Creative Cloud ライブラリアセットの利用

Adobe XD と他の Creative Cloud アプリケーションとの間で、Creative Cloud ライブラリを介してデザイン素材を共有する方法を説明します。

XD を使用すると、お客様やお客様のグループは、Photoshop や Illustrator などの様々な Creative Cloud アプリケーションで作成されたアセットを簡単に使用できます。Creative Cloud ライブラリは、これらのアプリケーション間でアセットを簡単に共有できるようにデザインされています。Creative Cloud ライブラリでは、Creative Cloud アカウントに同期されたグラフィック、画像、カラー、テキストスタイルなどのコンテンツをライブラリに保存できます。

Creative Cloud ライブラリを使用するには、すべての CC アプリケーションに同じ Adobe ID でログインする必要があります。 

XD と他の Creative Cloud アプリケーション(Photoshop や Illustrator など)との間でアセットを再利用するには、次のワークフローを使用します。

読み込むアセットを選択

XD にアセットをコピー & ペースト

CC ライブラリパネルに Photoshop または Illustrator のアセットをドラッグ&ドロップするか、CC ライブラリパネルで「+」をクリックして、アセットを追加します。

XD でファイル/CC ライブラリを開くをクリックします。Adobe XD プロジェクトに Photoshop または Illustrator のアセットをドラッグ&ドロップします。アセットをダブルクリックして、変更を適用し、保存します。

XD からのアセットの再利用

クラウドドキュメントで、再利用可能なカラー、文字スタイル、コンポーネントをすべて作成したら、それらのドキュメントアセットをライブラリとして公開します。これにより、すべてのプロジェクトで一貫して再利用できるようになります。

ライブラリを公開するには、ドキュメントアセットパネルの右上にあるライブラリとして公開 アイコンをクリックして、ライブラリマネージャーを開きます。ドキュメントに定義されているすべてのカラー、文字スタイル、およびコンポーネントを使用してライブラリを作成するには、公開ボタンをクリックします。

  • ライブラリの所有者がドキュメントを共有すると、他のユーザーがリンクされたアセットを活用できるようになります。
  • ライブラリの利用者は、ライブラリへの招待を受け入れることができるほか、変更をプレビューしたり受け入れたりすることができます。また共有アセットを再利用でき、所有者が共有アセットを更新したときにシームレスに更新できます。  

CC ライブラリを使用してアセットとデザインシステムを共有する方法について詳しくは、「XD での Creative Cloud ライブラリの操作」を参照してください。

この機能を試す

Creative Cloud ライブラリのワークフローをお試しいただくために、以下のサンプルファイルをダウンロードすることができます:
サンプルファイル

詳細情報

「XD は Adobe のエコシステムに適切に統合されているので、Creative Cloud ライブラリにより多くのデザイナーが他のアプリケーションで作成したアセットを保存するだけでなく、素早く編集して、すべての同期を維持できます。」(Howard Pinsky、XD シニアエバンジェリスト

このビデオでは、Photoshop および Illustrator からアセットをライブラリに追加し、ソースアプリケーションに戻ってアセットを編集する方法を紹介しています。

視聴時間:2 分

次のステップ

これで、CC ライブラリからデザインを XD にコピー&ペーストすることができました。さらに一歩踏み込んで、Photoshop のデザインを XD で読み込む方法や、開く方法についてご確認ください。

ご質問または共有するアイデアがある場合

ご質問または共有するアイデアがある場合は、Adobe XD コミュニティにぜひご参加ください。皆様からのご意見や作品をお待ちしております。

アドビのロゴ

アカウントにログイン