マニュアル キャンセル

ベストプラクティス:効率的な編集

  1. Adobe Premiere Pro ユーザーガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. Premiere Pro ベータ版ホーム
  3. はじめに
    1. Adobe Premiere Pro の概要
    2. Premiere Pro の新機能
    3. リリースノート | Premiere Pro
    4. Premiere Pro のキーボードショートカット
    5. Premiere Pro のアクセシビリティ
    6. 長編とエピソードのワークフローガイド
    7. よくある質問
  4. ハードウェアおよびオペレーティングシステムの要件
    1. 推奨ハードウェア
    2. 必要システム構成
    3. GPU および GPU ドライバーの要件
    4. GPU アクセラレーションレンダリングとハードウェアによるエンコード/デコード
  5. プロジェクトの作成
    1. 新規プロジェクトの作成
    2. プロジェクトを開く
    3. プロジェクトの移動または削除
    4. 複数の開いているプロジェクトの操作
    5. プロジェクトのショートカットの操作
    6. Premiere Pro プロジェクトの下位互換性
    7. Premiere Rush プロジェクトを Premiere Pro で開いて編集する
    8. ベストプラクティス:独自のプロジェクトテンプレートを作成する
  6. ワークスペースとワークフロー
    1. ワークスペース
    2. よくある質問 | Premiere Pro での読み込みと書き出し
    3. パネルの操作
    4. Windows タッチおよびジェスチャーによる操作
    5. デュアルモニターセットアップでの Premiere Pro の使用
  7. キャプチャと読み込み
    1. キャプチャ
      1. フッテージのキャプチャとデジタル化
      2. HD、DV または HDV ビデオのキャプチャ
      3. バッチキャプチャと再キャプチャ
      4. HD、DV または HDV のキャプチャ用にシステムをセットアップ
    2. 読み込み中
      1. ファイルの転送
      2. 静止画の読み込み
      3. デジタルオーディオの読み込み
    3. Avid または Final Cut からの読み込み
      1. Avid Media Composer からの AAF プロジェクトファイルの読み込み
      2. Final Cut Pro 7 および Final Cut Pro X からの XML プロジェクトファイルの読み込み
    4. サポートされているファイル形式
      1. Blackmagic RAW のサポート
    5. アナログビデオのデジタル化
    6. タイムコードの操作
  8. 編集
    1. ビデオの編集
    2. シーケンス
      1. シーケンスの作成と変更
      2. シーケンス設定の変更
      3. クリップをシーケンスに追加する
      4. シーケンスでのクリップの並べ替え
      5. シーケンス内でのクリップの検索、選択およびグループ化
      6. ソースモニターに読み込まれたシーケンスからの編集
      7. シーケンスの簡易化
      8. シーケンスのレンダリングとプレビュー
      9. マーカーの操作
      10. ソースのパッチ適用とトラックのターゲティング
      11. シーン編集の検出
    3. ビデオ
      1. クリップの作成と再生
      2. クリップのトリミング
      3. クリップの統合によるオーディオとビデオの同期
      4. メディアをレンダリングして置き換え
      5. 取り消し、履歴、イベント
      6. フレームの固定と保持
      7. 縦横比の操作
    4. オーディオ
      1. Premiere Pro のオーディオの概要
      2. オーディオトラックミキサー
      3. ボリュームレベルの調整
      4. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
      5. 自動ダッキングオーディオ
      6. リミックスオーディオ
      7. オーディオクリップミキサーを使用したクリップボリュームおよびパンのモニタリング
      8. オーディオバランスとパンについて
      9. 高度なオーディオ - サブミックス、ダウンミキシング、およびルーティング
      10. オーディオエフェクトおよびトランジション
      11. オーディオトランジションの操作
      12. オーディオへのエフェクトの適用
      13. ラウドネスレーダーエフェクトを使用したオーディオの測定
      14. オーディオミックスの録音
      15. タイムラインでのオーディオの編集
      16. Premiere Pro でのオーディオチャンネルのマッピング
      17. Premiere Pro で Adobe Stock オーディオを使用する
    5. 高度な編集
      1. マルチカメラ編集ワークフロー
      2. Premiere Pro でイマーシブビデオ用にヘッドマウントディスプレイの設定および使用
      3. VR の編集
    6. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:オーディオミックスの高速化
      2. ベストプラクティス:効率的な編集
      3. 長編映画の編集ワークフロー
  9. ビデオエフェクトとトランジション
    1. ビデオエフェクトとトランジションの概要
    2. エフェクト
      1. Premiere Pro のエフェクトの種類
      2. エフェクトの適用と削除
      3. エフェクトプリセット
      4. 様々なソーシャルメディアチャンネル用にビデオを自動的に再フレーム化します
      5. カラー補正エフェクト
      6. クリップのデュレーションと速度を変更する
      7. 調整レイヤー
      8. フッテージのスタビライズ
    3. トランジション
      1. Premiere Pro でのトランジションの適用
      2. トランジションの変更とカスタマイズ
      3. モーフカット
  10. タイトル、グラフィック、キャプション
    1. エッセンシャルグラフィックスパネルの概要
    2. タイトル
      1. タイトルの作成
    3. グラフィック
      1. シェイプの作成
      2. ペンツールによる描画
      3. オブジェクトの整列と分布
      4. テキストとシェイプの外観の変更
      5. グラデーションの適用
      6. グラフィックへレスポンシブデザイン機能の追加
      7. モーショングラフィックステンプレートのインストールと使用
      8. モーショングラフィックステンプレートでの画像またはビデオの置き換え
      9. データに基づくモーショングラフィックステンプレートの使用
    4. キャプション
      1. 音声テキスト化
      2. 文字起こし用言語パックのダウンロード
      3. キャプションの操作
      4. スペルチェックおよび検索と置換
      5. テキストの書き出し
      6. Premiere Pro での音声テキスト化 | よくある質問
    5. ベストプラクティス:グラフィックワークフローの高速化
    6. Premiere Pro でのレガシータイトルの廃止 | よくある質問
    7. レガシータイトルからソースグラフィックへのアップグレード
  11. アニメーションとキーフレーム
    1. キーフレームの追加、移動、設定
    2. エフェクトのアニメート
    3. モーションエフェクトを使用したクリップの編集およびアニメーション
    4. キーフレームのオートメーションの最適化
    5. キーフレームの移動とコピー
    6. エフェクトとキーフレームの表示および調整
  12. 合成
    1. 合成、アルファチャンネル、クリップの不透明度の調整
    2. マスクとトラッキング
    3. 描画モード
  13. カラー補正とグレーディング
    1. 概要:Premiere Pro のカラーワークフロー
    2. 自動カラー補正
    3. Lumetri Look を使用したカラーでクリエイティブに
    4. RGB および色相/彩度カーブを使用したカラーの調整
    5. ショット間のカラーを修正および一致
    6. Lumetri カラーパネルでの HSL セカンダリコントロールの使用
    7. ビネットの作成
    8. Look と LUT
    9. Lumetri スコープ
    10. カラーマネジメントの表示
    11. 放送用 HDR
    12. DirectX HDR サポートを有効にする
  14. メディアの書き出し
    1. ビデオの書き出し
    2. プリセットマネージャーの書き出し
    3. 書き出しのワークフローと概要
    4. クイック書き出し
    5. Web およびモバイルデバイス向けの書き出し
    6. 静止画像の書き出し
    7. 他のアプリケーション用のプロジェクトの書き出し
    8. Pro Tools で使用する OMF ファイルの書き出し
    9. Panasonic P2 形式への書き出し
    10. 書き出し設定
      1. 書き出し設定のリファレンス
      2. 基本ビデオ設定
      3. エンコード設定
    11. ベストプラクティス:書き出しを高速化
  15. 共同作業:Frame.io、プロダクションおよび Team Projects
    1. Premiere Pro での共同作業
    2. Frame.io
      1. Frame.io のインストールとアクティベート
      2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
      3. Adobe Workfront と Frame.io の統合
      4. よくある質問
    3. プロダクション
      1. プロダクションの使用
      2. プロダクション内のプロジェクト間でクリップがどのように動作するかを説明します
      3. ベストプラクティス:プロダクションの操作
    4. Team Projects
      1. Team Projects の概要
      2. Team Projects の作成
      3. チームプロジェクトでメディアを追加および管理
      4. チームプロジェクトでの共同作業者の招待と管理
      5. 共同作業者との変更点の共有と管理
      6. Team Projects の自動保存とバージョンの表示
      7. Team Projects のアーカイブ、復元、削除
  16. 他のアドビアプリケーションの操作
    1. After Effects および Photoshop
    2. Dynamic Link
    3. Audition
    4. Prelude
  17. アセットの整理と管理
    1. プロジェクトパネルでの操作
    2. プロジェクトパネルでのアセットの整理
    3. アセットの再生
    4. アセットの検索
    5. Creative Cloud ライブラリ
    6. Premiere Pro の同期設定
    7. プロジェクトのコンソリデート、トランスコードおよびアーカイブ
    8. メタデータの管理
    9. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:ブロードキャストでのプロダクションから学習する
      2. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
  18. パフォーマンスの向上とトラブルシューティング
    1. 環境設定の設定
    2. 環境設定のリセットおよび復元
    3. プロキシの使用
      1. プロキシの概要
      2. 取り込みとプロキシのワークフロー
    4. システムが Premiere Pro と互換性があるかどうかの確認
    5. Apple シリコン用 Premiere Pro
    6. ちらつき削除
    7. インターレースとフィールドオーダー
    8. スマートレンダリング
    9. コントロールサーフェスのサポート
    10. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
    11. ナレッジベース
      1. 既知の問題
      2. 修正された問題
      3. Premiere Pro クラッシュの問題の修正
      4. Premiere Pro または Premiere Rush での緑とピンクのビデオ
      5. Premiere Pro でメディアキャッシュを管理する方法
      6. レンダリングまたは書き出し時のエラーの修正
      7. Premiere Pro の再生とパフォーマンスに関する問題のトラブルシューティング
  19. アセットとオフラインメディアの監視
    1. アセットのモニタリング
      1. ソースモニターとプログラムモニターの使用
      2. リファレンスモニターの使用
    2. オフラインメディア
      1. オフラインクリップの操作
      2. オフライン編集用のクリップの作成
      3. MedInstia オフラインでの再リンク

このベストプラクティスガイドでは、編集者やポストプロダクションの専門家からのより多くの洞察を含め、より迅速かつ効率的に編集できるワークフローの一部を取り上げます。

編集はクリエイティブなので、計測が困難になります。ただし、編集者はスケジュールどおりに配信する必要があります。Adobe Premiere Pro で最も重要なことは、その柔軟性であり、編集者が「思い通りに作業できる」ことです。編集者は一貫して、この機能が速度と効率につながると言っています。

タイムライン
Premiere Pro タイムライン

拡大・縮小するツールの編集

放送局および郵便局の場合、Premiere Pro は確立されたワークフローにシームレスに適合し、数百のサードパーティツールと統合します。堅牢で幅広いネイティブ形式のサポート、ローカル、ネットワーク、成長中のファイルのサポート、および統合された業界標準のテクノロジーとワークフローのリストにより、ユーザーは厳格なプロフェッショナルの標準規格に期日どおりに対応できます。詳細については、『ベストプラクティス:放送制作から学習する』を参照してください。

新しい編集者は、色、グラフィックス、オーディオなどのさまざまな編集タスクのためにワークスペースを利用できます。また、編集者は、ビデオのポストプロダクションプロセスのガイドを利用できます。経験豊富な編集者は、豊富なツールセットとカスタマイズの可能性を最大限に活用して、ワークフローを加速します。結果はユーザーや制作パイプラインによって異なりますが、放送局と編集者は、Premiere Pro を使用することで速度が向上することを定期的に報告しています。

  • Vice Media のニュースオーディオ責任者、Mark Leombruni 氏

    「VICE での Premiere の利用はスピードを中心に構築されたため、Premiere Pro 内でのポストフィニッシングは非常に高速です。Premiere は、忙しい毎日のニュースルームから長編の脚本があるテレビ番組まで、要求の厳しいさまざまな環境に完全に対応しています。一般的な 30 分間の脚本のあるテレビエピソードがポストフィニッシングに 20 時間かかるケースを考えてみると、同じ長さのプログラムのポストフィニッシングを 3 時間以内に終えることができます。」

  • Silbersalz のディレクター、エディター、オーナー、Thomas Bergman 氏

    「Premiere Pro では、Premiere Pro のワークフロー、ツール、カスタムキーボードコマンドを使用して独自のクリエイティブプロセスを自由に設計できるため、作業を大幅に高速化できます。」

  • The Animated Mind of Oliver Sacks のアニメーションディレクター、Jonathon Corbiere 氏

    「メディア、タイミング、スケーリングをすべてそのままにして、編集済みのアニマティクスを Premiere Pro から After Effects に直接コピーして貼り付ける機能により、アニメーションのセットアップ時間が 50 %以上短縮します。」

  • Vashi Visuals の映画製作者兼エディター、Vashi Nedomansky 氏

    「過去 14 年間、Premiere Pro で編集してきた結果、他の NLE よりも高速で効率的なカスタムワークフローを作成できました。これは、最もよく使用される 3 つのソフトウェアオプションで、11 もの長編映画を編集した経験に基づいています。私にとって、Premiere Pro は、あらゆるプロジェクトに取り組むための最も強力で、柔軟で、安定したプラットフォームです。」

  • Steele Pictures のエディター兼映画製作者、Christine Steele 氏

    「Premiere Pro のカスタマイズ性により、より高速の作業が可能になります。自分の思い通りに機能するショートカットとワークスペースをマップして保存します。これにより、自分がやりたいことを自分のやりたいようにできるようになります。そのため、リアルタイムでクリエイティブに考えることができます。」

  • ProVideo Coalition のエディター兼ライター、Scott Simmons 氏

    「クラフト編集で、Premiere Pro を使用して実際の速度の利点を得ることができます。ここから、映像、ログ、整理、カットの構築を始めています。そこからストーリーの構築を深く掘り下げます。これがプロセスの最も重要な部分です。」

Premiere Pro での編集に関するベストプラクティス

プロジェクトテンプレートから始めると、セットアップと編集ワークフロー全体が合理化されます。迅速な書き出しを保証するために、ビデオ編集にはファイル形式の操作方法を知ることが不可欠です。その後は、編集効率がすべてです。

Premiere Pro Workspaces は、ユーザーインターフェイスのナビゲートを高速化し、さまざまなタスクに最も便利なツールを開いて、手元に近づけることができます。Premiere Pro の各パネルには、映像をレビューするためのソースモニター、シーケンスを構築するためのタイムラインパネル、エフェクトを設定するためのエフェクトコントロールパネルなど、それぞれの目的があります。これらはすべて、インターフェイスの残りの部分の前でサイズ変更、グループ化、スタック、またはフロートできます。

経験豊富な編集者は、この柔軟性を利用して、編集スタイルに合わせてカスタマイズした Workspaces を作成します。パネルの名前をダブルクリックするか、「`(アクセント記号)」キーを押してフルスクリーンに切り替えます。これは、詳細な作業に集中したり、小さなディスプレイで画面のスペースを最大限に活用したりするのに最適です。

編集者はマウス、キーボード、またはタッチスクリーンを使用して編集を実行できます。編集に使用するテイクを選択する前に、映像を確認する方法は複数あります。

  • ソースモニターでのプレビュー
  • 移動するサムネイルを表示して、プロジェクトパネルでプレビューする
  • 「プロジェクト」パネルのフリーフォームビューを使用して、クリップをグループにプレビューおよび配置する
  • タイムラインのストリングアウトにクリップを追加して、シーケンスとしてレビューする

エキスパートがより速く編集する方法

簡単にアクセスできる高度なコントロールとインテリジェントな自動処理の組み合わせにより、編集者はクリエイティブでありながら、クリック数を減らし、ストーリーを洗練しながら、アイデアを自由に思いめぐらすことができます。

経験豊富な編集者は、キーボードショートカットを使用して作業を高速化できるため、思いどおりの速さで編集できます。Premiere Pro には豊富なキーボードショートカットが用意されていますが、ニーズに合わせてカスタマイズできます。すでに別の NLE に慣れている場合は、Avid Media Composer や Apple Final Cut Pro など、既知のショートカットと一致するデフォルトのキーボードのショートカットを設定できます。

キーボードレイアウトを表示するには、macOS で「Premiere Pro」メニュー> 「キーボードショートカット」を選択します。Windows システムでは、「編集」メニュー、次に「キーボードショートカット」を選択します。これにより、キーボードレイアウトの概要が表示されます。

Editing_hero

ここから、既存のプリセットまたは独自のカスタムショートカットを使用して、キーボードを再マッピングできます。キーをアプリケーション全体にマッピングするか、特定の異なるパネルを指定して、同じショートカットが異なるワークスペースで異なる動作をするようにします。

Premiere Pro での編集を高速化する具体的なテクニックを紹介します。

  • パンケーキタイムライン – Premiere Pro では、複数のタイムラインを開くことができます。 タイムラインを切り替えることも、複数のタイムラインを同時に開くこともできます。これにより、タイムライン間で編集ができ、一度に多くの映像を表示してアクセスできます。ハリウッドの編集者である Vashi Nedomansky 氏は、パンケーキタイムラインの操作に関する素晴らしいブログを投稿しています。
  • ソーストラックパッチ –パッチ用のカスタムキーボードのショートカットを使用して、キーボードベースの編集を高速化することで、3 ポイント編集用のトラックをルーティングして、キーボードプリセットを割り当てることができます。Scott Simmons 氏はこの点について素晴らしい投稿をしています。
  • プロジェクトパネルでアセンブリ編集の構築 – クリップをプレビュー、マーク、配置し、プロジェクトパネルからシーケンスに直接編集する
  • アプリケーションのグレード – Lumetri Color ツールの高度な測色を使用して、色補正と創造的なカラーグレーディングを行い、Premiere Pro を終了せずにプロジェクトを終了します。
  • エッセンシャルサウンドパネル – ボーカルの下でラウドネスレベルとダックミュージックを自動的に設定します。長時間の手動のオーディオ編集を数回のクリックに変えます。詳細については、ベストプラクティス:オーディオミックスの高速化を参照してください。
  • モーショングラフィックのテンプレート – 事前に設計された編集可能なモーショングラフィックをプロジェクトに追加します。ベストプラクティス:グラフィックワークフローの高速化を参照してください。
  • Premiere Pro と After Effects 間のコピーと貼り付け – これら 2 つの業界標準アプリケーション間の相互運用性により、編集者はクリップをドラッグまたはコピーして、貼り付け、クリエイティブな作品を共有できます。

専門家に最後の決定権を提供する

他の特殊な機能と同様に、編集効率を高めるには実践が重要です。Premiere Pro の特別な点は、必要な方法で、かつ直感的に Premiere Pro で作業することができます。

この記事を締めくくるにあたり、私たちが話し合った編集者からの完全な引用文を以下に示します。インタビューの内容は、Premiere Pro でより速く編集する方法についての詳細と洞察を提供するものとなります。

Mark Leombruni 氏は、Vice Media のニュースオーディオ責任者です。

「VICE の Premiere の利用はスピードを中心に構築されたため、Premiere Pro 内でのポストフィニッシングは非常に高速です。Premiere は、忙しい毎日のニュースルームから長編の脚本があるテレビ番組まで、要求の厳しいさまざまな環境に完全に対応しています。一般的な 30 分間の脚本のあるテレビエピソードがポストフィニッシングに 20 時間かかるケースを考えてみると、同じ長さのプログラムのポストフィニッシングを 3 時間以内に終えることができます。 

編集プログラム内でカラーとオーディオのミックスをおこなうと、他のポストフィニッシングプログラムに編集内容を書き出し、転送、取り込みする必要がないため、他のプログラムよりもはるかに高速になります。プロジェクトの長さと複雑さによっては、作業が最大で 1 日かかる場合があります。また、編集者が改訂を行いたい場合も、時間を大幅に節約できます。他のプログラムに再度、行ったり来たりする必要はありません。Premiere での仕上げにより、編集シーケンスのタイムラインから最終配信物を直接書き出しすることもできます。オンラインでの後処理の必要性を完全にスキップします。 

エッセンシャルサウンドパネルと、ソースの種類に基づいて、オーディオを自動的にレベル補正および処理する機能は、カットの作業中に編集を荒加工したり、放送上合法的なミックスを取得する時間を大幅に節約できます。

After Effects から Premiere Pro までのモーショングラフィックステンプレートワークフローも、時間を大幅に節約できることを証明しています。これにより、編集者とアーティストのチームが 1 日を通してシームレスにプロジェクトファイルをやり取りし、作業においても高レベルの品質管理を維持できる、強力なテンプレートとワークフローのシステムを作成できました。」

Vashi Nedomansky 氏は、ハリウッドを拠点とする映画製作者、編集者であり、『How we made 6 Below: Feature film post-production from start to finish』の著者でもあります。

「クリエイティブなポストプロダクションの世界は、Premiere Pro で可能になっていることを認識する必要があります。過去 14 年間、Premiere Pro で編集を行ってきましたが、他の NLE よりも高速で効率的なカスタムワークフローを作成できました。これは、最も一般的に使用されている 3 つのソフトウェアオプションで、11 もの長編映画を編集した経験に基づいています。私にとって、Premiere Pro は、あらゆるプロジェクトに取り組むための最も強力で、柔軟で、安定したプラットフォームです。 

私は、実世界の別の状況で Premiere Pro をテストして、他の挑戦者と編集を競い合うことが大好きです。仮に、私と競合システムの編集者 2 人が、長編映画の 1 日分(平均撮影日)から 5 時間の編集用の下見フィルムを受け取り、そこからシーンを記録、整理、およびカットするように依頼されたとします。その場合、整理とシーンのカットで簡単に相手を打ち負かすことができます。」

Thomas Bergman 氏は、編集者、撮影技師、カラリストであり、ドイツのシュトゥットガルトを拠点とする Silbersalz Film の共同設立者です。

"Man kann im Premiere Pro im Vergleich zum AVID sicherlich 100% schneller auf derselben Maschine sein, indem man Workflows, Premiere Features, Key Commands schlau mit seinem kreativen Prozess verbindet."

翻訳:Premiere Pro では、Adobe Premiere Pro のワークフロー、ツール、カスタムキーボードコマンドを使用して、独自のクリエイティブなプロセスを自由に設計できるため、同じマシンで Avid と比較して、少なくとも 100% 高速に作業できます。

Jonathan Corbiere 氏

Jonathon Corbiere 氏は、カナダのトロントにあるアニメーションスタジオ、ThoughtCafé の一員であり、現在制作中の「The Animated Mind of Oliver Sacks」のアニメーション監督です。

「メディア、タイミング、スケーリングをすべてそのままにして、編集済みのアニマティクスを Premiere Pro から After Effects に直接コピーして貼り付ける機能により、アニメーションのセットアップ時間が 50% 以上短縮します。」

Christine Steele
Christine Steele 氏は、ハリウッドに拠点を置く編集者であり、受賞歴のある映画製作者です。彼女は Steele Pictures、Inc. の所有者です。

Premiere Pro のカスタマイズ性により、より高速な作業が可能になります。自分の思い通りに機能するショートカットとワークスペースをマップして保存します。これにより、自分がやりたいことを自分のやりたいようにできるようになります。そのため、リアルタイムでクリエイティブに考えることができます。このようなカスタマイズの設定、保存、テスト、改善には時間がかかりますが、キーボード、パネルの設定、および環境設定がダイヤルインされると、自分が何をしているのかを考える必要がなくなり、実行するだけです。 

この種の速度を達成するのに役立つ機能は次のとおりです。

  • フッテージの整理や選択(スターターテンプレートプロジェクト、スマートビン、インジェストとプロキシのプリセット、シーケンスプリセット、サブシーケンスを作成するためのショートカット、レビュー/アップロード用の出力プリセットなど)など、さまざまなワークフローのワークスペースを保存します。
  • フリーフォームビンをマルチソースモニターとして使用すると、暫定版フィルムを非常にすばやく作成できます。
  • カットダウンを作成する場合、複雑な合成や仕上げ作業をおこなう場合に、「パンケーキ」タイムラインを使用します。
  • 毎日のタイムライン編集および動的なトリミング操作のための単一のキーショートカットを保存します。
  • エッセンシャルグラフィック、サウンド、Lumetri カラーパネルに簡単にアクセスできるようになり、すべてのユーザーの処理速度が大幅に向上します。
  • Adobe Stock へのパネルアクセスによって、編集だけでなく、ライセンス供与も速くなりました。
  • Wipster などのアプリケーションへのパネルアクセスにより、共同作業の配信プロセスが改善されます。
  • ラフカットシーケンスの上の調整レイヤーに LUT をすばやく適用するなどの高度な機能により、数分での承認と、数時間での承認という差が出ます。 

After Effects への Dynamic Link やモーショングラフィックステンプレートへのアクセスはもちろんのこと、これらの機能はすべて、もっと時間があれば、はるかに優れていた「許容できる程度のプロフェッショナルな」カットを提供する代わりに、見栄えの良いシーケンスで厳しい納期を満たすことができます。 

Scott Simmons 氏は、ProVideo Coalition のビデオ編集者兼ライターです。

クラフト編集で、Premiere Pro を使用して実際の速度の利点を感じることができます。ここから、映像、ログ、整理、カットの構築を始めています。そこからストーリーの構築を深く掘り下げます。これがプロセスの最も重要な部分です。 

多くの異なるタスクを実行する方法は複数あります。 

たとえば、マスタークリップから編集する場合、実行内容に応じたオプションがあります。従来のサブクリップを使用することもできますが、あまり効率的ではありません。マスタークリップはビンの大きなサムネイルとして表示でき、IN ポイントから OUT ポイントをマークして、ビンからタイムラインに直接編集できます。選択シーケンスを作成する場合、パンケーキタイムラインメソッドを使用して、シーケンスから編集できます。何よりも、ソースモニターで、これらのパンケーキタイムラインを開き、タイムラインでソースシーケンスを表示できることです。 

トリミングするときはマウスを使用できますが、これも最も効率的な方法ではありません。ダイナミックトリミングが可能であるため、ビューアーでトリミングを見て「感じる」ことができます。しかし、キーボードショートカットを使用して、さまざまな方法でタイムラインをトリミングすることもできます。 

オーディオミキシングにも多くのオプションが用意されています。エッセンシャルサウンドパネルについては、プロセス全体についてあまり深く知る必要はありませんが、これを使えば、多くのことをすばやく行うことができます。しかし、Premiere が CLIP ベースのミキシングと TRACK ベースのミキシングの両方を提供し、Premiere がこれらのオプションの両方を提供する唯一の主要な NLE であるという点が、本当の力であると思います。最後に、ミックスを Adobe Audition に送信して、究極のハイエンドミキシングのエクスペリエンスを実現できます。

これらは私の好きな 3 つの点で、Adobe Premiere Pro では作業方法について複数のオプションが選択できます。

これらのベストプラクティスガイドについて

Adobe では、終了行にすばやく戻ることができます。ビデオの編集と制作については、ベストプラクティスガイドを参照してください。

協力者

  • Jeff Greenberg 氏は、コンサルタント、マスタートレーナーであり、『Adobe Premiere Pro Studio Techniques』の著者です。
  • Maxim Jago 氏はパリに拠点を置く、映画製作者、マスタートレーナーであり、『Premiere Pro Classroom in a Book』の著者です。
  • Jarle Leirpoll 氏は、ノルウェーに拠点を置く、映画製作者、編集者、およびマスタートレーナーです。また、彼は、『The Cool Stuff in Premiere Pro』の著者でもあります。
  • Alex Macleod 氏は、制作の専門家で、放送コンサルタントであり、英国にある Media City Training の所有者です。
  • Joe Newcombe 氏は、放送局およびポストプロダクション施設のシステムインテグレーターである、サポートパートナーのセールスおよびマーケティングの責任者です。彼は英国を拠点にしています。
  • Ian Robinson 氏は、ブロードキャストモーションデザイナーであり、通常の Adobe MAX トレーナーです。Ian はコロラド州シルバーソーンに拠点を置いています。
アドビのロゴ

アカウントにログイン