Avid Media Composer から Premiere Pro に AAF ファイルを読み込む方法を説明します。

Avid Media Composer からの移行

Avid Media Composer からの移行

Adobe Premiere Pro は、ネイティブな Avid Media Composer(.avf)プロジェクトファイルを直接読み込むことができないので、Avid Media Composer から AAF ファイルを書き出して、Premiere Pro に AAF ファイルを読み込む必要があります。

Advanced Authoring Format(AAF)は、ビデオのポストプロダクションおよびオーサリング環境用に設計されたファイル交換形式です。Premiere Pro の .prproj および Avid Media Composer の .avp など、通常、ネイティブプロジェクト形式を相互に読み込めないアプリケーション間のプロジェクト情報の交換に使用されます。 

始める前に

Avid Media Composer から AAF ファイルを書き出して Premiere Pro に読み込む前に、Avid 内でクリーンアップをおこなう必要があります。AAF ファイルを書き出す前にシーケンストラックをクリーンアップします。各アセットタイプに一意のトラックを指定します。

また、移行されないエフェクトの識別と再作成に後で使用するために、参照ムービーを書き出すことをお勧めします。

Avid Media Composer から Premiere Pro への書き出し

Avid Media Composer から AAF ファイルを書き出すには:

  1. Avid Media Composer でプロジェクトを開きます。

  2. プロジェクトビンで書き出すシーケンスを選択します。

  3. File/Export を選択します。

  4. Export Settings ダイアログボックスで、AAF Edit ProtocolInclude All Video / Data Tracks in Sequence および Include All Audio Tracks in Sequence を選択します。

  5. イン/アウトポイント間のセクションに書き出しを制限するには、Use Marks を選択します。

  6. Video / Data Details」タブをクリックして、Link to (Don’t Export) Media を選択します。

  7. Audio Details」タブをクリックして、Link to (Don’t Export) Media を選択します。オプションで、Include Rendered Audio Effects も選択します。

  8. AAF ファイルを保存します。

Premiere Pro への AAF ファイルの読み込み

Avid Media Composer から AAF ファイルを書き出したら、Premiere Pro に読み込むことができます。

  1. Premiere Pro でプロジェクトを開くか、新しいプロジェクトを作成します。

  2. プロジェクトパネルを選択して、ファイル/読み込みを選択します。

  3. 前に書き出した AAF ファイルの場所を指定して、「読み込み」をクリックします。

    注意:

    Premiere Pro のプロジェクトパネルに、AAF ファイルの名前を持つ新しいシーケンスと、シーケンスで使用されたメディアを含むビンが作成されます。

    変換の問題がある場合は、メインビンに FCP 変換結果ファイルが追加されます。

  4. シーケンスをダブルクリックしてスクラブし、すべてが期待どおりに機能していることを確認します。

  5. レポートを読むには、ビンの FCP 変換結果をダブルクリックします。

    Windows のメモ帳または Mac のテキストエディットでファイルが開きます。変換されなかったエフェクト、タイトルまたはトランジションの Premiere Pro での処理方法がリストされています。

変換される要素と変換されない要素

  • Avid Metadata 列に入力されたカスタム情報(コメントフィールドなど)は移行されます。
  • サポートされないエフェクトを識別するために、マーカーがシーケンスに配置されます。
  • ディゾルブおよび速度のバリエーションなどのエフェクトは、Avid から移行されます。
  • オーディオレベルとキーフレームは、Avid から移行されます。
  • 一部のモーションパラメーター設定は移行されますが、複雑なアニメーションは移行されないことがあります。
  • マスタークリップにベイクした LUT 情報は、メタデータの表示列の LUT 情報と共に移行されます。
  • Avid シーケンスでクリップに適用された LUT フィルターエフェクトおよびカラーフィルターは、移行されません。
  • マットキーは、移行後にアルファチャンネルが失われる可能性があります。
  • マルチカメラクリップは、個別のカメラアングルに分割され、Avid シーケンスからのアクティブカメラアングルのみがシーケンスに配置されます。
  • Avid クリップビンが ALE ファイルとして書き出され、Premiere Pro にビンとして読み込まれている場合は、すべてのカメラアングルを使用できます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー