PDF フォームデータの収集と管理


現在表示されているページ/
フォーム データの収集と管理

この文書では、PDF フォームデータを収集および管理する方法について説明します(PDF フォームに関する詳細情報を確認するには、上記の該当するリンクをクリックしてください)。

フォームを配布する場合、ユーザーから送信されたデータを収集するための PDF ポートフォリオが自動的に作成されます。デフォルトでは、このファイルは元のフォームと同じフォルダーに保存され、filename_responses という名前が付けられます。

ユーザーデータの収集

  1. ユーザーからフォームが送信されたら、返信されたフォームを開きます。
  2. 入力済みフォームを集計ファイルに追加ダイアログボックスで、次のいずれかを選択します。

    既存の集計ファイルに追加

    フォームを配布ウィザードを使用してフォームを送信したときに作成した集計ファイルにデータを収集します(必要に応じて「参照」をクリックして集計ファイルを指定します)。

    集計ファイルを新規作成

    指定した名前と場所を使用して、集計ファイルを新規作成します。

  3. OK」をクリックすると、集計ファイルが開きます。返信された各フォームが集計ファイルに追加され、PDF ポートフォリオのコンポーネントファイルとして表示されます。

既存の集計ファイルへのユーザーデータの追加

  1. 集計ファイルを Acrobat で開きます。

  2. 第 2 ツールバーで、「追加」をクリックします。

    集計ファイルにユーザーデータを追加

  3. 返信されたフォームを追加ダイアログボックスで、「ファイルを追加」をクリックし、返信されたフォームを参照して選択し、「開く」をクリックします。

  4. 前の手順を繰り返して、他のフォルダーにある返信されたフォームを追加します。完了したら、「OK」をクリックします。

終了すると、追加した各 PDF フォームが PDF ポートフォリオのコンポーネントファイルとして表示されます。

集計ファイルからのユーザーデータの書き出し

このプロセスを使用して、PDF ポートフォリオ集計ファイル内のすべてのエントリを、スプレッドシートまたは XML ファイルに保存します。

  1. Acrobat で集計ファイルを開き、書き出すデータを選択します。

  2. 第 2 ツールバーで、「書き出し」をクリックし、「選択内容を書き出し」を選択します。

    データを書き出し

  3. ファイルを保存するフォルダーを選択ダイアログボックスで、フォームデータの名前、保存場所およびファイル形式(CSV または XML)を指定し、「保存」をクリックします。

フォームデータファイルの管理

PDF フォーム上の回答は、完全な PDF よりも小さいサイズですべてのデータを保持する他のファイル形式との間で相互に変換することができます。

フォームデータの取り込み

ワークフローのシナリオによっては、個々のユーザーが、入力済みのフォームを、完全な PDF ファイルではなく、データのみのファイルとして送信する場合があります。このようなファイルは PDF ではなく、FDF や XML などの別のファイル形式を使用します。個々の受信者から送信されたデータを PDF として表示するには、元のファイルを開いて、情報をデータファイルに取り込みます。

  1. Acrobat で、データの取り込み先の PDF フォームを開きます。

  2. ツールフォームを準備を選択します。右側のパネルで、その他フォームをクリアを選択します。

    注意:

    別のファイルのデータを PDF フォームに取り込むと、以前に個々のフォームフィールドに表示されていた情報は、取り込まれたデータに置き換えられます。ただし、取り込むデータファイルに空白のフォームフィールドがある場合、このデータファイルを取り込んでも元のデータはクリアされません。

  3. その他データを取り込みを選択します。

  4. フォームデータを含むファイルの選択ダイアログボックスで、取り込むデータファイルに対応する形式を「ファイルの種類」で選択します。次に、データファイルを参照して選択し、「開く」をクリックします。

    注意:

    一部の形式は、Acrobat や Designer ES2 など、フォームの作成に使用したアプリケーションに応じて、特定の種類の PDF フォームについてのみ使用できます。テキストファイル(.txt)から取り込むデータは、行をタブで区切って列を形成するように整形されている必要があります。

ファイルデータの書き出し

入力済み PDF フォーム内の情報を、別のファイル形式のデータファイルとして保存できます。後でこのデータを再利用して、もう一度フォームに入力したり、同じフィールドとフィールド名を持つ別のフォームに入力したりすることができます。

  1. Acrobat で、入力済みフォームファイルを開きます。

  2. 右側のパネルで、その他データを書き出しを選択します。

  3. フォームデータを指定形式で書き出しダイアログボックスで、フォームデータを保存する形式(FDF、XFDF、XML または TXT)を選択します。次に、保存先とファイル名を選択して、「保存」をクリックします。

    注意:

    一部のファイル形式は、フォームの作成方法に応じて、特定の種類の PDF フォームについてのみ使用できます。

書き出したデータファイルのスプレッドシートへの結合

まだデータセットにないフォームからデータを収集する場合は、次のプロセスを使用します。

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • 編集メニューで、フォームオプションスプレッドシートにデータを結合を選択します。
    • ツールフォームを準備を選択します。右側のパネルで、その他スプレッドシートにデータを結合を選択します。
  2. 複数のフォームからデータを書き出すダイアログボックスで、「ファイルを追加」をクリックします。

  3. フォームデータを含むファイルの選択ダイアログボックスの「ファイルの種類」オプションでファイル形式のオプション(「Acrobat フォームデータファイル」または「すべてのファイル」)を選択します。次に、スプレッドシートに結合するフォームファイルを参照して選択し、「開く」をクリックします。

  4. 必要に応じて、前の手順を繰り返して、他の場所にあるフォームデータファイルを追加します。
  5. 書き出し」をクリックします。次に、スプレッドシートの保存先のフォルダーとファイル名を選択し、「保存」をクリックします。

  6. 書き出しの進行状況ダイアログボックスで、「ファイルを今すぐ表示」をクリックしてスプレッドシートファイルを開くか、「ダイアログボックスを閉じる」をクリックして Acrobat に戻ります。

注意:

返信されたフォームが集計ファイル内にある場合、情報をスプレッドシートに最も効率的に書き出すには、PDF ポートフォリオ集計ファイルの左のナビゲーションパネルにある「データを書き出し」ボタンを使用します。

フォームトラッカーについて

トラッカーを使用して配布または受信したフォームを管理します。トラッカーを使用すると、集計ファイルの場所の表示と編集、返答した受信者の追跡、他の受信者の追加、すべての受信者への電子メール送信およびフォームの返答の表示を行うことができます。

  1. Acrobat で、編集フォームオプショントラッカーまたは表示トラッカーを選択します。

  2. 左のナビゲーションパネルで、「フォーム」を展開します。

  3. フォームを選択し、次のいずれかの操作を行います。

    • フォームのすべての返答を表示するには、「集計を表示」をクリックします。

    • 集計ファイルの場所を変更するには、「集計ファイルの場所」で「ファイルの場所を変更」をクリックします。

    • 元のフォームを表示するには、「元のフォームを開く」をクリックします。

    • フォームの受信者を追加するには、「受信者を追加」をクリックします。

アドビのロゴ

アカウントにログイン