マニュアル キャンセル

ベストプラクティス:独自のプロジェクトテンプレートを作成する

  1. Adobe Premiere Pro ユーザーガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. Premiere Pro ベータ版ホーム
  3. はじめに
    1. Adobe Premiere Pro の概要
    2. Premiere Pro の新機能
    3. リリースノート | Premiere Pro
    4. Premiere Pro のキーボードショートカット
    5. Premiere Pro のアクセシビリティ
    6. 長編とエピソードのワークフローガイド
  4. ハードウェアおよびオペレーティングシステムの要件
    1. 推奨ハードウェア
    2. 必要システム構成
    3. GPU および GPU ドライバーの要件
    4. GPU アクセラレーションレンダリングとハードウェアによるエンコード/デコード
  5. プロジェクトの作成
    1. 新規プロジェクトの作成
    2. プロジェクトを開く
    3. プロジェクトの移動または削除
    4. 複数の開いているプロジェクトの操作
    5. プロジェクトのショートカットの操作
    6. Premiere Pro プロジェクトの下位互換性
    7. Premiere Rush プロジェクトを Premiere Pro で開いて編集する
    8. ベストプラクティス:独自のプロジェクトテンプレートを作成する
  6. ワークスペースとワークフロー
    1. ワークスペース
    2. よくある質問 | Premiere Pro での読み込みと書き出し
    3. パネルの操作
    4. Windows タッチおよびジェスチャーによる操作
    5. デュアルモニターセットアップでの Premiere Pro の使用
  7. キャプチャと読み込み
    1. キャプチャ
      1. フッテージのキャプチャとデジタル化
      2. HD、DV または HDV ビデオのキャプチャ
      3. バッチキャプチャと再キャプチャ
      4. HD、DV または HDV のキャプチャ用にシステムをセットアップ
    2. 読み込み中
      1. ファイルの転送
      2. 静止画の読み込み
      3. デジタルオーディオの読み込み
    3. Avid または Final Cut からの読み込み
      1. Avid Media Composer からの AAF プロジェクトファイルの読み込み
      2. Final Cut Pro 7 および Final Cut Pro X からの XML プロジェクトファイルの読み込み
    4. サポートされているファイル形式
    5. アナログビデオのデジタル化
    6. タイムコードの操作
  8. 編集
    1. シーケンス
      1. シーケンスの作成と変更
      2. クリップをシーケンスに追加する
      3. シーケンスでのクリップの並べ替え
      4. シーケンス内でのクリップの検索、選択およびグループ化
      5. ソースモニターに読み込まれたシーケンスからの編集
      6. シーケンスの簡易化
      7. シーケンスのレンダリングとプレビュー
      8. マーカーの操作
      9. ソースのパッチ適用とトラックのターゲティング
      10. シーン編集の検出
    2. ビデオ
      1. クリップの作成と再生
      2. クリップのトリミング
      3. クリップの統合によるオーディオとビデオの同期
      4. メディアをレンダリングして置き換え
      5. 取り消し、履歴、イベント
      6. フレームの固定と保持
      7. 縦横比の操作
    3. オーディオ
      1. Premiere Pro のオーディオの概要
      2. オーディオトラックミキサー
      3. ボリュームレベルの調整
      4. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
      5. 自動ダッキングオーディオ
      6. リミックスオーディオ
      7. オーディオクリップミキサーを使用したクリップボリュームおよびパンのモニタリング
      8. オーディオバランスとパンについて
      9. 高度なオーディオ - サブミックス、ダウンミキシング、およびルーティング
      10. オーディオエフェクトおよびトランジション
      11. オーディオトランジションの操作
      12. オーディオへのエフェクトの適用
      13. ラウドネスレーダーエフェクトを使用したオーディオの測定
      14. オーディオミックスの録音
      15. タイムラインでのオーディオの編集
      16. Premiere Pro でのオーディオチャンネルのマッピング
      17. Premiere Pro で Adobe Stock オーディオを使用する
    4. 高度な編集
      1. マルチカメラ編集ワークフロー
      2. Premiere Pro でイマーシブビデオ用にヘッドマウントディスプレイの設定および使用
      3. VR の編集
    5. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:オーディオミックスの高速化
      2. ベストプラクティス:効率的な編集
      3. 長編映画の編集ワークフロー
  9. ビデオエフェクトとトランジション
    1. ビデオエフェクトとトランジションの概要
    2. エフェクト
      1. Premiere Pro のエフェクトの種類
      2. エフェクトの適用と削除
      3. エフェクトプリセット
      4. 様々なソーシャルメディアチャンネル用にビデオを自動的に再フレーム化します
      5. カラー補正エフェクト
      6. クリップのデュレーションと速度を変更する
      7. 調整レイヤー
      8. フッテージのスタビライズ
    3. トランジション
      1. Premiere Pro でのトランジションの適用
      2. トランジションの変更とカスタマイズ
      3. モーフカット
  10. グラフィック、タイトル、アニメーション
    1. グラフィックとタイトル
      1. エッセンシャルグラフィックスパネルの概要
      2. タイトルの作成
      3. シェイプの作成
      4. テキストと図形の整列と分布
      5. スペルチェックおよび検索と置換
      6. テキストとシェイプへのグラデーションの適用
      7. レスポンシブデザイン機能のグラフィックへの追加
      8. タイトル用のモーショングラフィックステンプレートの使用
      9. モーショングラフィックステンプレートでの画像またはビデオの置き換え
      10. データ駆動型モーショングラフィックステンプレートの使用
      11. ベストプラクティス:より高速なグラフィックワークフロー
      12. キャプションの操作
      13. 音声テキスト変換
      14. Premiere Pro での音声テキスト変換 | よくある質問
      15. Premiere Pro でのレガシータイトルの廃止 | よくある質問
      16. レガシータイトルからソースグラフィックへのアップグレード
    2. アニメーションとキーフレーム
      1. キーフレームの追加、移動、設定
      2. エフェクトのアニメート
      3. モーションエフェクトを使用したクリップの編集およびアニメーション
      4. キーフレームのオートメーションの最適化
      5. キーフレームの移動とコピー
      6. エフェクトとキーフレームの表示および調整
  11. 合成
    1. 合成、アルファチャンネル、クリップの不透明度の調整
    2. マスクとトラッキング
    3. 描画モード
  12. カラー補正とグレーディング
    1. 概要:Premiere Pro のカラーワークフロー
    2. 自動カラー補正
    3. Lumetri Look を使用したカラーでクリエイティブに
    4. RGB および色相/彩度カーブを使用したカラーの調整
    5. ショット間のカラーを修正および一致
    6. Lumetri カラーパネルでの HSL セカンダリコントロールの使用
    7. ビネットの作成
    8. Look と LUT
    9. Lumetri スコープ
    10. カラーマネジメントの表示
    11. 放送用 HDR
    12. DirectX HDR サポートを有効にする
  13. メディアの書き出し
    1. ビデオの書き出し
    2. プリセットマネージャーの書き出し
    3. 書き出しのワークフローと概要
    4. クイック書き出し
    5. Web およびモバイルデバイス向けの書き出し
    6. 静止画像の書き出し
    7. 他のアプリケーション用のプロジェクトの書き出し
    8. Pro Tools で使用する OMF ファイルの書き出し
    9. Panasonic P2 形式への書き出し
    10. 書き出し設定
      1. 書き出し設定のリファレンス
      2. 基本ビデオ設定
      3. エンコード設定
    11. ベストプラクティス:書き出しを高速化
  14. 共同作業:Frame.io、プロダクションおよび Team Projects
    1. Premiere Pro での共同作業
    2. Frame.io
      1. Frame.io のインストールとアクティベート
      2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
      3. よくある質問
    3. プロダクション
      1. プロダクションの使用
      2. プロダクション内のプロジェクト間でクリップがどのように動作するかを説明します
      3. ベストプラクティス:プロダクションの操作
    4. Team Projects
      1. Team Projects の新機能
      2. Team Projects の概要
      3. Team Projects の作成
      4. チームプロジェクトでメディアを追加および管理
      5. チームプロジェクトを使用した共同作業
      6. チームプロジェクト共同作業者との変更点の共有と管理
      7. チームプロジェクトをアーカイブ、復元または削除
  15. 他のアドビアプリケーションの操作
    1. After Effects および Photoshop
    2. Dynamic Link
    3. Audition
    4. Prelude
  16. アセットの整理と管理
    1. プロジェクトパネルでの操作
    2. プロジェクトパネルでのアセットの整理
    3. アセットの再生
    4. アセットの検索
    5. Creative Cloud ライブラリ
    6. Premiere Pro の同期設定
    7. プロジェクトのコンソリデート、トランスコードおよびアーカイブ
    8. メタデータの管理
    9. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:ブロードキャストでのプロダクションから学習する
      2. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
  17. パフォーマンスの向上とトラブルシューティング
    1. 環境設定の設定
    2. 環境設定をリセット
    3. プロキシの使用
      1. プロキシの概要
      2. 取り込みとプロキシのワークフロー
    4. システムが Premiere Pro と互換性があるかどうかの確認
    5. Apple シリコン用 Premiere Pro
    6. ちらつき削除
    7. インターレースとフィールドオーダー
    8. スマートレンダリング
    9. コントロールサーフェスのサポート
    10. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
    11. ナレッジベース
      1. 既知の問題
      2. 修正された問題
      3. Premiere Pro クラッシュの問題の修正
      4. Premiere Pro または Premiere Rush での緑とピンクのビデオ
      5. Premiere Pro でメディアキャッシュを管理する方法
      6. レンダリングまたは書き出し時のエラーの修正
      7. Premiere Pro の再生とパフォーマンスに関する問題のトラブルシューティング
  18. アセットとオフラインメディアの監視
    1. アセットのモニタリング
      1. ソースモニターとプログラムモニターの使用
      2. リファレンスモニターの使用
    2. オフラインメディア
      1. オフラインクリップの操作
      2. オフライン編集用のクリップの作成
      3. MedInstia オフラインでの再リンク

プロジェクトテンプレートを使用すると、Premiere Pro プロジェクトの作成を 10 〜 15 分短縮できます。これはおそらく 1 営業日の 3 %の節約になりますが、3 %は大きな節約です。プロジェクトテンプレートは何度も配当金を支払うため、時間と労力を節約できます。

ビデオ制作は複雑になる場合があります。ビデオ制作を管理し、プロジェクトを拡張する方法は、開始する前にワークフローを設定することです。Premiere Pro プロジェクトをテンプレートとして使用すると、それを行うことができます。プロジェクトを開始するときは少し時間を節約できますが、生産パイプラインを標準化し、エラーを回避できるようにすることで、作業中の時間を大幅に節約できます。

プロジェクトテンプレートには、あらゆるプロジェクトに共通のメディアを整理するための従来のビンが含まれています。Premiere Pro プロジェクトには、タイムラインレイアウト、トラック名、色付きラベル、エフェクト、ビン(メディアフォルダー)、検索ビンなどが含まれます。これらはすべて保存でき、必要に応じて調整でき、新しいプロジェクトで再利用できます。

プロジェクトテンプレートを使用すると、どのように迅速にプロジェクトを作成できますか

新規ユーザー向けに、プロジェクトテンプレートは Premiere Pro の洞察を提供し、編集ワークフローをガイドします。専門の編集者に対しては、プロジェクトを計画し、作業をより効率的に完了するための柔軟なツールを提供します。編集チームの場合、プロジェクトテンプレートはメディアとタイムラインの組織を標準化し、共同作業を簡素化します。

このベストプラクティスガイドでは、Premiere Pro プロジェクトテンプレートを作成する方法について説明します。サンプルテンプレートプロジェクトをダウンロードし、必要に応じて独自のワークフローに適合させることができます。

プロジェクトを整理してから開始します。

プロジェクトは多くの場合、編集を開始した後に成長および進化します。これには、プロジェクトテンプレートが有効になっている必要があります。標準化されたビンの共通セットは、プロジェクトの整理に役立ちます。

プロジェクトテンプレートには、設定した条件を満たすメディアを自動的に表示する検索ビンを含めることができます。たとえば、プロジェクト内のすべての音楽クリップを表示するように構成された検索ビンは、音楽を見つけるために、他のビンを検索することを節約します。

Premiere Pro プロジェクトに含めることができるものはすべて、テンプレートの一部にすることができます。

  • 事前定義済みシーケンス – あらかじめ名前が付けられたトラック、編集可能なタイトル、モーショングラフィックス、音楽、調整レイヤーが含まれています。
  • 未処理のビデオフッテージ – これにはアニメーションファイルが含まれている可能性があり、マスタークリップエフェクトを事前に適用しておくこともできます。
  • グラフィック – これには、共通のロゴ、バックプレート、すべてのプロジェクトに関連付けられたビジュアル、または使用が許可されていないグラフィックの幅広い選択が含まれます。
  • 音楽と SFX – これは、選択可能な複数のクリップを含む、整理されたオーディオライブラリです。
  • After Effects のコンポジション– After Effects が同じシステムにインストールされている場合、これらは編集可能で、変更は Premiere Pro に自動的に表示されます。コンポジションをプロジェクトに含めるために After Effects をインストールする必要はありません。
  • タイトル – これらには、定期的に表示されるか、組織の正しいフォントと社内カラーでテンプレートとして使用されるサブジェクトのメンバーの名前が含まれる場合があります。
  • ストック要素 – 組織によってライセンスされている Adobe のストックビデオと写真を組み込みます。
  • 書き出しビン – 書き出しされたメディアファイルのバージョンを追跡するために書き出しする前に、このビンにシーケンスを配置します。
  • メモ – メディアファイルと同様に、テキストファイルを Premiere Pro プロジェクトにインポートできます。

実習:サンプルプロジェクトテンプレート

これらの要素はすべて、このベストプラクティスガイド用に作成したサンプルテンプレートに組み込まれています。ここからテンプレートをダウンロードできます。

ダウンロード

サンプルプロジェクトテンプレートを使用する方法

テンプレートプロジェクトの zip ファイルをダウンロードし、保存するためにシステムのどこかに配置します。新しい名前でコピーを作成し、メディアドライブ(編集時にメディアに使用する保存場所)にコピーします。

プロジェクトテンプレートの zip ファイルをダウンロードしています
プロジェクトテンプレートの zip ファイルをダウンロードしています

メインフォルダーには、Premiere Pro プロジェクトと一連のフォルダー(Premiere Pro プロジェクトのビン)が含まれています。各フォルダ-は、使用方法に関するメモが記載されたテキストファイルを除き、空です。

Zip ファイルに含まれるフォルダーのセット
Zip ファイルに含まれるフォルダーのセット

注意:

フォルダーには同じ順序で表示されるように番号が付けられていますが、必要に応じて他のフォルダーを挿入するための十分なスペースがあります。

再利用するコンテンツは、これらのフォルダーに追加できます。さまざまなタイプのプロジェクトがある場合は、それぞれにテンプレートを作成し、フォルダーにイントロ、オーディオ、グラフィックスなどの定期的なコンテンツを追加できます。

Premiere Pro でプロジェクトを開くと、プロジェクトパネルに表示されているビンが検索されます。

プロジェクトパネルのプロジェクトテンプレートファイル
プロジェクトパネルのプロジェクトテンプレートファイル

このテンプレートをそのまま使用することを選択できます。Windows または mac Os では、元のメディアを 10 個の未処理フッテージフォルダーにコピーします。Premiere Pro でビンを開き、フッテージをインポートします。これにより、オーディオのセットアップとメディアのビンを使用して、タイムラインで実行を開始できます。

以下のセクションでは、プロジェクトテンプレートのさまざまな要素を操作する方法について説明します。

検索ビンでメディアをすばやく見つける

検索ビンは、通常の検索機能と動的で常に更新される検索を組み合わせたものです。これらは、特定の種類のメディア、または特定の種類のメタデータを持つクリップを自動的に照合する優れた方法です。例えば、名前に「BTS」が含まれているクリップを表示するように検索ビンを設定すると、シーンの内容を簡単に見つけることができます。

サンプルプロジェクトには、検索ビンの例がいくつか含まれています。

検索ビンの作成方法

  1. ファイル」、「新規」、そして「検索ビン」を選択します。

    検索ダイアログボックスへのアクセス
    検索ダイアログボックスへのアクセス

  2. 検索ビンの作成」ダイアログボックスに検索条件を入力します。特定のタイプのメタデータに基づいて、2 つの条件を含めることができます。

    検索ビンの作成
    検索ビンの作成

  3. OK」をクリックします。

    新規検索ビンがプロジェクトパネルに表示されます。

    (オプション)設定を編集するには、検索ビンを右クリックして、「検索ビ​​ンの編集」を選択します。

サンプルプロジェクトテンプレートでビンを検索する

サンプルプロジェクトには、テンプレートプロジェクトに既にさまざまな便利な検索ビンがあります。以下に、検索ビンを作成またはカスタマイズするための検索条件のリストを示します。

  • すべてのシーケンス:シーケンスを検索するように設定されたメディアタイプ。
  • お気に入り: お気に入りは True (ブール値)に設定されています。
  • 非表示: 非表示が True に設定されています。プロジェクト内の要素を非表示にすることが可能で、これによりそれらが明らかになります。例としては、ビデオまたは古いバージョンのシーケンスに同期された後の未処理のオーディオがあります。
  • 書き出しシーケンス: 書き出しするときにシーケンスを複製し、「書き出し」という単語を 1 つのコピーに追加することをお勧めします。. この検索ビンは、「書き出し」という名前のシーケンスを探します。

映像を見つけるのに役立つ検索ビン。

  • ドキュメンタリースタイル: インタビューは「名前」フィールドまたは「説明」にあります。
  • ドキュメンタリースタイル: B ロール – すべての情報には b ロールまたは broll があります(誰かがダッシュを追加または忘れた場合に備えています)。
  • ナレーション: ナレーションという言葉がある情報。
  • ボイスオーバー(VO): 情報には VO という単語があります。
  • ショットモーション:名前または説明には、(個別に)パン、チルト、またはズームという言葉があります。
  • ショットの種類:名前または説明には、「CU、MS、WS」という語が(個別に)含まれています。

メディアの分析に役立つ検索ビン

  • オフライン: ステータスはオフラインに設定されます。
  • ユーザーディレクトリ内: ユーザーのホームディレクトリにあるすべてのファイルを検索します。MacOS と Windows の両方で、デスクトップ、ダウンロード、またはその他のユーザー固有のフォルダーにあるファイルは、おそらく間違った場所にあります。この検索ビンを使用すると、このメディアにすばやくアクセスして、簡単に見つけて移動できます。
  • Adobe After Effects プロジェクト: .aep After Effectsプロジェクト拡張子を持つインポートされたすべてのメディアを検索します。
  • メディアのレンダリングと置換: 置換とレンダリングは、特に Premiere の Adobe After Effects コンポジションのパフォーマンスを向上させる優れた方法です。 ファイル名に「_Render」が含まれているすべてのメディアを指定します。
  • すべての静止画: 画像に設定されているメディアタイプを見つけます。
  • ファイルの種類: 12 種類の一般的なファイルタイプのすべてのインスタンスを見つけます。

タイムラインの整理

あらかじめ名前が付けられたトラックを持つシーケンスから開始すると、編集を整理して論理的に保つのに役立ちます。これにより、オーディオの操作とシーケンスのコンテンツのナビゲートが簡単になります。

複数の編集者がプロジェクトに貢献している場合、トラックが標準化され整理されていると、作業を共有するのは、とても簡単です。

  • ビデオトラック名:メイン、B ロール、グラフィック、VFX、代替バージョン
  • オーディオトラック名: ダイアログ、VO、SFX、アンビエント、音楽
  • オーディオサブミックス: クリップが含まれていないサブミックストラック。代わりに、他のトラックからのオーディオ出力を、エフェクトが適用されるサブミックスに送ることができます。これにより、1 組のエフェクトコントロールを使用して、トラックのグループにオーディオエフェクトを適用できます。
  • 調整レイヤー:調整レイヤーに事前に設定された「Look」があることで、編集プロセス中に色処理のある映像を見ることができます(簡単にオンとオフを切り替えることができます)。

サンプルテンプレートのタイムライン

サンプルプロジェクトテンプレート のすべてのシーケンスには、ProRes422 に設定されたシーケンスサイズに一致するようにプレビューファイル形式が既に変更されています。このコーデックは、ベストプラクティス:書き出しガイドで詳しく説明されているように、エクスポートの高速レンダリングをサポートしています。

サンプルのテンプレートには、以下の 5 つのタイムラインがあります。

  1. 1080p 23.976-fps タイムラインには、名前付きトラックと、LUT が適用された調整レイヤーを持つトラックが含まれます。
  2. 正方形解像度のソーシャルメディア用のタイムラインが用意されました (1080x1080)。
  3. タイムラインは、垂直方向(1080x1920)のソーシャルメディア用に準備されています。
  4. マスタートラックにハードリミッター効果とラウドネスレーダー効果が適用されたタイムライン。
  5. 4 つのサブミックス(ダイアログ、SFX、アンビエンス、音楽)を含むタイムライン。

これがトラック名のスクリーンショットです。これらは必要に応じてカスタマイズできます。

テンプレートのタイムライン
テンプレートのタイムライン

トラックベースのオーディオエフェクト

トラックベースのオーディオエフェクトを使用すると、Premiere Pro のプロジェクトで高度なオーディオミキシングを実行できます。

サンプルプロジェクトテンプレートでは、マスタートラックにハードリミッターとラウドネスレーダーの 2 つのエフェクトが適用されています。

ハードリミッターは、設定レベル- 1.db よりも音声が大きくなるのを防ぐコンプレッサーです。

ラウドネスメーターは、CALM 法(米国)およびラウドネスを監視するための EBU R128 の推奨に従ってレベルを示します。これはブロードキャストオーディオの監視にとって非常に重要です。

ハードリミッターとラウドネスレーダーを備えたマスター付きオーディオミキサー
ハードリミッターとラウドネスレーダーを備えたマスター付きオーディオミキサー

マルチチャンネル出力シーケンス

M&E と呼ばれる「音楽とエフェクトのみ」で、ダイアログがない、追加の種類のオーディオミックスを作成すると便利です。これにより、多言語配信のためにコンテンツを再利用しやすくなります。

M&E ミックスを作成する場合は、ダイアログトラックを個別に整理して、選択的にミュートしやすくします。

このサンプルタイムラインは、マルチチャンネル出力用に設定されています。各トラックタイプ(ダイアログ、SFX など)は、以下のオーディオトラックミキサーに示されているように、適切なサブミックスにルーティングされています。

サブミックス付きマルチチャネルマスター
サブミックス付きマルチチャネルマスター

最終出力には、5 つのステレオトラック(10 チャンネル)が含まれます。

フルミックスは、最初のステレオトラック上にあります。後続の各トラックペアは、独自のチャンネルペアでの特定のサブミックス出力のみです。

書き出しする場合、出力は次のように 10 チャネルに設定する必要があります。

  1. マルチチャネル出力を使用して、新しいシーケンスを作成します。

    マルチチャンネルシーケンスの作成
    マルチチャンネルシーケンスの作成

  2. サブミックスを作成し、適切なサブミックスにトラックをルーティングします。 

    注意:

    トラックに名前を付けることは大きな利点です。

    サブミックス付きマルチチャネルマスター
    サブミックス付きマルチチャネルマスター

  3. 書き出すときは、「オーディオ」タブに移動し、10 チャンネルの出力を作成します。

    マルチチャネル出力
    マルチチャネル出力

最終的なマスターシェイプは、次のとおりです。

  • トラック 1 および 2 – フルステレオミックス
  • トラック 3 および 4 – ダイアログミックスのみ
  • トラック 5 および 6 - SFX ミックスのみ
  • トラック 7 および 8 - アンビエンスミックスのみ
  • トラック 9 および 10 - 音楽ミックスのみ

Premiere Pro の外部でファイルを整理する

簡単なプロジェクト管理の鍵は、組織化を開始し、組織化を維持することです。特定のプロジェクトのすべてのアセットと製作書類を単一のフォルダーに配置することにより、将来プロジェクトを簡単にバックアップおよび復元できます。

サンプルのプロジェクトテンプレートと同様に、フォルダーは独自のプロジェクトテンプレートの一部にすることができます。

一部のフォルダーは空でも使用できるように明確に名前を付けることができます。その他には、テンプレートプロジェクトに既に組み込まれているメディアや、そのタイプのプロジェクトで再利用するコンテンツなど、事前に作成されたシーケンスの一部を含めることができます。

各フォルダー名の先頭に数字があります。これにより、特定の順序を維持しながら名前でフォルダーを並べ替え、必要に応じて新しい番号を使用して新しいフォルダーを挿入できます。

Premiere Pro プロジェクトまたは他の Creative Cloud ツールにインポートする前に、メディアをプロジェクトフォルダーにコピーして、すべてが 1 か所にあるようにします。

Premiere Pro で利用できるメタデータ見出しの 1 つにファイルパスがあります。この見出しを表示すると、すべてのメディアファイルが正しい場所に保存されているかどうかを簡単に確認できます。

サードパーティのテンプレートツール

プロジェクトテンプレートの設定プロセスに自動化を追加するツールがいくつかあります。自動処理 IT や MoovIT の Helmut FX などの産業用システムは、エンタープライズ環境で使用されます。また、個人や小規模なチームにもオプションがあります。

AEScripts/Justin Taylors の「Pro I/O」 –自動的に新しいフッテージを自動的にインポートし、自動的にインポートする Watch フォルダーを提供します。 - https://aescripts.com/pro-io/

Digital Rebellion による Post Haste は、テンプレート/プロジェクトフォルダーの簡単な作成/複製/シリアル化を可能にする無料のユーティリティです。 - https://www.digitalrebellion.com/posthaste/.

これらのベストプラクティスガイドについて

Adobe では、終了行にすばやく戻ることができます。ビデオの編集と制作については、ベストプラクティスガイドを参照してください。

協力者

  • Jeff Greenberg 氏は、コンサルタント、マスタートレーナーであり、『Adobe Premiere Pro Studio Techniques』の著者です。
  • Maxim Jago 氏はパリに拠点を置く、映画製作者、マスタートレーナーであり、『Premiere Pro Classroom in a Book』の著者です。
  • Jarle Leirpoll 氏は、ノルウェーに拠点を置く、映画製作者、編集者、およびマスタートレーナーです。また、彼は、『The Cool Stuff in Premiere Pro』の著者でもあります。
  • Alex Macleod 氏は、制作の専門家で、放送コンサルタントであり、英国にある Media City Training の所有者です。
  • Joe Newcombe 氏は、放送局およびポストプロダクション施設のシステムインテグレーターである、サポートパートナーのセールスおよびマーケティングの責任者です。彼は英国を拠点にしています。
  • Ian Robinson 氏は、ブロードキャストモーションデザイナーであり、通常の Adobe MAX トレーナーです。Ian はコロラド州シルバーソーンに拠点を置いています。
アドビのロゴ

アカウントにログイン