マニュアル キャンセル

Adobe Captivate Prime デスクトップアプリケーションのトラブルシューティング

  1. Captivate Prime ユーザーガイド
  2. はじめに
    1. 新機能の概要
    2. リリースノート
    3. 必要システム構成 | Adobe Captivate Prime
    4. GDPR に対する Captivate Prime のコンプライアンス
    5. Captivate Prime におけるアクセシビリティ
    6. カスタムドメインのサポート
  3. 利用開始
    1. 管理者の基本
    2. 作成者の基本
    3. 学習者の基本
    4. マネージャーの基本
    5. Captivate Prime インストラクターの基本
  4. 管理者
    1. ユーザーログイン
    2. ユーザーを追加してユーザーグループの作成
    3. 教室の場所を追加
    4. コースモジュール、インスタンスおよび学習プログラムの作成
    5. Captivate Prime コンテンツカタログ
    6. コンテンツマーケットプレイス
    7. レポート
    8. 学習パス
    9. 学習プラン
    10. Captivate Prime の注文と請求の管理
    11. 作業計画書
    12. 資格認定
    13. カタログ
    14. ユーザーの一括追加
    15. ピアアカウント
    16. スキルとレベルの作成および変更
    17. AI ベースの推奨コース
    18. ゲーミフィケーション
    19. 学習者ホームページのカスタマイズ
    20. バッジ
    21. カラーテーマ
    22. 学習者のトランスクリプト
    23. キャンセル待ちと出席の管理
    24. Fluidic プレーヤー
    25. アナウンス
    26. 電子メールテンプレート
    27. Adobe Connect の統合
    28. 設定
    29. 通知
    30. iPad および Android タブレットのユーザー
    31. 管理者の基本
    32. ユーザーを消去
    33. タグ
    34. Captivate Prime と Slack の統合機能
    35. Captivate Prime コンテンツカタログ
    36. カスタム役割
    37. カタログラベル
    38. Captivate Prime の xAPI
    39. 管理者としてソーシャル学習のモニターとモデレートを行う
    40. 共有カタログのフルコントロールの有効化
    41. スキルドメインへのスキルのマッピング
  5. 統合管理者
    1. 移行マニュアル
    2. Captivate Prime コネクタ
    3. Captivate Prime と AEM の統合
    4. Captivate Prime に Salesforce パッケージをインストール
    5. Microsoft Teams コネクターのインストール
    6. アプリケーションデベロッパーマニュアル
    7. Salesforce 向け Captivate Prime アプリ
    8. 設定
    9. CSV ファイルを使用したカスタムの役割の管理
  6. 作成者
    1. ユーザーログイン
    2. コンテンツライブラリ
    3. コースの作成、変更、パブリッシュ
    4. カタログ
    5. 作業計画書
    6. Adobe Connect の統合
    7. 様々なロケールで学習目標を追加
    8. ユーザー通知
    9. 電子メールテンプレート
    10. コースモジュールの選択方法
    11. 学習者としてプレビュー
    12. 設定
    13. Captivate Prime の xAPI
  7. 学習プログラム / 資格認定を
    1. モジュール
    2. セッションの学習者の管理
  8. 学習者
    1. ログイン
    2. プロファイル設定
    3. カタログ
    4. コース
    5. Fluidic プレーヤー
    6. 学習プログラム
    7. 資格認定
    8. 作業計画書
    9. バッジ
    10. スキルとレベル
    11. ゲーミフィケーション
    12. ユーザー通知
    13. アナウンス
    14. キャンセル待ちと出席の管理
    15. Salesforce 向け Captivate Prime アプリ
    16. Adobe Connect の統合
    17. モバイルおよびタブレット向け学習者アプリ
    18. Captivate Prime のソーシャル学習
    19. Adobe Captivate Prime デスクトップアプリケーション
    20. 学習者ホームページ
    21. ソーシャル学習プラットフォームでの共有
    22. 必要システム構成 | Adobe Captivate Prime デスクトップアプリケーション
  9. マネージャー
    1. ユーザーログイン
    2. マネージャーダッシュボード
    3. レポート
    4. 学習目標
    5. ユーザー通知
    6. 学習者のトランスクリプト
    7. 設定
    8. iPad および Android タブレットのユーザー
  10. よくある質問
    1. 管理者のよくある質問(FAQ)
    2. 作成者のよくある質問(FAQ)
    3. インストラクターのよくある質問(FAQ)
    4. マネージャーのよくある質問(FAQ)
  11. ナレッジベース
    1. Captivate Prime にログインできない
    2. 学習の概要に最新のデータが表示されない
    3. CSV をアップロードできない
    4. HAR ファイルを生成する
    5. L1 フィードバックの自動ポップアップが表示されない
    6. 資格認定の作成中に、カタログに含まれる特定のコースを表示できない
    7. 学習プログラムの作成中に、カタログに含まれる特定のコースを表示できない
    8. 学習プログラムの廃止に関する問題
    9. バッジを割り当てられない
    10. Captivate Prime でセッションが期限切れになる
    11. コースを検索できない
    12. 移行に関する問題のトラブルシューティング
    13. Captivate Prime アプリに関する問題のトラブルシューティング
    14. Captivate Prime でユーザーが自動削除される
    15. EU ドメインにパブリッシュできない
    16. 社外ユーザーとして登録できない
    17. Adobe Captivate Prime と Okta Active Directory の連携
    18. コースに学習者を表示できない
    19. カレンダーを表示できない
    20. コースを完了した後、モジュールが完了とマークされない
    21. コースを完了した後、スキルを達成できない
    22. ラジオボタンが表示されない
    23. Captivate Prime で提出されたファイルを表示できない

この文書では、Adobe Captivate Prime デスクトップアプリケーションのインストールや使用中に発生する一般的な問題の解決方法について説明します。

問題

  1. インターネット接続とファイアウォールの設定を確認します。

  2. 「ソーシャル学習」で「新しい投稿」をクリックして、投稿を作成します。掲示板がない場合は、掲示板を先に作成します。

  3. スクリーンショット、音声の録音、ビデオの録画、Captivate Prime ギャラリーなど、コンテンツ作成で表示される投稿ボタンオプションのいずれかをクリックします。Adobe Captivate Prime デスクトップアプリケーションのページに自動的に移動します。このページから、Adobe Captivate Prime デスクトップアプリケーションをダウンロードできます。

  4. 有効な Adobe Captivate Prime アカウントがあり、管理者がこのアカウントでソーシャル学習を有効にしている必要があります。管理者が、Web ブラウザーからのダウンロードを許可していない場合もあります。Adobe Captivate Prime の管理者に、Adobe Captivate Prime デスクトップアプリケーションのダウンロード方法を確認してください。

  1. システムが最低限の必要システム構成を満たしていることを確認します。「Adobe Captivate Prime デスクトップアプリケーションの必要システム構成」を参照してください。

  2. 前にインストールした Adobe Captivate Prime デスクトップアプリケーションをクリーンアップします。詳細については、「前のインストールをクリーンアップする方法」を参照してください。

  3. インストール中にエラーが発生した場合は、「アプリケーションログを見つける方法」を参照してください。さらに詳しい情報が必要な場合は、Adobe Captivate Prime デスクトップアプリケーションの管理者に問い合わせください。

  1. Adobe Captivate Prime デスクトップアプリケーションがダウンロードされ、インストールされていることを確認します。

  2. 「ソーシャル学習」で「新しい投稿」をクリックします(掲示板がない場合は掲示板を作成します)。スクリーンショット、音声の録音、ビデオの録画、Adobe Captivate Prime ギャラリーなど、表示された投稿ボタンオプションのいずれかをクリックします。Adobe Captivate Prime デスクトップアプリケーションを起動できるページに自動的に移動します。

  3. アプリケーションが起動しない場合は、Windows のステートメニューまたは Mac OS X の Launchpad から起動することもできます。

  1. インターネットに接続していることを確認します。さらに、ファイアウォールの設定で Adobe Captivate Prime デスクトップアプリケーションがブロックされていないことを確認します。

  2. 有効な Adobe Captivate Prime 学習者アカウントがあり、管理者がこのアカウントでソーシャル学習を有効にしていることを確認します。

  3. まだログインできない場合には、Adobe Captivate Prime デスクトップアプリケーションを終了して再起動し、もう一度試してください。

  4. さらに詳しい情報が必要な場合は、Adobe Captivate Prime の管理者に連絡してください。

  1. Web カメラ / マイクがシステムに正しく接続され、正常に動作していることを確認します。

  2. Web カメラ / マイクの最新のドライバーがインストールされていることを確認します。専用のドライバーがないと正しく動作しない機器もあります。

  3. アプリケーションの環境設定をリセットして、Adobe Captivate Prime デスクトップアプリケーションを再起動し、もう一度試してください。詳細については、「アプリケーションの環境設定をリセットする方法」を参照してください。

  4. Mac OS X Mojave 10.14 の場合は、Web カメラ / マイクに対するアクセス権を Adobe Captivate Prime デスクトップアプリケーションに付与します。詳細については、「OSX Mojave で Web カメラ / マイクを設定する方法」を参照してください。

  1. 有効な Adobe Captivate Prime 学習者アカウントがあり、Adobe Captivate Prime 管理者がこのアカウントでソーシャル学習を有効にしていることを確認します。

  2. アプリケーションの環境設定をリセットして、Adobe Captivate Prime デスクトップアプリケーションを再起動し、もう一度試してください。詳細については、「アプリケーションの環境設定をリセットする方法」を参照してください。

  3. パブリッシュ中にエラーが発生した場合は、詳細ロギングを有効にします。詳細については、「詳細ロギングを有効にする方法」を参照して、Adobe Captivate Prime デスクトップアプリケーションを再起動し、エラーの原因となった上記の手順をやり直します。最新のアプリケーションログを Adobe Captivate Prime 管理者に送信します。詳細については、「アプリケーションログを見つける方法」を参照してください。

  1. 表示されるのは、Adobe Captivate Prime アカウントで同じコンピューターに作成したプロジェクトだけです。

  2. アプリケーションの環境設定をリセットして、Adobe Captivate Prime デスクトップアプリケーションを再起動し、もう一度試してください。詳細については、「アプリケーションの環境設定をリセットする方法」を参照してください。

  3. プロジェクトを開くときにエラーが発生した場合は、詳細ロギングを有効にします。詳細については、「詳細ロギングを有効にする方法」を参照してください。Adobe Captivate Prime デスクトップアプリケーションを再起動し、エラーの原因となった手順をやり直します。最新のアプリケーションログを Adobe Captivate Prime 管理者に送信します。詳細については、「アプリケーションログを見つける方法」を参照してください。

アプリケーションの環境設定をリセットする方法

Windows

  1. Windows + R キーを押して、ファイル名を指定して実行ダイアログを開きます。

  2. %APPDATA%\..\Local\Adobe\Captivate Prime 1.0 と入力して、Enter キーを押します。

  3. preferences.jsonpreferences.xml を削除します。

Mac OS X

  1. Finder を開きます。

  2. Cmd + Shift + G キーを押して、フォルダへ移動ダイアログを開きます。

  3. ~/Library/Application Support/Adobe/Captivate Prime 1.0 と入力して、Enter キーを押します。

  4. preferences.jsonpreferences.xml を削除します。

アプリケーションログを見つける方法

Windows

  1. Windows + R キーを押して、ファイル名を指定して実行ダイアログボックスを開きます。

  2. %TEMP%\elthor と入力して、Enter キーを押します。

  3. フォルダーを更新日で並べ替え、更新日が最も新しいフォルダーを開きます。このフォルダーに最新のアプリケーションログが保存されています。

Mac OS X

  1. Finder を開きます。

  2. Cmd + Shift + G キーを押して、フォルダへ移動ダイアログを開きます。

  3. /var/folders と入力して、Enter キーを押します。

  4. 検索バーで elthor を検索して、フォルダーを開きます。

  5. フォルダーを更新日で並べ替え、更新日が最も新しいフォルダーを開きます。このフォルダーに最新のアプリケーションログが保存されています。

詳細ロギングを有効にする方法

Windows

  1. Windows + R キーを押して、ファイル名を指定して実行ダイアログを開きます。

  2. %APPDATA%\..\Local\Adobe\Captivate Prime 1.0 と入力して、Enter キーを押します。

  3. preferences.json のバックアップを作成し、元のファイルをテキストエディターで開きます。

  4. debugMode キーを検索して、このキーの値のプロパティを true に変更します。

Mac OS X

  1. Finder を開きます。

  2. Cmd + Shift + G キーを押して、フォルダへ移動ダイアログを開きます。

  3. ~/Library/Application Support/Adobe/Captivate Prime 1.0 と入力して、Enter キーを押します。

  4. preferences.json のバックアップを作成し、元のファイルをテキストエディターで開きます。

  5. debugMode キーを検索して、このキーの値のプロパティを true に変更します。

Mac OS X Mojave で Web カメラ / マイクのアクセス権を設定する方法

  1. ドックのシステム環境設定アイコンをクリックします。

  2. セキュリティとプライバシープライバシーをクリックします。

  3. Web カメラとマイクのオプションをクリックして、Adobe Captivate Prime チェックボックスが選択されていることを確認します。リストに Adobe Captivate Prime がない場合は、Adobe Captivate Prime デスクトップアプリケーションをインストールして起動します。

Adobe Captivate Prime for Desktop の更新キャッシュをクリーンアップする方法

Windows

  1. Windows + R キーを押して、ファイル名を指定して実行ダイアログを開きます。

  2. %APPDATA%\..\Local\Adobe\Captivate Prime 1.0 と入力して、Enter キーを押します。

  3. updates というフォルダーを削除します。

Mac OS X

  1. Finder を開きます。

  2. Cmd + Shift + G キーを押して、フォルダへ移動ダイアログを開きます。

  3. ~/Library/Application Support/Adobe/Captivate Prime 1.0 と入力して、Enter キーを押します。

  4. updates というフォルダーを削除します。

Adobe Captivate Prime for Desktop の一時フォルダーをクリーンアップする方法

Windows

  1. Windows + R キーを押して、ファイル名を指定して実行ダイアログを開きます。

  2. %TEMP% と入力して、Enter キーを押します。

  3. elthor というフォルダーを削除します。

Mac OS X

  1. Finder を開きます。

  2. Cmd + Shift + G キーを押して、フォルダへ移動ダイアログを開きます。

  3. /var/folders と入力して、Enter キーを押します。

  4. 検索バーで elthor を検索します。

  5. elthor というフォルダーを削除します。

Adobe Captivate Prime for Desktop プロジェクトを探す方法

Windows

  1. Windows + R キーを押して、ファイル名を指定して実行ダイアログを開きます。

  2. ~/Documents/My Adobe Captivate Prime Projects と入力して、Enter キーを押します。

  3. ユーザーまたは Adobe Captivate Prime 管理者が、デフォルトのプロジェクトフォルダーの場所を変更している可能性があります。プロジェクトの検索とクリーンアップの詳細については、管理者に確認してください。

Mac OS X

  1. Finder を開きます。

  2. Cmd + Shift + G キーを押して、フォルダへ移動ダイアログを開きます。

  3. ~/Documents/My Adobe Captivate Prime Projects と入力して、Enter キーを押します。

    注意:

    ユーザーまたは Adobe Captivate Prime 管理者が、デフォルトのプロジェクトフォルダーの場所を変更している可能性があります。プロジェクトの検索とクリーンアップの詳細については、管理者に確認してください。

前にインストールした Adobe Captivate Prime デスクトップアプリケーションをクリーンアップする方法

Windows

  1. Windows + R キーを押して、ファイル名を指定して実行ダイアログを開きます。

  2. regedit と入力して、HKEY_LOCAL_MACHINE \SOFTWARE\Classes\Installer\ または HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer\UserData\S-1-5-18\Products\ を検索し、Enter を押します。

  3. Adobe Captivate Prime という名前のフォルダーを検索し、前のインストールが存在を確認します。レジストリエントリを削除します。  F3 キーを押して、キーを検索することもできます。

Mac OS X

/Applications/Adobe Captivate Prime/Users/Shared/Adobe/Captivate Prime Assets/1.0 からごみ箱にファイルを移動し、ごみ箱を空にします。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合