マニュアル キャンセル

PDF レイヤー

  1. Acrobat ユーザーガイド
  2. Acrobat の概要
    1. デスクトップ、モバイル、web から Acrobat にアクセス
    2. Acrobat の新機能
    3. ショートカットキー
    4. システム要件
  3. ワークスペース
    1. ワークスペースの基本
    2. PDF を開いて表示
      1. PDF を開く
      2. PDF ページのナビゲーション
      3. PDF の環境設定の表示
      4. PDF の表示の調整
      5. PDF のサムネールプレビューを有効にする
      6. PDF をブラウザーで表示
    3. オンラインアカウントで操作
      1. Box からファイルにアクセス
      2. Dropbox からファイルにアクセス
      3. OneDrive からファイルにアクセス
      4. SharePoint からファイルにアクセス
      5. Google ドライブからファイルにアクセス
    4. Acrobat および macOS
    5. Acrobat 通知
    6. PDF のグリッド、ガイド、ものさし
    7. PDF での日中韓言語、キリル文字および右から左に表記されるテキスト
  4. PDF の作成
    1. PDF 作成の概要
    2. Acrobat での PDF の作成
    3. PDFMaker による PDF の作成
    4. Adobe PDF プリンターの使用
    5. Web ページを PDF に変換
    6. Acrobat Distiller による PDF の作成
    7. Adobe PDF 変換設定
    8. PDF のフォント
  5. PDF の編集
    1. PDF のテキストの編集
    2. PDF の画像またはオブジェクトの編集
    3. PDF ページの回転、移動、削除およびページ番号の付け直し
    4. スキャンされた PDF の編集
    5. モバイルデバイスのカメラで撮影した文書内の写真の補正
    6. PDF の最適化
    7. PDF のプロパティとメタデータ
    8. PDF 内のリンクと添付ファイル
    9. PDF レイヤー
    10. PDF のサムネール画像としおり
    11. アクションウィザード(Acrobat Pro)
    12. Web ページから変換された PDF
    13. プレゼンテーション用の PDF の設定
    14. PDF のアーティクル
    15. 地図情報 PDF
    16. PDF へのアクションおよびスクリプトの適用
    17. テキスト追加時にデフォルトのフォントを変更
    18. PDF からページを削除
  6. スキャンと OCR
    1. 文書をスキャンして PDF に変換
    2. 文書の写真を補正
    3. Acrobat を使用してスキャンする際のスキャナーの問題のトラブルシューティング
  7. フォーム
    1. PDF フォームの基本
    2. Acrobat で新規フォームを作成
    3. PDF フォームの作成と配布
    4. PDF フォームに入力
    5. PDF フォームフィールドのプロパティ
    6. PDF フォームの入力と署名
    7. PDF フォームでの操作ボタンの設定
    8. インタラクティブな PDF Web フォームの公開
    9. PDF フォームフィールドの基本
    10. PDF バーコードフォームフィールド
    11. PDF フォームデータの収集と管理
    12. フォームトラッカーについて
    13. PDF フォームヘルプ
    14. 電子メールまたは内部サーバーを使用して PDF フォームを受信者に送信する
  8. ファイルの結合
    1. 単一 PDF へのファイルの結合
    2. PDF ページの回転、移動、削除およびページ番号の付け直し
    3. PDF へのヘッダー、フッターおよび通し番号の追加
    4. PDF ページのトリミング
    5. PDF への透かしの追加
    6. PDF への背景の追加
    7. PDF ポートフォリオ内のコンポーネントファイルでの作業
    8. PDF ポートフォリオの公開と共有
    9. PDF ポートフォリオの概要
    10. PDF ポートフォリオの作成およびカスタマイズ
  9. 共有、レビュー、およびコメント
    1. オンラインでの PDF の共有とトラック
    2. 校正箇所の指示
    3. PDF レビューの準備
    4. PDF レビューの開始
    5. SharePoint または Office 365 サイトでの共有レビューのホスト
    6. PDF レビューへの参加
    7. PDF への注釈の追加
    8. PDF へのスタンプの追加
    9. 承認プロセス
    10. 注釈の管理 | 表示、返信、印刷
    11. 注釈の取り込みと書き出し
    12. PDF レビューのトラックと管理
  10. PDF の保存と書き出し
    1. PDF の保存
    2. PDF を Word に変換
    3. PDF を JPG に変換
    4. 他のファイル形式への PDF の変換または書き出し
    5. PDF 書き出し時のファイル形式オプション
    6. PDF コンテンツの再使用
  11. セキュリティ
    1. PDF の拡張セキュリティ設定
    2. パスワードによる PDF の保護
    3. デジタル ID の管理
    4. 証明書による PDF の保護
    5. 保護された PDF を開く
    6. PDF 内の機密情報の削除
    7. PDF のセキュリティポリシーの設定
    8. PDF のセキュリティ方法の選択
    9. PDF を開くときのセキュリティ警告
    10. Adobe Experience Manager による PDF の保護
    11. PDF の保護ビュー機能
    12. Acrobat と PDF のセキュリティの概要
    13. セキュリティリスクとしての PDF の JavaScript
    14. セキュリティリスクとしての添付ファイル
    15. PDF のリンクの許可またはブロック
  12. 電子サイン
    1. PDF 文書への署名
    2. モバイルデバイスでキャプチャした署名をあらゆるデバイスで使用
    3. 電子サイン用に文書を送信
    4. 証明書の署名について
    5. 証明書ベースの署名
    6. デジタル署名の検証
    7. Adobe Approved Trust List
    8. 信頼済み証明書の管理
  13. 印刷
    1. 基本の PDF 印刷処理
    2. 小冊子と PDF ポートフォリオの印刷
    3. PDF 印刷の詳細設定
    4. PDF に印刷
    5. PDF のカラー印刷(Acrobat Pro)
    6. カスタムサイズでの PDF の印刷
  14. アクセシビリティ、タグ、および折り返し
    1. アクセシビリティ対応の PDF の作成および検証
    2. PDF のアクセシビリティ機能
    3. PDF の読み上げ順序ツール
    4. 折り返しおよびアクセシビリティ機能を使用した PDF の読み上げ
    5. コンテンツパネルとタグパネルでの文書構造の編集
    6. アクセシブルな PDF の作成
  15. 検索とインデックスの作成
    1. PDF のインデックスの作成
    2. PDF ファイルの検索
  16. マルチメディアと 3D モデル
    1. PDF にオーディオ、ビデオおよびインタラクティブオブジェクトを追加
    2. PDF への 3D モデルの追加(Acrobat Pro)
    3. PDF での 3D モデルの表示
    4. 3D モデルのインタラクティブな操作方法
    5. PDF での 3D オブジェクトの測定
    6. PDF での 3D ビューの設定
    7. PDF 内の 3D コンテンツの有効化
    8. PDF へのマルチメディアの追加
    9. PDF での 3D デザインへの注釈の追加
    10. PDF でのビデオ、オーディオ、マルチメディアの再生
    11. ビデオへの注釈の追加
  17. 印刷工程ツール(Acrobat Pro)
    1. 印刷工程ツールの概要
    2. トンボとヘアライン
    3. 出力のプレビュー
    4. 透明の分割・統合
    5. カラー変換とインキの管理
    6. トラップ
  18. プリフライト(Acrobat Pro)
    1. PDF/X、PDF/A、PDF/E 準拠ファイル
    2. プリフライトプロファイル
    3. プリフライトの詳細な検査
    4. プリフライトレポート
    5. プリフライト結果、オブジェクトおよびリソースの表示
    6. PDF の出力インテント
    7. プリフライトツールでの問題のある領域の修正
    8. ドロップレットまたはプリフライトアクションによる文書の分析の自動化
    9. プリフライトツールを使用した文書の分析
    10. プリフライトツールでの追加のチェック
    11. プリフライトライブラリ
    12. プリフライト変数
  19. カラーマネジメント
    1. 一貫した色の保持
    2. カラー設定
    3. 文書のカラーマネジメント
    4. カラープロファイルでの作業
    5. カラーマネジメントの解説

はじめる前に

アドビは、より直感的で新しい製品エクスペリエンスの提供を開始します。表示された画面が製品インターフェイスと一致していない場合は、現在の機能のヘルプを選択してください。

新しい機能では、ツールが画面の左側に表示されます。

概要

PDF レイヤーを使用すると、InDesign、AutoCAD、Visio などのアプリケーションの PDF で、レイヤーを持つコンテンツを表示、移動、印刷できます。レイヤーの表示は、レイヤーのプロパティにある、デフォルトの状態とレイヤーの初期状態を使用して制御できます。Acrobat Pro には、名前変更、分割・統合、結合、プロパティの変更、アクションの追加など、レイヤーを管理するための様々なオプションがあります。

Acrobat Pro を使用して、次の操作を行うことができます。

Acrobat Pro では、ズームレベルに基づいて表示と非表示を変更するレイヤーを作成することはできません。ただし、ページアクションを使用してレイヤーを拡大または非表示にするしおりを作成することにより、レイヤーの一部をハイライト表示することができます。表示されるリンクや非表示のリンクを追加して、選択すると特定のレイヤー表示に移動したり、レイヤーを拡大したりするようにもできます。

Acrobat Pro で InDesign CS 文書を PDF に変換するときにレイヤーを保持するには、次の操作を行う必要があります。

  • 互換性を Acrobat 6(PDF 1.5)以上に設定します。
  • Adobe PDF を書き出しダイアログボックスで、「Acrobat レイヤーを作成」を選択します。

レイヤーの表示と管理

レイヤーの表示 / 非表示を切り替えるには、レイヤーパネルを使用します。ロックされたレイヤーは非表示にできません。レイヤーによっては、ネストされたグループにまとめられていることがあります。ロックアイコンは、レイヤーが参照専用であることを表します。Acrobat Pro では、ロックされたレイヤーの表示設定は、レイヤープロパティダイアログボックスを使用して変更できます。 

  • レイヤーパネルを開くには、右パネルから
    を選択します
  • アイコンが表示されていない場合は、表示表示切り替えサイドパネルレイヤーに移動します。
Acrobat Reader のレイヤーパネル

レイヤーの表示の制御

レイヤーパネルには、様々な目的でレイヤーの表示を制御するためのオプションが用意されています。

  • すべてのページのレイヤーを表示 – すべてのページのすべてのレイヤーを表示します。
  • 可視レイヤーのみを表示 – 現在表示されているページのレイヤーのみを表示します。
  • レイヤーの表示を初期状態にリセット – レイヤーをデフォルトの状態にリセットします。
  • 印刷の設定を優先して適用 – 印刷設定に従ってレイヤーを表示します。
  • 書き出しの設定を優先して適用 – 書き出し設定に従ってレイヤーを表示します。
  • レイヤーの設定を優先して適用 – 個々の設定を上書きしてすべてのレイヤーを表示します。

レイヤーの表示 / 非表示を切り替えるには、目のアイコンを選択します。この設定は、文書が開かれている間は、レイヤーのプロパティダイアログボックスの設定よりも優先されます。

レイヤーパネルで目のアイコンを使用して設定したレイヤーの表示設定は、ファイルを閉じると保存されません。Acrobat Pro でレイヤーを持つ PDF の表示設定を変更して保存するには、レイヤーのプロパティダイアログボックスで、デフォルトの状態を変更します。

レイヤーのプロパティの編集

Acrobat Pro では、レイヤープロパティを編集して、表示と印刷を制御できます。レイヤーのプロパティダイアログボックスでは、レイヤー名、デフォルトの状態、表示設定、印刷、書き出しの設定を変更できます。これらの変更は、文書の環境設定で「文書内のレイヤーの初期状態を使用」オプションが選択されている場合に有効になります。

レイヤーのプロパティにアクセスするには:

  1. レイヤーパネルを開いて、レイヤーを選択します。
  2. レイヤープロパティを選択します。
  3. レイヤープロパティダイアログで、必要に応じて次のプロパティを設定します。
  • レイヤーのオン/オフを切り替える表示としてのインテント。
  • 編集するために(斜体で表示)、レイヤーを常にオンにし続ける参照としてのインテント。
  • デフォルトの状態は、文書が開かれたとき、または表示設定をリセットしたときの初期表示を定義します。各レイヤーの目のアイコンがデフォルトで表示されるかどうかは、この設定に基づいて決まります。例えば、「オフ」に設定した場合、文書を開いたときや「レイヤーの表示を初期状態にリセット」を選択したときに、目のアイコンが非表示になります。
  • 「表示」は、PDF レイヤーの画面上の表示設定を定義します。 
  • 「印刷」は、レイヤーを印刷するかどうかを指定します。
  • 「書き出し」では、サポートされているレイヤー形式に PDF を書き出すときに、結果の文書にレイヤーを表示するかどうかを指定します。
  • 特定のレイヤーに関連付けられているその他のプロパティは、レイヤープロパティダイアログボックスの下部ボックスに表示されます。
Acrobat デスクトップでレイヤープロパティを設定

例えば、レイヤーに含まれている透かしが画面上には表示されないが、印刷時および他の形式への書き出しの際に表示される場合、次の設定を変更します。

  • 「デフォルトの状態」を「オン」に設定します。
  • 「初期状態の表示」を「常に非表示」に設定します。 
  • 「初期状態の印刷」を「常に印刷」に設定します。
  • 「初期状態の書き出し」を「常に書き出し」に設定します。 

レイヤーの順序変更

レイヤーパネルでは、ロックされているレイヤーとネストされたグループ内のレイヤーを除き、個々のレイヤーの順序を変更できます。レイヤーを並べ替えるには、レイヤーを選択して目的の場所にドラッグします。

注意:

ロックされたレイヤーの順序は変更できません。また、ネストされたレイヤーグループ内のレイヤーの順序も変更できません。

レイヤーナビゲーションの追加

リンクと移動先をレイヤーに追加して、ユーザーがしおりやリンクを選択するときに文書の表示を変更できます。レイヤーの表示設定をしおりやリンクの移動先に関連付けることで、特定のレイヤーの表示を制御できます。

レイヤーの表示設定をしおりに関連付けるには

  1. 文書ウィンドウで、ターゲット PDF レイヤーに対し、必要なレイヤーのプロパティ、表示設定および倍率レベルを設定します。

  2. 右パネルから、しおりアイコン/新しいしおりアイコンを選択します。

  3. 新しいしおりを選択して、プロパティを選択します。

  4. しおりのプロパティダイアログボックスで、「アクション」タブを選択します。

  5. アクションを選択」で、「レイヤーの表示 / 非表示を設定」を選択し、追加」を選択します。「OK」を選択します。

  6. しおりパネルでしおりラベルを選択して、しおりに名前を付けます。

レイヤーの表示設定をリンクの移動先に関連付けるには:

  1. 文書ウィンドウで、必要なレイヤーのプロパティを移動先に設定します。
  2. 表示表示切り替えサイドパネル移動先を選択します。
  3. 移動先パネルがフローティングパネルに表示されます。パネルをナビゲーションパネルまでドラッグして、他のパネルに追加することができます。パネルが折りたたまれている場合は、「移動先」を選択してパネルを展開します。
  4. オプションメニューから、「新規移動先」を選択し、移動先に名前を付けます。
  5. リンクツールアイコンを選択し、文書ウィンドウにドラッグしてリンクを作成します。注意:コンテンツはすべてのレイヤーに追加されるので、ターゲットレイヤーにリンクを作成しているかのように見える場合でも、リンクはどのレイヤーからでも機能します。
  6. リンクを作成ダイアログボックスで、「カスタムリンク」を選択し、「次へ」を選択します。
  7. リンクのプロパティダイアログボックスで:
    1. 表示方法」タブで、リンクの外観を設定します。
    2. アクション」タブで、「レイヤーの表示 / 非表示を設定」を選択します。
    3. 「追加」を選択します。
  8. ダイアログボックスを閉じます。 
  9. リンクをテストするには、レイヤー設定を変更し、手のひらツールを選択してから、リンクを選択します。
注意:

目のアイコンを使用してレイヤーの表示設定を変更した場合、表示設定の変更はナビゲーションツールバーに記録されません。

レイヤーの取り込み

Acrobat Pro では、PDF または画像ファイルから対象の PDF にレイヤーを読み込むことができます。サポートされている画像ファイル形式には、BMP、GIF、JPEG、JPEG2000、PCX、PNG、TIFF などがあります。読み込みオプションには、新しいレイヤーの作成、既存のレイヤーまたはレイヤーグループへの追加、元の文書からのレイヤーのコピーが含まれます。

レイヤーを読み込むには

  1. 表示表示切り替えサイドパネルレイヤーを選択します。
  2. オプションメニューから、「レイヤーとして読み込み」を選択します。
  3. レイヤーとして読み込みダイアログボックスで「参照」を選択し、読み込むファイルを検索します。
    読み込む元のファイルが複数ページの文書の場合は、読み込むページの番号を「ページ番号」に入力します。読み込み先のファイルが複数ページの文書の場合は、ダイアログボックスの「プレビュー」セクションで「ターゲットページ番号」を指定します。
  4. 次のいずれかの取り込みオプションを選択します。
    • 新しいレイヤーを作成  - 元の文書から単一の個別のレイヤーを作成します。新しいレイヤーの名前を入力します。
    • グループに追加 - 読み込んだレイヤーの追加先となる既存のレイヤーグループを指定します。このオプションは、追加先の PDF に 1 つまたは複数の既存のレイヤーグループが含まれ、「新しいレイヤーを作成」が選択されている場合にのみ使用できます。
    • 既存のレイヤーに追加 - 元の文書の内容を追加先の文書の既存のレイヤーに追加します。追加先の文書からレイヤーを選択します。取り込まれた内容は、追加先の文書の既存のレイヤーと同じレイヤープロパティを持つようになります。このオプションは、追加先の文書にレイヤーが含まれている場合にのみ使用できます。
    • ソースからレイヤーをコピー - 元の文書からレイヤーを読み込みます。このオプションは、元の文書にレイヤーが含まれている場合にのみ使用できます。
  5. 必要に応じて配置と表示方法の設定を調整し、「OK」を選択します。

レイヤーの結合と分割・統合

レイヤーを結合すると、それらのプロパティがターゲットレイヤーに結合され、レイヤーを統合すると、非表示のコンテンツが非表示になり、すべてのレイヤーが統合されます。結合または分割・統合の操作は取り消しできません。

レイヤーを結合するには:

  1. 表示表示切り替えサイドパネルレイヤーを選択します。
  2. オプションメニューから、「レイヤーの結合」を選択します。
  3. 結合するレイヤーダイアログで、1 つまたは複数のレイヤーを選択し、「追加」を選択します。
  4. 中央のパネルからレイヤーを削除するには、レイヤーを選択し、「削除」を選択します。
  5. 結合先のレイヤーパネルで、選択したレイヤーの結合先のレイヤーを選択します。
  6. レイヤーを統合するには、オプションメニューから「レイヤーを統合」を選択します。
注意:

結合操作も分割・統合の操作も元に戻すことはできません。

レイヤーを持つコンテンツの編集

レイヤーを持つコンテンツを編集する場合、選択ツールまたはスナップショットツールを使用して選択またはコピーします。コンテンツの選択には、レイヤーに関係なく、すべての表示コンテンツが含まれます。1 つのレイヤーに関連付けられたコンテンツを編集すると、そのレイヤーにのみ反映されますが、複数のレイヤーに関連付けられたコンテンツはすべてのレイヤーで変更されます。レイヤーを持つ文書にコンテンツを追加することはできますが、特定のレイヤーに関連付けられません。

レイヤーを持つ PDF の結合

Acrobatでは、「ファイルを単一の PDF に結合」コマンドを使用して、レイヤーを含む PDF 文書を結合できます。各文書のレイヤーは、レイヤーパネルで別々の見出しの下にグループ化され、必要に応じて展開または折りたたむことができます。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合