Final Cut Pro から XML ファイルとして書き出された、プロジェクト、選択したクリップ、または選択したシーケンスを読み込む方法について学習します。

Final Cut Pro から、プロジェクト全体、または選択したクリップを XML ファイルとして書き出したシーケンスを読み込めます。Premiere Pro では、ビンとクリップの構造と名前は Final Cut Pro ソースプロジェクトと同じになります。また、Premiere Pro は、Final Cut Pro ソースプロジェクトのシーケンスマーカー、シーケンス設定、トラックのレイアウト、ロックされているトラック、シーケンスタイムコードの開始点を保持します。テキストは、Final Cut Pro Text ジェネレーターから Premiere Pro タイトルに読み込まれます。

注意:

Final Cut Pro のネイティブプロジェクトファイルを読み込むことはできません。読み込めるのは、Final Cut Pro から書き出された XML ファイルだけです。Premiere Pro から Final Cut Pro の XML ファイルを書き出すことができます。Premiere Pro から変換されたエフェクトは、Final Cut Pro XML ファイルから読み込まれたエフェクトと同じです。

注意:

Premiere Pro および Final Cut Pro 7(およびそれ以前)では、ファイル交換のために Final Cut Pro XML ファイルを共有できます。Final Cut Pro X と Premiere Pro の間で情報を交換するには、「Xto7」というサードパーティ製ツールを使用できます。このツールの使用について詳しくは、ここを参照してください。

Final Cut Pro XML ファイルから変換された Premiere Pro の項目のリストについては、Final Cut Pro クリップデータFinal Cut Pro エフェクトとトランジションFinal Cut Pro 合成モードおよび Final Cut Pro マルチクリップを参照してください。また、詳しくは、Richard Harrington、Robbie Carman および Jeff Greenberg による PDF「Appendix D: Working with Final Cut Pro from the Editor's Guide to Premiere Pro」を参照してください。

Final Cut Pro プロジェクトの読み込みに関する追加リソースへのリンクについては、アドビ システムズ社の Web サイトのこの記事を参照してください。

チュートリアルで学習する

Final Cut Pro からのプロジェクトの書き出しと Premiere Pro への読み込みのシンプルな XML ワークフローについて、ビデオチュートリアルが公開されています。

Final Cut Pro からの XML ファイルの読み込み

  1. Final Cut Pro から XML ファイルを書き出します。詳しくは、Final Cut Pro のヘルプを参照してください。
  2. Final Cut Pro でソースプロジェクトを閉じます。
  3. Premiere Pro で、ファイル/読み込みを選択します。
  4. XML ファイルを参照し、「開く」をクリックします。

Final Cut Pro クリップデータ

Final Cut Pro の説明、シーン、テイク、ログの注釈フィールドのクリップデータは、Premiere Pro のメタデータフィールドに同じ名前で表示されます。

Final Cut Pro エフェクトとトランジション

Premiere Pro では、Final Cut Pro ソースプロジェクトの基本モーションエフェクトと不透明度エフェクト、およびモーションキーフレームと不透明度キーフレームは保持されます。また、Premiere Pro では、次の表に従って Final Cut Pro エフェクトとトランジションを変換します。

テーブル 1. Final Cut Pro ビデオエフェクトの変換

Final Cut Pro エフェクト

Premiere Pro エフェクト

クロップ

クロップ

8 点ガベージマット

8 点ガベージマット

4 点ガベージマット

4 点ガベージマット

ブラー(ガウス)(Final Cut Pro のチャンネル選択がアルファ+RGB の場合)

ブラー(ガウス)

luma キー

luma キー

色補正(3 ウェイ)

色補正(3 ウェイ)

テーブル 2. Final Cut Pro ビデオトランジションの変換

Final Cut Pro トランジション

Premiere Pro トランジション

ホワイトアウト

ホワイトアウト

カラーブレンド・ディゾルブ

暗転

エッジワイプ

ワイプトランジション(Premiere Pro でサポートされている 8 方向のうち、一番近い方向にワイプするもの)

その他のビデオトランジション

クロスディゾルブ

テーブル 3. Final Cut Pro オーディオエフェクトの変換

Final Cut Pro オーディオエフェクト

Premiere Pro オーディオエフェクト

オーディオレベルの値とキーフレーム

オーディオクリップのボリュームの値とキーフレーム

オーディオのパンの値とキーフレーム

トラックのパンの値とキーフレーム

ローパス・フィルタ

ローパス

ハイパス・フィルタ

ハイパス

バンドパス・フィルタ

バンドパス

テーブル 4. Final Cut Pro オーディオトランジションの変換

Final Cut Pro オーディオトランジション

Premiere Pro オーディオトランジション

クロスフェード(直線的に +0dB)

コンスタントゲイン

クロスフェード(曲線的に +3dB)

コンスタントパワー

その他のトランジション

コンスタントパワー

Final Cut Pro 合成モード

Premiere Pro では、Final Cut Pro ソースプロジェクトの基本モーションエフェクトと不透明度エフェクト、およびモーションキーフレームと不透明度キーフレームは保持されます。Premiere Pro では、次の表に従って Final Cut Pro 合成モードを変換します。

Final Cut Pro モード

Premiere Pro モード

通常

通常

追加

覆い焼き(リニア)

減算

サポートされません

差の絶対値

差の絶対値

乗算

乗算

スクリーン

スクリーン

オーバーレイ

オーバーレイ

ハードライト

ハードライト

ソフトライト

ソフトライト

比較(暗)

比較(暗)

比較(明)

比較(明)

トラベリングマット - アルファ

サポートされません

トラベリングマット - ルミナンス

サポートされません

Final Cut Pro マルチクリップ

Premiere Pro では、入力数を減らしていない Final Cut Pro マルチクリップを、4 つの入力までマルチカメラのシーケンスに変換します。Premiere Pro では、展開していないマルチクリップを個々のクリップに変換します。

注意:

Premiere Pro では 5 つ以上の入力があるマルチクリップを読み込もうとすると警告が出ます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー