Audition CC(バージョン 11.1.0)の 2018 月 4 月リリース
au_cc_app_RGB

Audition CC の 2018 年 4 月リリースでは、画期的な新機能と機能強化が導入されています。新規のオリエンテーションビデオ、機能が向上した Premiere Pro からのシーケンス読み込み、UI とパフォーマンスの改善などです。これらの新機能の簡単な紹介と詳細を記載したリソースのリンクを参照してください。

以前のリリースで導入された機能の概要については、機能の概要 | Adobe CC | 以前のリリースを参照してください。


Premiere Pro からのシーケンス読み込みの向上

Audition CC 2018 年 4 月の新機能

Premiere Pro プロジェクトから Adobe Audition にシーケンスを直接読み込むことができるようになりました。Premiere Pro から読み込まれるシーケンスは、レンダリングを必要とせず、元のメディアを使用するため、レンダリングにかかる時間を節約できます。一部のコンテンツまたはクリップルーティングの設定によっては、レンダリングが必要になります。これらのファイルの保存先には、ユーザー定義の場所を選択できます。Dynamic Link を通じてストリーミングされるビデオの場合は、Premiere Pro がインストールされていなければなりませんが、実行する必要はありません。

Premiere Pro のシーケンスの読み込み
Premiere Pro のシーケンスの読み込み

詳細については、Premiere Pro からのシーケンス読み込みを参照してください。

新規トラックパネル

Audition CC 2018 年 4 月の新機能

新規のトラックパネルを使用すると、トラックやトラックグループの表示/非表示を切り替えることができます。独自のトラックグループを作成して、パーソナライズしたマルチトラック編集エクスペリエンスをプリセットとして保存できます。

新規トラックパネル
新規トラックパネル

詳細については、トラックパネルの使用を参照してください。

統合されたメディアコンテナ

Audition CC 2018 年 4 月の新機能

メディアファイルを読み込むと、その中のオーディオチャンネルとビデオチャンネルが、統合された単一のメディアコンテナとして読み込まれます。このコンテナは、ファイルパネルに表示されます。ドロップダウンオプションを使用すると、すべてのビデオチャンネルとオーディオチャンネルが別々に一覧表示されます。

統合されたコンテナのメディア
統合されたコンテナのメディア

新しいオリエンテーションビデオ

Audition CC 2018 年 4 月の新機能

Audition の起動中に、新しいオリエンテーションビデオをご覧いただけるようになりました。新しくなった起動スクリーンでは、初めてご使用になるお客様に、シーケンスの読み込みから Adobe Audition で実現できる数多くの可能性に至るまで、アプリケーションの様々な学習方法をご紹介します。

QuickTime 7 時代の形式とコーデックのサポートの廃止

アドビは、最新のワークフローに対応するために、プロフェッショナルなフィルムやビデオ業界で広く使用されている形式やコーデックをサポートしています。その結果、Adobe Audition の将来のバージョン(11.1.0 以降)では、従来の QuickTime 7 時代の形式およびコーデックのサポートは廃止されることになりました。QuickTime ムービーファイル(ProRes、DNxHD、Animation など)で通常使用されるプロフェッショナルコーデックは、この変更による影響を受けません。これらのコーデックは、Adobe Audition でネイティブサポートされています。

詳細については、Quicktime 7 のサポートの終了を参照してください。

 

Audition のユーザーボイスコミュニティ

皆様からのご意見は、Adobe Audition の機能向上の参考にさせていただいております。User Voice サイトでは、Premiere Pro の新機能に関するアイデアやバグレポートを受け付けています。https://www.adobe.com/go/audition-uservoice にアクセスしてください。

1 回の投稿で提案するアイデアは 1 つにしていただけますと助かりますが、投稿はいくつでもお受けしておりますので、お気軽にご投稿ください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー