この記事では、Windows マシンでクラッシュダンプを生成する方法について説明します。

クラッシュダンプを有効にする

Windows では、クラッシュダンプがデフォルトで有効になっていません。この機能を有効にするには、管理者権限が必要です。以下にクラッシュダンプを有効にする手順を示します。

注意:

この情報は Microsoft の Web ページからの情報です。問題が発生した場合は、Microsoft のサポートにお問い合わせください。

  1. レジストリエディタを開きます。

    次の手順に従って、レジストリエディタを開きます。

    1. Windows + R キーを押して、「ファイル名を指定して実行」コマンドボックスを開きます。
    2. ファイル名を指定して実行ウィンドウに regedit と入力します。
    3. ユーザー制御ウィンドウポップアップボックスで はい」をクリックします。
  2. Windows Error Reporting キーのバックアップを作成します。。

    レジストリエディターで変更を行う前に、編集するレジストリキーのバックアップを作成することを推奨します。以下にバックアップの作成手順を示します。

    1. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\ に移動します。
    2. Windows Error Reporting キーを右クリックします。
    3. エクスポート」を選択してデスクトップに.reg ファイルを保存します。。
    backup
  3. LocalDumps キーを作成します。

    次の手順に従います。

    1. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\Windows Error Reporting に移動します。
    2. Windows Error Reporting キーを選択し、LocalDumps という名前の新しいキーを作成します(存在しない場合)。

    1. Windows Error Reporting を右クリックします。

    2. 「新規」を選択してから、「キー」を選択します。

    3. キーに LocalDumps と名前を付けます。

    createkey

    注意:

    新規キーを作成する前に Windows Error Reporting キーのバックアップを作成していることを確認します。

  4. LocalDumps キーのレジストリ値を作成します。

    LocalDump キーを選択して、以下に示す 3 つのレジストリ値を作成します。

    • DumpFolder レジストリ値
    1. 右側の空白領域を右クリックして、新規展開可能な文字列値を選択します。
    2. DumpFolder という名前を付けます。
    3. これをダブルクリックして、「値のデータ」フィールドに %LOCALAPPDATA%\CrashDumps を入力します。
    • DumpCount レジストリ値
    1. 右側の空白領域を右クリックして、新規DWORD (32 ビット) 値を選択します。
    2. DumpCount という名前を付けます。
    3. これをダブルクリックして、「値のデータ」フィールドに 10 を入力します
    • DumpType レジストリ値
    1. 右側の空白領域を右クリックして、新規DWORD (32 ビット) 値を選択します。
    2. DumpType という名前を付けます。
    3. これをダブルクリックして、「値のデータ」フィールドに を入力します
    createvalue

クラッシュダンプを収集する

クラッシュダンプを有効にする」セクションの手順を実行した後、ソフトウェアの強制終了を再現して、ソフトウェア名で関連する .dmp ファイルを %localAppdata%\Packages\Adobe.CC.XD_adky2gkssdxte\AC\Dump から収集します。


これには、スタート/ファイル名を指定して実行/%localAppdata%\ Packages \ Adobe.CC.XD_adky2gkssdxte \ AC \ Dumps に移動します。