Adobe XD のデザインおよびプロトタイプインターフェイスについて説明します。

Adobe XD CC では、ツールバーやプロパティインスペクターなどの各種のエレメントを使用して、デザインとプロトタイプの作成や操作を行います。Adobe XD のワークスペースは、これらのエレメントから構成されています。

ホーム画面

Adobe XD を起動すると、ホーム画面が表示されます。

ホーム画面では、アートボードプリセット、アドオン、最近アクセスした XD ファイル、XD の新着情報、学習とサポートの記事、組み込みチュートリアル、および製品のフィードバックを提供するためのオプションにすばやくアクセスできます。

XD のホーム画面
XD のホーム画面

アドオン

プラグイン、UI キット、アプリケーションの統合には、ホーム画面の左ペインにある「アドオン 」タブをクリックすることによりアクセスできます。

プラグインでは、複雑で反復の多いタスクを自動化したり、ネイティブの XD ワークフロー内で外部サービスやアプリケーションを統合したりすることにより、XD の機能が拡張されます。詳細は、以下のAdobe XD用プラグインを参照してください。

UI キットには、様々なプラットフォームに固有のグラフィック要素が用意されています。詳しくは、UI デザインキットへのアクセスを参照してください。

アプリケーションインテグレーション(JIRA など)は、デザイナーやステークホルダーにコンプリートプランソリューションを提供します。

ローカルコンピューター

コンピューターファイルピッカーを使用して、ローカルの XD ファイルにアクセスできます。

新機能

XD が提供するすべての最新機能の概要を表示します。

学習とサポート

XD、チュートリアル、ユーザーガイドの概要に関する記事にアクセスできます。

フィードバックの提供

既存のバグに関するフィードバックを提供したり、UserVoice ポータルで新機能のリクエストをしたりできます。

アートボードプリセット

ホーム画面で事前設定されたアートボードのサイズのいずれかを直接クリックしてデザインを開始します。カスタムアートボードサイズを作成することもできます。アートボードについて詳しくは、アートボードの操作を参照してください。

最近使用したファイル

アートボードプリセットの下の最近使用したファイルセクションから、最新使用した XD ファイルにアクセスします。

チュートリアルの開始

アートボードプリセットの横にあるチュートリアルを開始セクションから、組み込みチュートリアルにアクセスして、Adobe XD で何が作成できるか確認します。

ワークスペースの概要

Mac

Mac 版 Adobe XD ワークスペース
Mac 版 Adobe XD ワークスペース

A. メインメニュー B. デザインモード C. プロトタイプモード D. モバイルデバイスで表示 E. プレビュー F. オンラインで共有する G. プロパティインスペクター H. ペーストボード I. アートボード J. ツールバー 

メインメニュー

ファイルメニュー、編集メニュー、オブジェクトメニュー、表示メニュー、ウィンドウメニューおよびヘルプメニューが含まれており、各メニュー内にはサブメニューが含まれています。

デザインモード

デザインモードでは、プロジェクトを構成するアートボードを作成およびデザインできます。他のツールを使用して作成されたアセットまたは Web で作成されたアセットを読み込むこと、または XD でグラフィックを作成することができます。

プロトタイプモード

プロトタイプモードでは、アートボード同士をリンクしたり、デザインのビデオデモを作成したりすることができます(現在は Mac のみ)。また、デザインのプロトタイプをブラウザーまたはデバイスで作成したり、他のユーザーとプロトタイプを共有したり、フィードバックを取得したりすることもできます。

アプリケーションツールバー

デザインモード、プロトタイプモード、カンバスのズームレベル、プレビュー、共有オプションにアクセスできます

ツールバー

選択ツール、描画ツール、テキストツール、アートボードツール、およびシンボルやレイヤーパネルにアクセスできます。

プロパティインスペクター

プロパティインスペクターを使用すると、オブジェクトの様々なプロパティを定義し、異なるオプションを使用してオブジェクトを操作することができます。例えば、背景、塗り、境界線、シャドウ、整列、オブジェクトサイズを指定できます。また、複数のオブジェクトを組み合わせて、まったく新しいオブジェクトを作成することもできます。繰り返すエレメントをレイアウトするには、プロパティインスペクターの「リピートグリッド」オプションを使用します。スクロール時に複数のエレメントの位置を固定するには、「固定位置」オプションを使用します。また、数学計算を使用して、精度の高いデザインを作成する、オブジェクトを新しい場所に移動する、またはオブジェクトの幅と高さを変更することもできます。

 

ワークエリア

カンバスまたはアートボードが、作成したアセットとともに含まれています。ペーストボード(アートボード周囲のグレーの領域)では、作業中の作品や既存のアートボードに含めない作品を配置できます。

Windows

Windows 10 版の XD インターフェイスは、若干の相違を除いて Mac 版のインターフェイスと同様です。

  • Windows には、最上位レベルメニューとオブジェクトメニューはありません。代わりに、オブジェクトを右クリックしてコンテキストメニューを使用します。
  • Windows 版 XD には、左上隅にファイルの作成、オープン、保存やアセットの書き出しができるハンバーガーメニューがあります。
Windows 版 Adobe XD ワークスペース
Windows 版 Adobe XD ワークスペース

A. デザインモード B. プロトタイプモード C. メインツールバー D. プレビュー E. オンラインで共有する F. プロパティインスペクター G. ペーストボード H. アートボード I. ツールバー J. ポップアップメニュー 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー