Premiere Pro のソースモニターおよびプログラムモニターのさまざまなコントロールの使用方法について学習します。

ソースモニターおよびプログラムモニターでのビデオの再生

ソースモニターとプログラムモニターには、ビデオデッキの再生コントロールと同じように機能するコントロールがあります。ソースモニターコントロールは、クリップの再生、特定のフレームへの移動に使用します。プログラムモニターコントロールは、アクティブなシーケンスの再生と表示に使用します。

ほとんどの再生コントロールには、キーボードショートカットが設定されています。キーボードショートカットを使用して再生を制御する場合は、操作対象のモニターがアクティブになっていることを確認してください。目的のモニターパネルをクリックすると、アクティブにすることができます。

ボタンエディターを使用して再生コントロールをカスタマイズできます。使用したいボタンが使用できない場合は、モニターの右下で「+」記号をクリックします。ボタンエディターが表示されると、選択したボタンをボタンバーにドラッグできます。詳しくは、モニターパネルボタンバーのカスタマイズを参照してください。

注意:

キーボードショートカットを使用してタイムライン内を移動する場合は、操作対象のパネルがアクティブになっていることを確認してください。(日本語キーボードのみ)キーボードショートカットを使用する場合は、日本語入力モードではなく直接入力モードでご使用ください。

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • 再生するには、再生ボタン をクリックするか、L キーまたはスペースバーを押します(停止するには、停止ボタン をクリックするか、K キーまたはスペースバーを押します。再生および停止ボタンとスペースバーは、再生と停止を切り替えることができます)。

    • 逆方向に再生するには、J キーを押します。

    • インポイントからアウトポイントまで再生するには、インからアウトへ再生ボタン をクリックします。

    • クリップ全体またはシーケンスを繰り返し再生するには、ループボタン をクリックして、再生ボタン をクリックします。ループ設定を解除したい場合は、ループボタン をもう一度クリックします。

    • インポイントからアウトポイントまで繰り返し再生するには、ループボタン をクリックして、インからアウトへ再生ボタン をクリックします。ループ設定を解除したい場合は、ループボタン をもう一度クリックします。

    • 加速しながら順方向に再生するには、L キーを繰り返し押します。ほとんどのタイプのメディアで、キーを押すたびにクリップの再生速度が 1 倍速から 2 倍速、2 倍速から 3 倍速、3 倍速から 4 倍速に増加します。

    • 加速しながら逆方向に再生するには、J キーを繰り返し押します。ほとんどのタイプのメディアで、キーを押すたびにクリップの逆方向再生の速度が 1 倍速から 2 倍速、2 倍速から 3 倍速、3 倍速から 4 倍速に増加します。

    • 1 フレーム進むには、K キーを押しながら L キーを押します。

    • 1 フレーム戻るには、K キーを押しながら J キーを押します。

    • スローモーションで再生するには、Shift + L キーを押します。

    • スローモーションで逆方向に再生するには、Shift + J キーを押します。

    • 現在の時間の前後、再生ヘッドの 2 秒前から 2 秒後まで再生するには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらインからアウトへ再生ボタンをクリックします。Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押すと、インからアウトへ再生ボタンが前後を再生ボタン に変わります。「前後を再生」ボタンをボタンバーにドラッグできます。

      「前後を再生」ボタンおよび「ループ」ボタンを使用して、タイムラインでの動的トリミングを行うには、Premiumbeats.com の Clay Asbury によるこの記事を参照してください。

連続再生

ユーザーが「停止」コマンドを明示的に実行しないかぎり、再生は続行します。この機能では、一般的な編集操作のリアルタイムの調整をサポートしています。例えば、ループ再生中にビデオエフェクトの調整をすることができます。以下に、再生を停止しない操作の例を示します。

  • エフェクトのキーフレームの適用

  • インターフェイス項目

  • タイムライン項目

  • メタデータエントリ

  • オーディオパラメーター

  • タイトルの作成

  • タイムラインのズームインとズームアウト

  • アプリケーションからの切り替え

Todd Kopriva による video2brain のこのビデオでは、調整レイヤーにエフェクトをすばやく適用し、シーケンスが再生を続行する間にエフェクトのプロパティを変更する方法を紹介しています。

プリロールとポストロールのあるシーケンスまたはクリップの再生

プリロールとポストロールのあるクリップまたはシーケンスをプレビューできます。

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • プログラムモニターでプレビューするには、「シーケンス」タブをクリックしてシーケンスをアクティブにします。

    • ソースモニターでプレビューするには、ソースパネルまたはタイムラインでクリップをダブルクリックします。

  2. Shift + スペースバーを押します。

再生のジョグまたはシャトル

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • シャトルを左にドラッグして逆方向に再生したり、右にドラッグして順方向に再生します。シャトルを中心から離れた位置にドラッグするほど再生速度が速くなります。シャトルを放すと、シャトルは中央に戻り、再生が停止します。

    • ジョグを左または右にドラッグします。ジョグを端までドラッグしてもクリップまたはシーケンスの最後に到達していない場合は、同じ位置から続けてドラッグできます。

    シャトルコントロールとジョグコントロール
    シャトルコントロールとジョグコントロール

ソースモニターとプログラムモニター内での別フレームへの移動

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • 次のフレームに進むには、次のフレームボタン をクリックするか、K キーを押したまま L キーを押すか、右向き矢印キーを押します。

    • 5 つ先のフレームに進むには、Shift キーを押しながら次のフレームボタン をクリックするか、Shift キーを押しながら右向き矢印キーを押します。

    • 1 つ前のフレームに戻るには、前のフレームボタン をクリックするか、K キーを押したまま J キーを押すか、左向き矢印キーを押します。

    • 5 つ前のフレームに戻るには、Shift キーを押しながら前のフレームボタン をクリックするか、Shift キーを押しながら左向き矢印キーを押します。

    • 次のマーカーにジャンプするには、ソースモニターで次のマーカーへ移動ボタン をクリックします。

    • 前のマーカーにジャンプするには、ソースモニターで前のマーカーへ移動ボタン をクリックします。

    • クリップのインポイントにジャンプするには、ソースモニターを選択して、インへ移動ボタン をクリックします。

    • クリップのアウトポイントにジャンプするには、ソースモニターを選択して、アウトへ移動ボタン をクリックします。

    • ソースモニターまたはプログラムモニターの上にマウスポインタを置きます。マウスホイールをまわすとフレームごとに前後に動かせます。

    • フレームを表示するモニターの現在の時間をクリックし、新しい時間を入力します。コロンやセミコロンを入力する必要はありません。100 未満の値は、フレーム数とみなされます。

    • シーケンスのターゲットトラック(オーディオトラックまたはビデオトラック)の前の編集ポイントにジャンプするには、プログラムモニターで「前の編集ポイントへ移動」ボタン をクリックするか、タイムラインパネルまたはプログラムモニターがアクティブになっている状態で上向き矢印キーを押します。Shift 補助キーを追加してすべてのトラックの前の編集ポイントにジャンプします。

    • シーケンスのターゲットトラック(オーディオトラックまたはビデオトラック)の次の編集ポイントにジャンプするには、プログラムモニターで「次の編集ポイントへ移動」ボタン をクリックするか、タイムラインパネルまたはプログラムモニターがアクティブになっている状態で下向き矢印キーを押します。Shift 補助キーを追加してすべてのトラックの前の編集ポイントにジャンプします。

    • シーケンスの先頭にジャンプするには、プログラムモニターまたはタイムラインを選択して Home キーを押すか、プログラムモニターのインポイントへ移動ボタン をクリックします。

    • シーケンスの最後にジャンプするには、プログラムモニターまたはタイムラインを選択して End キーを押すか、プログラムモニターのアウトへ移動ボタン をクリックします。

J、K、L キーを使用したビデオのシャトル

J、K、L キーを使用すると、シーケンス内のフレーム間をすばやく正確に移動できます。キーを使用してアイコンをシャトルすることもできます。J キーは常に再生ヘッドを後方へ移動し、L キーは常に再生ヘッドを前方へ移動します。K キーは、補助キーおよび再生停止キーとして機能します。通常の速度で後方へ移動するには J キーを押し続け、後方へゆっくりと移動するには J キーと K キーを押し続けます。また、1 フレームずつ後方へ移動するには、 K キーを押しながら J キーを押します。K キーと L キーの組み合わせは、前方への移動でも同様に機能します。J、K、L キーを使用した再生について詳しくは、Creative Cow Web サイトの Richard Harrington によるこのビデオを参照してください。

J、K、L キーでの制御を微調整する必要がある場合(特に、音質を向上する場合)は、次を実行します。

  • K と L キーを使用して前方へシャトルした後、Shift キーを押しながら L キーを押すと、再生速度が少し速くなります。再度 Shift キーを押しながら L キーを押すと、再生速度がさらに速くなります。

  • J と K キーを使用して後方へシャトルした後、Shift キーを押しながら J キーを押すと、逆方向の再生速度が少し速くなります。再度 Shift キーを押しながら J キーを押すと、逆方向の再生速度がさらに速くなります。

  • Shift キーと L キーおよび Shift キーと J キーは、最大で 5 回まで押して、再生速度を微調整できます。

注意:

再生速度が速すぎる場合は、反対のキーボードショートカットを押して、再生速度を遅くします。例えば、順方向の再生速度が速すぎる場合は、Shift キーを押しながら J キーを押して、再生速度を 1 段階落とします。

フレームとそのソースの一致

タイムラインパネルで編集しているときに、シーケンスクリップ内の任意のフレームのソースフレームを検索して、ソースモニターに表示させることができます。また、ネストされたシーケンス内の任意のフレームのソースフレームを検索してソースモニターに表示し、ソースシーケンス内の該当する場所にジャンプすることもできます。

  1. シーケンスクリップがあるトラックヘッダーをクリックして、トラックをターゲット指定します。

    複数のトラックをターゲット指定している場合は、最も上にあるターゲットトラックのフレームを一致させます。

  2. タイムラインパネルで、クリップ内の目的のフレーム上に再生ヘッドを配置します。

    注意:

    シーケンスクリップ内のフレームのソースクリップが既にソースモニターで開かれている場合、またはソースメニューにリストされている場合、クリップ中の最後に表示したフレームが表示されます。このような場合にフレームを一致させるには、「マッチフレーム」または「ネスト化したシーケンスを表示」のキーボードショートカットを入力する前に、ソースモニターでクリップを閉じておく必要があります。

  3. 次のいずれかの操作を行います。
    • F キーを押します。

    • シーケンス/マッチフレームを選択します。

    • ネスト化されたシーケンス内のクリップの場合は、「ネスト化したシーケンスを表示」のキーボードショートカットを入力します(初期設定は Ctrl + Shift + T(Windows)または Shift + T(Mac OS))。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー