2 月 11 日の XD 27(2020 年 2 月)リリースで、Adobe XD にグループ共有が導入されました。グループ共有は、Microsoft Azure Active Directory と Adobe Admin Console の同期に依存するエンタープライズ版の機能です。

  • XD 27リリースの新機能

XD 27(2020 年 2 月)リリースで Adobe XD にグループ共有が導入されました。グループ共有を使用すると、 DL-xyzGrp-abcなどの組織グループを受信者として選択して追加し、XD クラウドドキュメントにユーザーを招待したり、XD デザインスペックやプロトタイプに対するプライベートリンクを共有したりできます。

現在、グループ共有を利用できるのは、Enterprise ID または Federated ID を使用し、XD 公開サービスを有効にしている CCE ユーザーだけです。CC サービスが無効になっている場合、グループ共有は機能しません。

  • XD の現在の招待機能とグループ共有の違いは何ですか?

現在、XD クラウドドキュメントまたは公開リンクに招待者を追加するには、個々の名前と電子メールアドレスを入力する必要があります。入力する件数が多いと、これは面倒な作業になります。

  • グループ共有はいつ使用しますか。また、どのようなメリットがありますか?

グループ共有は、クラウドドキュメントや公開済みのプライベートリンクをチームの複数のメンバーと共有する場合に使用します。グループ共有では、個々の電子メールアドレスを入力する必要はありません。組織グループを直接追加できるので、作品を簡単に共有し、共同作業をスムーズに進めることができます。これにより、面倒な手間を省き、時間を短縮できます。

  • グループ共有を設定するには、どうしたらよいですか?
group-share
招待ポップアップメニューで「Adobe」と入力すると、組織のアドレス帳と一致するグループの一覧が表示されます
reshare-group
自動提案ドロップダウンに XD グループ名が表示されます
  • グループ共有を使うには、どのような前提条件がありますか?

IT 管理者

この機能を使用するには:

  • 組織が ID プロバイダーとして Azure Active Directory を使用している必要があります。 
  • XD 公開サービスが有効で、Microsoft Azure Active Directory と Adobe Admin Console が同期している必要があります。
  • Azure Active Directory が Adobe Admin Console と同期されている場合は、グループ共有を有効にするために追加の操作を行う必要はありません。Azure AD Connector で SSO を設定する方法については、「Azure AD Connector で SSO を設定する」を参照してください。

組織で別の ID プロバイダーを使用している場合は、Azure AD に切り替えるか、Azure AD に移行して、AD グループを使用する必要があります。移行サポートは 2020 年 6 月から開始します。

デザイナーとステークホルダー

デザイナーやステークホルダーが追加で行う操作や設定はありません。

組織のアドレス帳にあるグループに関連付けられた電子メールアドレスはありません。会社が Azure AD を使用し、すべてのグループが同期されているときに、招待ポップアップメニューで ORG-MYBOSS-DIRECTS を選択すると、招待が機能します。招待ポップアップの編集フィールドに ORG-MYBOSS-DIRECTS@company.com という電子メールアドレスを手動で入力しても、招待は機能しません。

  • グループの招待者が共有ドキュメントやプライベートリンクにアクセスするには、どうしたらよいですか?

プライベートリンクにアクセスするには、招待者はエンタープライズ版の Adobe ID を使用してログインする必要があります。関連付けられた組織とグループに基づいて、Enterprise ID が認識されます。これにより、アクセスの管理が簡単になります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー