レイヤー、アートボード、アートワーク、ベクトルのネイティブマッピングを使用してアセットを After Effects にシームレスに転送するときに、サポートされる機能とサポートされない機能の詳細なリスト。

After Effects に書き出す際にサポートされる機能

  • ベクトルシェイプ
  • パス
  • テキストレイヤー
  • ビットマップ
  • マスク
  • グループ
  • アートボード
  • シンボル
  • ブール演算
  • 塗り
  • 不透明度
  • 被写体のぼかし
  • バックグラウンドのぼかしと明るさ
  • 画像としてのグラデーション
  • グリッドの繰り返し

After Effects に書き出す際にサポートされない機能

  • テキスト範囲のスタイル
  • 段落スペース
  • アートボードバックグラウンドのグラデーション
  • バックグラウンドのぼかしの不透明度とストローク
  • フリップした画像
  • ブール演算を含むレイヤーはパスとして書き出されます。
  • 角の丸みが異なる長方形はパスとして書き出されます。
  • シンボルオーバーライドは、別々のプリコンプとして書き出されます。
  • 内側のストロークと外側のストロークは After Effects で中央ストロークとして書き出されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー