Panasonic P2 シーケンスの編集が完了したら、編集したシーケンスをハードディスクに書き出したり、P2 カードに書き出すことができます。また、クリップを個別に P2 形式に書き出すこともできます。

P2 形式で保存可能なクリップの最大ファイルサイズは 4 GB です。Premiere Pro では、サイズが 4 GB を超えるクリップまたはシーケンスを P2 形式で書き出す場合、4 GB のスパンドクリップのグループとして書き出します。クリップのスパンについて詳しくは、スパンドクリップについてを参照してください。

P2 カードで編集して P2 カードに戻すワークフローがシンプルになります。5.1 チャンネルシーケンスが含まれているプロジェクトに P2 クリップを読み込み、ソースチャンネルを指定したトラックにマップします。その後、クリップをシーケンスに配置するか P2 に書き出します。詳しくは、ソースオーディオチャンネルと出力オーディオチャンネルのマッピングを参照してください。

注意:

P2 プリセットで使用する初期設定の種類であるステレオシーケンスから P2 を書き出すと、2 つのモノラルトラックが含まれたファイルが作成されます。Premiere Pro はシーケンスのステレオパンを保持します。Premiere Pro で 5.1 チャンネルマスタートラックが含まれるシーケンスを P2 に書き出すと、シーケンスが左右のステレオに対応する 2 つのモノラルチャンネルのファイルとして書き出されます。

クリップまたはシーケンスを P2 メディアに書き出すと、Premiere Pro はクリップおよび XMP メタデータを P2 標準のフィールドに変換します。P2 ビューア、カメラ、サーバーおよびデッキでこれらを読み取ることができます。

  1. タイムラインパネルまたはプロジェクトパネルで、シーケンスまたはクリップを選択します。
  2. (オプション)タイムラインから書き出す場合は、タイムラインマーカーを設定し、P2 アイコンとして書き出しに使用するフレームに番号「0」を付けます。

    このマーカーを設定しないと、初期設定で P2 アイコンがシーケンスの最初のフレームに表示されます。

  3. ファイル/書き出し/メディアを選択します。
  4. 形式ポップアップメニューから「P2 ムービー」を選択します。
  5. (オプション)「出力名」フィールドのホットテキストをクリックし、新しいファイル名を入力します。

    この名前は、書き出したクリップのメタデータ XML ファイルの UserClipName 要素の値に使用されます。UserClipName 値は、再度クリップを Premiere Pro に読み込んだときに、プロジェクトパネルの「名前」列に表示されます。名前を指定していない場合、「名前」列にはファイル名が表示されます。ファイル名は、Panasonic P2 MXF 形式に準拠して自動的に生成されます。

  6. ファイルの保存先を参照します。マウントされた P2 カードのルートへ移動するか、書き出し先フォルダーに移動して、「保存」をクリックします。

    書き出し先に P2 準拠のファイル構造がある場合、Premiere Pro は書き出されたクリップを既存のフォルダーに追加します。P2 準拠のファイル構造がない場合、Premiere Pro は書き出し先にファイル構造を作成します。

  7. 書き出すクリップまたはシーケンスの領域を定義します。書き出し設定ダイアログボックスで、三角形の時間インジケーターを目的のインポイントにドラッグし、インポイントを設定ボタンをクリックします。三角形の時間インジケーターを目的のアウトポイントにドラッグし、アウトポイントを設定ボタンをクリックします。
  8. 次のいずれかの操作を行います。
    • 「キュー」をクリックします。Adobe Media Encoder で、キューに追加されるエンコードジョブを開きます。

    • 「書き出し」をクリックします。Adobe Media Encoder は直ちにアセットをレンダリングします。

Adobe Media Encoder は、シーケンスまたはクリップをディスクまたは P2 カードの CONTENTS フォルダーに追加し、ビデオ MXF ファイルを VIDEO フォルダーに、オーディオ MXF ファイルを AUDIO フォルダーに追加します。また、アイコンファイルを ICON フォルダー、メタデータ XML ファイルを CLIP フォルダーに追加します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー