Adobe Premiere Pro でのオーディオトランジションの適用およびカスタマイズ方法、オーディオトランジションを使用する状況について学習します。

クリップ間のオーディオトランジションにクロスフェードを適用することができます。オーディオのフェードはビデオのトランジションに相当します。クロスフェードでは、同一トラック上の 2 つの隣接するオーディオクリップの間にオーディオトランジションを追加します。フェードインまたはフェードアウトを適用するには、1 つのクリップの最初または最後にクロスフェードトランジションを追加します。Premiere Pro には、コンスタントゲイン、コンスタントパワーおよび指数フェードの 3 種類のクロスフェードが用意されています。

使用可能なクロスフェードの詳細は、オーディオクロスフェードトランジションを参照してください。


初期設定のオーディオトランジションの指定

  1. エフェクトパネルで、コンスタントゲインまたはコンスタントパワーのどちらかを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)します。
  2. コンテキストメニューから、「選択したトランジションをデフォルトに設定」を選択します。

オーディオトランジションの初期設定のデュレーションの指定

  1. 編集/環境設定/一般(Windows)または Premiere Pro/環境設定/一般(Mac OS)を選択します。
  2. 環境設定ダイアログボックスで、「オーディオトランジションのデフォルトデュレーション」の値を入力します。

オーディオクリップ間のクロスフェード

  1. 必要に応じて、タイムラインパネルの各トラック名の左側にあるねじり矢印をクリックして、クロスフェードにするオーディオトラックを展開します。
  2. 2 つのオーディオトラックが隣接しており、両方ともトリミングされていることを確認します。
  3. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • 初期設定のオーディオトランジションを追加するには、時間インジケーターをクリップ間の編集ポイントに移動して、シーケンス/オーディオトランジションを適用を選択します。

    • 初期設定以外のオーディオトランジションを追加するには、エフェクトパネルでオーディオトランジションビンを展開し、追加するオーディオトランジションをタイムラインパネルまでドラッグします。クロスフェードを適用する 2 つのクリップの間の編集ポイントでマウスボタンを放します。

クリップのオーディオのフェードインまたはフェードアウト

  1. オーディオトラックがタイムラインパネルで展開されていることを確認します。必要に応じて、トラック名の左側にあるねじり矢印をクリックして、クロスフェードにするオーディオトラックを展開します。
  2. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • クリップのオーディオをフェードインするには、オーディオトランジションをエフェクトパネルからタイムラインパネルへドラッグし、目的のオーディオクリップのインポイントにスナップします。適用したトランジションをタイムラインパネルで選択することもできます。次にエフェクトコントロールパネルで、配置メニューから「クリップ B の先頭を基準」を選択します。

    • クリップのオーディオをフェードアウトするには、オーディオトランジションをエフェクトパネルからタイムラインパネルへドラッグし、目的のオーディオクリップのアウトポイントにスナップします。適用したトランジションをタイムラインで選択することもできます。次にエフェクトコントロールパネルで、配置メニューから「クリップ A の最後を基準」を選択します。

    3 種類のいずれかのオーディオクロスフェードトランジションを使用して、フェードインまたはフェードアウトします。

オーディオトランジションの調整またはカスタマイズ

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • オーディオトランジションを編集するには、タイムラインパネルで編集するトランジションをダブルクリックし、エフェクトコントロールパネルでトランジションを調整します。

    • オーディオフェードまたはクロスフェードのレートを調整するには、トランジションを適用するのではなく、そのクリップのオーディオボリュームキーフレームを調整します。

Adobe Premiere Elements のオーディオエフェクト

  • コンスタントゲインクロスフェードは、クリップ間のトランジションとして、一定の比率でオーディオをフェードインおよびフェードアウトします。このクロスフェードは、実際には急激に音が小さくなるように聞こえることがあります。
  • コンスタントパワーは、徐々に小さくなるスムーズなフェードを付加するもので、ビデオクリップ間のディゾルブトランジションに相当します。このクロスフェードは、最初のクリップでは、トランジションのオーディオを徐々に小さくし始め、トランジションの最後で急激に下げます。2 番目のクリップでは、トランジションの最初に急激にオーディオを大きくして、トランジションの最後に近付くにつれてオーディオをゆっくり上げていきます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー