マニュアル キャンセル

Pro Tools で使用する OMF ファイルの書き出し

  1. Adobe Premiere Pro ユーザーガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. Premiere Pro ベータ版ホーム
  3. はじめに
    1. Adobe Premiere Pro の概要
    2. Premiere Pro の新機能
    3. リリースノート | Premiere Pro
    4. Premiere Pro のキーボードショートカット
    5. Premiere Pro のアクセシビリティ
    6. 長編とエピソードのワークフローガイド
  4. ハードウェアおよびオペレーティングシステムの要件
    1. 推奨ハードウェア
    2. 必要システム構成
    3. GPU および GPU ドライバーの要件
    4. GPU アクセラレーションレンダリングとハードウェアによるエンコード/デコード
  5. プロジェクトの作成
    1. 新規プロジェクトの作成
    2. プロジェクトを開く
    3. プロジェクトの移動または削除
    4. 複数の開いているプロジェクトの操作
    5. プロジェクトのショートカットの操作
    6. Premiere Pro プロジェクトの下位互換性
    7. Premiere Rush プロジェクトを Premiere Pro で開いて編集する
    8. ベストプラクティス:独自のプロジェクトテンプレートを作成する
  6. ワークスペースとワークフロー
    1. ワークスペース
    2. よくある質問 | Premiere Pro での読み込みと書き出し
    3. パネルの操作
    4. Windows タッチおよびジェスチャーによる操作
    5. デュアルモニターセットアップでの Premiere Pro の使用
  7. キャプチャと読み込み
    1. キャプチャ
      1. フッテージのキャプチャとデジタル化
      2. HD、DV または HDV ビデオのキャプチャ
      3. バッチキャプチャと再キャプチャ
      4. HD、DV または HDV のキャプチャ用にシステムをセットアップ
    2. 読み込み中
      1. ファイルの転送
      2. 静止画の読み込み
      3. デジタルオーディオの読み込み
    3. Avid または Final Cut からの読み込み
      1. Avid Media Composer からの AAF プロジェクトファイルの読み込み
      2. Final Cut Pro 7 および Final Cut Pro X からの XML プロジェクトファイルの読み込み
    4. サポートされているファイル形式
    5. アナログビデオのデジタル化
    6. タイムコードの操作
  8. 編集
    1. ビデオの編集
    2. シーケンス
      1. シーケンスの作成と変更
      2. シーケンス設定の変更
      3. クリップをシーケンスに追加する
      4. シーケンスでのクリップの並べ替え
      5. シーケンス内でのクリップの検索、選択およびグループ化
      6. ソースモニターに読み込まれたシーケンスからの編集
      7. シーケンスの簡易化
      8. シーケンスのレンダリングとプレビュー
      9. マーカーの操作
      10. ソースのパッチ適用とトラックのターゲティング
      11. シーン編集の検出
    3. ビデオ
      1. クリップの作成と再生
      2. クリップのトリミング
      3. クリップの統合によるオーディオとビデオの同期
      4. メディアをレンダリングして置き換え
      5. 取り消し、履歴、イベント
      6. フレームの固定と保持
      7. 縦横比の操作
    4. オーディオ
      1. Premiere Pro のオーディオの概要
      2. オーディオトラックミキサー
      3. ボリュームレベルの調整
      4. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
      5. 自動ダッキングオーディオ
      6. リミックスオーディオ
      7. オーディオクリップミキサーを使用したクリップボリュームおよびパンのモニタリング
      8. オーディオバランスとパンについて
      9. 高度なオーディオ - サブミックス、ダウンミキシング、およびルーティング
      10. オーディオエフェクトおよびトランジション
      11. オーディオトランジションの操作
      12. オーディオへのエフェクトの適用
      13. ラウドネスレーダーエフェクトを使用したオーディオの測定
      14. オーディオミックスの録音
      15. タイムラインでのオーディオの編集
      16. Premiere Pro でのオーディオチャンネルのマッピング
      17. Premiere Pro で Adobe Stock オーディオを使用する
    5. 高度な編集
      1. マルチカメラ編集ワークフロー
      2. Premiere Pro でイマーシブビデオ用にヘッドマウントディスプレイの設定および使用
      3. VR の編集
    6. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:オーディオミックスの高速化
      2. ベストプラクティス:効率的な編集
      3. 長編映画の編集ワークフロー
  9. ビデオエフェクトとトランジション
    1. ビデオエフェクトとトランジションの概要
    2. エフェクト
      1. Premiere Pro のエフェクトの種類
      2. エフェクトの適用と削除
      3. エフェクトプリセット
      4. 様々なソーシャルメディアチャンネル用にビデオを自動的に再フレーム化します
      5. カラー補正エフェクト
      6. クリップのデュレーションと速度を変更する
      7. 調整レイヤー
      8. フッテージのスタビライズ
    3. トランジション
      1. Premiere Pro でのトランジションの適用
      2. トランジションの変更とカスタマイズ
      3. モーフカット
  10. タイトル、グラフィック、キャプション
    1. エッセンシャルグラフィックスパネルの概要
    2. タイトル
      1. タイトルの作成
    3. グラフィック
      1. シェイプの作成
      2. オブジェクトの整列と分布
      3. テキストとシェイプの外観の変更
      4. グラデーションの適用
      5. グラフィックへレスポンシブデザイン機能の追加
      6. モーショングラフィックステンプレートのインストールと使用
      7. モーショングラフィックステンプレートでの画像またはビデオの置き換え
      8. データに基づくモーショングラフィックステンプレートの使用
    4. キャプション
      1. 音声テキスト化
      2. 文字起こし用言語パックのダウンロード
      3. キャプションの操作
      4. スペルチェックおよび検索と置換
      5. テキストの書き出し
      6. Premiere Pro での音声テキスト化 | よくある質問
    5. ベストプラクティス:グラフィックワークフローの高速化
    6. Premiere Pro でのレガシータイトルの廃止 | よくある質問
    7. レガシータイトルからソースグラフィックへのアップグレード
  11. アニメーションとキーフレーム
    1. キーフレームの追加、移動、設定
    2. エフェクトのアニメート
    3. モーションエフェクトを使用したクリップの編集およびアニメーション
    4. キーフレームのオートメーションの最適化
    5. キーフレームの移動とコピー
    6. エフェクトとキーフレームの表示および調整
  12. 合成
    1. 合成、アルファチャンネル、クリップの不透明度の調整
    2. マスクとトラッキング
    3. 描画モード
  13. カラー補正とグレーディング
    1. 概要:Premiere Pro のカラーワークフロー
    2. 自動カラー補正
    3. Lumetri Look を使用したカラーでクリエイティブに
    4. RGB および色相/彩度カーブを使用したカラーの調整
    5. ショット間のカラーを修正および一致
    6. Lumetri カラーパネルでの HSL セカンダリコントロールの使用
    7. ビネットの作成
    8. Look と LUT
    9. Lumetri スコープ
    10. カラーマネジメントの表示
    11. 放送用 HDR
    12. DirectX HDR サポートを有効にする
  14. メディアの書き出し
    1. ビデオの書き出し
    2. プリセットマネージャーの書き出し
    3. 書き出しのワークフローと概要
    4. クイック書き出し
    5. Web およびモバイルデバイス向けの書き出し
    6. 静止画像の書き出し
    7. 他のアプリケーション用のプロジェクトの書き出し
    8. Pro Tools で使用する OMF ファイルの書き出し
    9. Panasonic P2 形式への書き出し
    10. 書き出し設定
      1. 書き出し設定のリファレンス
      2. 基本ビデオ設定
      3. エンコード設定
    11. ベストプラクティス:書き出しを高速化
  15. 共同作業:Frame.io、プロダクションおよび Team Projects
    1. Premiere Pro での共同作業
    2. Frame.io
      1. Frame.io のインストールとアクティベート
      2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
      3. Adobe Workfront と Frame.io の統合
      4. よくある質問
    3. プロダクション
      1. プロダクションの使用
      2. プロダクション内のプロジェクト間でクリップがどのように動作するかを説明します
      3. ベストプラクティス:プロダクションの操作
    4. Team Projects
      1. Team Projects の概要
      2. Team Projects の作成
      3. チームプロジェクトでメディアを追加および管理
      4. チームプロジェクトでの共同作業者の招待と管理
      5. 共同作業者との変更点の共有と管理
      6. Team Projects の自動保存とバージョンの表示
      7. Team Projects のアーカイブ、復元、削除
  16. 他のアドビアプリケーションの操作
    1. After Effects および Photoshop
    2. Dynamic Link
    3. Audition
    4. Prelude
  17. アセットの整理と管理
    1. プロジェクトパネルでの操作
    2. プロジェクトパネルでのアセットの整理
    3. アセットの再生
    4. アセットの検索
    5. Creative Cloud ライブラリ
    6. Premiere Pro の同期設定
    7. プロジェクトのコンソリデート、トランスコードおよびアーカイブ
    8. メタデータの管理
    9. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:ブロードキャストでのプロダクションから学習する
      2. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
  18. パフォーマンスの向上とトラブルシューティング
    1. 環境設定の設定
    2. 環境設定をリセット
    3. プロキシの使用
      1. プロキシの概要
      2. 取り込みとプロキシのワークフロー
    4. システムが Premiere Pro と互換性があるかどうかの確認
    5. Apple シリコン用 Premiere Pro
    6. ちらつき削除
    7. インターレースとフィールドオーダー
    8. スマートレンダリング
    9. コントロールサーフェスのサポート
    10. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
    11. ナレッジベース
      1. 既知の問題
      2. 修正された問題
      3. Premiere Pro クラッシュの問題の修正
      4. Premiere Pro または Premiere Rush での緑とピンクのビデオ
      5. Premiere Pro でメディアキャッシュを管理する方法
      6. レンダリングまたは書き出し時のエラーの修正
      7. Premiere Pro の再生とパフォーマンスに関する問題のトラブルシューティング
  19. アセットとオフラインメディアの監視
    1. アセットのモニタリング
      1. ソースモニターとプログラムモニターの使用
      2. リファレンスモニターの使用
    2. オフラインメディア
      1. オフラインクリップの操作
      2. オフライン編集用のクリップの作成
      3. MedInstia オフラインでの再リンク

新しい書き出しワークフローを使用できるようになりました。 

Premiere Pro 22.3(2022年4月リリース)では、効率化された新たな書き出しワークフローが導入されました。最新バージョンに今すぐアップグレードして、ご利用ください。詳しくは、ビデオの書き出しを参照してください。


Premiere Pro のシーケンス全体から、すべてのアクティブなオーディオトラックを Open Media Format(OMF)ファイル形式で書き出すことができます。DigiTranslator 機能のライセンスがあれば、DigiDesign Pro Tools で OMF ファイルが読み込まれます。Pro Tools で DigiTranslator を使用して、Premiere Pro から取り込んだサウンドトラックに音入れをすることができます。

注意:

Premiere Pro によって書き出された OMF ファイルは、ProTools 以外のプラットフォームでは公式にサポートされません。Premiere Pro では OMF ファイルは読み込めません。

Pro Tools で使用する OMF ファイルの書き出し

  1. タイムラインパネルでシーケンスを選択します。
  2. ファイル/書き出し/OMF を選択します。
  3. OMF 書き出し設定ダイアログボックスで OMF ファイルのタイトルを「OMF タイトル」フィールドに入力します。
  4. サンプルレートメニューとサンプルビット数メニューから、シーケンスに必要な設定を選択します。
  5. ファイルメニューから次のいずれかを選択します。

    1 つのファイル

    この設定では、プロジェクトメタデータと選択したシーケンスのすべてのオーディオを含む 1 つの OMF ファイルが書き出されます。通常、1 つのファイルにカプセル化された OMF ファイルはサイズが大きくなります。

    個別のオーディオ

    この設定では、個別のモノラル AIF ファイルが _omfiMediaFiles フォルダーに書き出されます。フォルダー名には OMF ファイルのファイル名が含まれます。AIF ファイルを使用することによって、従来のオーディオシステムとの互換性を最大にすることができます。

  6. レンダリングメニューから次のいずれかを選択します。

    オーディオファイル全体をコピー

    この設定では、シーケンス内で使用されているクリップ全体のオーディオが書き出されます。クリップの使用回数やクリップの使用割合は考慮されません。

    オーディオファイルをトリミング

    この設定では、シーケンス内で使用されているクリップの該当部分、すなわちクリップインスタンスのみが書き出されます。ファイルの開始部分と終了部分に追加される余分な長さ、つまり予備フレームを持つクリップインスタンスを書き出すように指定することもできます。

  7. 「予備フレーム」フィールドで、ビデオフレームの予備の長さを指定します。「メディアを統合」を選択すると、合計時間が書き出されたファイルの開始部分と終了部分に追加されます。初期設定では、フレーム単位で、シーケンスフレームレートで 1 秒に設定されています。指定した予備フレームの長さがクリップインスタンスの長さを超えている場合は、クリップインスタンス全体が書き出されます。
  8. Pro Tools を起動し、OMF ファイルを読み込みます。Pro Tools へのファイルの読み込みについて詳しくは、Pro Tools のヘルプを参照してください。

OMF ファイルでサポートされている機能

Premiere Pro では、OMF への書き出し時に、次の属性とメタデータとともにファイルを書き出します。

注意:

Premiere Pro では、OMF への書き出し時に、以下に挙げられているエフェクトのみを適用します。また、OMF 値はクリップベースであるため、Premiere Pro ではほとんどのトラックベースの値が OMF に書き出されません。

正確な書き出しのサンプル

Premiere Pro では、すべてのトランジションとキーフレームポイントが、オーディオサンプルの境界上に配置されます。ビデオフレームの境界には、このような配置の制約はありません。

48 k および 96 k のサンプルレート

Premiere Pro では、Pro Tools の要件に従って、サウンドクリップが一貫した同じサンプルレートで変換されます。サンプルレートは書き出し時に選択できます。

16 ビットまたは 24 ビット

書き出し時にビット数を選択できます。

「1 つのファイル」と「個別のオーディオ」オプション

「1 つのファイル」オプションを使用すると、オーディオと OMF の両方のメタデータを含むサイズの大きな単一ファイルを書き出すことができます。「個別のオーディオ」オプションを使用すると、サイズの小さな OMF ファイルと、関連する個々の外部オーディオファイルを書き出すことができます。OMF ファイルのサイズは 2 ギガバイトに制限されているため、「個別のオーディオ」オプションは、サイズの大きなプロジェクトでは有用です。

トラック名

OMF と Pro Tools は、モノラルトラックでのみ機能します。Premiere Pro はステレオ、5.1 チャンネルまたは 16 チャンネルトラックから個別のモノラルトラックを書き出します。書き出されたトラックの名前にはソーストラック ID が含められます。書き出された左のステレオチャンネルと右のステレオチャンネルのトラック名には、それぞれ _L と _R が含められます。

クリップ名

OMF ファイルを Pro Tools に読み込むと、Premiere Pro シーケンスから取り込んだクリップ名が Pro Tools のタイムラインに表示されます。

クリップボリュームとクリップキーフレームボリューム

初期設定では、Premiere Pro はクリップのボリュームレベルとクリップキーフレームのボリュームレベルを OMF ファイルのクリップゲインエフェクトに書き出します。DigiTranslator を、キーフレームボリューム設定を受け入れるまたは無視するように設定することができます。

オーディオトランジション

Premiere Pro は、隣り合う 2 つのクリップ間のオーディオトランジションを書き出します。中心に配置する設定も、中心に配置しない設定も可能です。

オーディオミキサーのパン設定

キーフレームなしのクリップ 1 つにつき 1 つのパン設定が書き出されます。Premiere Pro では、トラックからパン設定が書き出され、クリップ書き出しデータに適用されます。

ステレオトラック

初期設定では、OMF への書き出し時に、左チャンネルを左に、右チャンネルを右にパンします。

ステレオバランス

Premiere Pro では、クリップバランスをクリップのオーディオゲインエフェクトに適用します。オーディオミキサーバランスはトラックベースであってクリップベースではないため、適用されません。

5.1 チャンネルトラックと 16 チャンネルトラックに適用するチャンネルゲインエフェクト

Premiere Pro では、クリップチャンネルごとに最初のチャンネルゲイン値を適用します。クリップチャンネルゲインキーフレームは適用されません。

左チャンネルへ振るエフェクト、右チャンネルへ振るエフェクト、チャンネルの入れ替えエフェクト

Premiere Pro では、各クリップについて、左チャンネルへ振るエフェクト、右チャンネルへ振るエフェクト、チャンネルの入れ替えエフェクトの最初の値が適用されます。左チャンネルへ振るキーフレーム、右チャンネルへ振るキーフレーム、チャンネルの入れ替えキーフレームは適用されません。

トラック出力の切り替え

Premiere Pro では、トラック出力の切り替え設定がオンになっているオーディオトラックのみが書き出されます。トラックがオフになっていると、トラックは書き出された OMF ファイルに含まれません。オーディオミキサーのトラックをミュートボタンとソロトラックボタンは適用されません。

ネストされたシーケンス

Premiere Pro では、シンプルなクリップの場合と同じ方法で、個々のネストされたシーケンスのオーディオを書き出します。

統合クリップ

Premiere Pro は、マスタークリップやサブクリップと同じ方法でオーディオを書き出します。

Pro Tools への OMF ファイルの読み込みに関するヒント

DigiTranslator ダイアログボックス

  • 「Pan Odd Tracks Left/Even Tracks Right」の選択を解除します。

  • 自動ゲインコントロールを実行するには、「Convert Clip Based Gain To Automation」を選択します。

  • サンプルレート変換が不要な場合は、「Sample Rate Conversion」を選択しません。

Missing Files ダイアログボックス

  • 初期設定を「Manually Find And Relink」に変更して「OK」を押します。

  • すべてのオプションの選択を解除します。

  • <プロジェクト名> ExternalMediaFiles フォルダーを見つけて選択します。

その他の関連ヘルプ

アドビのロゴ

アカウントにログイン