多くの場合、Web アプリまたはモバイルアプリのデザイン中に繰り返しエレメントまたはコンテンツリストを定義する必要があります。ただし、これらのエレメントの作成や、デザイン変更時の更新には、時間がかかることがあります。

Adobe Experience Design CC(Beta)のリピートグリッド機能では、エレメントのグループが繰り返しエレメントに変更されます。エレメントをいずれかの方向に引っ張ると、グリッドが繰り返されます。エレメントのスタイルを変更すると、その変更はグリッドのすべてのエレメントに複製されます。例えば、いずれかのエレメントの画像サイズを変更すると、グリッド内のすべての画像が自動的にサイズ変更されます。

グリッドにテキストエレメントがある場合は、そのスタイルのみが複製され、コンテンツは複製されません。そのため、グリッドエレメントのコンテンツは異なったまま、テキストエレメントを素早くスタイル設定できます。

グリッドにテキストファイルをドラッグすれば、リピートグリッドのプレースホルダーテキストを置換できます。

  1. 繰り返す基本エレメントをデザインします。例えば、画像のサムネイルとテキストの組み合わせをデザインします。

  2. 繰り返すエレメントを選択し、プロパティインスペクターで「リピートグリッド」をクリックします。

    エレメントの境界線に大きなハンドルが表示されます。

    エレメントまたはエレメントのグループを繰り返すためのハンドル

  3. 垂直方向のグリッドでエレメントを繰り返すには、エレメントの下部にあるハンドルをドラッグします。水平方向のグリッドでエレメントを繰り返すには、エレメントの右側にあるハンドルをドラッグします。

    繰り返しエレメントを含む水平方向のグリッド

    繰り返しエレメントを含む垂直方向のグリッド

  4. グリッドの 2 つのエレメントの間隔を調整するには、エレメント間の隙間にポインターを置きます。カーソルが二重矢印に変わったら、ドラッグして間隔を増減します。

    繰り返しエレメントの間隔の調整

  5. グリッドの画像を置き換えるには、Finder を開き、プロジェクトの画像を保存した場所に移動します。グリッドに表示する画像をすべて選択して、リピートグリッド内のターゲットオブジェクトにドラッグ&ドロップします。

    古い画像が新しい画像に置き換えられます。サイズは自動調整されます。

  6. 編集するグリッドのエレメントを選択するには、グリッドをダブルクリックします。

グリッドエレメントをグループ解除して個々に操作するには、グリッドを選択し、プロパティインスペクターで「グリッドをグループ解除」をクリックします。

リピートグリッドへのテキストファイルのドラッグ

グリッドにテキストファイルをドラッグするだけで、リピートグリッドのプレースホルダーテキストを置換できます。

  1. テキストファイルのテキストを書式設定し、テキストを次のグリッドに流し込む場所に改行を追加します。

  2. リピートグリッドにテキストファイルをドラッグします。

    リピートグリッドは、テキストファイルと同じテキストのシーケンスでデータが設定されます。ファイル内のテキストの行数よりグリッド数が多い場合は、シーケンスが繰り返されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー