作業用スペースについて

作業用スペースは、アドビアプリケーションにおける色の定義と編集に使用される中間のカラースペースです。各カラーモデルにはそれぞれ作業用スペースプロファイルが関連付けられます。環境設定ダイアログボックスの「カラーマネジメント」カテゴリの設定メニューで、作業用スペースのプロファイルを選択できます。

作業用スペースプロファイルと一致しないカラープロファイルがオブジェクトに埋め込まれている場合は、アプリケーションによってカラーマネジメントポリシーが使用され、カラーデータの処理方法が決まります。ほとんどの場合、初期設定のポリシーを使用して、埋め込まれたプロファイルが保持されるようにします。

作業用スペースのオプション

環境設定ダイアログボックスの「カラーマネジメント」カテゴリを選択します。

注意:

プロファイルの説明を表示するには、プロファイルを選択します。ダイアログボックスの下部に該当する説明が表示されます。

RGB

アプリケーションの RGB カラースペースを決定します。一般に、特定のデバイスのプロファイル(モニタープロファイルなど)ではなく、Adobe RGB または sRGB を選択することをお勧めします。

Web 用またはモバイルデバイス用の画像を作成するときは sRGB をお勧めします。このプロファイルは Web 上での画像の表示に使用される標準的なモニターのカラースペースを定義しているからです。一般コンシューマー向けデジタルカメラからの画像で作業するときも sRGB をお勧めします。これらのカメラのほとんどが初期設定のカラースペースとして sRGB を使用するからです。

印刷用のドキュメントを作成するときは Adobe RGB をお勧めします。Adobe RGB の色域には、印刷に適しているにもかかわらず sRGB の色域で定義できない一部の色(特にシアンおよび青)が含まれているからです。プロフェッショナル向けのデジタルカメラからの画像で作業するときも Adobe RGB をお勧めします。これらのカメラのほとんどが初期設定のカラースペースとして Adobe RGB を使用するためです。

CMYK

アプリケーションの CMYK カラースペースを決定します。すべての CMYK 作業用スペースはデバイスに依存します。つまり、この作業用スペースは実際のインクと用紙の組み合わせに基づきます。Adobe が提供する CMYK 作業用スペースは標準の商業印刷条件に基づいています。

グレースケール

アプリケーションのグレースケールカラースペースを決定します。

注意:

表示および印刷用に、埋め込まれた出力カラースペース内のカラースペースを使用できます。出力インテントについて詳しくは、カラー変換とインキの管理(Acrobat Pro DC)を参照してください。

アドビアプリケーションには、標準的な作業用スペースプロファイルのセットが付属しています。これらはアドビ システムズ社が推奨するテスト済みの作業用スペースプロファイルで、ほとんどのカラーマネジメントワークフローに使用できます。初期設定では、作業用スペースのメニューにはこれらのプロファイルだけが表示されます。

カラープロファイルの埋め込みなしと不一致について

特に指定がない場合は、その文書に対して色の作成や編集を行うためのカラーモードに対応した作業用スペースプロファイルが使用されます。既存のドキュメントの場合は、指定した作業用スペースプロファイルが使用されていなかったり、カラーマネジメントが行われていなかったりする可能性もあります。カラーマネジメントワークフローでは、次のような例外的な状況が発生する場合があります。

  • プロファイルのタグがないドキュメントを開いたり、コピー&ペーストやドラッグ&ドロップによってそのドキュメントからカラーデータを読み込んだりすることがあります。カラーマネジメントをサポートしていないか、カラーマネジメント機能をオフにしたアプリケーションで作成されたドキュメントを開く場合がこれに該当します。

  • 現在の作業用スペースとは異なるプロファイルのタグが付けられたドキュメントを開いたり、そのドキュメントからカラーデータを読み込んだりすることがあります。異なるカラーマネジメント設定を使用して作成されたドキュメントまたはスキャン後にスキャナーのプロファイルのタグが付けられたドキュメントを開く場合がこれに該当します。

どちらの場合も、アプリケーションはカラーマネジメントポリシーを使用して、ドキュメント内のカラーデータの処理方法を決定します。

カラー変換のオプション

カラー変換のオプションを使用すると、カラースペース間のカラー変換時にアプリケーションによってドキュメント内の色がどのように処理されるかを制御することができます。カラーマネジメントに精通しており、加える変更について確信がある場合にのみ、これらのオプションの変更をお勧めします。変換オプションを表示するには、環境設定ダイアログボックスの「カラーマネジメント」カテゴリを選択します。

変換方式

カラースペース間で色域をマッピングするために使用するカラーマネジメントモジュール(CMM)を指定します。初期設定の Adobe(ACE)エンジンは、ほとんどのユーザーに適しており、必要なすべてのカラー変換を実行できます。

注意:

変換方式またはインテントオプションの説明を表示するには、このオプションを選択します。ダイアログボックスの下部に該当する説明が表示されます。

黒点の補正を使用

出力デバイスのダイナミックレンジの全範囲をシミュレートすることによって、画像内の暗い部分の詳細が失われないようにします。印刷時に黒点の補正を使用する予定の場合は、このオプションを選択します(ほとんどの状況で推奨)。

レンダリングインテントについて

レンダリングインテントは、カラーマネジメントシステムで、カラースペース間のカラー変換をどのように処理するかを設定します。 レンダリングインテントによって、変換元の色の調整方法を決定するルールが異なります。例えば、色が変換先の色域内に収まるときは色が変換されません。また、狭い色域に変換するときは、元の視覚的なカラー関係を維持するために色が調整されます。 レンダリングインテントを選択した結果は、ドキュメントのグラフィックの内容やカラースペースの指定に使用しているプロファイルによって異なります。プロファイルによっては、レンダリングインテントに関係なく同じ結果が得られます。

注意:

一般に、カラー設定で選択する項目として、アドビ システムズ社が提供するテスト済みの初期設定のレンダリングインテント(業界標準に準拠)を使用することをお勧めします。例えば、北アメリカまたはヨーロッパ地域におけるカラー設定を選択する場合、初期設定のレンダリングインテントは「相対的な色域を維持」です。日本におけるカラー設定を選択する場合、初期設定のレンダリングインテントは「知覚的」です。

カラーマネジメントシステム、色のソフトプルーフ、および印刷物のプリンター出力において、カラー変換のオプションを設定するときは、次のいずれかのレンダリングインテントを選択することができます。

知覚的

カラー値が変更された場合でも、人の目に色が自然に映るように、色間の視覚的な関係を保護します。このレンダリングインテントは、色域外の色が多く含まれる写真画像に最適です。これは日本の印刷業界における標準のレンダリングインテントです。

彩度

色の正確さよりも、画像の鮮明な色を再現することを重視します。このレンダリングインテントは、色間の正確な関係よりも、明るい色使いが求められるグラフや図表など、仕事で使用するグラフィックに最適です。

相対的な色域を維持

変換元のカラースペースの最大ハイライトと、変換先のカラースペースの最大ハイライトを比較し、その差だけシフトしてすべての色を変換します。色域から外れるカラーは、出力先のカラースペースで再現できる最も近い色に調整されます。「相対的な色域を維持」を使用すると、画像のオリジナルの色を、「知覚的」を使用した場合よりも多く保持できます。これは北アメリカおよびヨーロッパ地域の印刷業界における標準のレンダリングインテントです。

絶対的な色域を維持

出力先の色域に収まるカラーは変更されませんが、色域から外れるカラーはクリップされます。変換先の白点への色のスケーリングは行われません。このレンダリングインテントでは、色間の関係の保護よりも、色の正確さが重視され、特定のデバイスの出力を擬似的に表すプルーフィングに最適です。このレンダリングインテントは、用紙の色が印刷される色にどのような影響を及ぼすかをプレビューする場合に特に効果的です。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー