PDF でのマルチメディアの再生

手のひらツールまたは選択ツールを使用して、ビデオまたはサウンドファイルの再生領域をクリックします。ポインターを再生領域に移動すると、再生モードアイコン に切り替わります。

サポートされるビデオ、オーディオおよびインタラクティブコンテンツの形式

Adobe Acrobat DC、Adobe Acrobat Reader DC またはそれ以前のバージョンを使用して作成された PDF で以下の形式のマルチメディアを再生できます。

インタラクティブマルチメディア

SWF ファイルを含みます。

ビデオ

H.264 圧縮を使用する MOV、M4V、3GP、および 3G2 ビデオファイルを含みます。また、FLV、F4V、MP3、および MP4 ファイルも含みます。H.264 圧縮を使用するファイルを再生するために、H.264 コーデックがコンピューターにインストールされている必要があります。

オーディオ

MP3 や MP4 などのオーディオファイルを含みます。

このような形式のファイルを、ページ上で再生することや、リンク、しおり、フォームフィールドまたはページアクションから呼び出すことができます。各マルチメディアファイルには、メディアを起動できる再生領域があります。通常、再生領域は画像または矩形で PDF ページに表示されますが、非表示にすることもできます。

また、Acrobat および Reader では、古いバージョンの Acrobat を使用して作成された従来形式のマルチメディアファイルを再生することもできます。これらのファイルには、QuickTime、MPEG、ASF、RAM、および Windows® メディアファイルが含まれます。ただし、Acrobat および Reader X では、従来形式のマルチメディアファイルの作成方法は提供されません。

注意:

コンピューターをウイルスから保護するために、Acrobat では、提供元の安全性が確認されていないマルチメディアファイルを再生するかどうかユーザーに確認を求めるメッセージが表示されます。このデフォルトの動作はマルチメディアの信頼性の環境設定で変更できます。

  1. 手のひらツールまたは選択ツールを使用して、ビデオまたはサウンドファイルの再生領域をクリックします。ポインターを再生領域に移動すると、再生モードアイコン に切り替わります。

マルチメディアの環境設定(従来形式)

PDF ファイルのうち次の 2 種類については、マルチメディアの環境設定を行う必要があります。

  • Acrobat 8 以前のバージョンで作成された PDF ファイル.

  • 組み込みのメディアプレーヤーではなく、プラグインまたは外部プレーヤーでの再生が必要なマルチメディアコンテンツを含む PDF ファイル。

これらのファイルに対しては、マルチメディアを再生するための追加メディアプレーヤーを指定する必要があります。

指定するには、環境設定ダイアログボックスを開いて、左側から「マルチメディア(従来形式)」を選択します。

プレーヤーのオプション

従来形式のメディアコンテンツを実行するプレーヤー(QuickTime、Flash、Windows Media Player または Windows 組み込みプレーヤー)を選択します。

アクセシビリティのオプション

メディアの再生時にサブタイトルや副音声などの特殊機能(使用可能な場合)を表示するかどうかを指定します。複数の言語が使用できる場合に優先するメディアの言語を指定します。

マルチメディアの信頼性の環境設定(従来形式)

Acrobat および Reader では、組み込みのメディアプレーヤーを使用して、オーディアやビデオなどほとんどのマルチメディアファイルを再生できます(サポートされるファイル形式については、マルチメディアの再生を参照してください)。外部プレーヤーやプラグインなど追加のリソースが必要なマルチメディアコンテンツは、「従来形式」のマルチメディアコンテンツと考えられます。マルチメディアの信頼性(従来形式)の環境設定で、外部プレーヤーやプラグインの使用を制御できます。

マルチメディアの信頼性(従来方式)

(Acrobat および Reader 10.1.1 以前)マルチメディアの信頼性の環境設定では、信頼済み PDF 文書または信頼済みでない PDF 文書に埋め込まれているマルチメディアファイルを再生するかどうかを指定できます。信頼済み文書とは、ユーザー自身または信頼できる作成者によって承認された文書のことです。信頼済み文書に限りマルチメディアを再生できるように権限を設定すると、プログラム、マクロ、ウィルスによってコンピューターに損害が生じる可能性を回避できます。

信頼済み文書と作成者の一覧は内部的に格納されているため表示できません。 証明済み文書をこの一覧に追加すると、証明済み文書と作成者の証明書が両方とも信頼済み文書の一覧に追加されます。これにより、その作成者の証明が付与された文書はすべて信頼されることになります。また、信頼済み証明書の一覧にある作成者が作成した PDF も信頼済み文書として扱われます。

環境設定ダイアログボックスで、「分類」から「マルチメディアの信頼性 (従来形式)」を選択します。

(Acrobat および Reader 10.1.1 以前)対象の文書

信頼済み文書に関する権限を設定するか、その他の(信頼済みでない)文書に関する権限を設定するかを選択します。

マルチメディア操作を許可

このオプションを選択すると、メディアクリップを再生できます。選択した場合、特定のプレーヤーの権限設定を変更できます。また、再生時のメディアの外観を指定するオプションが有効になります。

選択したマルチメディアプレーヤーを実行する権限

一覧からプレーヤーを選択し、メニューから次のいずれかのオプションを選択します。

常に許可

ユーザーの確認なしでプレーヤーの使用を許可します。

許可しない

プレーヤーの使用を許可しません。

確認する

プレーヤーを使用するかどうかをユーザーに確認します。このオプションを選択してプレーヤーで特定文書のメディアの再生を許可した場合、その文書は信頼済み文書になります。

再生許可オプション

再生に関する 3 つのオプションで、ビデオの表示方法を指定します。

タイトルバーのないフローティングウィンドウでの再生を許可

タイトルバーのないビデオを実行する場合は、このオプションを選択します。タイトルや閉じるボタンは表示されません。

フローティングウィンドウにタイトルテキストの設定を許可

フローティングウィンドウでビデオを再生するときにタイトルバーを表示するには、このオプションを選択します。タイトルバーのテキストを編集するには、オブジェクトを選択ツール(ツール/インタラクティブオブジェクト/オブジェクトを選択)でビデオをダブルクリックします。「レンディションを編集」を選択し、「再生場所」タブで、「再生場所」を「フローティングウィンドウに変更してから、「タイトルバーを表示」を選択します。「タイトルテキスト」フィールドにタイトルバーのテキストを追加します。

フルスクリーンでの再生を許可

このオプションでは、ビデオの再生時に自動的にフルスクリーンモードで再生します。フルスクリーン表示は、エンドユーザーのセキュリティ設定と矛盾する場合があります。

(Acrobat および Reader 10.1.1 以前)信頼済み文書の一覧をクリア

信頼済み文書と作成者の現在の一覧を削除します。このオプションを使用すると、以前信頼済みだった文書や以前信頼済みだった作成者が作成した文書に含まれるメディアが再生されなくなります。このオプションは、マルチメディアを含む PDF が開いている場合にのみ有効です。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー