. プリフライトプロファイルを編集ダイアログボックスを開きます。
  2. プロファイルグループを展開してプロファイルを選択します。
  3. プロファイルがロックされている場合、ポップアップメニューから「ロック解除」を選択します。
  4. プロファイルを展開して、プロファイルで使用可能なプロパティのグループを表示します。
  5. プロパティグループを選択します。
  6. オプションを設定して、検査の条件を指定します。オプションは、プロファイルの下で選択したプロパティのカテゴリによって異なります。条件の選択または選択解除、値の編集、プロパティの有効化などを行うことができます。
  7. ポップアップメニューから警告オプションを選択し、検査時の問題点の処理方法を指定します。
  8. 「OK」をクリックするか、ダイアログボックスを閉じずに変更を保存する場合は「保存」をクリックします。

プリフライト警告オプション

検査時の問題点の処理方法は、プロファイルに含まれるチェックごとに指定します。各警告アイコンの横にあるメニューから選択できます。警告のアイコンは、プリフライトダイアログボックスのチェックの横に表示されます。

エラー

 該当するチェック(または該当するカテゴリ内の任意の複数のチェック)に対してエラーメッセージが生成されます。修正しないとワークフローの次の段階に進めない問題点に対して選択します。

警告

 該当するチェック(または該当するカテゴリ内の任意の複数のチェック)に対して警告メッセージが生成されます。最終出力の前に認識しておく必要があり、場合によっては修正が必要となる問題点に対して選択します。

情報

 該当するチェック(または該当するカテゴリ内の任意の複数のチェック)に対して簡単な注意のメッセージが生成されます。最終出力の前に認識しておく必要があるが修正の必要はない問題点に対して選択します。

警告なし

 該当するチェック(または該当するカテゴリ内の任意の複数のチェック)に対して警告メッセージは生成されません。PDF 文書の出力品質に影響を与えない問題点に対して選択します。テキストボックスを使用可能にするには、状態を「警告なし」から他の状態に変更する必要があります。

プロファイルの要約の表示

プロファイルの要約を作成することにより、指定したプロファイルに関する各チェックとその検査条件の説明を表示できます。

  1. プリフライトダイアログボックスでプロファイルを選択し、オプションメニューから「プロファイルの要約を作成」を選択します。
    プロファイルの要約の PDF ファイル
    プロファイルの要約の PDF ファイル.

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー