この文書では、Acrobat DC で PDF フォーム内の操作ボタンを設定する方法について説明します。(PDF フォームフィールドの基本、PDF フォームフィールドプロパティ、または PDF バーコードフォームフィールドに関する情報を探すには、上記の適切なリンクをクリックしてください。フォームに関するよくある質問を調べるには、PDF フォームの FAQを参照してください)。

 

ボタンについて

ボタンはフォームで最もよく使用される機能で、どのような文書にも追加することができます。例えば、ボタンを使用して、ファイルを開く、サウンドやムービークリップを再生する、データを Web サーバーに送信するなど、様々な動作を実行できるように設定できます。ボタンには、リンクやしおりにはない次のような特性があります。

  • 1 つのアクションまたは一連の複数のアクションを実行することができます。

  • マウスアクションに応じて外観を変えることができます。

  • 別のページに簡単にコピーすることができます。

  • それぞれのマウスアクションに異なるボタン動作を設定することができます。例えば、「マウスボタンを押す」(クリックする)、「マウスボタンを放す」(クリックした後で放す)、「ポインターを範囲内に入れる」(ポインターをボタン上に移動する)および「ポインターを範囲外に出す」(ポインターをボタンから離す)というマウスアクションを設定すると、1 つのボタンですべて異なる動作を実行させることができます。

    ボタンは、PDF 文書でユーザーが動作を実行できるようにするための簡単で直感的な手段です。ボタンのデザインはラベルとアイコンを組み合わせて作成でき、マウスの操作に応じて切り替えられるので、ユーザーが連続した動作を実行できるようになっています。例えば、「再生」、「一時停止」、「中止」などのラベルやアイコンの付いたボタンを作成できます。さらに、ムービークリップを再生、一時停止および中止する動作を、これらのボタンに設定します。ボタンには任意のマウスの操作を組み合わせて選択できます。また、マウス操作に対しても任意の動作の組み合わせを指定できます。

Acrobat PDF フォームへのボタンの追加

  1. ツールフォームを準備を選択して編集モードに切り替え、ツールバーのボタン を選択します。カーソルが十字アイコンに変わります。

  2. ページ上で、ボタンの追加先をクリックし、デフォルトサイズのボタンを作成します。カスタムサイズのボタンを作成するには、長方形をドラッグしてボタンの必要なサイズを指定します。
  3. ボタンフィールドをダブルクリックし、ボタン名、ツールヒントのテキストおよびその他の一般プロパティを指定します。
  4. 「表示方法」タブをクリックし、ボタンをページに表示するオプションを指定します。背景色(塗りつぶしの色)を選択すると、ボタンの後ろの画像が見えなくなります。テキストのオプションは、「一般」タブで指定したボタン名にではなく、「オプション」タブで指定したラベルに適用されます。

    注意:

    環境設定ダイアログボックスの言語環境パネルで「右から左に表記される言語のオプションを有効にする」を選択すると、「表示方法」タブには、ボタンの数字スタイルとテキスト方向を変更するためのオプションが表示されます。

  5. 「オプション」タブをクリックし、ラベルとアイコンをどのようにボタンに表示するか設定するオプションを選択します。
  6. 「アクション」タブをクリックします。ボタンをクリックしたときに実行する動作を設定するオプション(別のページへのジャンプ、メディアクリップの再生など)を指定します。
  7. 閉じる」をクリックします。

    注意:

    ボタンのセットを作成する場合は、個々のオブジェクトをグリッド線やガイドに合わせることができます。

  8. ボタンをプレビューしてテストするには、ツールバーの右端にある「プレビュー」をクリックします。完了したら、「編集」をクリックしてフォームを準備ツールに戻るか、ツールバーの右端にある X アイコンをクリックしてツールを閉じます。

送信ボタンの追加

フォームを配布する場合、Acrobat はフォームを自動的にチェックします。送信ボタンが見つからない場合は、フォームを送信ボタンが文書のメッセージバーに追加されます。ユーザーはフォームを送信ボタンをクリックして、記入したフォームを返信できます。Acrobat によって作成される「フォームを送信」ボタンを使用しない場合は、独自に作成した送信ボタンをフォームに追加できます。

  1. フォーム編集モードで作業をしていない場合は、ツールフォームを準備を選択します。

  2. ボタンツール を使用して、ボタンを表示する領域をドラッグします。ボタンをダブルクリックし、「一般」タブと「オプション」タブでオプションを設定します。

  3. 「オプション」タブで、ボタンのラベル、アイコンの画像または両方に関するレイアウトメニューのオプションを選択します。次のいずれかまたは両方の操作を行います。

    • ラベル」ボックスに、そのボタンが送信ボタンであることを示すテキストを入力します。

    • アイコンの選択」をクリックし、画像ファイルのパスを入力するか、「参照」をクリックして使用する画像ファイルを指定します。

  4. 「アクション」タブで、アクションを選択メニューから「フォームを送信」を選択し、「追加」をクリックします。

  5. フォーム送信の設定ダイアログボックスで、次のいずれかの操作を行います。
    • サーバー上でフォームデータを収集するには、「URL を入力」ボックスに場所を入力します。例えば、インターネットアドレスの場合は「http://www.[ドメイン]/[フォルダー]/[サブフォルダー]/」のように入力し、ローカルネットワーク上の場所の場合は「¥¥[サーバー]¥[フォルダー]¥[サブフォルダー]¥」のように入力します。

    • フォームデータを電子メールの添付ファイルとして収集する場合は、「mailto:」と入力し、その後に電子メールアドレスを入力します。例:「mailto:nobody@adobe.com」。

  6. 「書き出し形式」、「フィールドの選択」、「日付オプション」の各オプションを選択し、「OK」をクリックします。

  7. 閉じる」をクリックします。

  8. ボタンをプレビューしてテストするには、ツールバーの右端にある「プレビュー」をクリックします。完了したら、「編集」をクリックしてフォームを準備ツールに戻るか、ツールバーの右端にある X アイコンをクリックしてツールを閉じます。

注意:

データが FDF 形式または XFDF 形式で返信される場合、サーバーの URL は、http://myserver/cgi-bin/myscript#FDF のように最後に #FDF という文字が付いている必要があります。

フォーム送信の設定オプション

フォーム送信の設定ダイアログボックスには次のオプションがあります。

URL を入力

フォームデータを収集する URLを指定します。

FDF

元になっている PDF ファイルは返信せずに、ユーザー入力だけを返信します。フィールドデータ、注釈および PDF の追加変更部分を含めるオプションを選択できます。

注意:

追加変更部分のオプションを選択すると、電子署名の受信時に、サーバーによる読み取りと再構成が容易になります。

HTML

フォームを HTML 形式で返信します。

XFDF

ユーザー入力を XML ファイルで返信します。フィールドデータに注釈を含めることも、フィールドデータだけを返信することもできます。

PDF

ユーザー入力と共に PDF ファイル全体を返信します。

フィールドの選択

返信するフィールドを指定します。入力済みフィールドデータの一部だけを受信するには、「選択したフィールドのみ」を選択し、「フィールドの選択」をクリックして、フィールドの選択ダイアログボックスで、含めるフィールドと除外するフィールドを選択します。

例えば、このオプションを使用すると、計算されるフィールドや重複しているフィールドなど、ユーザーの便宜のために表示されているだけで、それによって新たな情報が得られるわけではないフィールドを除外できます。

日付オプション

ユーザーが入力する日付を標準形式に変換するかどうかを指定します。

ボタンの外観を変化させる

ボタンには、ラベルとアイコンのいずれか、または両方を表示することができます。マウスの状態(「通常」、「押下」、「ロールオーバー」)ごとにボタンの表示方法を変更することができます。例えば、「ホーム」というラベルが付いたボタンを作成し、マウスポインターがボタン上に移動するとラベルが「ホームページに戻る」に変わるようにすることができます。

PDF、JPEG、GIF やその他の画像形式など、Acrobat で表示できる形式のファイルであれば、どの形式でもボタンのアイコンとして使用できます。どの形式の場合でも、アイコンにはページ全体が使用されるので、ページの一部分だけをアイコンとして使用するときは、この手順を実行する前に、画像やページをトリミングする必要があります。使用可能な PDF ページの最小サイズは、1 x 1 インチ(2.54 x 2.54 cm)です。このサイズより小さいアイコンを使用する場合は、ボタンツールを使用して、描いたボックスのサイズに合うようにアイコンを縮小します。ボタンのプロパティダイアログボックスの「オプション」タブの「詳細設定」をクリックすると、ボタン内に収まるようにボタンアイコンを縮小する方法を指定できます。

ボタンのレイアウト
ボタンのレイアウト

A. ラベルのみ B. アイコンのみ C. アイコン上 / ラベル下 D. ラベル上 / アイコン下 E. アイコン左 / ラベル右 F. ラベル左 / アイコン右 G. ラベルをアイコンに重ねる 

ボタンの編集

  1. フォーム編集モードで作業をしていない場合は、ツールフォームを準備を選択します。

  2. ボタンフィールドを選択し、次のいずれかの操作をおこないます。
    • ボタンフィールドのプロパティを編集するには、ボタンをダブルクリックします。

    • ボタンの表示方法を変更するには、ボタンのプロパティダイアログボックスの「表示方法」タブの表示方法オプションを使用します。

    • ボタンを他のフォームフィールドに対して整列、中央配置または均等配置したり、ボタンのサイズ変更や複製を行ったりするには、ボタンを右クリックし、コンテキストメニューからオプションを選択します。

  3. 開いているダイアログボックスがある場合は、すべてのダイアログボックスを閉じます。フォームを準備ツールバーの右端にある X アイコンをクリックして、ツールを閉じます。

Acrobat のボタンの表示プロパティの指定

  1. フォーム編集モードで作業をしていない場合は、ツールフォームを準備を選択します。

  2. 既存のボタンをダブルクリックし、ボタンのプロパティダイアログボックスの「オプション」タブをクリックします。
  3. 「レイアウト」オプションで、ラベルの表示タイプを選択します(ボタンアイコンの大きさを変更する方法について詳しくは、次の手順を参照してください)。
  4. 「動作」オプションで、ボタンをクリックしたときのボタンの表示方法を指定します。
  5. ボタンに表示するラベルまたはアイコンを定義するには:
    • レイアウトメニューでラベルオプションを選択した場合は、「ラベル」ボックスにテキストを入力します。

    • レイアウトメニューでアイコンオプションを選択した場合は、「アイコンの選択」をクリックし、「参照」をクリックしてファイルを選択します(選択したアイコンを削除するときは、「クリア」をクリックします)。

  6. 開いているダイアログボックスがある場合は、すべてのダイアログボックスを閉じます。フォームを準備ツールバーの右端にある X アイコンをクリックして、ツールを閉じます。

ボタンの動作オプション

なし

ボタンの外観は変わりません。

プッシュ

マウスの通常、押下、ロールオーバーの状態に応じた外観を指定します。「状態」でオプションを選択し、ラベルまたはアイコンのオプションを指定します。

通常

マウスボタンをクリックしていないときのボタンの外観を指定します。

押下

マウスボタンをクリックし、まだ放していないときのボタンの外観を指定します。

ロールオーバー

マウスポインターがボタン上にあるときのボタンの外観を指定します。

アウトライン

ボタンの境界を強調表示します。

反転

ボタンを押したときに色を反転します。

ボタンの拡大縮小と配置

  1. フォーム編集モードで作業をしていない場合は、ツールフォームを準備を選択します。

  2. 既存のボタンをダブルクリックし、ボタンのプロパティダイアログボックスを開きます。
  3. 「オプション」タブをクリックし、「ラベルのみ」以外のいずれか 1 つのアイコンオプションを「レイアウト」オプションから選択し、「詳細設定」をクリックします。

    注意:

    「レイアウト」オプションから「ラベルのみ」を選択した場合、「詳細設定」ボタンは使用できません。

  4. サイズ変更」オプションで、次のいずれかのオプションを選択します。

    常に調整

    アイコンのサイズとは関係なく、ボタンに合わせてアイコンの大きさが変更されます。

    調整しない

    アイコンを元の大きさの状態で使用します。ただし、アイコンがボタン内に収まらない場合は、はみ出した部分が切り取られます。「調整しない」を選択した場合は、拡大 / 縮小オプションは使用できません。

    大きすぎる場合

    アイコンがボタンよりも大きい場合のみ、定義に従ってアイコンの大きさが変更されます。

    小さすぎる場合

    アイコンがボタンよりも小さい場合のみ、定義に従ってアイコンの大きさが変更されます。

  5. 倍率メニューで、縦横比を保持したままアイコンの大きさを変更するかどうかを選択します。縦横比を保持せずにアイコンの大きさを変更すると、アイコンがゆがむことがあります。

  6. アイコンの上下または左右の側面のどちらかがボタンの輪郭と同じ位置に揃うようにするには、「境界線に合わせる」を選択します。

  7. スライダーをドラッグし、ボタン内でアイコンを配置する位置を決めます。フィールドの左側境界線とアイコンの間に残すスペースの割合、およびフィールドの下側境界線とアイコンの間に残すスペースの割合の両方をパーセントで指定して、アイコンの位置を決めます。デフォルトの設定(50, 50)では、アイコンがフィールドの中央に配置されます。「リセット」をクリックすると、いつでもデフォルトの配置に戻すことができます。

  8. OK」をクリックし、次に「閉じる」をクリックします。

  9. ボタンをプレビューしてテストするには、ツールバーの右端にある「プレビュー」をクリックします。完了したら、「編集」をクリックしてフォームを準備ツールに戻るか、ツールバーの右端にある X アイコンをクリックしてツールを閉じます。

Acrobat ボタンをロールオーバー中だけ表示する

ポインターがボタン領域上に移動するまで、ボタンを非表示にしたい場合があります。ボタンの表示と非表示を切り替えると、文書にビジュアル効果を付けることができます。例えば、地図上のある町の上にポインターを動かすと、その町の詳しい地図が表示され、その町からポインターを離すと、その地図を非表示にするように設定できます。

アイコンの表示と非表示
アイコンの表示と非表示

A. ポインターがボタン範囲内にないとき B. ポインターがボタン範囲内に入ったとき C. ポインターがボタン範囲内から出たとき 
  1. フォーム編集モードで作業をしていない場合は、ツールフォームを準備を選択します。

  2. ボタンツール を使用して、ポップアップボタンを表示する領域をドラッグします。例えば PDF ファイルのフランス地図で、パリの詳細な地図をポップアップ表示するときには、この地図を表示する領域をドラッグします。

  3. ボタンをダブルクリックし、「オプション」タブをクリックして、レイアウトオプションから「アイコンのみ」を選択します。

  4. 動作」オプションから「プッシュ」を選択し、次に「状態」オプションから「ロールオーバー」を選択します。

  5. アイコンの選択」をクリックして、次に「参照」をクリックします。「ファイルの種類」からファイルの種類を選択し、使用する画像ファイルを選択してダブルクリックします。パリの地図をポップアップ表示する例でいえば、ここで地図の画像を選択します。プレビューした画像をボタンに設定するには、「OK」をクリックします。

  6. 「表示方法」タブをクリックします。必要に応じて、「境界線の色」と「塗りつぶしの色」の選択を解除してから、「閉じる」をクリックします。

  7. 編集モードで作業をしている場合は、「プレビュー」をクリックします。ポインターがボタン内に入ると定義した画像が表示され、ボタンの外に出るとその画像が非表示になります。

    注意:

    ロールオーバー領域よりも大きい画像を表示したい場合や、ロールオーバー領域とは別の場所に画像を表示したい場合は、「フィールドを表示/非表示」(Windows)または「フィールドを表示/隠す」(Mac OS)アクションを選択します。まず、表示または非表示にするボタンのアイコンを指定します。次に、マウスをその上に重ねたときにホットスポットとして動作する 2 番目のボタンを作成します。2 番目のボタンには表示用のアイコンを割り当てません。その代わりに、「アクション」タブを使用して、マウスポインターが 2 番目のボタンで定義した領域(ロールオーバー領域)内に入ると最初のボタンを表示し、マウスポインターがロールオーバー領域の外に出ると最初のボタンを非表示にするように設定します。

  8. 完了したら、「編集」をクリックしてフォームを準備ツールに戻るか、ツールバーの右端にある X アイコンをクリックしてツールを閉じます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー