3D の動的な性質により、セキュリティの脆弱性の影響を受ける可能性があります。このため、PDF 内の 3D コンテンツの自動再生はデフォルトで無効になっています。

PDF 内の 3D コンテンツの再生の有効化

3D コンテンツを含む PDF を開くと、最上部に黄色のバーが表示され、「3D コンテンツは無効になっています。この文書を信頼できる場合は、この機能を有効にしてください。」というメッセージが示されます。

3D コンテンツの自動再生はデフォルトで無効になっています
3D コンテンツの自動再生はデフォルトで無効になっています

現在の文書内の 3D コンテンツを有効にするには:

オプション」ボタンをクリックし、適切なオプションを選択します。

  • 今回のみこの文書を信頼する
  • 常にこの文書を信頼する

3D コンテンツを永続的に有効にするには:

  • 編集/環境設定/3D とマルチメディアを選択し、「3D コンテンツの有効化」チェックボックスをオンにします。

信頼済みコンテンツの 3D コンテンツの有効化

3D コンテンツは信頼フレームワークに統合されたので、3D が無効になっている場合でも、信頼済みコンテンツの 3D コンテンツを表示できるようになりました。この機能は次のように動作します。

  • 3D コンテンツを無効にします。
  • 編集/環境設定/セキュリティ (拡張)/セキュリティ特権の場所パネルを選択して、ファイル、フォルダーおよびホストをセキュリティ特権の場所として信頼します。
  • 3D コンテンツを含む PDF を開いたときに:
    • ファイルや場所がセキュリティ特権の場所にある場合は、3D コンテンツがレンダリングされます。

信頼済みでない場合は、黄色いメッセージバーが表示され、「3D コンテンツは無効になっています。この文書を信頼できる場合は、この機能を有効にしてください。」というメッセージが示されます。「オプション」ボタンで、現在の文書に対して「今回のみこの文書を信頼する」および「常にこの文書を信頼する」というオプションを指定できます。

エンタープライズ IT 固有の構成

エンタープライズ IT は、HKCU\Software\Adobe\Acrobat Reader\<version>\3D\bEnable3DContent でエンドユーザー設定を構成できます。また、HKLM\SOFTWARE\Policies\Adobe\(product name)\(version)\FeatureLockDown\bEnable3D で、ユーザーが設定を変更できないように、3D レンダリングを無効にしてロックすることもできます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー