Acrobat DC では、プロフェッショナル向けの 3D CAD プログラムまたは 3D モデリングプログラムで作成され、PDF に埋め込まれた高品質の 3D コンテンツを表示したり、インタラクティブに操作したりできます。例えば、3D モデルの個々のパーツの表示 / 非表示を切り替えたり、外側のオブジェクトを取り除いて内部を表示したり、手に持っているかのようにパーツを回転したりできます。

3D コンテンツの初期表示としては、2 次元のプレビュー画像が表示されます。手のひらツールや選択ツールで 3D モデルをクリックすると、モデルが有効(アクティブ)になり、3D ツールバーが開き、アニメーションが再生されます。

選択した 3D オブジェクト
選択した 3D オブジェクト

A. モデルツリー B. 3D ツールバー C. 3D オブジェクト 

PDF 内の 3D コンテンツの再生の有効化

3D コンテンツを含む PDF を開くと、最上部に黄色のバーが表示され、「3D コンテンツは無効になっています。この文書を信頼できる場合は、この機能を有効にしてください。」というメッセージが示されます。

3D コンテンツの自動再生はデフォルトで無効になっています
3D コンテンツの自動再生はデフォルトで無効になっています

現在の文書内の 3D コンテンツを有効にするには:

オプション」ボタンをクリックし、適切なオプションを選択します。

  • 今回のみこの文書を信頼する
  • 常にこの文書を信頼する

3D コンテンツを永続的に有効にするには:

  • 編集/環境設定/3D とマルチメディアを選択し、「3D コンテンツの有効化」チェックボックスをオンにします。

詳しくは、PDF 内の 3D コンテンツの有効化を参照してください。

3D ツールバーについて

手のひらツールで 3D モデルをクリックすると、3D ツールバーが表示されます。この操作により、クリックした 3D モデルがアクティブになり、アクティブ時に再生するよう設定されているアニメーションが表示されます。3D ツールバーは常に 3D モデルの左上隅の領域に表示され、移動できません。回転ツールの右側に表示されている小さい矢印をクリックすると、ツールバーの表示と非表示を切り替えることができます。

3D ツールバーを使用すると、オブジェクトのズームイン、ズームアウト、回転、パンを行うことができます。パーツの非表示、単独表示または透明化を行うには、モデルツリーを使用します。

多様な 3D ナビゲーションツールを選択してドラッグすることで、3D モデルを操作できます。3D ツールを操作するときは、カメラを通して 3D の物体を見ている状態を想像するとわかりやすくなります。回転、パン(上下左右に平行移動)、ズームインおよびズームアウトができます。

3D ナビゲーションツール

回転 

画面に対する 3D オブジェクトの向きを回転します。オブジェクトがどのように動くかは、開始時点のビュー、ドラッグを開始した位置、およびドラッグする向きによって異なります。

注意:

オブジェクトの回転は手のひらツールを使用して行うこともできます。ただし、環境設定ダイアログボックスの 3D とマルチメディアパネルで「手のひらツールでの選択を可能にする」を選択しておく必要があります。

スピン 

3D モデルの 2 本の固定軸(X 軸および Z 軸)に平行に 3D モデルを回転します。

パン 

垂直方向または水平方向にモデルを移動します。また、手のひらツールを使用して、Ctrl キーを押しながらドラッグしても、パンすることができます。

ズーム 

垂直方向にドラッグすると、視点がシーン内のオブジェクトに近づいたり、オブジェクトから遠ざかったりします。Shift キーを押しながらドラッグすることで、手のひらツールを使用してズームすることもできます。

ウォーク

水平にドラッグすると、そのシーンを中心に水平に旋回します。垂直にドラッグしたときは、シーン内を前方または後方に移動します。ドラッグ方法にかかわらず、一定の高度レベルを維持します。ウォークツールは特に、建築の 3D モデルに有効です。ウォーク速度を変更するには、環境設定(3D とマルチメディア)でデフォルトの表示単位を変更します。

注意:

ウォークツールは、ビューの効果を有効にする環境設定を選択しているときや、3D モデルを右クリックし、ツール/ウォークを選択したときに使用できます。

フライ

サーフェスの向きを維持しながらモデル内のナビゲーションを行います。3D ウィンドウ内を右クリックしてドラッグします。フライツールでは、オブジェクトに向かって近づくにつれて移動速度がゆっくりになります。カメラの向きを回転するには、ポインターを右または左にドラッグします。

カメラビューを傾けるには、3D ウィンドウ内で左マウスボタンをクリックし、ドラッグして回転します。カメラの向きを元に戻すには、マウスを当初クリックした位置に戻します。

マウスのスクロールホイールを使用すると、カメラビューの向きにすばやく前進および後退できます。この機能は、モデル内で現在の位置がわからなくなった場合や、サーフェスに飛び込んでしまった場合に便利です。

カメラのプロパティ

3D モデルを見るレンズの角度や位置揃えなど、カメラのプロパティを定義します。カメラのプロパティは、ビューのコンポーネントですが、別個に設定されます。

3D ものさしツール 

3D モデルのパーツサイズと距離を測定します。

3D ツールバーのビューコントロール

デフォルト 表示 

その 3D モデルに設定されたプリセットのズーム、パン、回転および投影モードに戻ります。異なるビューをデフォルトに設定するには、モデルツリーのビューパネルにあるオプションメニューを使用します。または、3D ツールバーのビューメニューの「ビューの管理」コマンドを使用して別のビューをデフォルトとして設定します。

注意:

カメラの向きがオブジェクトから外れると、オブジェクトは見えなくなります。その場合、3D ツールバーのデフォルトビューアイコンをクリックすると、オブジェクトが元どおりに表示されます。

ビューメニュー

現在の 3D モデルに定義されているビューを表示します。

モデルツリーの切り替え 

モデルツリーの表示と非表示を切り替えます。

アニメーションを再生 / 一時停止

JavaScript 対応のアニメーションを再生したり一時停止したりします。アニメーションを再生 / 一時停止ポップアップメニューで開かれるスライダーを前後にドラッグすると、アニメーションシーケンスの時間を移動できます。

平行投影 / 透視投影を使用 

3D モデルの投影方法を透視投影と平行投影の間で切り替えます。

モデルのレンダリングモードメニュー 

3D 図形の表示方法を決定します。イラスト付きのガイドについては、モデルの描画モードの例を参照してください。

エクストラライティングの使用メニュー 

3D オブジェクトをより効果的に照らし出すための各種ライティングエフェクトがあります。様々な設定を試して、必要な視覚効果を指定してください。

背景色 

表示されるカラーピッカーで、3D オブジェクトの周囲にある空間に異なる色を選択できます。

クロスセクションの切り替え 

オブジェクトのクロスセクションの表示/非表示を切り替えます。 ポップアップメニューをクリックすると、クロスセクションのプロパティダイアログボックスが開きます。詳しくは、クロスセクションの作成を参照してください。

3D 注釈を追加

3D モデルの任意のパーツにノート注釈を追加できます。ノートは、ビューとともに保持されます。PDF での 3D デザインへの注釈を参照してください。

3D の環境設定

環境設定ダイアログボックスの 3D とマルチメディアパネルでは、3D ツールバーおよびモデルツリーをデフォルトで表示するかどうかを指定できます。また、優先的に使用するレンダラを指定して、カメラアニメーションを有効にするかどうかも指定できます。

3D コンテンツの再生の有効化

3D の動的な性質により、セキュリティの脆弱性の影響を受ける可能性があります。このため、3D コンテンツの自動再生はデフォルトで無効になっています。PDF 内の 3D コンテンツを有効にするには、このオプションを選択します。

優先的に使用するレンダラ

レンダリングエンジンはパフォーマンスと品質の両方に影響するので、適切なレンダラを選択することが重要です。お使いのシステムに合わせて、レンダラエンジンを変更できます。「DirectX®」または「OpenGL」オプションを選択すると、すべてのレンダリングは、ビデオアダプターのグラフィックチップを使用して行われます。「ソフトウェア」を選択すると、レンダリングに要する時間は長くなりますが、ほとんどの場合モデルレンダリングのパフォーマンスは作成元のアプリケーションでのレンダリングに近い状態になります。

従来のビデオカードでハードウェアレンダリングを有効にする

ピクセルシェーダーをサポートしないビデオアダプターを使用する場合でも、ハードウェアアクセラレーターの使用を強制します。

両面レンダリングを有効にする

モデルパーツには、面が 2 つのあるものもあります。時間と容量を節約するには、このオプションの選択を解除して、ユーザーの方を向いている面だけをレンダリングします。片面だけレンダリングされたパーツの内側を表示する場合、背面は表示されません。

優先的に使用する 3D PMI レンダリングモデル

レンダリングに使用する PMI モードを指定します。次のいずれかのオプションを選択できます。

コンテンツの設定を使用 — PMI のレンダリング時、Z バッファーを使用するかどうかを各 PMI の設定を使用して決定します。

常にモデルの前で 3D PMI をレンダリング — PMI のレンダリング時、ファイルの設定とは無関係に Z バッファーが無視されます。

常に Z バッファーを使用して 3D PMI をレンダリング — PMI のレンダリング時、ファイルの設定とは無関係に Z バッファーが常にオンになります。

3D のアクティべーション時にモデルツリーを開く

3D モデルのアクティベート時に、モデルツリーを表示するかどうかを指定します。「3D コンテンツの設定を使用」を選択すると、作成者が 3D モデルを PDF に追加したときに指定した設定が使用されます。

デフォルトのツールバー状態

3D モデルをアクティベートしたときに 3D ツールバーを表示するかどうかを指定します。「3D コンテンツの設定を使用」を選択すると、作成者が 3D モデルを PDF に追加したときに指定した設定が使用されます。

手のひらツールでの選択を有効にする

手のひらツールを使用して、3D モデルのパーツを選択したり、ハイライト表示したりできるようにします。このオプションが選択されていない場合は、オブジェクトデータツール(ツール/インタラクティブオブジェクト/オブジェクトを選択)を使用してオブジェクトを選択します。

3D ツールバー上のツールを結合

このオプションを選択すると、操作ツールとナビゲーションツールが回転ツールの下に配置され、3D ツールバーが短くなります。

ビューの効果を有効にする

3D モデルには、ビュー間のアニメーション効果を含んでいるものがあります。この 3D アニメーションを無効にするには、このオプションの選択を解除します。

3D 方向軸の表示

3D シーンの現在の方向を示すシーン内軸表示のオンとオフを切り替えます。

低フレームレートの最適化スキーム

フレームレートが低下したときの複雑なモデルのアニメーションの動作を指定します。「なし」を指定すると、画質を損なわず、フレームレートを低いままにします。「境界ボックス」では、パーツ自体ではなくパーツを囲む 3 次元平面が表示され、高いフレームレートが維持されます。「オブジェクトをドロップ」では、モデルの一部を表示しないため、高いフレームレートが維持されます。

フレームレートのしきい値

スライダーをドラッグするか、値ボックスに数値を入力することにより、フレームレートの最小値を設定します。フレームレートがここで指定したフレーム/秒を下回ると、「低フレームレートの最適化スキーム」オプションが有効になります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー