Premiere Pro のシーケンス内でのクリップの処理がどれほど簡単かを解説します。

あらゆるシーケンス内のクリップの検索(クリップ使用状況を使用)

注意:

プロジェクトパネルで「ビデオの使用回数」列を表示することによって、クリップの使用回数を表示することもできます。詳しくは、表示項目の追加を参照してください。

プロジェクトパネルにある任意のクリップについて、そのプロジェクトでの使用の有無、使用回数および各使用位置を、クリップ使用状況メニューで確認できます。「クリップ使用状況」の三角形は、選択したクリップがシーケンスで使用されている場合のみ、サムネールビューアの横に表示されます。

 

  1. プロジェクトパネルでクリップを選択します。
  2. プロジェクトパネル上部のクリップのサムネールの横に表示されているクリップ使用状況の三角形をクリックします(ムービー行のピクセル縦横比の隣)。

    ポップアップメニューに、クリップが使用されているシーケンスでのクリップのタイムコード位置が表示されます。

  3. 目的の位置をクリックします。

    目的のシーケンスパネルが前面に移動して、再生ヘッドがクリップの位置に移動します。

プロジェクトパネルでのシーケンスクリップのソースの表示

  1. シーケンス内のクリップを右クリック(Windows)、または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して、「プロジェクトウィンドウで表示」を選択します。

1 つまたは複数のクリップの選択

エフェクトの適用、クリップの削除、クリップの時間的な位置の移動など、クリップ全体に影響する操作を行う場合には、まずタイムラインパネルでクリップを選択します。ツールパネルには、さまざまな選択操作を行うための選択ツールがあります。

次のいずれかの操作をおこないます。

  • 1 つのクリップを選択するには、選択ツール を使用して、タイムラインパネルでクリップをクリックします。

  • クリップのオーディオ部分またはビデオ部分だけを選択するには、選択ツール を使用して、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら目的の部分をクリックします。

  • 複数のクリップをクリックして選択するには、選択ツール を使用して、Shift キーを押しながら目的の各クリップをクリックします(選択されているクリップを選択解除する場合も、Shift キーを押しながらクリックします)。

  • 特定の範囲のクリップを選択するには、タイムラインルーラーの下の何も表示されていない部分から、選択するクリップを囲むようにドラッグします(範囲選択)。

  • 選択しているクリップに特定の範囲のクリップを追加または削除するには、Shift キーを押しながらクリップを囲むようにドラッグします。選択されていないクリップを選択項目に追加するには、Shift キーを押しながら追加するクリップを囲むようにドラッグします。選択されているクリップを選択項目から削除するには、Shift キーを押しながら削除するクリップを囲むようにドラッグします。

  • 1 つのトラック上にある特定の時間以降のクリップをすべて選択するには、トラックの前方選択ツール を選択して、時間軸上で先頭にあるクリップをクリックします。すべてのトラック上にある特定の時間以降のクリップをすべて選択するには、Shift キーを押しながらクリックします。

  • ビデオクリップとオーディオクリップがリンクされているときに、どちらか一方のトラックのクリップを選択するには、トラック選択ツール で Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらクリップをクリックします。

  • Premiere Pro では、「次のクリップを選択」コマンドまたは「前のクリップを選択」コマンドを使用して、再生ヘッドの現在の場所にあるターゲットトラック上のクリップを選択します。これらのキーボードから実行するコマンドは、使用する前にキーボードショートカットダイアログボックスで設定する必要があります。

  • Premiere Pro では、「インからアウトを選択」コマンドを使用して、ターゲットトラックのインポイントおよびアウトポイントに基づいてクリップを選択します。このキーボードから実行するコマンドは、使用する前にキーボードショートカットダイアログボックスで設定する必要があります。

クリップのアクティブ化または非アクティブ化

いろいろな編集操作を試したり、複雑なプロジェクトの処理時間を短縮したいときに、特定のクリップを非アクティブにすることができます。非アクティブにしたクリップは、プログラムモニターや、書き出すプレビューファイルまたはビデオファイルに出力されません。クリップは、非アクティブにした状態でも変更することができます。ただし、非アクティブにしたクリップが含まれているトラックがロックされている場合は変更できません。特定のトラック上のすべてのクリップを非アクティブにするには、クリップではなく、トラック全体を非アクティブにします。ターゲットトラックの指定を参照してください。

  1. タイムラインパネルで 1 つまたは複数のクリップを選択し、クリップ/有効を選択します。アクティブコマンドの横にチェックマークが表示されている場合は、選択したクリップがアクティブであることを示しています。非アクティブになっているクリップ名は、タイムラインパネルでグレー表示されます。

注意:

クリップのアクティブ化および非アクティブ化はエディターでよく行う操作なので、この操作のカスタムキーボードショートカットを作成しておくことをお勧めします。キーボードショートカットのカスタマイズと読み込みを参照してください。

クリップのグループ化

複数のクリップをグループ化して、移動、非アクティブ化、コピーまたは削除を一度に行うことができます。リンクされているクリップをグループ化すると、クリップのビデオトラックとオーディオトラックの両方がグループに含まれるようになります。

「速度・デュレーション」コマンドなどのクリップ単位で使用するコマンドやエフェクトをグループ全体に適用することはできませんが、グループ内の個別のクリップに適用することはできます。

グループの先頭または最後の部分(グループの最初のクリップの先頭部分と最後のクリップの最後の部分)はトリミングできますが、グループ内部のインポイントとアウトポイントはトリミングできません。

  • クリップをグループ化するには、複数のクリップを選択して、クリップ/グループ化を選択します。
  • クリップのグループ化を解除するには、グループ化されているクリップを選択し、クリップ/グループ解除を選択します。
  • グループ内の 1 つまたは複数のクリップを選択するには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら目的のクリップを 1 つクリックします。グループ内の別のクリップをさらに選択するには、Shift + Alt キー(Windows)または Shift + Option キー(Mac OS)を押しながらクリップをクリックします。

クリップのスナップ

スナップ機能を使用すると、クリップを隣接するクリップとつなげたり、特定の時間位置に移動する操作をより簡単に行うことができます。スナップ機能をオンにした状態でクリップを移動すると、自動的に別のクリップの端、マーカー、タイムラインルーラーの先頭または最後、または再生ヘッドに揃えられます(スナップされます)。クリップの一部を別のトラックに向かって縦方向にドラッグすると、新しいトラック内の元の時間位置にスナップされます。スナップ機能を使用すれば、クリップをドラッグしたときに、クリップを誤ってインサート(挿入)または上書きしてしまうのを防止することもできます。クリップをドラッグしてスナップされると、矢印の付いた垂直の線が表示されます。

スナップ機能のオンまたはオフ

  1. スナップ機能をオンにするには、タイムラインパネルの左上のシーケンスタブの下にあるスナップボタン をクリックします。オフにするには、もう一度クリックします。

クリップの端、マーカーまたは再生ヘッドへのクリップのスナップ

  1. タイムラインパネルで、スナップボタン が選択されていることを確認します。
  2. クリップをドラッグして、別のクリップの端、マーカーまたは再生ヘッドに近づけます。クリップがスナップされると、垂直の線が表示されます。

    注意:

    キーボードショートカットを使用して、スナップ機能のオンとオフを切り替えることができます。このキーボードショートカットは、クリップの移動やトリミングなどの編集操作を行っているときにも使用できます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー