Adobe Experience Manager - Forms Server(Document Security)による PDF の保護

注意:

セキュリティに関する記事の完全なリストについては、Acrobat および PDF コンテンツのセキュリティの概要を参照してください。

Adobe Experience Manager - Forms Server(Document Security)は、PDF をダイナミックに制御するサーバーベースのセキュリティシステムです。Adobe Experience Manager - Forms Server(Document Security)は、LDAP、ADS、およびその他の企業システムを使用して実行するように設定できます。Adobe Experience Manager - Forms Server(Document Security)が提供するポリシーはサーバーに保存され、サーバーから更新できます。ユーザーは Adobe Experience Manager - Forms Server(Document Security)に接続して、これらのポリシーに従って作業を行います。

Adobe Experience Manager - Forms Server(Document Security)

セキュリティポリシーは、Adobe Experience Manager - Forms Server(Document Security)を実行しているサーバーに保存されますが、PDF はこのサーバーには保存されません。場合によっては、セキュリティポリシーが適用された PDF を開いたり、使い続けたりするためにサーバーに接続する必要があります。Adobe Experience Manager - Forms Server(Document Security)の設定について詳細を確認するには、アカウントにログインした後、Adobe Experience Manager - Forms Server(Document Security)の Web サイトで「ヘルプ」をクリックしてください。

Adobe Experience Manager - Forms Server(Document Security)への接続

  1. ツール 保護 その他のオプション セキュリティプロパティを選択します。

  2. セキュリティ方法」で「Adobe Experience Manager Document Security」をクリックします。「はい」をクリックして、サーバーを選択します。

  3. 新規ボタン  をクリックします。
  4. 「名前」ボックスに名前を入力し、「サーバー名」ボックスに URL を入力します ポート番号を追加し、「このサーバーに接続」をクリックします。
  5. アカウントのユーザー名とパスワードを入力し、「OK」をクリックします。

Adobe LiveCycle Rights Management ES ポリシーの表示

  1. ツール その他のオプションDocument Securityアカウントを管理を選択します。

    Web ブラウザーで「Adobe Experience Manager Document Security 」ページが開きます。

  2. 画面の指示に従ってユーザー名とパスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。
  3. ページの「ポリシー」リンクをクリックします。

    Adobe Experience Manager - Forms Server(Document Security)の使用方法について詳細を確認するには、右上隅にある「ヘルプ」リンクをクリックしてください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン