Premiere Pro でクリップメタデータとファイルメタデータを効果的に管理する方法について学習します。また、メタデータパネルを使用して、メタデータの表示、編集、共有、および検索を行う方法についても学習します。

メタデータパネルと XMP について

ワークフローを簡略化したり、ファイルを整理したりするには、XMP メタデータを使用します。メタデータは、ファイルに関する説明情報のセットです。ビデオファイルやオーディオファイルには、日付、再生時間、ファイルの種類などの基本的なメタデータプロパティが自動的に含まれます。場所、ディレクター、著作権などのプロパティで詳細情報を追加できます。

メタデータパネルを使用すると、Adobe のビデオおよびオーディオアプリケーション間でアセットに関する情報を共有できます。1 つのアプリケーションのプロジェクトパネルまたはファイルパネルに限定されていた、従来のクリッププロパティとは異なり、メタデータプロパティはソースファイルに埋め込まれるので、他のアプリケーションでも自動的にデータが表示されます。このメタデータ共有によって、制作ワークフローの中で、ビデオアセットをすばやく追跡および管理できます。

注意:

メタデータパネルのプロパティは Adobe Bridge でも表示され、アセットを手早く探すのに役立つ詳細情報を得ることができます。

スキーマとプロパティについて

メタデータスキーマは、あるワークフローに固有のプロパティのコレクションです。例えば、ダイナミックメディアスキーマには、シーンや撮影場所などデジタルビデオプロジェクトに適したプロパティが含まれています。一方、Exif スキーマには、露出時間や絞り値などデジタル写真に適したプロパティが含まれています。日付やタイトルなどのより一般的なプロパティは、ダブリンコアスキーマに含まれます。異なるプロパティを表示するには、メタデータの表示と非表示を参照してください。

注意:

特定のスキーマおよびプロパティについて詳しくは、メタデータパネルでスキーマまたはプロパティにマウスポインターを置きます。 ほとんどの項目については、ツールヒントに詳細が表示されます。

XMP 標準について

Adobe アプリケーションでは、Extensible Metadata Platform(XMP)を使用してメタデータを保存します。XMP は XML に基づいており、様々なアプリケーション間および印刷出版関連の工程でメタデータの交換に役立ちます。 XMP 以外の形式によるメタデータ(Exif、GPS、TIFF など)のほとんどは自動的に XMP に変換されるので、簡単に表示および管理することができます。

多くの場合、XMP メタデータはソースファイルに直接保存されます。ただし、XMP がサポートされていないファイル形式については、メタデータは別のサイドカーファイルに保存されます。

対応するファイルを持たないプロジェクトアセットについては、XMP がサポートされません。例えば、Adobe Premiere Pro で使用するカラーバー&トーン、カウントダウンマーク、カラーマット、タイトル、ブラックビデオ、クリアビデオなどがこれに該当します。

注意:

メタデータの作成および交換機能をカスタマイズするには、XMP ソフトウェア開発キットを使用します。XMP について詳しくは、Extensible Metadata Platform(英語)を参照してください。

Premiere Pro でのメタデータパネルについて

メタデータパネルには、選択したアセットのクリップインスタンスメタデータと XMP ファイルメタデータの両方が表示されます。「クリップ」見出しの下のフィールドはクリップインスタンスメタデータを示します。これは、プロジェクトパネルまたはシーケンスで選択されているクリップに関する情報です。クリップインスタンスメタデータは、クリップが参照するファイルではなく、Premiere Pro のプロジェクトファイルに保存されます。クリップインスタンスメタデータは、Premiere Pro だけで読み取ることができ、ほかのアプリケーションでは読み取れません。ただし、Premiere Pro では、クリップメタデータフィールドの一部を XMP メタデータフィールドにリンクできます。このようにすると、Premiere Pro 以外のアプリケーションで、XMP フィールドを通じてクリップベースのメタデータにアクセスできます。

サブクリップを使用せず、マスタークリップの複数のインスタンスを読み込まない場合、プロジェクト内のクリップはそれぞれ一意です。XMP ファイルのプロパティだけを使用すると、メタデータがすべてソースファイルに記録され、ほかのアプリケーションから認識されます。従来のクリッププロパティを使用することもできますが、その場合はそのすべてのリンクをオンにする必要があります。Premiere Pro では、リンクをオンにした時点以降、クリップのデータが、対応する XMP プロパティに自動的にコピーされます。

メタデータ編集ワークスペース

メタデータ編集ワークスペースは、Premiere Pro へのメディアの読み込み、キャプチャ、またはデジタル化後にメタデータを入力する目的で使用します。プロジェクトパネルおよびメタデータパネルは、メタデータを入力しやすいように最大化されます。

メタデータ編集ワークスペースを有効にするには、ウィンドウ/ワークスペース/メタデータ編集を選択します。

ファイル、クリップおよびプロジェクトの XMP メタデータについて

アドビの各種ビデオおよびオーディオアプリケーションでは、XMP メタデータを多くの面でほとんど同様に扱います。ただし、各アプリケーションに固有のワークフローのステージを反映して、若干の相違点があります。 複数のアプリケーションを連携して使用する場合、そうした若干のアプローチの違いを理解しておくと、メタデータを最大限に活用できます。

Adobe Premiere ProAfter Effects、Soundbooth では、メタデータパネルはアセットの種類ごとに個別のセクションに分かれています。

Adobe Premiere Pro

メタデータは以下のセクションに分かれています。

クリップ

プロジェクトパネルまたはタイムラインパネルで選択したクリップインスタンスのプロパティを表示します。このメタデータはプロジェクトファイルに保存されるので、Adobe Premiere Pro でのみ表示されます。

ファイル

プロジェクトパネルで選択したソースファイルのプロパティを表示します。このメタデータはソースファイルに直接保存されるので、Adobe Bridge などの他のアプリケーションでも表示されます。

After Effects

メタデータは以下のセクションに分かれています。

プロジェクト

プロジェクト全体のプロパティを表示します。出力モジュール設定ダイアログボックスで「ソースの XMP メタデータを含める」を選択している場合、この情報はレンダーキューから出力するファイルに埋め込まれます。

ファイル

プロジェクトパネルで選択したソースファイルのプロパティを表示します。(プロキシを選択した場合は、実際のファイルのプロパティが表示されます)。

After Effects の場合、プロジェクトプロパティとファイルプロパティはいずれもファイルに直接保存されるので、Adobe Bridge でこのメタデータにアクセスできます。

クリップメタデータとファイルメタデータの使用

XMP ファイルメタデータは、ソースファイルに関する情報で、ソースファイルに保存されます。クリップメタデータは、クリップに関する情報で、Premiere Pro のプロジェクトファイルに保存されます。Premiere Pro では、任意の数のクリップが同じソースファイルを参照できます。例えば、それぞれインポイントとアウトポイントが異なる複数のサブクリップは、同じソースファイルを参照します。また、ファイルを 2 回読み込み、読み込んだクリップに異なる名前を指定した場合も、両方のクリップが同じソースファイルを参照します。

ソースファイルとそれを参照するすべてのクリップインスタンスに適用されるデータを保存するには XMP メタデータのフィールドを使用します。各クリップに固有のデータを保存するには、クリップメタデータのフィールドを使用します。クリップのメタデータをソースファイルにコピーするには、クリップメタデータのフィールドを XMP メタデータのフィールドにリンクします。ただし、同じソースファイルを参照している複数のクリップのクリップメタデータのフィールドを XMP メタデータのフィールドにリンクしないでください。

XMP メタデータの編集

Adobe のビデオアプリケーションでは、同様の名前が付けられたプロパティがメタデータパネルおよびプロジェクトパネルでリンクされます。ただし、メタデータパネルではより広範なプロパティが表示され、複数のファイルのメタデータを同時に編集できます。

  1. 目的のファイルまたはクリップを選択します。

  2. メタデータパネルで、必要に応じて、テキストを編集したり、値を調整したりします。

    複数の項目を選択している場合、パネルにはプロパティが次のように表示されます。

    • 値がすべての項目で同じであるプロパティについては、その一致したエントリが表示されます。

    • 値が異なるプロパティについては、「<複数の値>」と表示されます。共通の値を適用するには、テキストボックスをクリックして値を入力します。

XMP メタデータの検索

  1. 検索するファイルまたはクリップを選択します。

  2. メタデータパネル上部の検索ボックスに、検索するテキストを入力します。

    メタデータのリストが折りたたまれ、検索文字列を含んだプロパティだけが表示されます。

  3. Adobe Premiere Pro のみ)検索結果を順に表示するには、検索ボックス右側の前へ移動ボタンと次へ移動ボタン   をクリックするか、Tab キーを押します。

  4. 検索モードを終了して完全なメタデータリストに戻るには、検索ボックス右側の閉じるボタン をクリックします。

検索の実行前、すべてのプロパティが表示される
検索の実行前、すべてのプロパティが表示される

検索の実行後、検索文字列に一致するプロパティだけが表示されるAdobe Premiere Pro では、前後へ移動ボタンにより検索結果のナビゲーションが可能
検索の実行後、検索文字列に一致するプロパティだけが表示されるAdobe Premiere Pro では、前後へ移動ボタンにより検索結果のナビゲーションが可能

XMP メタデータの表示と非表示

メタデータパネルをワークフローに合わせて最適化するには、スキーマ全体または個々のプロパティの表示と非表示を切り替えて、必要なものだけを表示します。

  1. メタデータパネルメニュー から、メタデータの表示のオプションを選択します。

  2. スキーマまたはプロパティの表示と非表示を切り替えるには、リストからスキーマまたはプロパティを選択または選択解除します。

メタデータセットの保存、切り替えまたは削除

複数のワークフローを使用するときに、それぞれで表示する必要があるメタデータが異なる場合は、メタデータのセットを保存し、切り替えることができます。

  1. メタデータパネルメニュー から、メタデータの表示のオプションを選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • カスタマイズした表示するメタデータのセットを保存するには、「設定を保存」をクリックします。名前を入力して「OK」をクリックします。

    • 以前に保存したメタデータのセットを表示するには、メニューからメタデータを選択します。

    • 以前に保存したメタデータのセットを削除するには、メニューからメタデータを選択し、「設定を削除」をクリックします。

スキーマとプロパティの作成

初期設定のメタデータオプションでは対応できない固有のカスタマイズしたワークフローがある場合は、独自のスキーマおよびプロパティを作成します。

  1. メタデータパネルメニュー から、メタデータの表示のオプションを選択します。

  2. 「新規スキーマ」をクリックし、名前を入力します

  3. リストで、スキーマ名の右にある「プロパティを追加」をクリックします。

  4. プロパティ名を入力し、型として次のいずれかを選択します。

    整数値

    ドラッグまたはクリックして変更する整数を表示します。

    実数値

    ドラッグまたはクリックして変更する小数を表示します。

    テキスト

    テキストボックスを表示します(場所などのプロパティの場合)。

    ブール値

    チェックボックスを表示します(オンまたはオフのプロパティの場合)。

メタデータパネルでのクリップデータの表示

ほかのメタデータと同様に、メタデータパネルでクリップ情報を表示または非表示にすることができます。Premiere Pro では、Premiere プロジェクトメタデータという名前のスキーマにクリップ情報が保存されます。

メタデータスキーマの表示と非表示の切り替えについて詳しくは、XMP メタデータの表示/非表示の切り替えを参照してください。

  1. 必要に応じて、次のいずれかの操作を行います。
    • メタデータパネルが開いていない場合は、ウィンドウ/メタデータを選択します。

    • メタデータパネルがほかのパネルの下に表示されている場合は、「メタデータ」タブをクリックして前面に表示します。

  2. メタデータパネルのパネルメニューボタンをクリックし、「メタデータの表示」を選択します。
  3. Premiere プロジェクトメタデータの横の三角をクリックすると、すべてのクリップ情報フィールドが表示されます。
  4. 次のいずれかの操作を行います。
    • すべてのクリップ情報を表示するには、「Premiere プロジェクトメタデータ」チェックボックスをオンにします。

    • 表示したいクリップ情報フィールド名の横のチェックボックスのみをオンにします。

  5. 「OK」をクリックします。

メタデータパネルでは、クリッププロパティ値フィールドが内部にあります。フィールドは Premiere Pro プロジェクトファイルに属しており、Premiere Pro のみで読み取ることができます。しかし、クリップセクションの一部のプロパティ値フィールドには、隣にリンクオプションボックスがあり、リンクオプションを選択すると、クリップ値フィールドに入力した情報が、対応する XMP フィールドに自動的に入力されます。

リンクオプションを選択すると、メタデータパネルで、クリップデータのフィールドがあるスキーマ内の XMP メタデータのフィールドにリンクされます。このオプションを設定しても、既存のクリップデータは XMP のフィールドにコピーされません。リンク後に追加されたクリップデータは、リンク先の XMP のフィールドにコピーされます。ほとんどの場合、XMP フィールドは、リンク先のクリップデータのフィールドと同じ名前です。次の 2 つの場合は、XMP のフィールドの名前が、リンク先のクリップデータのフィールドと異なります。

クリップデータフィールド名

XMP フィールド名

名前

タイトル(「ダブリンコア」スキーマ内)

ログの注釈

ログコメント(「ダイナミックメディア」スキーマ内)

  1. メタデータパネルで、空のリンクボタンが右側にあるフィールドが表示されるまで、「クリップ」見出しの下のスクロールバーを下にドラッグします。
  2. XMP メタデータにリンクする任意のフィールドの横のリンクボタンをクリックします。

    リンクされているフィールドのリンクボタンにはチェーンのアイコン が表示されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー