Adobe Acrobat には、ハイエンドカラー出力に完全対応した Adobe PDF ワークフローを実現する、洗練された印刷工程ツールが追加されています。印刷工程ツールにアクセスするには、ツール印刷工程を選択します。

印刷工程ツールを開く

  1. ツール印刷工程を選択します。

    右側のパネルに印刷工程ツールが表示されます。

    Acrobat の印刷工程ツール
    右側のパネルの印刷工程ツール

出力プレビュー

分版プレビュー、ソフト校正、カラー警告などの機能を便利な 1 つのダイアログボックスに統合したツールです。

プリフライト

400 以上の定義済みチェック項目を実行してよく見られる出力エラーをすべてチェックし、修正可能なエラーをすべて修正できます。

オブジェクトを編集

ラスターオブジェクトとベクトルオブジェクトの両方を選択、移動および編集できます。タグ、カラースペース、レンダリングインテントなど個別のオブジェクトのプロパティを編集できます。

色を置換

文書のカラースペースをターゲットのカラースペースに変換します。

分割・統合プレビュー

透明オブジェクトの統合設定を定義して適用できます。このツールには、透明オブジェクトおよびそれらのオブジェクトに対して設定された効果を表示するプレビューがあります。これらの設定をプリセットとして保存し、他のページや PDF に適用することができます。

PDF/X として保存

現在の文書を PDF/X 標準に従って保存できます。

ページボックスを設定

ページのトリミングサイズ、仕上がりサイズ、裁ち落としサイズ、アートサイズおよびメディアサイズを定義できます。これらは、特に面付け用にトンボを正しくページに配置するために重要な要素です。

トンボを追加

位置決め用の標準的なトンボを PDF ページに追加します。これらのトンボは PDF に埋め込まれます。

ヘアラインを修正

ユーザー設定に基づいて、ヘアラインを検索し、より太いラインに置き換えます。

インキ

PDF のデータを変更せずにインキの取り扱い方法を変更します。Acrobat の「インキ」では、他のアドビアプリケーションと同じオプションおよびコントロールが使用されています。

トラッププリセット

トラッピング設定を作成および適用します。トラッピングは、Adobe In-RIP トラッピングのライセンスを使用する Adobe RIP により内部で後処理されます。

アーティクルボックスを追加

一連のアーティクルボックスを定義します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー