作成した Adobe® PDF 文書に、指定した以外の機能、フォントおよび書式設定が含まれていないことを確認するには、プリフライトツールを使用して文書の内容を検査します。問題が見つかった場合は、該当する内容を修正します。

プリフライト検査について

プリフライトツールは、PDF の内容を分析し、印刷工程や指定可能なその他の各種条件に対する妥当性を判定する機能です。プリフライトは、プリフライトプロファイルと呼ばれるユーザー定義値のセットを使用してファイルを検査します。プロファイルによっては、プリフライト検査で一部のエラーを修正することもできます。また、プリフライトは可視領域や特定のオブジェクトに対するチェックやフィックスアップを実行し、様々な標準規格に準拠する PDF を作成します。

プリフライトでは色、フォント、透明の使用、画像の解像度、インキ総量、PDF バージョンの互換性などの問題について確認できます。プリフライトに備わっているツールを使用して、PDF の構文や文書の実際の PDF 構造を調べることも可能です。

プリフライトツールを使用したり印刷用 PDF を作成する前に、以下の推奨事項に従ってください。

  • Acrobat Distiller、InDesign または Illustrator を使用して作成した PDF の場合は、印刷またはプリプレス用に最適化すること。Distiller または InDesign の定義済み PDF 設定か、印刷・出力会社が提供する設定を使用します。

  • 文書作成アプリケーション内で、すべてのフォントを埋め込みます。フォントを埋め込んでおくと、フォントの置き換えを回避できます。

プリフライトダイアログボックス

プリフライトダイアログボックスを使用すると、プリフライト検査のあらゆる側面を制御できます。印刷工程パネルがツールパネルウィンドウに表示されていない場合は、ツール印刷工程を選択します。次に、右側のウィンドウで「プリフライト」を選択します。

プリフライトダイアログボックス
プリフライトダイアログボックス

A. ライブラリ B. ビュー C. 表示設定の警告(デフォルトでオフ) D. プリフライトプロファイル、チェックまたはフィックスアップ E. グループ F. プロファイルの説明 G. すべてのライブラリを検索 

プリフライト検査の実行

プロファイルは既存のものを使用または変更することも、独自に作成することもできます。

  1. PDF を開き、右側のウィンドウで、ツール印刷工程プリフライトを選択します。

  2. ライブラリドロップダウンリストから任意のライブラリを選択します。

  3. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • 使用可能なプロファイルの一覧を表示するには、プロファイルを表示ボタン をクリックします。

    • 使用可能なチェックの一覧を表示するには、単独のチェックを表示ボタン をクリックします。

    • 使用可能なフィックスアップの一覧を表示するには、単独のフィックスアップを表示ボタン をクリックします。

  4. メニュー(デフォルトでは「すべてを表示」が選択されています)を使用して、すべて、お気に入り、前回使用したプロファイル、最も使用頻度が高いプロファイルまたは使用可能なカテゴリのいずれかを指定して表示できます。
  5. 説明を表示するには、一覧でプロファイル、チェックまたはフィックスアップを選択します。

    プロファイルは、表示と非表示を切り替えできるグループにまとめられています。グレーのレンチアイコンの付いたプロファイルには、ファイル内のエラーを修正できるフィックスアップが含まれています。

    注意:

    「検索」ボックスを使用してプロファイル、チェックまたはフィックスアップを検索することもできます。

  6. (オプション)プロファイルまたは単独のチェックを選択し、「その他のオプション」を展開して、必要に応じて次のいずれかの操作をおこないます。

    • 検査を表示レイヤーのみに制限するかどうかを指定します。このオプションを選択すると、フィックスアップが無効になります。

    • 検査対象のページ範囲を指定します。

  7. プロファイルを選択した場合、エラーを修正せずに検査を実行するには「解析」を、エラーを特定して修正するには「解析してフィックスアップ」をクリックします。単独のチェックを選択した場合、「解析」オプションのみ使用できます。単独のフィックスアップを選択した場合、「フィックスアップ」を選択してフィックスアップを開始します。

    注意:

    一覧内のプロファイルをダブルクリックしてプリフライト検査を実行することもできます。ファイルをダブルクリックした場合、フィックスアップを含むプロファイルはフィックスアップを適用します。

プリフライトの環境設定

結果の報告方法を管理し、PDF/X、PDF/A、または PDF/E ファイル作成時の出力インテントを指定するには、プリフライト環境設定ダイアログボックスを使用します。PDF に、ICC プロファイルを含む出力インテントが埋め込まれている場合もあります。

プリフライト環境設定ダイアログボックスを開くには、プリフライトダイアログボックスで、オプション環境設定を選択します。

「一般」タブ

「一般」タブには、ダイアログボックスのエレメントおよびプリフライトの結果を表示する方法を指定するオプションがあります。

チェック結果表示の最大数

「結果」の一覧に表示する問題の数を指定します。「結果」の一覧の「その他の該当箇所」セクションに追加の結果を入れ子にするには、「ページごと ("その他の該当箇所" の下)」オプションを使用します。1 つの文書に対する結果の最大数は 25,000 件です。

結果表示の詳細レベル

プリフライトの「結果」の一覧に表示される詳細レベルを指定します。詳細なし、重要な詳細のみ、すべての詳細のいずれかを指定できます。

ディスプレイが高品質に設定されていない場合に「表示設定の警告」を表示

ディスプレイが高品質に設定されていない場合に、プリフライトダイアログボックスの上部に警告アイコンを表示します。警告アイコンをクリックすると、警告の一覧を確認できます。選択した PDF 文書の表示の信頼性を最大に高めるために、設定を自動的に調整するには「調整」をクリックします。

出力インテントのオプション

プリフライト環境設定ダイアログボックスの「出力インテント」タブでは、次のオプションを設定できます。出力インテントの使用について詳しくは、出力インテントを参照してください。

名前

出力インテントの名前。

出力インテントプロファイル(ICC プロファイル)

ICC プロファイルは、文書を準備する際に想定した印刷条件であり、PDF/X、PDF/A または PDF/E に準拠するために必要です。「参照」をクリックして、デフォルトの Profiles フォルダーから 1 つを選択します。

出力条件 ID

登録されている標準印刷条件の ICC レジストリで指定されている参照名。出力条件の一覧(「出力条件」ボックスに説明が表示されます)から選択するか、「Custom」を選択して独自の ID を作成します。

レジストリ

出力インテントプロファイル名に関する詳細情報を参照できる URL。ICC に登録されている標準印刷条件については、http://www.color.org/ が入力されている必要があります。

出力条件

想定する印刷ジョブの印刷条件の記述。印刷の種類(商業用オフセット印刷など)、紙種、スクリーン線数などが含まれます。編集する出力条件または最初から作成する出力条件については、この記述を変更できます。

PDF/X-4p の ICC プロファイル URL

PDF/X-4p ファイル形式の出力インテント情報を提供する URL

ロック

このオプションは、出力インテントが誤って変更されないように保護します。テキストフィールドがすべてグレーで表示されます。

「ハイライト」タブ

「ハイライト」タブには、PDF ページ上の問題のオブジェクトを識別するためのオプションがあります。ハイライトの環境設定は、マスクレポートのマスクの表示を制御します。プリフライト結果ウィンドウでハイライトをダブルクリックしたときの、画面上のライン表示も制御します。エラー、警告、情報のそれぞれについて、ハイライトのプロパティを設定できます。

問題点を透明マスクでハイライト

問題点をハイライト表示します。このオプションを選択解除すると、問題がないコンテンツがハイライト表示され、問題があるコンテンツはハイライト表示されません。

カラー、不透明度

「カラー」をクリックし、色のスペクトルから色を選択します。色の不透明度を指定します。

境界ボックスの境界線を描画

プリフライト結果ウィンドウの結果をダブルクリックすると、画面上に表示されているマスクレポート内に同じ線を描画します。このオプションは、ページ全体を画像が占める場合にマスクレポート内のオブジェクトを確認するのに便利です。この場合、マスクは表示されず、オブジェクトの周りの線が表示されます。

カラー、線のスタイル、実効線幅

「カラー」をクリックし、色のスペクトルから色を選択します。「線のスタイル」をクリックして、線のパターン(実線、点線、破線)を選択します。線の幅(太さ)を指定します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー