カスタム役割

「カスタム役割」機能を使用すると、カスタム役割を定義し、特定の責任を一連のユーザーに割り当てることができます。 set この機能により、個人の既存の役割の範囲外にある責任を割り当てることができます。

カスタムの役割を作成して、作成機能を特定のカタログに限定することができます。 また、レポート管理専用の役割を作成することもできます。 manage reporting . このような役割は、これらの特定の責任を負うことになる個人に割り当てることができます。

カスタム役割の作成

  1. 管理者としてログインします。 「ユーザー/カスタムの役割」をクリックします。

  2. 「役割を作成」を選択します。 Create 「新しい役割を作成」タブが表示されます。

    新しい役割を作成
    新しい役割を作成

  3. 役割の名前」フィールドに役割名を入力します。

  4. アカウント権限:これらの権限により、特定のシステム構成に対するアクセス権が役割の所有者に付与されます。これは、アカウント全体に影響します。 必要なアクセス権限を選択してください。 ユーザーに対して、割り当てられた権限に対するフルコントロールが付与されます。

    注:これらの権限に対して範囲が適用されることはありません。

    アカウント権限の設定
    アカウント権限の設定

  5. 機能に対する権限 : 主要な機能:このオプションを使用して、学習活動を管理するための特定の機能に対するアクセス権が付与されます。 このオプションを使用して、以下の機能に対する権限を付与することができます。

    • カタログ
    • レポート
    • タグ
    主要な機能に対する権限の設定
    主要な機能に対する権限の設定

  6. 機能に対するアクセス権 : 学習目標:このオプションを使用して、学習目標に関する機能へのアクセス権を指定します。  LOs 以下の学習目標に対するアクセス権を指定することができます。 LOs  

    • 資格認定
    • コース
    • 作業計画書
    • 学習プログラム

    また、 学習目標に対する特定の操作の権限を付与することもできます . 以下に示すいずれかの権限を付与することができます。

    • フルコントロール
    • 編集と削除
    • 登録
    • レポート
    学習目標に対する権限の設定
    学習目標に対する権限の設定

  7. 機能の権限の範囲:この役割に割り当てられている機能権限の範囲を、特定のユーザーグループまたは 1 つ以上のカタログだけに制限することができます。

    カタログの場合:すべてのカタログに対するアクセス権を指定する場合は該当するラジオボタンを選択し、特定のカタログに対するアクセス権を指定する場合は「カタログごとにアクセス権を設定」オプションを選択します。 複数のカタログを選択することもできます。

    ユーザーグループの場合:すべてのユーザーグループに対するアクセス権を指定する場合は該当するラジオボタンを選択し、特定のユーザーグループに対するアクセス権を使用する場合は「ユーザーグループごとにアクセス権を設定」オプションを選択します。 ユーザーグループを 1 つだけ指定することもできます。

    :「アカウント権限」で、「アナウンス」、「ゲーミフィケーション」、「電子メールテンプレート」、「スキル」、「ユーザー」が選択されている場合、「ユーザーグループ」アクセス権がすべてのユーザーグループに対してデフォルトで付与され、「ユーザーグループごとにアクセス権を設定」オプションが無効になります。

    「アカウント権限」で「学習プラン」が選択されている場合、すべてのカタログとすべてのユーザーグループに対するアクセス権がデフォルトで指定され、「カタログごとにアクセス権を設定」オプションと「ユーザーグループごとにアクセス権を設定」オプションが無効になります。 

    権限の範囲を定義
    権限の範囲を定義

    Captivate Prime 27.6 では、各カタログに異なる権限セットを付与することにより、複数のカタログに対する範囲が設定されたカスタム役割を作成することができます。

    カタログに対して各種の権限を設定するには、以下の手順を実行します。

    1. カタログごとにアクセス権を設定」オプションをクリックします。

    2. 目的のカタログを選択して、そのカタログの権限レベルを表示します。 以下の権限が表示されます。

      権限

      説明

      フルコントロール

      すべての学習目標に対してフルコントロールが設定されます。 設定される権限は、「追加」、「編集」、「削除」、「読み取り専用」、「登録」、「レポート」です。

      レポート

      学習目標の「レポート」タブに対するアクセス権だけが設定されます。

      登録

      学習目標に対する登録権限だけが設定されます。

      読み取り専用

      カタログ内の学習目標の表示権限だけが設定されます。

    3. 要件に応じて、権限の有効と無効を切り替えます。

    4. OK」をクリックして変更内容を保存し、「保存」をクリックしてカスタム役割の変更内容を保存します。

    ここで、以下のケースを例として考えてみます。

    カスタムユーザーが特定の学習目標に対して持つ権限は、その学習目標とカタログで共通する権限ということになります。

    カスタムユーザーに対して、コースに対するフルアクセス権、カタログ A に対する読み取り専用アクセス権、カタログ B に対するフルアクセス権限が設定されているとします。この場合、カタログ A のコースに対しては読み取り専用アクセス権が設定され、カタログ B のコースに対してはフルアクセス権限が設定されることになります。

    カスタム役割が割り当てられているユーザーは、以下の操作を実行することができます。

    • 自分がアクセス権を持っているカタログのコンテンツだけを表示する。
    • 学習目標が含まれているカタログに対する権限に従い、その学習目標にアクセスする。

    管理者は、次の操作を実行することができます。

    • カスタム役割に対して複数のカタログを選択する。
    • 任意のタイミングで権限を変更する。
    • 権限を設定する必要がなくなった範囲からカタログを削除する。
    • カタログに対する権限を設定する際に、そのカタログに対して暗黙的に読み取り専用権限を設定する。

    以下の表に、権限がどのように設定されるかを示します。

     

    カタログレベルの権限

    学習目標レベルの権限

    (コースなど)

    フルコントロール

    登録

    レポート

    読み取り専用

    フルコントロール

    フルコントロール

    登録

    レポート

    読み取り専用

    登録

    登録

    登録

    読み取り専用

    読み取り専用

    編集と削除

    編集と削除

    読み取り専用

    読み取り専用

    読み取り専用

    レポート

    レポート

    読み取り専用

    レポート

    読み取り専用

注意:
  • 設定を行うための権限を持つカスタム管理者は、同期スケジュールを設定することができます。また、「ユーザー」エンティティに対する権限を持っていない場合であっても、データソースを使用したユーザーの同期を実行することができます。  
  • 「ユーザー」エンティティに対する権限を持っているカスタム管理者は、自分自身に「管理者」役割を割り当て、通常の管理者になることができます。

カスタム作成者のフォルダーアクセスを制限

Captivate Prime では、カスタムの役割を使用してコンテンツライブラリにアクセスできる機能が既にサポートされています。 既にコンテンツライブラリにアクセスできるすべてのカスタム作成者は、コンテンツフォルダーが設定されたあとも、引き続きすべてのコンテンツファイルにアクセスできます。 これは、従来の動作を維持するためです。 管理者が現在の動作を継続する場合、変更を加える必要はありません。  

これらカスタム作成者のアクセス権を制限するには、管理者は既存のカスタム役割を編集し、特定のコンテンツフォルダーにのみアクセスできるよう設定する必要があります。 

カスタム作成者のフォルダーアクセス
カスタム作成者のフォルダーアクセス

カスタム作成者を作成する際に、作成者に対してコンテンツフォルダーを割り当てることができるようになりました。 「選択したフォルダー」オプションを選択します。

このオプションをクリックすると、新しいダイアログが開き、カスタム作成者にフォルダーを割り当てることができます。

フォルダーの選択
フォルダーの選択

フォルダーを選択し、「OK」をクリックします。

カスタム管理者向けの「学習の概要」ダッシュボード

カスタム管理者は、管理者が表示するビューと同じビューを表示できます。 カスタム管理者は、その範囲外のデータを取得できます。 これは、カスタム管理者が全範囲の権限を持つ場合にのみ適用されます。 カスタム管理者を作成する際に、全範囲に対する権限を付与するには、アカウントの概要レポートの「完全制御」オプションを有効にします。

カスタム役割の作成
カスタム役割の作成

これにより、「すべてのカタログ」「すべてのユーザーグループ」オプションが選択され、残りは無効化されます。

機能の権限の範囲
機能の権限の範囲

暗黙的な権限

特定のエンティティが設定された役割をユーザーに割り当てる場合、別のエンティティにアクセスしたり、設定されているエンティティに対してタスクを実行しなければならないことがあります。 例えば、「コース」エンティティに対して「作成」アクセス権が設定されているユーザーの場合、作成するコースに「スキル」エンティティと「タグ」エンティティを関連付けるためには、それらのエンティティにアクセスする必要があります。 以下の表に、こうした暗黙的な権限に関する情報を示します。 gives you information of such implicit permissions.

アクセス権限のタイプ 管理者によって付与されたエンティティ権限 暗黙的なエンティティ許可 暗黙的なアクセス権限
管理 ユーザー グループ Crud
登録 すべての学習目標(コース、作業計画書、学習プログラム、資格認定) ユーザー
学習プラン
読み取り
作成

コンテンツグループ
作業計画書

タグ 読み取り
作成 コース コンテンツグループ
タグ
スキル
バッジ
作業計画書
すべてに対する読み取り
作成 学習プログラム
資格認定
コース
タグ
スキル
バッジ
読み取り
作成 学習プラン カタログ
グループ
スキル
すべての学習目標(コース、作業計画書、学習プログラム、資格認定)
読み取り
作成 アナウンス ユーザー
グループ
すべての学習目標(コース、作業計画書、学習プログラム、資格認定)
読み取り
作成 ゲーミフィケーション ブランディング 書き込み
* ユーザー 請求 読み取り
* カタログ グループ
すべての学習目標(コース、作業計画書、学習プログラム、資格認定)
読み取り
* 設定 ブランディング
ユーザー
読み取り
* ブランディング 設定 読み取り
* 請求
ゲーミフィケーション
ユーザー 読み取り

カスタム役割へのアクセス

管理者がカスタム役割を割り当てると、電子メール通知を受け取ります。 

注:カスタム役割で既に Prime にログインしている場合は、再度ログインして新しい役割にアクセスする必要があります。

役割を切り替えるには、Prime の右上隅にあるプロフィールアイコンをクリックし、役割を選択します。

設定可能な役割によって学習プランの範囲を定義

以前のバージョンの Captivate Prime では、学習プランを作成する権限を持つカスタム役割は、すべてのタイプのユーザーグループと学習目標に対して学習プラン範囲を設定することができました。

学習プランへのアクセスが付与されたときに無効になっていた範囲設定により、デフォルトでは、ユーザーは「すべてのカタログ」と「すべてのユーザーグループ」にアクセスできました。

管理者が作成したすべての学習プランは、デフォルトでは、すべてのユーザーに適用されます。 また、ユーザーには、任意の「学習目標」を割り当てることもできます。 カスタム役割を持つユーザーの場合は、「すべてのカタログ」、「学習目標」、「ユーザーグループ」など、すべての範囲にアクセスできます。 このため、管理者はカスタム役割を作成できず、限定的な範囲を持つユーザーに対して学習プランへのアクセスが許可されていました。

Captivate Prime のこのアップデートでは、ユーザーおよび学習目標の範囲を指定できる学習プランのカスタム役割を作成することができます。 具体的には、管理者のカスタム役割の範囲から継承された限定的な範囲を持つ学習プランを作成することができます。

管理者は、学習プランに対する管理アクセス権限を設定する際に、その学習プランの範囲を定義したり制限したりすることができます。

カスタム管理者は、設定可能な役割の範囲設定により決定される、限定的な範囲を持つ学習プランを作成することができます。 このような学習プランには、通常の管理者に加え、同じ役割を持つカスタム管理者のみがアクセスできます。 また、カスタム管理者は、アカウント内の他の学習プランを表示することはできません。

学習プランにアクセスできる既存のカスタム管理者は、常にすべての範囲にアクセスできます(定義上)。 通常の管理者と同様に、アカウント内のすべての学習プランにアクセスできます。 すべての範囲で作成された新しいカスタム役割と、その役割に追加された新しいカスタム管理者は、引き続きすべての学習プランにアクセスすることができます。

管理者が作成した学習プランとすべての範囲にアクセスできるカスタム管理者は通常どおり作成され、範囲によって制限されることはありません。

機能の権限の範囲」セクションでは、カスタム役割の「ユーザーグループ」や「カタログ」にアクセスを付与することができます。

機能の権限の範囲
機能の権限の範囲

ユーザーをカスタム役割に割り当てます。

ユーザーをカスタム役割に割り当て
ユーザーをカスタム役割に割り当て

これでユーザーは、カスタム管理者として Captivate Prime にログインして学習プランを追加することができるようになりました。

新しい学習者が追加されると、カスタム管理者は、設定可能な役割の範囲が定義されたカタログからのみトレーニングを選択できます。

この学習プランは、学習プランの範囲が設定されたユーザーグループ内のグループにユーザーが追加された場合にのみ、学習者に適用されるようになりました。 他のすべての学習者は、この学習プランから除外されます。

グループへの学習者の追加

学習者をグループに追加
学習者をグループに追加

カスタム管理者は、役割の範囲が定義されたユーザーグループ内から、ユーザーを持つ任意のユーザーグループを選択できます。

指定したグループにユーザーを追加する場合、既に学習プランの範囲が定義されたユーザーグループに属するユーザーで、指定したユーザーグループに追加されたユーザーのみが学習目標に割り当てられます。

範囲の変更

管理者がカスタム役割の範囲を変更すると、その変更内容がカスタム管理者にも伝播されます。 カスタム管理者が以前のカスタム役割で範囲の定義がされている学習プランを選択すると、以下に示すようなメッセージが表示されます。

範囲の変更
範囲の変更

カスタム管理者は、以前の範囲を新しい範囲に更新する必要があります。

範囲を更新」をクリックすると、範囲が更新されます。 警告メッセージが表示されます。

「範囲を更新」メッセージ
「範囲を更新」メッセージ

はい」をクリックすると、範囲が更新されます。

カスタム役割へのゲーミフィケーションレポートの追加

管理者は、カスタムユーザーのゲーミフィケーションレポートを有効にすることができます。

  1. カスタム役割」ページで、カスタム役割の名前を入力します。

  2. 機能に対する権限:主要な機能」セクションで、 カテゴリ「レポート」のオプション「フルコントロール」を有効にします。

  3. ユーザー」セクションで、新しく作成したカスタム役割を割り当てるユーザーを選択します。

  4. 保存」をクリックします。

ユーザーがカスタム管理者としてログインして左ペインにある「レポート」をクリックすると、以下に示すようにトランスクリプトが表示されます。

ゲーミフィケーショントランスクリプトのダウンロード
ゲーミフィケーショントランスクリプトのダウンロード

ゲーミフィケーショントランスクリプト」をクリックし、ユーザーを選択してレポートを生成します。

管理者がレベルポイントを変更すると、レポートには現在のポイントに応じたレベルが表示されます。

ゲーミフィケーションをリセットしても、レベルの達成日はリセットされません。

アドビのロゴ

アカウントにログイン