Adobe XD の音声機能は、画面を越えた体験の創造をもたらします。音声コマンドと音声再生を使用したデザインとプロトタイプの作成方法を学習します。
Voice

音声プロトタイプと XD の統合

Adobe XD の音声機能を利用することで、設計者はメディアの音声をプロトタイプに組み込むことができ、モバイルアプリケーション内での音声検索の統合、カーナビゲーションシステムのターンバイターン方向の音声出力、または小売環境においてインタラクティブキオスクにこれらのいずれも組み込むなど多様なことをおこなえます。

Adobe XDは、音声コマンドを使用して音声をプロトタイピングワークフローにシームレスに統合し、音声アプリケーションの初期段階にデザイナーが関与できるようにします。

音声コマンドを使用すると、口頭コマンドを使用して対話を開始できます。 トリガーとしてクリックまたはタップを使用するのと同様に、XD のプロトタイプモード内で特定の発話をトリガーとして追加できます。音声再生を使用すると、プロトタイプとのやりとりに使用できる強力なテキスト読み上げエンジンにアクセスすることができます。

音声デザインとプロトタイプ作成
音声デザインとプロトタイプ作成

XD の音声機能のメリット

  • 音声というメディアを使って、体験をデザイン、プロトタイプ化、共有できます。

  • 新しいプラットフォームやデバイスの体験(音声アシスタント、スマートスピーカーなど)を作成します。

  • 音声技術やコーディングに関する知識がなくても、他のプロトタイピングインタラクションのように音声を簡単に追加できます。

プロトタイプ内で音声を使用するための前提条件

  • XD バージョン 13.0 以降。音声機能を追加およびプレビューするために必要です。
  • 音声機能と対話するための信頼性の高いインターネット接続
  • 組み込み型またはオフラインのプロトタイプで音声コマンドを使用することはできません。

音声によって起動する場合のハードウエア依存性

  • Adobe XD は、使用されているデバイスのマイクにアクセスする必要があります。

  • スピーカーが有効になっていることを確認し、プロトタイプに組み込まれたスピーチ再生を聞くために適切な音量レベルに設定してください。

音声機能でサポートされている言語

Adobe XD の音声コマンドと音声再生機能は、ローカライズされたすべてのバージョンの XD で翻訳されています。音声コマンドと音声再生機能は、英語、ドイツ語、日本語、韓国語、中国語、スペイン語、ブラジルポルトガル語、およびフランス語で利用できます。これらの機能は、お使いのコンピューター上の言語地域の設定に基づきます。

音声検出はアクセントに最適化されており、音声再生では、お客様の地域に応じたアクセント付きの様々な音声が提供されます。

音声プロトタイピングに関連する具体的な使用事例

音声プロトタイピングは、常に市場を占有する新しいデバイスを使用した急速に進化しつつあるテクノロジーです。Adobe XD を使用した音声プロトタイピングの例をいくつか紹介します。

  • モバイルアプリケーション内の音声検索
  • Amazon Alexa、Google Assistant、Microsoft Cortana などの音声アプライアンス用のサードパーティアプリケーション
  • カーナビゲーションシステムでのターンバイターン方向のスピーチ出力
  • 小売環境でのインタラクティブキオスク

音声プロトタイピングに関連する一般的なワークフロー

ワークフローの一部を以下に示します。

  • 音声コントロールをプロトタイプへの入力として追加し、統合をプレビューする。
  • アートボードでの音声入力に音声応答を追加する。
  • 音声対応の公開プロトタイプを他の設計者と共有したり、見込ユーザーに対して使用可能性をテストしたりできます。

音声コマンドを使用してプロトタイプを作成する

音声プロトタイプおよび音声再生応答を作成、公開、プレビューする方法の情報については、音声コマンドを使用してプロトタイプを作成するを参照してください。

プレビューモードでの音声コマンドの有効化

プロトタイプをプレビューするとき:

  • デスクトップまたはノートパソコン:スペースバーを押し続けます。
  • Adobe XD モバイルアプリケーション(#iOS /#Android):画面上の任意の場所で長押しのジェスチャーを使用します。画面上に指を置き(動かさずに)、指を戻す前に音声コマンドを使用します。
  • スマートフォンのモバイルブラウザー:画面の右下隅にあるマイクアイコンを押し続けます。
Speach-back-2

音声機能の使用に関するベストプラクティス

  • 音声やスピーチを扱う際の共通のパターンは、実際には 1 回のインタラクションでそれらを結合しないことです。それらを一緒に使用するには、音声トリガーを使用して、最初のアートボードから 2 枚目のアートボードに移行します。次に、第 2 のアートボードで、スピーチ再生の時間トリガーを使用します。これは、音声トリガーを使用しているときのビジュアルレスポンスと音声再生を組み合わせたものです。
  • 複数の音声トリガーを同じアートボードに追加する場合は、プレースホルダーオブジェクトを使用します。 例えば、複数の円をデザインモードとプロトタイプモードでアートボードに追加し、各円に異なる音声トリガーを追加します。 円を隠すには、レイヤーパネル中の目のアイコンをクリックします。オブジェクトはアートボードに表示されませんが、それらに関連付けられた音声トリガーはプレビュー中も引き続き機能します。

音声関連のエラーや問題のトラブルシューティング

音声コマンドが正確に設定されていると仮定して、マイクの設定をチェックして、Adobe XD にマイクへのアクセス権があることを確認します。

Adobe XD は、発話を、利用可能な一連のコマンドに一致させるよう最善を尽くします。正確なマッピングを必要としませんが、どれだけ近づけるかはフレーズによって異なります。音声の操作で重要な部分は、Adobe XD がデザイン内の様々なフレーズをどのように処理するかをテストすることです。

デバイスがミュートされておらず、音量が上がっていることを確認してください。音声再生を検証するには、プロトタイプモードに入り、タップトリガーおよび音声再生を使用するオブジェクトにインタラクションを追加するのが良い方法です。プレビューモードで、オブジェクトをクリックして音声再生を聞きます。

一部のワイヤレスヘッドフォンは、音声トリガーや音声再生では正常に動作しない場合があります。 問題がある場合は、ワイヤレスヘッドフォンを取り外してみてください。

デスクトップまたは Web でのプロトタイプのプレビュー中に、音声によって開始される操作をトラブルシューティングできるようになりました。詳しくは、通知を使用して音声による操作をトラブルシューティングする方法を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー