PDF ページへの 3D モデルの追加(Acrobat Pro)

3D ツールを使用すると、3D ファイル(U3D 第 3 版形式または PRC 形式)を PDF ページ上に配置できます。Acrobat Pro は、U3D ECMA 1 のファイルからのみですが、3D の PDF を作成できます。

3D ファイルを配置した後に、3D モデルが表示される領域(コンテンツ領域またはキャンバス)の調整、3D ツールバーとコンテンツの表示プロパティの編集、追加ビューの作成ができます。

ページへの 3D モデルの追加

  1. ツールリッチメディア3D を追加を選択します。

  2. ページ内をドラッグし、3D ファイルのコンテンツ領域を定義します。
  3. 3D を挿入ダイアログボックスで、「参照」をクリックして 3D ファイルを選択し、「開く」をクリックします。「OK」をクリックします。

注意:

3D を挿入ダイアログボックスで、「詳細オプションを表示」チェックボックスをオンにして、ファイルに対する 3D プロパティの初期値を設定します。

3D コンテンツ領域の移動、削除またはサイズの変更

  1. ツールリッチメディアオブジェクトを選択  を選択します。

    注意:

    オブジェクト選択ツールと基本的な選択ツールを混同しないように注意してください。3D コンテンツ領域を調整するには、オブジェクト選択ツールを使用します。

  2. 対象の 3D コンテンツ領域を選択し、必要に応じて次のように変更します。
    • コンテンツ領域を移動するには、ページの新しい位置にドラッグします。

    • コンテンツ領域(および 3D モデル)を削除するには、領域を選択して Delete キーを押します。

    • コンテンツ領域のサイズを変更するには、フレームの角をドラッグします。3D コンテンツは、縦横比を維持したまま、調整されたフレーム内に表示されます。

3D のプロパティ(Acrobat Pro)

オブジェクトを選択ツール(ツール/リッチメディア/オブジェクトを選択)を使用して、アクティブ化したモデル内をダブルクリックし、3D のプロパティを表示します。

「3D」タブ

「3D」タブのオプションは、3D モデルの表示方法を指定するものです。他のタブの設定とは異なり、取り込まれるファイル自体には影響しません。

「3D」タブのオプションは、3D ツールバーにあるオプションと次の点を除いて同じです。

アニメーションスタイル

アニメーションを使用して作成されたモデルについて、Acrobat におけるアニメーションの実行方法を指定します。

デフォルトのビューを追加

異なるモデルビューを使用できるようにします。平行投影(または平行)では、オブジェクト間の比率を保ったまま効果的に 2 次元的に表現しますが、3D モデルの立体感は損なわれます。平行投影は、3 次元の数学関数などを図に表示するときに特に役立ちます。透視投影では、同サイズのオブジェクトが遠方では手前より小さく表示され、より写実的に表現されます。

ツールバーを表示

画像と共に 3D ツールバーを表示します。このオプションを選択していない場合は、3D 画像を右クリックすると 3D ツールバーを表示できます。

モデルツリーを開く

モデルツリーパネルウィンドウでモデルツリーを表示します。モデルツリーには 3 つのパネルウィンドウがあります。それぞれのパネルウィンドウには固有の情報やコントロールが表示されます。

スクリプト

3D モデルを有効にする場合に実行する JavaScript を指定します。 「参照」をクリックし、JavaScript を選択して PDF に追加します。

起動設定

アクティブにする場合

3D モデルをアクティブにするタイミングを指定します。3D モデルをアクティブにすると、例えば、3D ナビゲーションツールを使用して 3D モデルをインタラクティブに操作できるようになります。

非アクティブにする場合

3D モデルを非アクティブにするタイミングを指定します。 3D モデルを非アクティブにすると、2D のプレビュー(ポスター)画像がコンテンツ領域に表示されます。

再生スタイル

3D モデルをページ外のフローティングウィンドウに表示できます。「フローティングウィンドウにコンテンツを再生」を選択すると、高さメニューおよび幅メニューでウィンドウのサイズ(ピクセル単位)を選択できます。

境界線の幅

選択すると、3D オブジェクトの周囲に境界線を表示できます。

透明な背景

背景色をすべて削除します。

ポスター画像

3D モデルがアクティブでないときのデフォルト表示を変更する場合は、ポスター画像のオプションを選択します。「参照」をクリックし、使用する画像を指定します。

リソース

「リソース」タブでは、Flash® で作成されたファイルを 3D モデルに追加し、アニメーション、エフェクト、テクスチャとして使用できます。Flash リソースをバインドするには、リソースの一覧からリソースを選択し、バインドの種類(前面、背面またはマテリアル)を選択します。マテリアルをバインドするには、マテリアルを表示するパーツのマテリアル名も入力します。

追加

3D モデルのアニメーションおよび背景に使用する SWF ファイルを追加します。

ディレクトリを追加

選択すると、3D オブジェクトに使用するリソースファイルのディレクトリを追加できます。

削除

一覧からファイルを選択して「削除」をクリックすると、そのファイルが削除されます。

名前

一覧で選択されているファイルの名前が表示されます。リソース名を変更することもできます。これは、スクリプトで使用すると便利です。例えば、リソース名をスクリプトで使用する名前に変更できます。

綴じ方

Flash で作成されたファイルを 3D モデルのリソースとして追加する場合、バインド方法によってファイルの動作が決まります。例えば、1 つのリソースが背面で動作し、もう 1 つが前面で動作するよう指定できます。ファイルの一覧にファイルを追加した後で、「バインド」セクションで「背面」、「前面」または「マテリアル」を選択します。

マテリアル

3D デザイナーは、モデル内で使用するマテリアルを「マテリアル」フィールドで定義できます。「バインド」セクションの「マテリアル」を選択し、マテリアル名をリソースに関連付けることができます。

Flash 変数

Flash デベロッパーは、選択したファイルの ActionScript™ 変数を「Flash 変数」フィールドで追加できます。

JavaScript の実行

3D モデルの PDF に別の JavaScript ファイルが関連付けられている場合、このファイルをアクティベートできます。

  1. Acrobat で PDF を開きます。

  2. 有効にする 3D モデルを手のひらツールでクリックし、3D モデルを右クリックして「JavaScript を実行」を選択します。

  3. 追加する JavaScript を検索し、「開く」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー