アクセシビリティ環境設定

Acrobat は、目の不自由な方や運動障害のある方向けに、PDF を読む際のアクセシビリティを向上させる様々な環境設定を提供しています。これらの環境設定を使用して、PDF が画面にどのように表示されるか、スクリーンリーダーによってどのように読み上げられるかをコントロールすることができます。

ほとんどのアクセシビリティ関連の環境設定は、アクセシビリティ設定アシスタントで指定できます。アクセシビリティ設定アシスタントでは、これらの環境設定を指定する方法が画面に表示されます。アクセシビリティに影響を与える環境設定の中には、読み上げ、フォームおよびマルチメディアに関連した環境設定など、アクセシビリティ設定アシスタントで指定できないものがあります。環境設定ダイアログボックスでは、すべての環境設定を指定できます。

環境設定の中には、アクセシビリティ設定アシスタントと環境設定ダイアログボックスにそれぞれ別の名前で表示されるものがあります。Acrobat のヘルプは、環境設定ダイアログボックスに表示される名前を使用します。

アクセシビリティ機能について詳しくは、www.adobe.com/jp/accessibility を参照してください。

アクセシビリティ設定アシスタントを使用したアクセシビリティの設定

  1. 次のいずれかを実行して、アクセシビリティ設定アシスタントを開始します。
    • ツールアクセシビリティ設定アシスタントを選択します。

    • (Windows のみ)スクリーンリーダーまたは拡大鏡が起動しているときに、Acrobat を起動します。

  2. 支援ソフトウェアおよび支援デバイスに対応した適切なオプションを選択します。

    アシスタントは、選択されたオプションに従って、支援ソフトウェアおよび支援デバイスに適した環境設定だけを提示します。

  3. 画面に表示される指示に従います。「キャンセル」をクリックした場合は、Acrobat では、アシスタントによって設定されたデフォルトの環境設定が使用されます(非推奨)。

環境設定ダイアログボックスを使用したアクセシビリティの環境設定

  1. 環境設定ダイアログボックスの様々なパネルで、支援ソフトウェアおよび支援デバイスの環境設定を行います。

アクセシビリティの環境設定

環境設定のアクセシビリティパネルでの設定

カラーの表示を調整

この環境設定を選択した場合は、一覧からテキストと背景のコントラストカラーの組み合わせを選択できます。また、独自の色の組み合わせを作成することもできます。これらの設定は、アクセシビリティ設定アシスタントの「文書テキストにハイコントラスト色を使用」オプションに対応しています。

常にページレイアウトを使用

アクセシビリティ設定アシスタントの「ページレイアウトスタイルを上書き」オプションに対応しています。

常に倍率設定を使用

アクセシビリティ設定アシスタントの「文書のズームを上書き」オプションに対応しています。

タブの順序が明示的に指定されていない場合は文書構造を使用

タブの順序を指定していない文書で、フォームフィールドおよびリンクのナビゲーションを改善します。

テキスト選択カーソルを常に表示

このオプションは、拡大鏡を使用する場合に選択します。この環境設定は、アクセシビリティ設定アシスタントの「テキスト選択カーソルを常に表示」オプションに対応しています。

システムが選択したカラーを常に使用

選択すると、デフォルトの選択カラー(青)よりもシステムで指定したカラーが優先されます。

ポートフォリオをファイルモードで表示

選択すると、一覧に PDF ポートフォリオコンポーネントファイルとファイルの詳細を表示します。ファイルモードにより、運動障害や視覚障害などの障害を持つユーザーがよりよい読み上げ機能を体験することができます。

環境設定の文書パネルでの設定

文書の変更を一時ファイルに自動保存する間隔

この環境設定を選択解除すると、自動保存アクションが無効になります。PDF を保存するたびにスクリーンリーダーや拡大鏡で文書を再読み込みするようにしてください。この環境設定は、アクセシビリティ設定アシスタントの「文書の自動保存を無効にする」オプションに対応しています。

フォームパネルでのアクセシビリティの環境設定

フィールドのハイライト表示の色、必須フィールドのハイライト表示の色

これらの環境設定は、入力可能なフォームフィールドのハイライト表示にどの色を使用するかを指定します。アクセシビリティ設定アシスタントの「フィールドのハイライト表示の色」オプションと「必須フィールドのハイライト表示の色」オプションに対応しています。

オートコンプリート

フォームフィールドにテキストの先頭部分を入力すると、Acrobat によって自動的に入力候補が表示され、テキストを最後まで入力せずに済みます(入力候補がある場合)。この環境設定は、アクセシビリティ設定アシスタントのオプションに対応していません。

マルチメディアパネルでのアクセシビリティの環境設定

  • サブタイトルがあれば表示

  • 副音声があれば再生

  • 追加のテキストキャプションがあれば表示

  • 音声解説解説ビデオ)があれば表示

これらの環境設定は、アクセシビリティ設定アシスタントのどのオプションにも対応していません。

環境設定のページ表示パネルでの設定

ズーム

文書の画面上での倍率を設定して、折り返し表示された PDF を、視覚障害を持つユーザーが読みやすいように表示します。この環境設定は、アクセシビリティ設定アシスタントの「文書のズームを上書き」オプションに対応しています。

テキストのスムージング

テキストのアンチエイリアスを制御します。テキストのスムージングを無効にして、テキストをくっきりと表示し、拡大鏡を使用したときに判読しやすいようにするには、「なし」を選択します。この環境設定は、アクセシビリティ設定アシスタントの「テキストのスムージングを無効にする」オプションに対応しています。

読み上げパネルでのアクセシビリティの環境設定

読み上げ順序

文書の読み上げ順序を指定します。読み上げ順序の環境設定は、アクセシビリティ設定アシスタントにも表示されます。

文書から読み上げ順序を推測(推奨)

高度な構造推測レイアウト分析手法を使用して、タグなし文書の読み上げ順序を判断します。

左から右、上から下への順序で読み上げる

ページ上の配置に従って、テキストを左から右、上から下への順序で読み上げます。この方法は、「文書から読み上げ順序を推測」を使用するより高速です。この方法ではテキストのみを分析します。フォームフィールドは無視され、テーブルはテーブルとして認識されません。

印刷ストリーミングの読み上げ順序を使用

印刷ストリーミングに記録された順序でテキストを読み上げます。この方法は、「文書から読み上げ順序を推測」を使用するより高速です。この方法ではテキストのみを分析します。フォームフィールドは無視され、テーブルはテーブルとして認識されません。

タグ付き文書の読み上げ順序を上書き

文書のタグ構造に基づく読み上げ順序ではなく、「読み上げ」の環境設定で指定された読み上げ順序を使用します。この環境設定は、PDF のタグ付けに問題がある場合にのみ選択してください。この環境設定は、アクセシビリティ設定アシスタントの「タグ付き文書の読み上げ順序を上書き」オプションに対応しています。

ページあるいは文書

この環境設定は、一度にどれくらいの文書をスクリーンリーダーに供給するのかを指定します。PDF がタグ付けされていない場合、Acrobat は文書を分析し、その構造と読み上げ順序を推測しようとします。この処理には、長い文書では非常に長い時間がかかることがあります。必要に応じて、現在表示されているページだけを読み上げるように Acrobat を設定し、一度に分析する範囲を文書の一部のみに限定することをお勧めします。処理時間は、文書のサイズと複雑さ、およびスクリーンリーダーの機能によって変わります。Acrobat は、スクリーンリーダー、拡大鏡、またはその他の支援ソフトウェアに情報を提供するときに、支援ソフトウェアから直接アクセスできるメモリバッファーに情報をロードします。メモリバッファにロードされる情報の量により、Acrobat が行う、文書を開く、次のページに進む、表示を変更する、コマンドを実行する、といった作業に要する時間が変わります。

現在表示されているページのみを読み上げる

通常、拡大鏡を使用している場合は、これが最適なオプションになります。ソフトウェアが文書の表示されていない部分を処理する必要がなくなるため、パフォーマンスが向上します。Acrobat は、PDF の現在表示されているページだけをメモリバッファに送り、支援ソフトウェアはそれらのページだけにアクセスします。次のページが表示され、Acrobat がページ情報をメモリバッファに送るまでは、別のページに進むことができません。したがって、このオプションを選択した場合は、支援ソフトウェアのナビゲーション機能ではなく、Acrobat のナビゲーション機能を使用して、文書のページ間を移動する必要があります。また、Acrobat で現在表示しているページだけを支援ソフトウェアに送るには、環境設定の「デフォルトのページレイアウト」オプションを「単一ページ」に設定します。Acrobat は表示されているすべてのページのページ情報を送るので、支援ソフトウェアは、完全に表示されているページだけでなく、一部しか表示されていないページ(ページの下部や、次のページの上部など)に関する情報を受け取ります。連続ページなど、単一ページ以外のページ表示設定を使用している場合に、次のページを表示すると、支援ソフトウェアは前ページの既に読み上げた部分を正しく追跡できない可能性があります。デフォルトのページレイアウトを単一ページに設定する方法については、PDF の表示に関する環境設定を参照してください。

このオプションは、アクセシビリティ設定アシスタントの「現在表示されているページのみを読み上げる」オプションに対応しています。

文書全体を読み上げる

これは、独自のナビゲーションおよび検索ツールを持つスクリーンリーダーを使用していて、それらの方が Acrobat のツールより使い慣れている場合に最適なオプションです。このオプションは、アクセシビリティ設定アシスタントの「文書全体を一度に読み上げる」オプションに対応しています。

大きな文書の場合、現在表示されているページのみを読み上げる

このオプションはデフォルトで選択されており、通常、長い PDF や複雑な PDF でスクリーンリーダーを使用する場合に最適なオプションになります。Acrobat の設定により、小さい文書は全体を読み上げ、大きい文書の場合はページごとの読み上げに戻るようにできます。この環境設定は、アクセシビリティ設定アシスタントの「大きな文書の場合、現在表示されているページのみを読み上げる」オプションに対応しています。

文書をタグ付けする前に確認

このオプションを選択すると、Acrobat で読み上げ対象のタグなし文書を作成する前に、使用するオプションをユーザーが確認できるようになります。大きな文書の場合は特に、タグ付けに時間がかかることがあります。この環境設定は、アクセシビリティ設定アシスタントの「文書をタグ付けする前に確認」オプションに対応しています。

読み上げオプション

読み上げで使用する音声のボリューム、速度およびピッチを制御するための環境設定を指定します。デフォルトの音声を使用するか、オペレーティングシステムに付属の音声を使用するかを選択できます。また、上向き矢印と下向き矢印を使用してテキストのブロックを読み上げることもできます。これらの環境設定は、アクセシビリティ設定アシスタントのどのオプションにも対応していません。

マウスではなくキーボードからナビゲーション機能を使用できます。Mac OS ではいくつかの操作をキーボードから行うことができます。詳しくは、オペレーティングシステムのマニュアルを参照してください。Windows の場合、Acrobat でナビゲーションに使用するショートカットキーは、他の Windows アプリケーションで使用するショートカットキーとは一部異なります。

Web ブラウザー内で Acrobat を開くと、キーボードコマンドは Web ブラウザーに対する割り当てが優先されます。したがって、Acrobat のショートカットキーの中には、使用できないものや、PDF にフォーカスを移した状態以外では使用できないものがあります。

アクセシビリティ機能については、www.adobe.com/jp/accessibility を参照してください。

単一のショートカットキーの有効化

単一のショートカットキーで一部のツールを選択し、アクションを実行できます。Acrobat のほとんどのショートカットキーは、単一のショートカットキーを有効にしていなくても使用できます。

  1. 環境設定ダイアログボックスの「分類」で「一般」を選択してから、 「単一のショートカットキーでツールを使用可能にする」を選択します。

注意:

スクリーンリーダーによっては、Acrobat の単一のショートカットキーを使用できないことがあります。

自動スクロール

自動スクロール機能を使用すると、長い PDF、特に折り返し表示された文書を簡単に読み進めることができます。キーストロークやマウス操作を使用せずに、ページ間をスクロールできます。

  1. 表示ページ表示/自動スクロールを選択します。
  2. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • スクロール速度を特定の値に変更するには、数字キーを押します。9 が最も速く、0 が最も遅くなります。

    • スクロール速度を調節するには、スクロールの方向に応じて、上向き矢印キーまたは下向き矢印キーを押します。

    • 逆方向にスクロールするには、マイナス記号キー(-)を押します。

    • 次のページや前のページにジャンプするには、左向き矢印キーまたは右向き矢印キーを押します。

    注意:

    自動スクロールを停止するには、Esc キーを押すか、表示/ページ表示自動スクロールをもう一度選択します。

アクセシブルなテキストの点字プリンターへの出力

注意:

この文書で使用している「点字プリンター」という用語は、アクセシブルなテキストを、視覚障害のある人が使用できる形式に変換するために使用されるデバイスを指します。

PDF をアクセシブルなテキストとして保存し、点字プリンターに印刷することができます。点訳ソフトウェアを使用することによって、アクセシブルなテキストを、日本語点字、および英語の 1 級点字(Grade 1)や 2 級点字(Grade 2)の形式の点字文書として取り込み、印刷できます。詳しくは、点訳ソフトウェアのマニュアルを参照してください。

テキスト版 PDF には、画像やマルチメディアオブジェクトは含まれません。そのようなオブジェクトが元の PDF に含まれていた場合、アクセシブルなテキスト版 PDF には、代替テキストによる説明が含められます。

  1. ファイル書き出し形式テキスト(アクセシブル)を選択します。

PDF の折り返し

文書ウィンドウの幅に合わせて、テキストが 1 列に収まるように、PDF を一時的に折り返して表示することができます。この折り返し表示により、モバイルデバイスで文書を読みやすくすることも、テキストを読み上げるために水平方向にスクロールすることなく、標準のモニターで拡大することもできます。

折り返し表示をしている間は、文書の保存、編集、印刷はできません。

ほとんどの場合、折り返し表示には読み上げ可能なテキストだけが表示されます。フォーム、注釈、電子署名フィールド、およびページ装飾(ページ番号、ヘッダー、フッターなど)は、折り返し表示されないテキストです。読み上げ可能なテキストとフォームフィールドまたは電子署名フィールドが同じページに含まれる場合、そのページは折り返し表示されません。縦組みのテキストも折り返し表示では横書きになります。

Acrobat は、タグなしの文書に一時的にタグ付けしてから、折り返しを行います。PDF 文書の作成者は、文書をタグ付けすることで折り返し表示用に最適化できます。タグ付けされていれば、複数のブロックに分かれたテキストが正しく折り返され、内容が適切な順序で表示されるので、複数のページや段にまたがる文章に他の内容が割り込むことがなく、読者がスムーズに読み進むことができます。

文書の読み上げ順序をすばやくチェックするには、折り返し表示で表示します。

(Acrobat Pro)タグ付き PDF が希望どおりに折り返されない場合は、PDF ファイルのコンテンツの順序または読み上げ順序に不整合がないかどうかを確認します。タグ付けプロセスもチェックします。コンテンツパネルウィンドウまたは読み上げ順序ツールを使用すると、折り返しの問題を解決できます。

見出しおよび段組(左)と、それらが論理的に正しく処理された折り返し表示(右)
見出しおよび段組(左)と、それらが論理的に正しく処理された折り返し表示(右)

タグ付き PDF の折り返し

  1. 表示/ズーム/折り返しを選択します。

折り返し表示を選択する前の「ページ表示」設定が「見開きページ表示」である場合、文書を折り返すと、「ページ表示」設定は自動的に「単一ページ表示」になります。折り返し表示を選択する前の「ページ表示」設定が「見開きページでスクロール」である場合、文書を折り返すと、「ページ表示」設定は自動的に「スクロールを有効にする」になります。

折り返し表示の解除

  1. 折り返し表示で、表示/ズーム/折り返しを選択します。

スクリーンリーダーで PDF を読む

Acrobat は、視覚に障害のあるユーザーがコンピューターアプリケーションをインタラクティブに操作できるようにするスクリーンリーダーや拡大鏡などの支援ソフトウェアおよび支援デバイスをサポートします。支援ソフトウェアとデバイスを使用している場合、Acrobat では、PDF の読みやすさを高めるために、開いた PDF に一時的なタグが追加されます。お使いの支援ソフトウェアおよびデバイスの種類と Acrobat との連動性を高めるには、アクセシビリティ設定アシスタントを使用します。スクリーンリーダーを使用している場合は、ツール/アクセシビリティ/読み上げオプションを変更を選択すると、現在の文書の読み上げの設定を変更できます。

お使いの支援ソフトウェアまたはデバイスのドキュメントを参照してください。このソフトウェアまたはデバイスを Acrobat と共に使用する際のシステム要件、互換性要件および方法について詳しくは、各ソフトウェアまたはデバイスのマニュアルを参照するか、ベンダーにお問い合わせください。

スクリーンリーダーの使い方について詳しくは、www.adobe.com/accessibility/pdfs/accessing-pdf-sr.pdf を参照してください。

読み上げ機能で PDF を読む

読み上げ機能は、画像および入力可能フィールドの注釈および代替テキストの説明も含めて、PDF のテキストを音声で読み上げます。タグ付き PDF では、文書の論理構造ツリーの順序で内容が読み上げられます。タグ付けされていない文書で「読み上げ」の環境設定に特定の読み上げ順序が指定されていない場合は、読み上げ順序は推測されます。

読み上げ機能は、システムにインストールされている利用可能な音声を使用します。テキスト読み上げアプリケーションまたは言語アプリケーションから SAPI 4 または SAPI 5 の音声をインストールしている場合は、それらを使用して PDF を読み上げることもできます。

注意:

読み上げ機能はスクリーンリーダーではありません。また、一部のオペレーティングシステムではサポートされていません。

読み上げ機能の起動または終了

読み上げ機能は起動しなければ使用できません。読み上げ機能を終了すると、システムリソースが解放され、他の操作のパフォーマンスが向上します。

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • 表示読み上げ読み上げを起動を選択します。

    • 表示読み上げ読み上げを終了を選択します。

    注意:

    オブジェクトを選択ツールを使用してテキストを検索することもできます。読み上げを起動し、次にツール/インタラクティブオブジェクト/オブジェクトを選択を選択します。上下および左右の矢印キーを使用して文書内を移動します。見出しや段落など、オブジェクト選択ツールの場所を耳で聞くことができます。

読み上げ機能で PDF を読む

  1. 読み上げるページへ移動します。
  2. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • 表示読み上げこのページのみを読み上げるを選択します。

    • 表示読み上げ/文書の最後まで読み上げるを選択します。

PDF フォームフィールドを読み上げる

  1. 環境設定ダイアログボックスの読み上げパネルで、「読み上げオプション」セクションの「フォームフィールドを読み上げる」を選択します。
  2. PDF フォームで Tab キーを押して、最初のフォームフィールドを選択します。
  3. 必要に応じて入力と選択を行い、Tab キーを押して次のフィールドに移ります。フォームが完了するまで、この手順を繰り返します。Acrobat では、チェックボックスやラジオボタンの選択状態を読み上げます。

    注意:

    読み上げ機能はキーストロークは読み上げません。入力内容を耳で聞くには、スクリーンリーダーを使用します。

読み上げの中断

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • 表示読み上げ/一時停止を選択します。

    • 表示読み上げ/停止を選択します。

オペレーティングシステムのアクセシビリティツールについて

Windows のアクセシビリティツール

Windows XP、Vista、Windows 7 および Windows 8.x オペレーティングシステムは、コンピューター画面上の情報にアクセスしやすくしたり、または通常のアクセス手段に代わるアクセス手段を提供するための組み込みツールを備えています。ナレータは、スクリーンリーダーの簡易バージョンです。拡大鏡はスクリーンの拡大ツールです。

Windows XP、Vista、Windows 7 または Windows 8.x オペレーティングシステムのアクセシビリティツールについて詳しくは、Microsoft アクセシビリティ Web サイトを参照してください。

Mac OS のアクセシビリティツール

Mac OS X は、コンピューター画面上の情報にアクセスしやすくしたり、または通常のアクセスに代わる手段を提供する組み込みツールを備えています。

Mac OS X オペレーティングシステムのアクセシビリティツールについて詳しくは、Apple® Inc. アクセシビリティ Web サイトを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー