マニュアル キャンセル

ブレンド効果の適用

  1. Adobe XD ユーザーガイド
  2. はじめに
    1. Adobe XD の新機能
    2. よくある質問
    3. Adobe XD でのデザイン、プロトタイプ、共有
    4. カラーマネジメント
    5. 必要システム構成
      1. ハードウェアとソフトウェアの要件
      2. Adobe XD、Big Sur、Apple Silicon | macOS 11
    6. ワークスペースの基本
    7. Adobe XD でのアプリ言語の変更
    8. UI デザインキットへのアクセス
    9. Adobe XD のアクセシビリティ
    10. ショートカットキー
    11. ヒントとテクニック
  3. デザイン
    1. アートボード、ガイド、レイヤー
      1. アートボードの基本を学ぶ
      2. グリッドとガイドを使う
      3. スクロール可能なアートボードの作成
      4. レイヤーの操作
      5. スクロールグループを作成する
    2. シェイプ、オブジェクト、パス
      1. オブジェクトの選択、サイズ変更および回転
      2. オブジェクトの移動、分散および整列
      3. オブジェクトのグループ化、ロック、複製、コピー、および反転
      4. オブジェクトのストローク、塗り、ドロップシャドウの設定
      5. 繰り返しオブジェクトの作成
      6. 3D 変形を使って透視図を作成
      7. ブール演算を使用したオブジェクトの編集
    3. テキストとフォント
      1. 描画ツールとテキストツールの操作
      2. Adobe XD のフォント
    4. コンポーネントとステート
      1. コンポーネントによる作業
      2. 入れ子になったコンポーネントの操作
      3. コンポーネントへの複数ステートの追加
    5. マスキングと効果
      1. シェイプでマスクを作成
      2. ぼかし効果の操作
      3. グラデーションの作成と修正
      4. ブレンド効果の適用
    6. レイアウト
      1. レスポンシブサイズ変更とレイアウトの制約
      2. コンポーネントとグループへの固定パディングの設定
      3. スタックを使用して動的なデザインを作成する
    7. ビデオと Lottie アニメーション
      1. ビデオを操作
      2. ビデオを使用したプロトタイプの作成
      3. Lottie アニメーションを操作
  4. プロトタイプ
    1. インタラクティブプロトタイプを作成
    2. プロトタイプのアニメーション化
    3. 自動アニメーションでサポートされているオブジェクトプロパティ
    4. キーボードとゲームパッドでプロトタイプを作成
    5. 音声コマンドや音声再生を使用したプロトタイプの作成
    6. タイマートランジションの作成
    7. オーバーレイの追加
    8. 音声機能付きプロトタイプのデザイン
    9. アンカーリンクを作成
    10. ハイパーリンクの作成
    11. デザインとプロトタイプのプレビュー
  5. 共有、書き出し、およびレビュー
    1. 選択したアートボードの共有
    2. デザインおよびプロトタイプの共有
    3. リンクのアクセス権限を設定
    4. プロトタイプを操作
    5. プロトタイプのレビュー
    6. デザインスペックの使用方法
    7. デザインスペックの共有
    8. デザインスペックを確認する
    9. デザインスペックのナビゲート
    10. デザインスペックのレビューとコメント
    11. アセットの書き出し
    12. デザインスペックからのデザイン素材の書き出しとダウンロード
    13. エンタープライズ版のグループ共有
    14. XD アセットのバックアップまたは移行
  6. デザインシステム
    1. Creative Cloud ライブラリと連携したデザインシステム
    2. Adobe XD でドキュメントアセットによる作業
    3. Adobe XD での Creative Cloud ライブラリの操作
    4. リンク化アセットから Creative Cloud ライブラリへ移行
    5. デザイントークンを使用する 
    6. Creative Cloud ライブラリアセットの利用
  7. クラウドドキュメント
    1. Adobe XD のクラウドドキュメント
    2. デザインの共同作業と共同編集
    3. 共有されたドキュメントの共同編集
  8. 統合とプラグイン
    1. 外部のデザイン素材
    2. Photoshop で作成したデザインアセットの操作
    3. Photoshop からのアセットのコピー&ペースト
    4. Photoshop のデザインの読み込みまたは起動
    5. Adobe XD での Illustrator アセットの操作
    6. Illustrator のデザインの起動または読み込み
    7. Illustrator から XD へのベクターのコピー
    8. Adobe XD のプラグイン
    9. プラグインの作成と管理
    10. XD への Jira の統合
    11. XD 用 Slack プラグイン
    12. XD 用 Zoom プラグイン
    13. XD から Behance にデザインを公開
  9. XD iOS 版および Android 版
    1. モバイルデバイスでプレビュー
    2. Adobe XD モバイル版に関する FAQ
  10. トラブルシューティング
    1. 既知の問題と修正された問題
      1. 既知の問題
      2. 解決済みの問題
    2. インストールと更新
      1. XD が Windows 上で互換性がないように見える
      2. エラーコード:191
      3. エラーコード:183
      4. XD プラグインのインストールに関する問題
      5. Windows 10 で XD のアンインストールと再インストールを促すダイアログが表示される
      6. 環境設定の移行に関する問題
    3. 起動時のクラッシュ
      1. Windows 10 で起動すると XD がクラッシュする
      2. Creative Cloud からログアウトすると XD が終了する
      3. Windows でのサブスクリプションステータスの問題
      4. Windows で XD を起動すると、アプリがブロックされたという警告が表示される
      5. Windows でのクラッシュダンプの生成
      6. クラッシュログの収集と共有
    4. クラウドドキュメントおよび Creative Cloud ライブラリ
      1. XD クラウドドキュメントで発生する問題
      2. リンクされたコンポーネントに関する問題
      3. ライブラリとリンクに関する問題
    5. プロトタイプ作成、公開、レビュー
      1. macOS Catalina でプロトタイプのインタラクションを収録できない
      2. 公開ワークフローの問題
      3. 公開されたリンクがブラウザーに表示されない
      4. プロトタイプがブラウザーで正しくレンダリングされない
      5. コメントパネルが突然共有リンクに表示される
      6. ライブラリを公開できない
    6. 読み込み、書き出し、その他のアプリの操作
      1. XD での読み込みと書き出し
      2. XD での Photoshop ファイルの使用
      3. XD での Illustrator ファイルの使用
      4. XD から After Effects への書き出し
      5. XD での Sketch ファイルの使用
      6. 書き出しに表示されないサードパーティ製品

デザインをさらに改良するためのブレンド効果の最適な使用方法を説明します。

デザインで画像を使用するときに、シンプルな写真に目を引くユニークな効果を追加したい場合があります。例えば、ブランドカラーを効果として画像に追加して、視覚的に魅力的なデザインを作成したい場合などです。 

描画モードを使用すると、あらかじめ定義された一連のモードを使用して、複数レイヤーを組み合わせることで、合成画像アセットを自動的に作成できます。 

乗算スクリーンハードライト、除外、輝度描画モードを使用して作成された効果の例をいくつか紹介します。

描画モード
ブレンド効果を使用して、色を使って魔法を生み出しましょう。

合成色に関する用語について

  • 合成色は、選択されたオブジェクト、グループ、またはレイヤーのオリジナルカラーです。

  • 基本色は、アートワークの元になるカラーです。

  • 結果色は、合成によって生成されるカラーです。

基本色と合成色の混合は、選択した描画モードによって決まります。

ブレンドに関する用語

A. 合成色 B. 基本色 C. 結果色 

グループ 描画モード デザインの結果
通常 通常 これは初期設定のモードで、描画モードは適用されません。
比較(暗) 比較(暗) 各画像内のカラー情報に基づき、基本色または合成色のいずれか暗い方を結果の色として選択します。合成色よりも明るいピクセルが置き換えられ、合成色よりも暗いピクセルは変更されません。
  乗算 各画像内のカラー情報に基づき、基本色と合成色を掛け合わせます。結果の色は暗いカラーになります。
  焼き込みカラー 各画像のカラー情報に基づき、基本色を暗くして基本色と合成色のコントラストを強くし、合成色を反映します。 
比較(明) 比較(明) 各画像内のカラー情報に基づき、基本色または合成色のいずれか明るい方を結果の色として選択します。
  スクリーン 各画像のカラー情報に基づき、合成色と基本色を反転したカラーを乗算します。結果の色は明るいカラーになります。 
  覆い焼きカラー 各画像のカラー情報に基づき、基本色を明るくして基本色と合成色のコントラストを落とし、合成色を反映します。
コントラスト オーバーレイ 基本色に応じて、カラーを乗算またはスクリーンします。基本色のハイライトおよびシャドウを保持しながら、パターンまたはカラーを既存のピクセルに重ねます。 
  ソフトライト 合成色に応じて、カラーを暗くまたは明るくします。画像上でスポットライトを照らしたような効果が得られます。
  ハードライト 合成色に応じて、カラーを乗算またはスクリーンします。画像上で直接スポットライトを照らしたような効果が得られます。 
反転 差の絶対値 各画像内のカラー情報に基づき、合成色を基本色から取り除くか、基本色を合成色から取り除きます。明るさの値の大きい方のカラーから小さい方のカラーを取り除きます。 
  除外 差の絶対値モードと似ていますが、効果のコントラストはより低くなります。
コンポーネント 色相 ベースカラーの輝度と彩度、およびブレンドカラーの色相を持つ最終カラーが作成されます。
  彩度 基本色の輝度と色相および合成色の彩度を使用して、結果の色を作成します。 
  カラー 基本色の輝度と、合成色の色相および彩度を使用して、結果の色を作成します。 
  輝度 基本色の色相および彩度と、合成色の輝度を使用して、結果の色を作成します。

ブレンド効果を作成するには

  1. 始める前に、描画モードの適用または変更時にどのようにオブジェクトを扱うかに関する簡単なルールを説明します。

    • アピアランス:プロジェクト全体に適用および反映されます。
    • マスターコンポーネント:デザインプロジェクト内のすべてのインスタンスに適用/反映されます。例えば、マスターコンポーネント内のオブジェクトの色を変えた場合、その変更は、デザインプロジェクト内のすべてのインスタンスにカスケードされます。

    • コンポーネントインスタンス:コンポーネントインスタンス内の適用された描画モードをオーバーライドします。
    • リピートグリッド:すべてのセルに適用されます。
    • 相互運用性:Photoshop、Illustrator、Sketch、After Effects の使用時にブレンド効果を保持します。
  2. デザインカンバスで画像またはオブジェクト(シェイプ、テキストレイヤー、グループ、マスク、またはコンポーネント)を選択します。プロパティインスペクターから、目的の描画モードを選択して適用します。

    Option Shift + / - (MAC)または Alt Shift + / -(WIN)を使用して、適用した描画モードのアピアランスレベルを切り替えることもできます。

  3. 適用した描画モードをプレビューするには、 を選択します。

制限事項

描画モードは、次のオブジェクトの動作ではサポートされていません。

  • アニメーションのないトランジションの開始時の自動アニメーションの変更でブレンド効果を使用した場合
  • ファイル、線、シャドウには、ブレンド効果を適用できません。

例とサンプルファイル

ブレンド効果を使用したポスターを作成するには、カンバス上の画像を選択し、プロパティインスペクターから、次の描画オプションを選択/適用して、目を見張るような結果を生み出せます。

  • ハードライト
  • 差の絶対値
  • スクリーン
  • 焼き込みカラー
元の画像
焼き込みカラー ハードライト
差の絶対値 スクリーン

チュートリアル

オブジェクトの色とアートボードの背景色をブレンドする方法、重ねられた複数のオブジェクトの色をブレンドする方法について、次のビデオをご覧ください。 

視聴時間:1 分

次のステップ

Adobe XD の描画モードから始めましょう。Adobe XD のインターフェイスは直感的で、カラーぼかしなどを使用して、創造性を簡単に発揮できます。

ご質問または共有するアイデアがある場合

コミュニティで質問

ご質問または共有するアイデアがある場合は、Adobe XD コミュニティにぜひご参加ください。皆様からのご意見や作品をお待ちしております。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン